屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 03日

ジョーフィッシュ産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁 / タンク下  【 天気 】  曇り時々雨  【 風 】 南の風
【 水温 】  22,5℃  【透明度 】  7~10m  【 潮 】  大潮

b0186442_22275054.jpg
産卵前のジョーフィッシュのメス(カエルアマダイの仲間)
昨日の夜に産卵を終えて今日にはオスが新しい卵を咥えているものとばかり思っていたけど
昼間確認したときには咥えていなかった!
そうなると今日も夕方に確認しに行かないわけにはいかない!!
日没前に今日もジョーフィッシュの元へ。
50cmばかり離れたオスとメスはお互いに巣穴から顔を出していた。
特に面白い動きが無かったので近くで遊んでから戻ってみると、、、メスがいない!!
隣に目をやるとオスの巣穴にメスが入ってる!!
ということは昨日のログの4枚目の写真の様なことがおこっていたのだろう。

そして今日は産卵が期待できる!!
オスの巣穴に入ったメスは昨日よりも挙動不審で辺りをキョロキョロと見回す。
身を乗り出したり口を広げたりといかにも怪しい動きだ。

これは凄いことになるぞ、と思っていた時にふと気が付いた。


b0186442_2228296.jpg
今さっきまでお腹が大きかったのに、しぼんでる!??
あれ、、、、、?????

そう言えばほんの少し前にメスが巣穴に一度隠れた時にほんの少し見える顔はいかにも産卵してますみたいな顔つきだった。。。

ジョーフィッシュの産卵を見たという話を聞いたことが無かったので、色々と想像していた。
一番の理想は巣穴から雌雄で乗り出しテンジクダイ科の様な放精抱卵をしてオスが卵を咥える、というものだ。
しかし現実はそう甘くなく、一番恐れていた巣穴の中での放精抱卵だった。
そうきたか。。。

でも、良い絵は撮れなかったけど、無性に嬉しい!
ようやく知ることができた。

今年で3年目になるジョーフィッシュ観察。ハッチアウトは情報がそれなりに出回っていたから
すぐに見ることができたけど産卵は謎だった。
それについて今まで色々と考えて楽しい憶測をしては観察をするということをしていたけど今日この瞬間まではやはり謎だった。
その謎が解けた今、理想の写真は夢に終わったけど無性に嬉しいのだった。


b0186442_22281621.jpg
産みたての卵を咥えるオスのジョーフィシュ
卵はまだまとまりが無くフワフワして見えた。
オスは真新しい卵を何度か咥えなおしていた。
キレイな黄色だなぁ。。。


b0186442_22282822.jpg
昼間にはボロボロのブチススキベラ(雄相)に出会った。
見つけたときは砂地に横たわっていたけど死力を振り絞って泳ぎだした。
きっとこいつらも繁殖期なんだろうな。
一体こいつらはどんな生き様なのだろう。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-06-03 23:00 | 一湊タンク下


<< アオウミガメいましたよ?      ジョーフィッシュの放仔! >>