屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 20日

シマギンポ婚姻色 ~ギンポ天国~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   春田浜  【 天気 】  晴れ  【 風向 】 南    
【 水温 】  28℃  【透明度 】  ---m  【 潮 】 大潮

b0186442_20433017.jpg
シマギンポ婚姻色
今日はガツンとタイドプール調査!
どこを見てもギンポたちは活発で最高潮に盛り上がっていた。
タイドプールのスターといえばロウソクギンポだろう。
かわいい上に写真にも撮りやすくフォト派には堪らない被写体の一つだろう。
なので僕自身もタイドプールに来るとロウソクギンポばっかリ撮ってる。
他の生物ももちろん撮っているんだけど絵的にはロウソクギンポの方がいいのでログにはなかなか
登場しなかったりする。
と言うわけで今日はロウソクギンポ以外の今まであまり紹介していなかった子達を重点的に観察!

写真のシマギンポはタイドプールの中で一番ファンキーな奴だ。
全身の写真の方が難しいんだけど、顔だけの写真の方が絵的には迫力がある。
レベルCにいます。


b0186442_20435879.jpg
シマギンポ求愛
今回は初めてシマギンポの産卵行動を確認。
基本的にはロウソクギンポと似ているんだけど、巣穴から身体を乗り出して激しく上下運動するロウソクギンポに対してシマギンポは巣穴から飛び出してダンスを踊ることだろう。
産卵と思われる行動はどちらも一緒でオスの巣穴にメスが入り産卵(笑)していた。10秒ほどでメスはどこかへ行きその後はいつも通りにオスが入っていた。

写真は求愛するオスと小柄なメス。そうは思えないけど、、、同じシマギンポです!


b0186442_20475376.jpgb0186442_2048880.jpg

b0186442_20482864.jpg
タマギンポ婚姻色→ちょい婚→通常色
タマギンポはレベルC~レベルDに多い。周りにはタネギンポとクモギンポが目立つ。
今日はタマギンポの婚姻色も目立った!
これがまた激しい変化で面白い!
1枚目から婚姻色がさめていく様子。早いときは数秒で1枚目から3枚目に変わってしまう。
他にも通常色で真っ黒いバージョンもあって、タマギンポも奥の深さを感じさせられる。
それにしても見事な変化だ!


b0186442_20484797.jpgb0186442_20485894.jpg
ヒレナガギンポ
こいつは間違いなく初めての登場だと思う。今まで見たことはあっても撮れた事はなかった。
たぶんヒレナガギンポだと思うんだけどどうだろう??
ヒレナガギンポなら全身を出した時に腹ビレが著しく長いので区別できるんだけどこの写真じゃあ分からない。。。
珍しい種類だと思っていたけど探してみると普通にいる、、、(笑)ロウソクギンポに混じって4個体見られた。
レベルBにて。

あれ、そろそろ気になってきたかなぁ(笑)
今回から勝手にタイドプールを海からの距離とタイドプールの水深などで区別してみた。
20個以上あるタイドプールすべてに名前をつければいいんだけどそれは大変。。。
A~Eに向かってどんどん内陸へ向かっていく。

レベルA:小潮の最干潮時にはタイドプールにならないような最も海に近い場所。
レベルB:Aより僅かに陸側で水深1mはありロウソクギンポや海藻が多い場所。
レベルC:BとDの間で水深は1mくらいある場所。海藻は少ない。
レベルD:かなり内陸側だけなんとか水中で観察できる場所。
レベルE:満潮にならないと埋まらない場所。干潮時は水深1~30cm。撮影は、、、、。

書いてみたけど自分にしか分からないかも、、、まぁログの便宜上勝手に使わせてもらいます(笑)


b0186442_20492014.jpgb0186442_20493241.jpg
ニセカエルウオ婚姻色→通常色 (レベルDにて)
なんだこいつは!!?ニジギンポみたいなのがいる!と思って撮影しているとどんどん白いラインが消えていきいつも見ているカエルウオになった、、、(笑)
ギンポやカエルウオ達の婚姻色にはいつも驚かされてばかりだ。
しかし炎天下のタイドプールは意外と疲れる、、、窒素は堪らないんだけどフラフラしてきた(笑)


ロウソクギンポが僕も載せてよ~と言ってきたのでやっぱ載せちゃお~っと(笑)
b0186442_222116.jpg
ロウソクギンポ (レベルCにて)
潮がどんどん引いてきて干上がる直前の様子。
頑張れ~!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-07-20 20:41 | 春田浜


<< 復活~!!      オトヒメエビも抱卵 >>