屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 18日

世界最小のプチフサカサゴ!やっと見つけた!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】   雨  【 風波 】北東2~4m  
【 水温 】  20℃  【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮 


今日もす~っと雨!
海況も悪くなる一方。。。
ってな訳で今日は事務仕事カタカタ。そして、納車!
明日から宜しくね~。

で、今日の写真は今年撮ったけど、種がわからずに放置していた子達。
鹿児島大学の本村さんに教えていただきました。ありがとうございます!!
もう嬉しくてしょうがな~い。


b0186442_20531593.jpg
プチフサカサゴ
これは僕が屋久島に来たときくらいに和名の付いた種で、そのあまりにも可愛い名前に惹かれて
ず~っと探していたカサゴ。
以前にもこれかな?と思って見てもらったことがあったけど違くって、
今回は全然期待せずに写真を見てもらったら、あっさりと「プチフサカサゴです」と言われた(笑)
このカサゴは成魚でも3cm程度にしかならない世界で一番小さい種類らしい。
3cmで成魚なら顔を見れば分かるだろうとか思っていたけど、全然気がつけなかった(笑)
生態写真はネット上では見当たらないので、判断できずにいたけどこれからは分かる!
これからは生態も少しずつ追っていきたいな!



b0186442_2132511.jpg
マルスベカサゴ
以前から良く見かけていたけど、あまりにも普通で地味なのでついつい無視してきたけど
名前が分かると無性に嬉しい!
暖かい時期にはペアでも良く見られるので産卵とか狙っちゃおうかな!?


b0186442_2141744.jpg
ウルマカサゴ幼魚
これはウルマかな~とは思っていたけどビンゴ!
でもこの辺の種って似たようなのが多くて難しい。
それにしてもなんて美しいんだろう!!!


b0186442_2164467.jpg
トゲイッテンフサカサゴ(メス)
これも、もしかしたらプチフサカサゴか!?
とか思っていたけど、聞きなれないトゲイッテンフサカサゴ。
ちなみにオスは背中に黒い斑点があるらしい。
他にもイッテンフサカサゴという種類もいるらしいのでカサゴ道はまだまだ奥が深そうだ。


b0186442_219771.jpg
サツマカサゴ
地味に衝撃的だったのがこれ。
伊豆で散々サツマカサゴは見てきたし、産卵も何度も見たのに分からなかった。。。
ヒメサツマカサゴにしては顔つきが違うな~と思っていたけど、まさかサツマカサゴとは。
多分良く見ているけど、大きさは10cm以上のものは見たことがない。
これからもう少しじっくり観察してみようと思う。

カサゴの仲間は一番、種分けが難しいけど、これから少しずつ紐解いていければいいな。

まずは早く海が良くなることを祈るだけ。
明日、明後日と時化は酷くなりそうだけど。。。
[PR]

by yakuumi | 2013-12-18 21:41 | 一湊タンク下


<< 不明種色々      モンハナシャコの捕食!? >>