2013年 12月 20日

屋久島初記録が3種!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】   曇り時々雨  【 風波 】北西4m  
【 水温 】  20℃  【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮 

今日も大時化!
軽く調査の下見でスノーケルをして終了。
あとは過去に撮った不明種を整理。
そしたら屋久島初記録が3種も出てきた!
これは文献上での話しで、個人的にはハッキリ認識していなかったという事で全部が初記録(笑)

同定は写真にて鹿児島大学の本村さんにお願いしました。
この場を借りてありがとうございました!


b0186442_1025016.jpg
コガタオニカサゴ
昨日はプチフサカサゴを見つけて大喜びしていたけれど、
今日はなんと、コガタオニカサゴ!!
プチに続いて小型!?
冗談じゃなく普通にいる魚ですよ。一応(笑)

サツマカサゴにちょっと似ているけどもうちょっとスリム。
それに小さい。写真の子は4~5cm。成魚でどれくらいの大きさになるんだろう!?


b0186442_10252127.jpg
ヒョットコオコゼ
良い名前!
ナイトで岩の隙間にいたけど、1,2枚しか撮れなかった。。。
コンスタントに見れれば良いネタになりそうなんだけどなぁ。


b0186442_10253678.jpg
モンツキイシモチ
これもナイトで発見!
ネットで検索しても画像が海外のばかりで出てこない。
生息は奄美以南で稀種となっているので北限記録かも!


b0186442_10255258.jpg
セボシイソカサゴ
ナイトでよく見る!
なのにイソカサゴの仲間で5年近く放置していた(笑)
やっぱ名前が分かると嬉しい。


b0186442_1026916.jpg
ニライカサゴ(セムシカサゴ)
これこれ、こんな感じのカサゴは見てみぬふりをしてしまいがち。
背中が盛り上がっていることくらいしか特徴を探せないけどこれからは
しっかりと観察しようと思う。



b0186442_10262361.jpg
ネッタイフサカサゴ
イメージと全然違かった。
なるほどなるほど。
昨日のブログでマルスベカサゴはペアでも良く見ると書いてしまったけど
ネッタイフサカサゴの間違いだったみたい。


b0186442_10263957.jpg
イッテンフサカサゴ
トゲイッテンフサカサゴに続いてイッテンフサカサゴ!
魚類検索で引いてみても自分では見分けられなかった。
というかカサゴ類全般魚類検索を使っても素人では分からない難解さがある。
でもそこが面白いところなのかもしれない。
[PR]

by yakuumi | 2013-12-20 10:23 | 一湊タンク下


<< 山と海をつなぐ虹      不明種色々 >>