屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

ゴマモンガラの卵守り 感動の再開!?

2017年7月23日
【ポイント】 元浦 タンク下 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪
【 水温 】  28-29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮①(新月)

b0186442_23213475.jpg


イッチのお友達がやって来たので、
体験ダイビングして、川遊び!
大人たちがもう帰ろうよ~モードになっても、ず~~っと
遊び続ける子供たち。

夕方家に帰ってくるなり爆睡のイッチ。
1時間ほど寝て目覚めたら、
翌朝と勘違いしてた。
「昨日の晩御飯食べ忘れた~」
だって。

さてそんなネボスケは置いといて、夕方の海へ。

b0186442_23213479.jpg


ん!???

b0186442_23213447.jpg


な、なんだ!??

b0186442_23213566.jpg


ぎゃ、、、、、。

b0186442_23213407.jpg


うぎゃ。。。

b0186442_23213476.jpg


うぎゃ~~~~!!!

すべては予定通り。
産卵床を守るゴマモンガラを見つけ、近づき、
迎撃された。

20分くらいオスに追い回された後に、
つきとめた産卵床は2年前と同じ場所だった。
個体識別してるオスも、やはり一緒。
同じペアが同じ場所で産んでるんだなぁ。
広大なテリトリーを守り、厳格な社会性を垣間見せるこの魚に
今日にが尽きない。

しかしフィンはゴマモンのザラザラの皮膚でこそげ、
アームがあらぬ方向へ飛び、
興奮のあまりエアは瞬時になくなった、、、。
総員撤退!(一人だけど)

負けたわけではない、
卵を熱心に守るかあちゃんの姿に心を打たれただけだ!

帰りましょう。
帰りましょう。

でも、もう一歩先の姿も見たかったなぁ。


b0186442_20244352.jpg


「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-07-23 23:38 | 一湊タンク下


<< 夏の生態色々と。黒潮引き続き絶...      4匹のアザハタ >>