屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:一湊タンク下( 745 )


2017年 07月 23日

ゴマモンガラの卵守り 感動の再開!?

2017年7月23日
【ポイント】 元浦 タンク下 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪
【 水温 】  28-29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮①(新月)

b0186442_23213475.jpg


イッチのお友達がやって来たので、
体験ダイビングして、川遊び!
大人たちがもう帰ろうよ~モードになっても、ず~~っと
遊び続ける子供たち。

夕方家に帰ってくるなり爆睡のイッチ。
1時間ほど寝て目覚めたら、
翌朝と勘違いしてた。
「昨日の晩御飯食べ忘れた~」
だって。

さてそんなネボスケは置いといて、夕方の海へ。

b0186442_23213479.jpg


ん!???

b0186442_23213447.jpg


な、なんだ!??

b0186442_23213566.jpg


ぎゃ、、、、、。

b0186442_23213407.jpg


うぎゃ。。。

b0186442_23213476.jpg


うぎゃ~~~~!!!

すべては予定通り。
産卵床を守るゴマモンガラを見つけ、近づき、
迎撃された。

20分くらいオスに追い回された後に、
つきとめた産卵床は2年前と同じ場所だった。
個体識別してるオスも、やはり一緒。
同じペアが同じ場所で産んでるんだなぁ。
広大なテリトリーを守り、厳格な社会性を垣間見せるこの魚に
今日にが尽きない。

しかしフィンはゴマモンのザラザラの皮膚でこそげ、
アームがあらぬ方向へ飛び、
興奮のあまりエアは瞬時になくなった、、、。
総員撤退!(一人だけど)

負けたわけではない、
卵を熱心に守るかあちゃんの姿に心を打たれただけだ!

帰りましょう。
帰りましょう。

でも、もう一歩先の姿も見たかったなぁ。


b0186442_20244352.jpg


「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-07-23 23:38 | 一湊タンク下
2017年 07月 21日

朝の光×アオウミガメ+サンゴの産卵など

2017年7月20日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  曇り  【 風波 】 西 
【 水温 】  29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 小潮


b0186442_22021995.jpg

b0186442_22021936.jpg

連休が終わってホッと一息。
過去最も忙しい7月だったなぁ。
夜明けから夜まで、う~ん良く潜った!

夜明けのカメ撮影にはとにかく頭を悩まされたけど
無事に撮影することが出来て力が抜けた。

b0186442_22021824.jpg


連休前には「日本水中映像」の奥村さんの撮影をサポートさせて頂きました。

「だから私はエクスペリア」!!

この人を見るたびに、
凄いなぁ、
こんな海の人になりたい!
と激しく思います。
もう15年くらいたったけど
まったく届きませんが。。。

下はFBにもupした写真。
b0186442_22021974.jpg

日本水中映像の奥村さん撮影中です。
アカウミガメにガジガジされているのに、
チラ見しただけで撮影を続ける姿がプロフェッショナル過ぎる!
http://www.sonymobile.co.jp/voices/xperiafile/124/
そして奥村さんが出ているSONYのCMがかっこよすぎる~。

b0186442_22021978.jpg

川では木漏れ日の中撮影。

b0186442_22022070.jpg

夜にはオオハナガタサンゴ、マルハナガタサンゴ、コモンサンゴの仲間や
キメイシの仲間、ノウサンゴの仲間などの産卵を見ることが出来ました

b0186442_22022002.jpg

こちらは初めて見たオオナガレカンザシの放卵。
その他棘皮動物の多くも産卵を確認!
熱い日々でした。

b0186442_09223208.jpg

ご一緒した皆さまありがとうございました!

もう仕事したくない~!と願ったら8月ウルトラ暇だった。。。
これは自分で好きに屋久島を撮るチャンスだ!
うししし。いっぱい遊んじゃお。

b0186442_08574897.jpg

b0186442_20244352.jpg
「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-07-21 09:26 | 一湊タンク下
2017年 06月 13日

ジョーフィッシュのハッチアウト!3週遅れてる~。

2017年6月12日
【ポイント】 タンク下 / タンク下 【 天気 】  曇り時々雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  23.8℃-24.2 【透明度 】  20-25m  【 潮 】 大潮④


夜明け前から夜まで、ま~良く潜ってますわ。
ここ最近一人でも毎日4時間以上潜ってる。
ふやけてきた。
b0186442_22531871.jpg
ジョーフィッシュのハッチアウト!
今年は全然見れないなぁ。
と思っていたら、急にみんな卵を咥え始めた。
例年より3週間くらい遅れてる。
去年~今年頭までの全国的な高水温の影響だとは思う。
色んな情報を得て、色んな事を妄想するけど纏まらない。
とにかく、久しぶりのハッチアウトに感動~。

b0186442_22254827.jpg
遊走子を放出したアナアオサは真っ白に~。
そう言えばこれも例年よりも遅かったなぁ。

b0186442_22254982.jpg
昨日の夜からハッチアウトを狙っていたスダレヤライイシモチ。
こちらは2日連続でふられてしまった。

b0186442_22254963.jpg
マルハナガタサンゴの産卵
ちょろっとだけ産卵。

b0186442_22254948.jpg
サンゴの産卵に気を取られて右往左往してしまったのが、スダレヤライの敗因だろうなぁ。
あと30分粘れば見れていたような気がする。。。

b0186442_22535678.jpg
この時期の夜は毎年トビウオも見られる。
もう少しで手づかみできたのに。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-06-13 22:44 | 一湊タンク下
2017年 06月 11日

遂に見れた!アナアオサの遊走子大放出!

2017年6月10日
【ポイント】 元浦 / タンク下 【 天気 】  晴れのち大雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  26℃? 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮③

b0186442_10570197.jpg
まずは嬉しいご報告。
海のぷかぷかの増刷が決まりました!
発売から1ヵ月経っていないので、超~嬉しい!!

b0186442_10552164.jpg
その割に、アマゾンで検索してみると、20万位だった。。。
あれ。しかもレビューもなんもない。
ちょっと寂しい。
率直な感想を書いてもらえると、嬉しいなぁ。
嬉しいなぁ。
嬉しいなぁ!

それはさておき、ブログも更新せずに毎日潜り呆けております。

そして昨日はついにこの5年間くらいずっと撮りたかったものが撮れました。
これがまた超~~~嬉しい!
その割に超絶に地味!!!
でも世の中でこれを見た人はほとんどいないんだろうなぁ。
半月前くらいからちょこちょこと、見られているんだけど
大放出は随分前に見て以来。
その時はマクロでちょろっとしか撮れてなかった。
動画でも撮れたし、大満足!
b0186442_11193464.jpg
アナアオサの遊走子放出。

b0186442_11193487.jpg
緑色のモヤモヤが遊走子と呼ばれるもの。
この後アオサは、力尽きた明日のジョーの様に真っ白になる。。。

海底周辺は緑の靄に包まれていた。
昔見た時はアオサが大繁茂した時だったから、
ダイビング無理!ってくらいに緑の海に変わったのを思い出した。
こういった細やかな海の神秘に触れられることほど幸せなことはない。

b0186442_10570310.jpg
イソギンチャクも産卵!

b0186442_10570204.jpg
朝の海ではイシガキカエルウオが繁殖中!

昨日はサンセットナイトを終えてから、急いで居酒屋「若大将」へ。

b0186442_10570217.jpg
なんと「ぼうずコンニャク」さんが来島中!

海好き、魚介類好きの方は絶対にお世話になっているであろう、
「市場魚介類図鑑」を作っている方です!
魚や魚介のお話が聞けて幸せ~。
ダイバーではなく漁師さんや海好きの集まる不思議な会だった。

そうだ、今日10日の夜から遂に本格的に梅雨入り!
久しぶりにドシャーって降ってきた。
こんなに雨が降らなくて良いのだろうかって心配したけど
心配し損なくらいの雨。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-06-11 11:36 | 一湊タンク下
2017年 06月 07日

今年は早い!ゴマモンガラの襲撃!

2017年6月7日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  晴れのち雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  26.0℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 小潮?

b0186442_19130562.jpg
とにかく気持ちい!!
黒潮全開~。
夕方から雨が降り出して梅雨入りっぽくなった。

水面の揺らぎを見ている時がひょっとしたら一番ドキドキしているかもしれない。

b0186442_19130692.jpg
キビナゴの群れに突っ込むアオヤガラ
スマもビュンビュンと旋回していた。
b0186442_19130518.jpg
ゴマモンガラの初襲撃にあった!
最近若魚たちが戯れてるな~と思っていたけど、、、
早い。こんなに早い時期から襲われたのは初めてかもしれない。
サンゴの産卵とか諸々、なんか気がかりでもある。
水温26度で水中は最高潮!

いよいよ暇だけど忙しい、梅雨のはじまり。

[PR]

by yakuumi | 2017-06-07 20:12 | 一湊タンク下
2017年 06月 07日

ナミダカサゴ幼魚!!ついでに梅雨入り??

2017年6月6日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  曇り  【 風波 】 南東強く 
【 水温 】  25.8℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 小潮

b0186442_09323856.jpg


そうだ、昨日からまた黒潮が来た!
今日は九州北部で梅雨入りしたらしい。
屋久島はそんな感じじゃないんだけどなぁ。
今日の鹿児島は大雨だったとか。
屋久島はそんなじゃないんだけどなぁ。
変なの。

今日はおそらく屋久島初となる、ナミダカサゴを発見!
ハダカハオコゼの幼魚か~と一瞬思ったけどなんか違う。
いやだいぶ違う!!
そんでボロカサゴともちょっと違うよな~とか思いながら撮影。
胸鰭軟条数18
背鰭軟条部の黒班がなく
背鰭の切れ込みがない
ってことでナミダカサゴ決定~。

b0186442_09323982.jpg


コガネスズメダイの求愛~産卵まで観察!
写真の下にいる黒いのはナガサキスズメダイで
こちらは育卵中!
どこも盛り上がってますなぁ。

b0186442_09323719.jpg


テングヘビギンポ
最近浅瀬で良く見られれる。
シマスズメダイの卵をパクパク食べてる。。。


~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg

「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-06-07 09:48 | 一湊タンク下
2017年 05月 25日

黒潮とコウワンテグリの産卵!

2017年5月24日
【ポイント】 ヨスジ漁礁 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 凪 
【 水温 】  25.8℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 

b0186442_17182385.jpg


昨日23日から黒潮接岸!
一気にどーんと青く、温かく!!
そんななか何故か水中ウェディングフォトの依頼を受けて、
パシャパシャやってました。
ついでにアカウミガメを見にヨスジ漁礁。
う~ん、気持ちいい~。

b0186442_17182459.jpg
サザナミヤッコ


昨日の夕方は色々と観察へ。

ソラスズメ、ルリホシスズメ、タテジマヘビギンポ、キンチャクダイ科の魚たちなどなど。
というかほぼみんな一気に色気づいた!

マダラトラギスの産卵を何度か確認。

b0186442_17182492.jpg


浅瀬にいるコウワンテグリ。
GWくらいから気になっていた子だけど追いきれてなかった。
ようやく捉えたぞ!
しばらく観察できるはずです。

b0186442_17182337.jpg


産卵は2回見れました。
うそ、1回はエア切れで見られず。

まぁ、なんにしても良い感じ。


でもこの黒潮もまだまだ安定はしないのでいつまでいてくれるか。



~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg






「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-05-25 17:27 | 一湊タンク下
2017年 05月 14日

黒潮が来ない。

2017年5月13日
【ポイント】  タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 南西2m 
【 水温 】  20.7℃ 【透明度 】  15m  【 潮 】 大潮

b0186442_08213743.jpg


昨日までは瀬戸内海より「Love&Blue」の小川さんたちご一行様が
遊びに来てくれてました!
黒潮が当たってないし、水が冷たいけど、あったか~い
って、それに水もキレイ~って喜んでもらえて
だいぶ気が楽だった(笑)
昼のフェリーで到着して昼のフェリーで帰る2泊3日で7本の弾丸ツアー。
車で来るとこんなことが出来てしまうんですね。

「山口県・瀬戸内海 タチウオと瀬戸内ガール 280日目 」
「山口県・周防大島の海 ハオコゼの喧嘩! 42日目 」
去年の「海を歩く」の旅ではたくさんお世話になった小川さん。
車の旅の初めの方と終わりの方で2回も潜らせてもらった唯一の場所。
ちょっと懐かしい。
前後にも色々と瀬戸内情報が載っているので是非覘いてみてください。

b0186442_08211290.jpg


皆が帰る直前に黒潮の気配が急にした。
ようやく来るか~、すいません明日から黒潮が、、、と言ったけど
来なかった。
来たのは赤潮だった。

毎年これくらいの赤潮は来る。

b0186442_08211246.jpg


コブシメの産卵は相変わらず。
3個体でユルユルと。
じっくり観察できた。
数が少ないとオスが紳士的で良い感じ。

b0186442_08211204.jpg


こちらはトラフコウイカ
コブシメの時期にたまに見られる。
コブシメと混同されているけど良く見ると全然違う。
興奮した時にエンペラの縁に青いラインが出る。
写真の後ろには白化のダメージも
ほとんど残っていないハナガタサンゴ類の群落。



~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg



「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-05-14 08:45 | 一湊タンク下
2017年 04月 26日

変化 アジとゴマサバ

2017年4月26日
【ポイント】  タンク下×2  【 天気 】  どしゃぶり  【 風波 】 南東2.5m 
【 水温 】  22.4℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮

お店の再開から、ゲストが来てくれて嬉しい。
5日ほどガツンと潜ってました。
コブシメの産卵が熱く始まり盛り上がっていたし、タイドプールも春爛漫で最高潮だった。
しかし水温は低く、透明度も悪かった。

ゲストの皆さまが帰ると黒潮きた!!!(笑)
前兆があったので明日くらいから来るかもと言っていたけど本当に来た。
黒潮予測精度の高さに自画自賛をしている今日この頃です。
最近本当にあたるんだよなぁ。
b0186442_19383544.jpg
アジとゴマサバ
今年はモジャコ漁が苦戦中らしい。
流れ藻と共にやってくるブリやカンパチの子を取る漁。
その漁の雑魚となるのがこれらの魚。

過去最大規模の来襲で驚くほど。
とにかく凄い量!!
タンク下はお魚楽園となっております。

昼間っからアオチビキがやってきちゃうほど美味しい光景。
(アオチビキは日没くらいからやってくる魚。)
カスミアジやヒレナガカンパチもやってきている。
b0186442_19383512.jpg
ゼロ戦のアザハタ
一年間見ていない間に結構変化があった。
まず、、、恐ろしいことにあんだけワラワラいたアカシマシラヒゲエビが
いない!!!!
ええ~。
どこ行っちゃったの。一体何があったの。。。
何度考えても良く分からない。

そんでゼロ戦が小さくなった。。。
矢印の部分が落ちた。
風化ではあるけど、人が訪れるようになって加速していることは間違いない。
屋久島の名物ポイントであるだけに、ちょっと考えないとなぁ。

ちなみにゼロ戦もアジの群れが凄くって、見頃ですね~。
ハナダイの幼魚はまだ少ない。

水温が3度近く上がって、透明度もぐーんと良くなったから
とにかく幸せ。
このままGWを過ごせるといいな。


~お知らせ~
「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!!
アマゾンで予約受付中です。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-04-26 20:10 | 一湊タンク下
2017年 04月 21日

コブシメの体色変化!

2017年4月21日
【ポイント】  タンク下 ゼロ戦  【 天気 】  曇り  【 風波 】 北東1.5m 
【 水温 】  20.6℃ 19.8℃ 【透明度 】  20-25m  【 潮 】 小潮


エントリー早々にコブシメの産卵、喧嘩、交接と見れた!!
動画はコブシメの生態の中でもとりわけ面白いと思う、体色変化特集。
身体の半分で威嚇して、残り半分で求愛する。
体色がパッキリと別れていて、なんて器用なことをするんだろうと常々驚かされる。

あきちゃん、じゅんこさん!
今日はありがとうございました!
明日からもよろしくです!!


~お知らせ~
「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!!
アマゾンで予約受付中です。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-04-21 22:09 | 一湊タンク下