カテゴリ:一湊タンク下( 732 )


2017年 02月 04日

春まで。

b0186442_18405465.jpg

しばし屋久島でのんびりと過ごしていました。
休息しつつ、旅のまとめをしたり、お店の準備もしたり、、、
のんびりできたのか?

4月20日より屋久島ダイビングライフを再開します。
出たり入ったりフラフラしていますが、春からはビシッと案内しますので
是非遊びにいらしてくださいね。


それまでもうしばし、旅を続けます。
本土の次は沖縄へ!

旅のブログは「海を歩く」にて更新します。

ざっくりの予定です。
2月8日 屋久島出発
2月9日~久米島 → 沖縄本島
2月25日~宮古島
3月2日~28日 石垣→与那国→西表
3月29日~3日 東京 →屋久島

b0186442_17441349.jpg
ユビワサンゴヤドカリ
写真は昨日のタンク下にて。

さ~いよいよだ!
準備しよ~。
[PR]

by yakuumi | 2017-02-04 18:00 | 一湊タンク下
2015年 11月 08日

囚われのサンゴヤドリガニ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】
【 水温 】  25℃  【透明度 】  30m  【 潮 】

おわっ。
気がつくと11月も随分と過ぎてる。
b0186442_22115387.jpg
サンゴヤドリガニ、またはその仲間

今日は囚人ガニと呼ばれるユニークなカニ特集!
ちょっと前にブレイクしたアシビロサンゴヤドリガニと似た仲間だけど、
こちらの方がカニ自体は地味。
そのせいで人気がないのか、そもそも認識されていないのか。
でも僕は妙にこいつが好き。
それに真剣にとってみると、なかなか綺麗じゃないか!
生態も面白いし文句なし!

このカニはサンゴの穴に住んでいる様に見えるけど、
なんとサンゴをコントロールして家を作ってしまう。
コントロールといってもただそこにいるだけ。
このカニがサンゴに付着すると、周辺のサンゴが異常増殖をして
カニを取り囲むように成長するらしい。
いずれ外からはカニが見えなくなるくらいにサンゴが成長してカニは囚われの身となる。
囚われるのはすべてメスで、オスはメスの数分の一のサイズで、自由生活をおくり、
繁殖の時になるとメスの元にやってくると言われている。
そんなわけで、今回の写真は恐らく全てメス。

しかし本家サンゴヤドリガニではない可能性が高いので、
この解説の生態もかなり怪しい。
まぁ当たらずとも遠からずと言ったところだろうか。


b0186442_22375288.jpg
ハナヤサイサンゴのポリプをツンツン
穴が塞がらない様にしているのか、エサなのか、なんだろう。


b0186442_22381042.jpg
ペアのようにも見えるし、前述の解説からするとペアではないはず。
む~ん。


b0186442_22385313.jpg




b0186442_2240299.jpg

このカニたちに出会うことができたのは、ある本のお陰。
「エビ・カニの繁殖戦略」 平凡社 武田正倫著
1995年初版の古い本だけど、甲殻類の魅力を面白く、そして分かりやすく解説してある。
久しぶりに少し読んでみると、これまた「なるほど~」となる。
つまりほとんど忘れてる!
また読まなきゃ。。。
[PR]

by yakuumi | 2015-11-08 22:01 | 一湊タンク下
2015年 10月 26日

産みに産んだり37回! ~タコベラの街~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 北東
【 水温 】  25-26℃  【透明度 】  20-30m  【 潮 】 

b0186442_984470.jpg
産卵直前のペア

気が付くと、ログは滞り、山々は赤く色づき始めた。
晩秋の気配を色濃く感じる今日この頃。
水中ではタコベラが熱く燃え上がっている!!
昨日まで2日間、アザハタ中毒の患者の森川さんに無理やり(?)
見てもらっていたけど、熱が醒めず、今日も観察へ!

そして1時間の観察で、なんと37回も産卵した!
始めが少し抜けたので、恐らく40回以上だろう。
産卵の大半が、幼魚と呼べるサイズの小さなメスと行われた。
産卵直前まで、メスはシワヤハズに隠れているので姿すら見えない。
オスが全身を使ってアピールをしだすと、海藻の隙間から顔をのぞかせる。
海藻からメスが数センチ上昇すると産卵の準備が整った合図。
オスがス~ッと寄り添って、パッと産卵。
見慣れないと産卵かどうか分からないくらい、ささやかに。
一時間でタコベラの街を一体何周したことか。
狭い範囲だけど良く泳いだなぁ。
華々しさはないけど、海に潜る幸せを強く感じるのはこんな時だろうか。

b0186442_8555618.jpg
鰭を広げてメスを誘うタコベラのオス


b0186442_90591.jpg
海藻の隙間から顔を覗かせるタコベラのメス


b0186442_992530.jpg
産卵直前のペア②


b0186442_994496.jpg
産卵直前のペア③


b0186442_9957.jpg
産卵の瞬間
36回目で一番大きなメスと産卵した。
今の時期はこれでも大きい。


b0186442_91038.jpg
産卵を終えたタコベラのオス
全てのメスと産卵を終えると海底の何かを少しだけパクパクした。
、、、なんだか眠くなってきた。


b0186442_9102160.jpg
産卵を終えて20分。
シワヤハズの布団に包まり眠る準備。
体色を変えて準備万端!
そして奥のほうへ入り、見えなくなった。
おやすみ~!

今の時期のタコベラの産卵は大体こんな感じ。
でもタコベラの面白さは一年を通してみないと分からない!
過去にもブログでネチネチと書いてるので探してください。
探すのが面倒な人は、写真集「豊饒の海」の『タコベラの一年』で詳しく書いてます!
読んでない人は是非~!
と、微妙に宣伝(笑)

ではでは~
[PR]

by yakuumi | 2015-10-26 09:11 | 一湊タンク下
2015年 10月 09日

愛のロリータ(ブラックウォーターダイブ)屋久島

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  観音  / オツセ  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北西2m
【 水温 】  27.4℃  【透明度 】  30m  【 潮 】 中潮

b0186442_1923299.jpg
ウミコップ属の1種?

今日は熱い男の最終日。
全力で潜ってきた。
珍しく西部の深場まで行って、色々と見てきた。
ヘルフリッチにピンクダートゴビーにヤノダテハゼなどなど。

でも写真は昨日の夜潜りのもの。
最近流行のライトトラップ。
各所で色々な名称で呼ばれて行われている最近流行の遊び。
ライトに集まってくるプランクトンを撮影する。
ちなみに屋久島では、「愛のロリータ」と呼ばれています。
呼んでいるのは自分だけだけど(笑)
これは大瀬時代に写真家の阿部さんより受け継いだもの。
名称も引き継いだけど、それが良くなかったかも。。。(笑)
そして浮遊生物に関しては今をときめく、 「日本クラゲ大図鑑」 の峯水さんより教えてもらった。
この楽しみをしると、海の世界の無限の広がりを感じらる!

ボートでナイトが潜れないので大々的に行う事が出来ないけど、
中々面白いんです!
正直今日は当たりが少なかった。
それでも、写真を振り返ってみると、中々良いのでは!?


b0186442_19235177.jpg
ハナギンチャク科のアラクナクチス幼生

b0186442_192433.jpg
タルマワシの仲間の子育て

b0186442_19241536.jpg
エビの仲間の脱皮の瞬間

普通のダイビングでは決して撮る事ができないものばかり!
テンジクダイ科の幼生やハダカイワシなんかも見られた。

窒素がたまり過ぎてヘロヘロだ~。
たくまさん5日間ありがとうございました!!!
[PR]

by yakuumi | 2015-10-09 19:38 | 一湊タンク下
2015年 10月 07日

屋久島にもホムラハゼ!!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  / タンク下 / ゼロ戦  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北東3m
【 水温 】  26.5℃  【透明度 】  15-25m  【 潮 】 長潮

出たね~出ましたよ~!
実はね、シルバーウィーク明けに見つけて、一人狂喜乱舞していたけど、
随分前から見られていたらしい。。。
全然知らんかった。。。
とにかく、今日はその子を撮ってもらいました!

b0186442_22214854.jpg
ホムラハゼ
ホムラハゼを良く見ているゲストやガイドさんに生息環境やら、コツをたくさん聞いた。
それでも中々見つからないもの。
なるほど、こんな所にいるのね。
アドバイスを教えてくれた皆様ありがとうございました!!
思ったより大きい。
通常サイズのベンケイハゼくらいだった(2.5cm?)
これから屋久島でもザクザク見つかる気がする!?
ヘルフリッチも出たし、今年はいいなぁ。
屋久島バンザイ!

b0186442_2222914.jpg
マジマクロイシモチ
今の時期はマジマクロがマジ熱い!
口内保育も多いし個体数も多い!
そして絵になるなぁ~。
ホムラハゼ10分だったけど、こっちは120分(笑)

b0186442_22222248.jpg
カシワハナダイ
そして今日も締めはハナダイ!
昨日のことを考えて20分くらい早めに行ってみた。
それが大当たり!
到着してまもなくすると、ケラマハナダイの大産卵が始まった!
今年はケラマが多いので見ごたえありまくり!
その中で数匹だけ見られるカシワハナダイ。
美しさが際立っていた!
婚姻色マックス!!!


b0186442_22223740.jpg
ケラマハナダイの産卵
ハッキリ言って、、、超速!
フタイロよりも、ハナゴイよりも、カシワよりも、、、早い!
初めて見てこれを撮る事はできない、はず。
だけど全力の男はしっかりと撮ってくる。
う~んやるなぁ。
明日は卵まで写すんだとか。

はい、お休みなさい。
[PR]

by yakuumi | 2015-10-07 22:42 | 一湊タンク下
2015年 10月 06日

卵飛び散る!シマキンチャクフグ産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

5日 オツセ / 観音  / ゼロ戦

6日
【ポイント】  お宮前  / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北東2m
【 水温 】  26℃  【透明度 】  10-15m  【 潮 】 小潮

この2日間は熊本のシャチョウさんと福岡の全力の人と遊んだ。
海は黒潮が完全に外れて、濁りまくり。
今までの青さからの落差が激しすぎる。
陸上も寒くなってきたので、これから来る人は温かい格好で来て下さいね!

b0186442_7455970.jpg
まずは
爽やかに~。
生態一筋の拓真さんだけど、たまにはかわいいのも撮るみたい(笑)

b0186442_7461964.jpg
最近お勧めのシャコガイ&ウミタケハゼ

b0186442_7483443.jpg
フタイロハナゴイ喧嘩
本命の一つ、フタイロの産卵を狙って夕方のゼロ戦へ。
前回来た時はタイミングが悪かったけど、今回は大盛り上がり!
目まぐるしく動きまわる、フタイロをビシッと決めてもらった!

b0186442_7484514.jpg
フタイロハナゴイ求愛
産卵の瞬間は早すぎて中々難しい。
2匹写っているだけでも相当に難しい。
でも、まだまだ狙ってくるんだろうなぁ。

スミレナガハナダイのこんなシーンも狙ったけど、潮が悪く、盛り上がらず。
これも何とか見せたいな!

b0186442_7491542.jpg
シマキンチャクフグ求愛
昼前に怪しい動きのペアを発見!
オスが執拗にメスを追い掛け回す。
産卵しそうだし、まだ産卵しなさそうでもある。
水深も微妙だし、悩ましい。
この求愛シーン紹介しても98%の人は観察を途中でやめるだろう。
地味な動き出し。
でもそこは全力の男、観察30分、減圧ギリギリで見事に押さえてくれました!


b0186442_7492675.jpg
産卵の瞬間
メスが整えた地面に卵を産みつける。
それが勢いあまって、飛び散っていた!
肉眼では分からない、けど、写真を拡大してみると卵がハッキリと写っていた。


b0186442_7493856.jpg
卵部分を拡大した写真。
おお~これは貴重な瞬間だ~!
粘り勝ちですね。

お二人とも朝から晩までありがとうございました~!
[PR]

by yakuumi | 2015-10-06 07:36 | 一湊タンク下
2015年 10月 02日

サラサゴンベ産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  元浦   【 天気 】  雨  【 風波 】 北西2.5m
【 水温 】  27℃?  【透明度 】  15m  【 潮 】 -潮

今日は久しぶりに体験ダイビング!
北日本を中心に大荒れ。屋久島はちょい時化くらいで、何とか潜れた~。
透明度は今一だったけど、魚をたくさん!喜んでもらえたかな~!?

夕方にはカメラ持って調査!
と思ったら、、、なんと、ウネリが強い。
タンク下のエントリー口は茶色くてとても入れない。
う~ん残念。
昨日まで3日間、夕方の調査が楽しくって
今日もガツンと潜ろうと思っていただけに残念。
でもSWが終わってからも毎日アホみたいに潜り倒して
身体もヘロヘロだったので調度良い休みかな。
仕事があってもなくても、3~4本はちょっとやり過ぎた(笑)

b0186442_204820100.jpg
ベンケイハゼ

b0186442_2046388.jpg
ホシニセスズメ


b0186442_20461874.jpg
オオメハゼ


b0186442_20483835.jpg
サラサゴンベ産卵直前

b0186442_20485929.jpg
サラサゴンベの産卵

b0186442_20491596.jpg
サラサゴンベの卵

サラサゴンベの産卵は3日間連続で見れてるけど、、、撮れない!
早すぎ&上昇低すぎ!
屋久島では他のゴンベの産卵が場所的に難しいので、
ひとまず去年から浅場で見られている、このサラサゴンベのペアをしっかり撮らないと!
シマスズメもまだ産卵&ハッチアウトが見られている。
産卵期が終わりの種類も多いけど、今くらいのほうが狙いを絞れて良いかも(笑)
[PR]

by yakuumi | 2015-10-02 21:09 | 一湊タンク下
2015年 09月 29日

治療いたしました。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / ゼロ戦 / タンク下   【 天気 】  雨  【 風波 】 北東
【 水温 】  26-27.5℃  【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮

ここ数日は大学時代の後輩が遊びに来たり、6年ぶりの薫さんたちが来たりと
懐かしく潜ってました。相変わらずに青くて嬉しい!
天気は雨がちで微妙だけど時おり晴れたり、場所によって晴れていたり。

今日は末期のアザハタ中毒患者の白山さんと潜ってきた。
当然ゼロ戦オンリー。

「なんか、幸せだった~」だ、そうです。
治療完了なり。

この病気は年末になると悪化するようで、あと数人患者が待っている。。。

マンツーだったのでゼロ戦で勝手にやってもらい、、、僕は砂地で遊んでいた。
このパターンは良くある。
その度に僕は何もなさそうな砂地のたびに出て、遊ぶ。
正直、暇。
と、言いたい所だけど、これが中々面白い!
砂地はシンプルなだけに、写真もシンプルになる。
テンスの仲間がたくさんいて、癒される。
そんな中こんなシーンも!

b0186442_1062588.jpg
ホシテンスに食べられるチビヌメリ
今年は砂地にチビヌメリが異様に多い気がする。
だからか捕食シーンも多い。

b0186442_1065089.jpg
ホシテンス幼魚

b0186442_1071439.jpg
ハゲヒラベラ幼魚

b0186442_108128.jpg
ヒノマルテンス幼魚

砂地も楽しい~。
ハゲヒラベラの求愛や喧嘩シーンも良く見られた。

仕事後には調査で一本。
軽く潜るはずが、2時間を優に越えて、
気が付くと完全な夜になっていた(笑)

さて明日はシルバーウィークの振り替え休日!?
たっぷり遊んでこよ~っと!
[PR]

by yakuumi | 2015-09-29 10:13 | 一湊タンク下
2015年 09月 23日

シルバーウィーク総集編!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁 / お宮前 / タンク下   【 天気 】  雨  【 風波 】 北東
【 水温 】  27.5℃  【透明度 】  40m  【 潮 】

屋久島中が今年一番賑わったであろう、シルバーウィークが終わった。
天候は最初と最後で少し悪かったものの、海中はベストコンディション!!!
黒潮全開で常に30~40mあった。
それだけでもう幸せ。

年々うちのお店に来るダイバー層も変わってきて、連日滞在の方がほとんど。
6日間ほとんど、最大定員の6名で潜っていたけど、人の入れ替わりがあんまりなかった。
ダイビングのお店っぽくなったなぁと、しみじみ感じた(笑)

ゲストの皆さんにはたくさん写真を撮ってもらえたけど、ログの更新ができず申し訳ない。
極々一部の写真をfceBookから借りてきての日記更新です!
写真の時系列は曖昧。。。

b0186442_8413085.jpgb0186442_8424033.jpg
初日からど~んと美しい海!
青い!!青過ぎる!
そして最高のカメラで最高の腕で、最高にキレイな青を表現してもらえました!
しかもマクロ~!!
最近は観音の浅場潜りが楽しい。

b0186442_8432395.jpg
ネジレカラマツに付くガラスハゼ
遠くのほうで何かやっているな~と思ったらこんな素敵写真を撮っていた!
う~ん、いいなぁ。


b0186442_8434311.jpg
ヘルフリッチ
今話題のヘルフリッチ。
他店の福ちゃんが見つけてくれた!ありがとうー!!
実は今年はガイドは30mまでと決めていたんだけど、ここに来て破ってしまった。。。
だって、だって、、、。
見たかったんだもん!
しかもいざ行ってみるといない!
ぬぬぬ、、、すぐに諦めて引き返す僕と、
深場で何かを撮影するゲスト。。。
なんか手招きされたので行ってみると、、、、、、いた。
12年ぶりとなるヘルフリッチとのご対面!
ちぃちゃんありがとう~!!!
感謝感謝です!!


b0186442_8435736.jpg
イシガキカエルウオ幼魚
浅場ではイシガキカエルウオのチビがたくさん!!
ほんとかわいい。
これのみで1ダイブとかもやってしまった(笑)


b0186442_8441765.jpgb0186442_8443086.jpg
マジマクロイシモチの口内保育!
アオスジガンガゼにワラワラと群がっていた!
これを見せてすぐにビシッと撮影できた人を知らない。
なのにビシッと決まってる~!!!凄いなぁ。
口内保育まで鮮明!!!

そして右の写真はなんとおたまさんが作ってくれたツアーTシャツ!
去年見たシシマイギンポをモチーフに作ってくれました!
これがメチャクチャかわいい~。
3日間着続けて、すでにコーヒーやらなんやら溢してしまってるけど、、、
最高のプレゼントでした。
ありがとうございます!!!


b0186442_9144499.jpg
タイドプールのリクエストもらっていたけど、期間中潮周りが最悪で行けそうもない。。。
最後になってようやく狙えそう。
朝6時に迎えての早朝タイドプール!!
7時干潮の潮位80cmだから超ギリギリ(笑)
沖合いのタイドプールは波が少しかかっていた。
それでも水はクリアーだし、鏡面も何箇所かで狙えて、楽しんでもらえたかな?


b0186442_8461863.jpg
ロウソクギンポ
かわいい~。
いや、かわい過ぎる!


b0186442_844424.jpg
ツバメウオ群れ!
多鶴子さんと久しぶりに泳いだ!
ツバメ群れてくれて良かった~。
そうだ、これもちぃちゃんに呼んできてもらったんだった(笑)


b0186442_845485.jpg
6日間終えて片付け中に、ネコ!
なんと6日間で一番皆が熱中していた!?(笑)

シルバーウィークに遊びに来ていただけた皆さん、
最高に楽しい6日間をありがとうございました!!!
[PR]

by yakuumi | 2015-09-23 08:36 | 一湊タンク下
2015年 09月 15日

タイワンタマガシラ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  雨  【 風波 】 北東
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】中潮

b0186442_1949496.jpg
タイワンタマガシラ(幼魚)  Scolopsis vosmeri
雨ですよ~。
ざーざーしとしと。
陸は肌寒い気候。
水中は130分潜っていても寒くなかったので(ペラペラのロクハン)
28度くらいあったかな?

のんびり海中散歩。
やっぱ海の中はいいなぁ。
秋になると見頃の砂泥ハゼを探してたら、変なのいた!!!
遠めに見て、あからさまに怪しい。
それはインドで買ったキャップを空けた形跡のあるミネラルウォーター並の怪しさ!
見たことない魚なのは確か。
それも日本にはいないようなオーラがあった。
動きはタマガシラ系の魚と全く同じなのでイトヨリダイ科の何かだろう。

で、調べてみると、和名があった!
なんだ外人じゃなかったか。
ネット検索では日本で撮られた水中写真が出てこない!
やっと、見つけたと思ったら、、、、ん?屋久島!!?
それも先月??
なんだ、、、8月から見られていた子だったらしい(笑)

いずれにしても初物は嬉しいなぁ。
うしし。
[PR]

by yakuumi | 2015-09-15 20:03 | 一湊タンク下