屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:吉田( 7 )


2011年 09月 12日

ベラのように舞う!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   クレーン下 / 吉田  【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風向 】 東
【 水温 】  29℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  大潮

b0186442_1193159.jpg
オトメベラ(雄相)
午前中は体験ダイビングとスノーケル!
海は穏やかで気持ちよく泳ぐことができた。
台風15号が近づいて来ていてそれっぽい風が吹いてはいるけど北部の海は問題なく潜れている。
15号は大した勢力ではないけど進行速度が遅く嫌らしい。。。

午後には久しぶりに吉田で潜ってきた。
6月に潜ったときにトモシビイトヒキベラの大きなハーレムを見つけたのでそれを
狙ってみたけど見当たらない。。。
探し回って何とか見つけたけど、数は少なく盛り上がりにかけていた。
もう少し早い時間じゃないとダメだったか。。。(今日は15時頃)

代わりに目に付いたのはオトメベラ!
超普通種なので普段は完全にスルーなんだけどなにやら妙な動きをしていたので観察。
特に求愛をしているわけでもなかったけどもがく様に踊っていた(笑)
なんだこれ??


b0186442_11153064.jpg
ベラって素早いのでフォト派には今一人気がないけど素敵な模様や色彩のものが多いと思う。
ちょっとベラ撮りにはまりそう。



b0186442_11243929.jpg
シロタスキベラ
10cmくらいのオトメベラと違ってこいつは30cmくらいの大型のベラ。
婚姻色(かな)を出してブンブン泳ぎ回っていたので少し追ってみたけど、、、追いつけませ~ん!!
早すぎる。。。撮れない。。。
でも狙う価値はある素敵な色彩だということは伝わるかな??


よ~しフィンワークを鍛えて僕もベラのようにブンブン泳げるようになろう!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-09-12 11:07 | 吉田
2011年 06月 24日

斜光が美しい

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / 吉田  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南東
【 水温 】  24~25,3℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮

b0186442_9335459.jpg
コブシメ
この3日間は夏の様な暑さ!
雨が恋しくなってしまうような素敵な陽気だ。
太陽が降り注ぐ時は海に入る光もきれいで格段と楽しくなる。
そして光をより楽しむには斜光が一番。
朝早い時間や夕方には斜めに光が差し込み、幻想的な光景となる。
時間と天気さえさえ許せばこの斜光を浴びるダイビングが絶対にお勧め!

今日は天気が良かったので光と戯れてきた。

コブシメはもう繁殖末期だけど産卵が見られた。


b0186442_9341559.jpg
ミル畑とコブシメ
台風5号が接近中。
夕方には軽いうねりが感じられた。
明日はギリギリ潜れるかな??



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-06-24 09:46 | 吉田
2010年 07月 11日

モビング!

 『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
【ポイント】 元浦×2 / 吉田 【 天気 】 晴れ 【 風 】 南西の風
【 水温 】  27℃  【透明度 】  10~20m  【 潮 】 大潮②

b0186442_2040407.jpg
ニセゴイシウツボをモビングするキンギョハナダイ達
モビングは大型の天敵に対して小型の魚たちが集団となり追い払う行動のことです。いままでにも何度か見たことはあるけど写真に撮れたのは初めて!

キンギョハナダイがいつも群れているところとは別の場所でまとまっていたので何かと思って近づくと大きなニセゴイシウツボが逃げていました!

キンギョハナダイの動きは普段とは全然違い「追い払ってやるぜ~」という闘志がみなぎっているのが感じられた。他にもミツボシクロスズメが加わっていた。


b0186442_2045015.jpg

この時期の吉田ではミルが茂っているので撮りにいったけど透明度が酷い、、、。10~15m、、、。
でもやっぱりここのミル畑は気持ち良いなぁ。もうすぐ枯れちゃうのであと僅かの光景ですね。


午前中は体験ダイビング!
今日島で一番穏やかであろう元浦でのんびり潜ってきました。
透明度良く、魚も多く皆で癒されてきました。

それでは今日はありがとうございました!!
また潜りましょうね!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-07-11 20:59 | 吉田
2010年 04月 30日

吉田でもコブシメ大産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / 吉田 / お宮前  【 天気 】   晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】   23℃   【透明度 】   15m    【 潮 】 大潮④

b0186442_2140148.jpg

今日も天気良し海況良しのダイビング日和!
海の中は透明度は今ひとつだったけど水温は高くて気持ちいい~!
今日はちょっと変則的に2ビーチやってから最後にボート(笑)そんなの初めて。
タンク下では例によって浅場でネチネチ。毎日会っている魚達に挨拶しながら新たなる出会いを求める。
今日も初めて会うジョーフィッシュがいた!

2本目の吉田は結構久しぶりだったけど楽しかった。実はそれほど期待していなかったんだけどコブシメが10個体くらいで産卵を繰り広げていて見とれてしまった。しかもそのうちの1個体はデカイ!!過去最大級の大きさにゲストもビックリしていた(笑)
沖へ進むとポツンと根があってそこでアオウミガメが休憩していた。その周りを大小様々なキンギョハナダイが
無数に舞っていてなんとも幻想的な光景だった。こんなに美しい光景もなかなかないな。ワイドで撮れたらどれほど素晴らしかったことか。

最後はお宮前でやはりコブシメの大産卵。こちらでは15個体くらい見られた!魚溜まりでは相変わらず魚影が濃くゲストも写真に熱中していた。カゴカキダイバックのアマミスズメダイやスミレナガハナダイを狙うという斬新なアイディアだったけどどんな感じで撮れているんだろう。気になるな~。

今日はどうもありがとうございました!また明日も宜しくです!!
Tさん縄文杉張り切って行ってらっしゃい!!

※写真は昨日見つけたタンク下のジョーフィッシュ達でした。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-30 21:37 | 吉田
2010年 02月 28日

津波警報で、、、。

【ポイント】  吉田  【 天気 】  晴れ  【 風 】 東の風
【 水温 】       【透明度 】       【 潮 】 大潮②

b0186442_22244897.jpg
マルソデカラッパ(若齢個体)
気づいたときには津波警報が発令されていた。
昨日のチリの地震の余波が一日経った今日に訪れようとしていた。屋久島では14時30分くらい。それにあたって海の近くでは消防車が巡回していてが市民に海から離れるように呼びかけていた。。。

あれ、、、これって、もしかして、、、、潜れない??

それならば15時くらいなら大丈夫かなと思っていたが津波は第一波のあとの二波、三波の方が大きくなることもあるようで警報は解除されない。。。

それならばナイトでもと思って酒を飲まずに晩飯を食べた。
さて、と思いテレビに目を向けると依然として津波警報が発令されたままだった。。。

まあ今日はゲストもいないし、自分の欲求が満たされないだけだからいいんだけど、、、、。

はぁ~ビールでものも。

写真は先日に吉田の砂地で見つけたマルソデカラッパ。
まるで津波を予知していたかのように非難体制にはいっていた(笑)



『屋久島ダイビングライフ』 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2010-02-28 22:38 | 吉田
2010年 02月 25日

マダラトビエイ!

【ポイント】  吉田  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南東の風
【 水温 】   20・7℃   【透明度 】  15~20m    【 潮 】 中潮①

b0186442_20165485.jpg

今日も天気が良くて気持ちい~。ってか天気予報全然当たってないし!
風はここのところ南よりなので北部の海はどこも穏やか!快適です。今日はそんななか久しぶりの吉田へ行ってみた。
漁港に着くとおじいちゃんがエギ(イカ釣りのルアー)拾ってきてくれよ~。となんともゆるい感じで言われた。なんかほのぼのするなあ。
エントリーすると早々に目の前には尻尾の先まで入れると2m近くあるマダラトビエイ!北部では夏場に見ることはほとんどないんだけどこの時期にはたまに見ることができる。一度はすぐに去ってしまったけど、その辺でウロウロしていたらその後も2回見ることができた。
しかしマダラトビエイってかっこいい魚ですよね~。

もし神様がいて「君の来世はエイだね」なんて言われたら間違いなく「マダラトビエイにしてください!」って懇願しますね。
シビレエイとかにされたら嫌だな。


b0186442_20125685.jpgb0186442_2013989.jpg
カモハラギンポ / オウゴンニジギンポ
ちょっと沖の方へ行くとキンギョハナダイが群れている一つ根があるんだけどその辺りは魚影が濃くて面白い。根の手前ではカモハラギンポがヒレを全開にしているのが見えたので近づいてみるとどうやら求愛しているところみたい。お互いヒレを広げて体を見せあってはスーッと離れてまた近づいてはヒレをブワー、って感じのことをずっと繰り返していた。途中で一回り小さい個体も入ってきたけどすぐに消えた。これは産卵の前なのかな?と思ってずっと観察していたけど動きに変化なし。周りではオウゴンニジギンポやモンスズメダイ、ハナゴなどがいた。色々と浮気をしながら観察を続けてみたけど結局1時間以上経っても全く同じことの繰り返しだった。。。いったいいつまでやるの?まあどうせ産卵は穴の中でやるんだろうけどやっぱそれらしい動きは見てみたいなぁ。



『屋久島ダイビングライフ』 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2010-02-25 20:53 | 吉田
2009年 06月 22日

ミル畑

【ポイント】  吉田 / 一湊タンク下    【 天気 】   晴れ     
【 水温 】  24℃  【透明度 】  15~25m  【 潮 】  大潮②

b0186442_20593142.jpg

真夏か!!天気予報が全然当たらない。曇りか雨の予報なのに完全に真夏日。暑すぎる。日差しが痛すぎる。やっぱり屋久島は南国ですね!

陸上は刻一刻と夏に向かっているのに海のほうはなかなか透明度が良くならずいまいちスッキリとしない。透明度は吉田が20~25mくらいで一湊は15~20m。。。しかも一湊は水温が24℃に下がってるし。。。

さて一本目の吉田は久しぶりの調査!前回潜ったときはあんまりパッとしなくてガイドで使うには微妙かな~と思っていたけど結構面白かった!他店スタッフのSさんと一緒に潜ったのも大きかったかもしれない。今の時期の屋久島はミルが茂っていて海底が緑の絨毯のようになっている。ここ吉田はとりわけ凄くて海底はミル畑みたいになっている。

写真はミルの中で索餌をするゴンズイ玉。まるで伊豆にいるかのような光景だけど、これが屋久島らしい光景の一つでもある。他にもミル畑の隙間からハタタテハゼがヒョコヒョコ顔を出していたり、岩の隙間にはマツカサウオがいたりした。ちなみにマツカサウオは屋久島ではレア種のようだ。
一番良かったのはナガレハナサンゴに群がるニセアカホシカクレエビの群れ!!直径70cm位のサンゴに30~40匹のエビちゃん!!いや~これは楽しい!!浅場では上がり際にキンチャクガニや各種ギンポなんかが見られた。
b0186442_21284259.jpgb0186442_2129445.jpg


写真右は2本目の一湊タンク下で見られたバラクーダ!!ここではさすがにトルネードを見ることはできないけど単独のバラクーダには良く遭遇する。(同一個体かな?)

2本目は昨日のサンセットのあまりの残タンで潜った。ちなみに昨日のサンセットではコウワンテグリが産卵!!!
詳しくはブログの方に後でアップしま~す。


b0186442_213439100.jpgこれといった発見はなかったがタンク下はやっぱり面白い!浅場でじっくり小物探しをしているとあっとゆー間に1時間がたってしまった。ヒットしたのは黄色のジョーフィッシュや超普通種ではあるけど屋久島では個体数がめちゃくちゃ多いイソギンチャクモエビ!これがまた小さいのから大きいのまで各ステージが一緒に見られる。そして驚くのはその大きさ伊豆では1cmになれば巨大と呼んでもいいくらいだったのにこっちでは2cmはある、、、でか。こんなに大きくなるエビちゃんだったんですね。。。










屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-06-22 21:44 | 吉田