屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:栗生( 6 )


2013年 10月 27日

水中波濤

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  栗生  【 天気 】   晴れ   【 風波 】 
【 水温 】   25,5℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

b0186442_22552837.jpg
海は穏やかになってきたけど、副鼻腔が今一なので、家族サービスで島内観光!
でも、栗生では少しだけ一人で潜っちゃった(笑)
だって予想通りの良い波が立ってたんだもん!
耳抜きがいらない範囲で波と格闘。なかなかスリリングで面白かった。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-10-27 22:54 | 栗生
2013年 09月 18日

久しぶりの栗生!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  栗生 / 栗生  【 天気 】  (曇り)晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_22251865.jpg
「栗生」
クリナマじゃないよ、クリオだよ~。
屋久島は漢字の読み方が独特なんですね。
さてここの所辛い海況が続いているので思い切って島の反対側まで遠征!
往復3時間もかかるのでよっぽどのことがないとこな居場所。
でも来る価値はある!
ビーチポイントだけど南国っぽい雰囲気で一昔前は主要ポイントだったとか?
ゲストは島民のほっしぃと賑やかせ2名だったので無駄に遊んできた!
めっちゃ疲れたけど、楽しかったなぁ。
なんと言っても天気が違う!
北部は強い風に垂れ込めた雲で憂鬱になりそうだったけど、ここまで来ると真夏の様な陽気!!
この島の天候は通常では考えられないほど、ころころと変わる。
それだけに気象チェックと予測は最重要だ。

さて海の中は透明度微妙~、魚影微妙~。。。
でもでもなんだか沖縄っぽい雰囲気のここは楽しい!
いつも北部ばかりで潜っているメンバーなのでそれぞれ好きに潜っていた(笑)

キビナゴ少々、ウメイロモドキ少々、ミナミハタンポの洞窟、ナガブダイの群れなどなど。


b0186442_22394041.jpg
昼には素敵な蕎麦屋でくつろいで、ポイント脇でスノーケリング!
ここは浅瀬のサンゴが美しい場所。
しかし、、、今まで見た屋久島のサンゴの中で一番白化が進んでいた!!
これまでのサンゴの状況は自分の中では生存の許容範囲だと思っていたけれど、
ここのサンゴたちは許容範囲を超えている気がする。。。
このサンゴたちの行く末が気になってしょうがない。
また今度見に来るしかないか。

最後は名湯、尾之間温泉で暖まって終了~。
あ~今日も良く遊んだ!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-18 22:20 | 栗生
2012年 12月 20日

波と戯れる

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  栗生 / 漁港 / 湯泊  【 天気 】 晴れ  【 風波 】 北西(1,5m)?
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 小潮

b0186442_17512883.jpg
今日はベタ凪予報だったんだけど外れた。どう考えても北西の風で栗生ではいい波!
ってことで波と戯れてきた。

b0186442_17521142.jpg
ミドリリュウグウウミウシ
お次はやっぱり湯泊!
目的はウミウシ~、じゃなくて置き忘れたダイコンを取りに、、、(笑)
無事回収できてホッと一安心。

今日も壁と向き合ってホヤや海藻を撮っているとミドリリュウグウウミウシの交接に出会った。
ウミウシの交接と言えば2匹でくっくだけの地味~なものなんだけど彼らは違った!!


b0186442_1752291.jpg
始めは揺れる壁にくっついていたので翻弄されているだけかと思っていたけどどうやら何かの感情表現をしているようだった!?
10分くらい中層に浮かびながら、波に揺られながら観察をしていたけれど、その間ずっと激しい交接を繰り広げていた。
伸びて、巻きついて、絡み合い、そしてまた伸びて。。。


b0186442_17571780.jpg
ウミウシもこんなに激しい繁殖行動をするなんて知らなかった。地味に感動。
見ていてちょっとエロい気分になるくらい激しい交接だった(笑)


b0186442_17544531.jpg
この後は2匹ともバラバラになってどこかへ行ってしまった。

結局ベタ凪ぎの湯泊で思う存分マクロ撮影とはいかなかったけどなかなか楽しかった。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-12-20 15:37 | 栗生
2010年 11月 24日

スペシャルな海!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   栗生 / 川  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北東の風
【 水温 】  24℃?  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  中潮2

b0186442_21232618.jpg
テングハギモドキ

今日は久しぶりに栗生まで遠征!!
楽しかったな~。でもやっぱ遠い!
往復100キロ越えはさすがに気軽には行けない。

「栗生はスペシャルだよね!」
昨日の宴会であきら君が散々語っていた!確かに!!
スノーケリングで言ったら確かに屋久島の海でも群を抜いて楽しい。
浅場での魚影の濃さは凄いものがある。今日はその浅場をメインに撮りに来たのだった。
しかし浅場は以外と波があったのと潮が満ちすぎていて魚にまとまりがなかった。

しょうがないので沖合いへ出るとテングハギモドキが一面に広がっていた!!
密度こそ大したことないけどスケールが大きく見ごたえ十分。
それから30分くらいその群れに遊んでもらった。



b0186442_21235287.jpg
キンギョハナダイ
D700でのワイド時の太陽光周辺の階調がどんな程度か知りたいとのリクエストがあったし、
自分でもそこが一番気になっていたので今日は描写性能テストも兼ねていた。

結構あれこれと設定を変えて撮影してみた結果がこんな感じ。

太陽を完全に入れるとやはり一部で階調が失われてしまっているけど
今までのD80に比べたらだいぶ良くなっている。



b0186442_21241119.jpg

極浅場では太陽光が強いのでもっと白とびすると思っていたら、水深10~20mで撮った写真より美しい
写りだった。
これくらい写れば満足かな。

午後には栗生の川に入ってみたけど全然面白くなかった、、、。
場所が悪かったか。


昨日は海が思った以上に荒れていたので川で潜った。

それではまた!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-11-24 21:58 | 栗生
2010年 10月 07日

ウメイロモドキに囲まれた!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
【ポイント】   栗生 / 栗生  【 天気 】 晴れ 【 風 】 北東の風
【 水温 】  27℃  【透明度 】 20~30m 【 潮 】 大潮2

b0186442_818303.jpg
ウメイロモドキ群れ
今日は予定通り南部で潜ってきた。北部メインのうちとしてはかなり珍しい!
でもまた数日後に南部にどうしてもというゲストがいるので慣らしておかなければ!
北部と違って定期的に潜っているわけではないのでガイドは行き当たりばったりの偶然性に頼る
ダイビングになってしまうので、定点観察をモットーとしている僕にはかなりやり辛い。。。

でも、今日の栗生はそんなことは要らぬ心配なハッピーな海だった!!
1本目はダイビング中終始キビナゴの大群に囲まれていた。それも密度も濃く川のように流れていた!!
2本目は僕もワイドを持って入らせてもらった。
しかしキビナゴの姿は1匹も見かけない。。。しょうがなく沖へ出ると今度はウメイロモドキの大群!!
気がつくと何百(千はいたかも)というウメイロモドキに僕もケイジさんも囲まれていた。
まるで天国にいるかのようなひと時。
しかし何故かその感動の写真は上手く撮れていない、、、。ウメイロモドキは写真の十倍はいましたよ!

3本目は尾ノ間温泉で潜ってきた!
じゃなくて、、、温泉でゆったりと疲れをほぐしてきた。きもちい。。。
ここは名湯ですね!!

ケイジさん今日はありがとうございました!
今度は美味しい料理食べさせてくださいね(笑)!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-10-07 08:15 | 栗生
2010年 03月 13日

島内一周旅行

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   栗生  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南西の風
【 水温 】  20℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 中潮②

b0186442_2218396.jpg

今日は天気も良いし海も穏やかで気持ちの良い一日でした。しかしゲストがいない!!
そこでたまには家族サービスでもしようということになりテルとイッチを引き連れてポクポクと島内を一周してきた。川を見たり、森の新鮮な空気を吸ったり、海で貝殻拾ったり、温泉に入ったりなどなど、とのんびりしていたら一周に8時間もかかってしまった。軽い島巡りのつもりだったけど旅行と言ってもいいような気分だ。
いい家族サービスができたなぁ。

まあしかし何だかんだ言っても、実の目的は栗生で潜ることだったりして。。。志戸子から正反対にある栗生は遠すぎて滅多に行くことがないのでこんな時に潜っておかなきゃ!テルと一路をタイドプールに置き去りにして海中世界を堪能。南部はネチネチするのには向いていないけど散歩気分で潜るには最高!気持ちよかったな~。水深1mあたりでは二ザダイやナガブダイの群れがキラキラと輝く水の中を泳いでいた。北部では見ない光景なので新鮮だった。透明度が今ひとつだったのが残念だけど海中トンネルも光が射し込んでいて綺麗だった。

b0186442_22205649.jpg 
ハタンポの仲間
沖の砂地まで出て適当にふらふら泳いでいたらちょっとした洞穴があってその周りにはたくさんのハタンポが出たり入ったりしていた。ハタンポって暗がりにいることが多いから根暗なイメージだけどこれくらい群れていると結構迫力があって良いかも!種類はいまいち良くわからないけどミナミハタンポとリュウキュウハタンポとツマグロハタンポの混成群かな?穴の奥では大きなヒトヅラハリセンボンが主の様に居座っていた。

ダイビングのあとに入る温泉はまた格別!いい気分転換ができたな。
ではではまた明日。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-13 22:52 | 栗生