屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 30日

バイオレットボクサーシュリンプ!!

【ポイント】 一湊タンク下  【 天気 】  晴れ    【 風 】  東の風
【 水温 】  25℃   【透明度 】  15m 【 潮 】  中潮②

b0186442_1643991.jpg


遂に見てしまった。念願のバイオレット君!まだまだ幼い子で体長は2~3cmと小さかったけど既にペアで住んでいた!!見つけた瞬間に体中が熱く燃え上がるのを感じた。いや~スバラシイ。ブラボー!

他にも興奮するようなネタが続々!コンゴウフグの成魚も初めて見たけどこんな厳ついんですね。幼魚がインパクト強くて成魚は記憶になかったけど結構かっこいい!あとはイタチウオ!こんな奴もいたんだ!屋久島の生物層は奥が深い!他にも眠るブダイや眠るケラマハナダイなども見れた。そしてもしかしたら最も興奮したのはカサゴだったかもしれない。まだ正体は確かめてないけど見た瞬間にテンションが一気にあがった!でもこれはまだ調べ中なのでまたそのうち。

b0186442_1643488.jpgb0186442_1644336.jpg
オトヒメエビ  / コンゴウフグ

そしてそして最後の最後に表層では透明なカレイの幼生がペラペラ舞っていた。いままで散々探しても見つからなかったのに、、、。やはりクラゲが多かったから良かったんだろうな。

あっこれは昨日の夜潜りの話でした。今日はまだ潜ってないから今から行ってこよ~。またしても夜潜りか!!



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-30 16:46 | 一湊タンク下
2009年 10月 29日

ツノナシテッポウエビ

【ポイント】 一湊タンク下  【 天気 】  晴れ    【 風 】  東の風
【 水温 】  25℃   【透明度 】  10~15m 【 潮 】  中潮①

b0186442_1849285.jpg

今日の一湊はベタ凪!!ゲストは台風後で海を心配していたけど穏やか過ぎる位、穏やかな海だった。
しかし海の中はそれとは反対に悪い。水面下には千切れかかったクラゲ類が無数に浮いていて潮の変わり目を感じさせた。透明度にして10~15mくらいかな。シビアな今日のゲストは8mって表現してたけど、、、。でも生物達はいつもと変わりなく見れて、初めての屋久島の海を堪能していただけたようだ。奄美で良く潜っているゲストだったんだけど、海の中は奄美と全然違っていて楽しかったみたい。

お宮の魚溜りはやはり圧巻でそこにいるだけで幸せな気分!カゴカキダイの群れにロクセンフエダイ、ヨスジフエダイ、アジアコショウダイ、アカヒメジ、ハナゴンベ、マルスズメ、ヒレグロスズメ、スミレナガハナダイ、ヒトスジギンポ、ナミナギンポなどなどなどたくさんでしたね~!それと初めてみたけどボンボンを持っていないキンチャクガニがいた!!なくしちゃったのかな?片手がなかったから仲間と争って奪われたのかもしれない。分かったことは、ボンボンがなくてもキンチャクガニはかわいい、ということだった。

写真は昨日撮ったトゲナシテッポウエビ。フワフワのユレモ科の1種で作った巣に住んでいるのを良く見かける。良く見かけるといっても巣をちょこっと裂いて中からでてきてもらわないと姿は拝めない、でも巣穴は裂いても次の日には修復されている。いつもちょっと悪いかな~と思いながらもその姿を見たくてついついお邪魔してしまう。ごめんね、、、。頑張って直してね!!




屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-29 19:12 | お宮前
2009年 10月 28日

マユハキモ ガニ!??

【ポイント】 一湊タンク下  【 天気 】  晴れ   【 風 】  東の風
【 水温 】  24~25℃   【透明度 】  15~20m 【 潮 】  若潮

b0186442_2142244.jpg

台風の影響もすっかり治まって今日の海は穏やかそのもの。天気も良くて気持ちいい~!!

今日のヒットは写真のカニ!マルガザミの仲間の様に見えるけど、なんだろう?全く分からない。
タンク下に良くある緑藻のマユハキモの中で見られた。中で見られたと言うより共生しているような感じだった。マユハキモを丹念にかき分けていくと大小2個体見つかった。体色は薄緑でマユハキモを手足を使って全身に被せる様な動きをする。手持ちの図鑑には載っていないしネットで検索しても調べ方が悪いのか見つからない。唯一あったのはアクアリストがマユハキモを購入してかわいがっていたら、どこからともなく湧いたこのカニに食べつくされたという記事だった。多分緑だったしこれと同じカニだと思う。

誰かこのカニ知りませんか~!??

海の生物って自分では結構知っているつもりになっていても、生物達はそんな軽薄な知識を嘲笑うかのように次々とその姿を僕らの前に現す。海って面白いですね。きっとこんな出会いは潜り続ける限り一生続くんでしょうね。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-28 22:02 | 一湊タンク下
2009年 10月 27日

モンハナシャコの散歩、ウミウシは増殖中。

【ポイント】 一湊タンク下  【 天気 】  晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】  25℃   【透明度 】  15~20m 【 潮 】  長潮

b0186442_20392758.jpg

台風が過ぎ去り急速に海況が回復してきています。昨日の一湊の湾内は川からの泥水で茶色くなっていたけど今日にはほとんどなくなっていた。湾内と言えど島というだけあって潮の入れ替わりは結構早い。

今日は一昨日確認したベニカエルアンコウらしき個体を見に行ったのだが前回にも増して奥まったところにいて撮影どころか観察もほぼできずに安否だけの確認となった。早く写真に撮って正体を確かめたい!!

砂地では散歩中のモンハナシャコに出会った。(上の写真です)どこに行くのか気になってず~っと追いかけていたけど10分位したところで根負けした。砂地をウロウロしたり岩に隠れたりの繰り返しでほんとに散歩しているような感じだったせめて巣穴を確かめたかったな。


b0186442_2039506.jpg
マダライロウミウシ
今月に入ってから少しずつウミウシを見かける回数が増えてきた。今日も写真には撮ってないけど7~8種類は見たかな。屋久島では夏場は大して意識しないと2~3種類種類しか見つからない。これは水温低下に伴う現象なのだろう。ウミウシもものによっては結構好きだから嬉しいと言えば嬉しいけど水温は下がって欲しくないよ~、、、。
写真はこれまた最近良く見かけるマダライロウミウシ。最初はこの状態で追いかけっこをしているような感じだったけど10分後には交接が始まった。これからはウミウシにも注目していこう。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-27 20:57 | 一湊タンク下
2009年 10月 26日

アワフキムシ!

【ポイント】  【 天気 】    【 風 】  北西の風
【 水温 】  【透明度 】  【 潮 】  小潮③

b0186442_19293432.jpg
アワフキムシ科の一種

何だそれ!?

はい、今日は台風20号の影響でクローズです。頑張ればエントリーできないこともなかったけど透明度悪そうだし、うねりも酷そうなので潜らなかった。

写真は台風見物の散歩の途中で出会った虫。立ち止まって見ないと気が付かない生物です。結構かわいいな~と思うのは僕だけでしょうか?陸にもかわいい生物はいっぱいいるんですね。周りではこれまたかわいいウスバハゴロモがうじゃうじゃいた。

明日は潜れるかな?


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-26 19:34
2009年 10月 25日

ベニカエルアンコウ!??

【ポイント】  一湊タンク下    【 天気 】  雨   【 風 】 北東の風
【 水温 】  25~26℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮②

b0186442_2155538.jpg
モヨウフグ
台風20号が接近中のため今日の屋久島は海も天気も荒れ模様!空は終日暗く雨は断続的に降っていた。海のほうは一湊湾内にもウネリが入っていてギリギリタンク下が潜れた感じ。

今日はそんな中、友の俊三と潜ってきた!なんでも怪しいカエルアンコウがいたと言うので見に行ってみる。カイメンの奥、非常に見え辛いところでそれはいた。しっかり見ようにも体の一部しか見えない、2人で何カエルアンコウかな?なんて話していると、ほんの一瞬だけその姿を現してくれた。それはまさに伊豆で見慣れたベニカエルアンコウそのもの!!
屋久島では今までベニカエルアンコウが出たなんて聞いたことがなかったので頭の中で否定しかけたけど、カイメンに寄り添うあの姿、独特の体型、そしてあのベニっぽいオーラ、、、まずベニカエルアンコウに間違いないだろう。

屋久島ではベニカエルアンコウの主な生息場所のカイメンが少ないから見る機会も少ないのかもしれない。今日は下手にいじっていなくなると困るので無理に正体を追わずに、そっとその場を立ち去った。そのうち撮り易い所にきたらバシッとおさえて正体をハッキリさせたいところだ。


それはさて置き今日はウネリがあって写真が撮りづらいこともあったけど沖では沖へ向かう流れがあって大変。今日もクマドリを確認したけどあとはエントリー口まで戻るのに必死で何にも見てないし何にも撮ってない。唯一撮ったのが写真のモヨウフグがホンソメワケベラにクリーニングされているシーンだった。

明日は海がもっと荒れそうなのでお休みかな?ではでは。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-25 22:24 | 一湊タンク下
2009年 10月 24日

オオウナギ!!

【ポイント】  一湊タンク下  / 川   【 天気 】  曇り   【 風 】 北東の風
【 水温 】  25~26℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮①

b0186442_20521488.jpg

今日も秋雨前線の影響で終日天気が悪い。雨が降ったりやんだり。パッとしないな~。
そうそう昨日までオリオン座流星群が見えるって話だったからこの3日間夜には空を見上げていたんだけど雲で隠れてしまい流星どころか星すらも見えなかった。残念だ~。

そして今日は水中もダメ。海のコンディションは透明度30mくらいあって良かったんだけど、クマドリを確認したくらいで他に特筆するような出会いはなかった、、、。

これじゃまずい。

そう思ってタンクは背負わずに川でも潜ってみた!水温は18℃くらいだったかな?う~ん寒いよ~。でもオオウナギがいっぱいで一時は寒いのも忘れて興奮していた。

b0186442_2052368.jpgb0186442_20524868.jpg
ナンヨウタカサゴイシモチ / クロホシマンジュウダイyg
その辺には他にも色んな生物が見られるので結構面白い。写真の他にもアマミイシモチやヒメツバメウオyg、テングヨウジ、ゴマフエダイyg、クサフグ?、クロサギなどなどがみられた。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-24 21:46 |
2009年 10月 23日

オキザヨリ!

【ポイント】  一湊タンク下    【 天気 】  曇り   【 風 】 北東の風
【 水温 】  25~26℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮④

b0186442_22192186.jpg
オキザヨリ
島の水面下で細長い魚を見ると反射的にダツ!!と思ってしまうけど何度写真に撮って確認しても、正体はこのオキザヨリだ。ナイトで水面と平行にライトを照らしてもダツが飛んで来たためしはない。屋久島では以外だけどダツは少ない様だ。始めの頃はナイトの時ダツが飛んでこないかハラハラしていたけど最近ではちょっと心にゆとりができた!
タンク下のやや沖合いの表層ではいっつもこのオキザヨリがホンソメワケベラのクリーニングを受けていたりキビナゴの群れにアタックしたりしている。波が砕けて白くなる水面下を優雅に泳ぐオキザヨリが結構好きだ。それを横目に今日もクマドリカエルアンコウやピグミーなどを確認してきた。

b0186442_22263167.jpg
カザリサンゴヤドカリ
屋久島では超普通種のこのヤドカリだけど間近でみるとこんなにも美しい!もっとダイバーの熱い視線が注がれてもいい被写体だと思うんだけど何故だか人気はない。やはり世にヤドカリが浸透するにはヤドカリ図鑑が必要なのかもしれない。早く出ないかな~。

今日の一湊は穏やかで全ポイント潜れた。透明度も良く今日も海は楽しかった~!!



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-23 22:31 | 一湊タンク下
2009年 10月 22日

クマドリカエルアンコウ!!

【ポイント】  一湊タンク下    【 天気 】  曇り時々雨   【 風 】 北東の風
【 水温 】  25~26℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮③

b0186442_2275246.jpg

ん~久しぶり!!念願のクマドリに出会えました!しかも体色は初めて見る黄色!!場所を教えてもらって
探しに行ったけど全然分からなくて窒素がもう限界だ~って時にようやく見つけた!感動したな~。原崎さんありがとうございました!!
大きさは3cm位で伊豆ではこのサイズになる前にいなくなる(凍死?)ことが多いけど屋久島では大丈夫みたい。頑張って生きろよ~。

今日は深場でこいつの捜索に時間を費やしてしまったので他のものはあんまり見れなかった。透明度は30mくらいあって潜っていて爽快!でも水温はちょっと下がって26℃!!いや正確には25・7℃だった。十分に温かい水温だけどまだ下がっちゃダメだぞ~。。。

b0186442_22875.jpg

安全停止中にはワモンダコが2個体で喧嘩?をしていた。でも観察しようと思ったらすぐに分かれて別々になった。その片割れを見ていて気になったのがオジサンがワモンダコの周りでずっとウロウロしている。10分間くらい観察をしていたけどその間ずっとオジサンはワモンダコの周りをグルグル回っていた。これってモビング!?でもモビングって集団で敵を追い出す行動だと思ってたし、もっと激しいんじゃないのかな!?タコはそれなりに不愉快そうな顔をしていたものの遠くに逃げる訳でもないしいったいなんだったんだろう。
今回のおじさんに限らずワモンダコが表に出ているときは大抵ハタかべラか何かが周りでウロウロしていてタコにプレッシャーを与えるような動きを見せる。この動きなんだろう、気になる。。。



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-22 22:58 | 一湊タンク下
2009年 10月 21日

クリーナー好きなゲスト

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦・漁礁   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北東の風
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮②

b0186442_20335358.jpg
ツバメウオとホンソメワケベラ
今日は昨日の時化がほとんど治まり快適な海だった!!透明度は30mくらいあるし、外は暖かいし、海は穏やかだし、楽しい~。

昨日からのU夫妻と昨日断念したゼロ戦と穏やかになったお宮前でのんびりと潜ってきた。Uさんはホンソメワケベラやらソメワケベラやら各種クリーナーシュリンプやらのクリーニングシーンが大好きなようで昨日からずっとそんなシーンばかりを狙って撮影していた。自然と自分の眼もクリーナーたちに向けられるようになったんだけど、そこで気が付いた。屋久島にはクリーナーが多い!!特にホンソメワケベラはどこへ行ってもクリーニングしている気がする。今日はカゴかキダイやアジアコショウダイやテリエビスやツバメウオや他のべラや、、、などなどをクリーニングしていた。
ゼロ戦ではテンジクダイ科をクリーニングするアカシマシラヒゲエビがいたし漁礁ではドクウツボをクリーニングするクリアクリーナーシュリンプが見られた。

それとお宮では幅1m近くありそうなマダラエイがいた!!で、でかっ!!

2日間ありがとうございました!!またマイルためて遊びに来て下さいね~(笑)


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

by yakuumi | 2009-10-21 20:50 | ゼロ戦・漁礁