屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

ヤジロベエクラゲとオオトガリズキンウミノミ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   晴れ   【 風 】 南東の風
【 水温 】  20℃ 【透明度 】   15~20m   【 潮 】 大潮③
b0186442_22533366.jpg
ヤジロベエクラゲに乗るオオトガリズキンウミノミ
あ~早い!明日からもう4月ですよ!!ログ書くのが遅れたのであと1時間だ、、、。

今日は夏みたいな陽気で海は穏やか!一湊湾内はほぼ波がなく鏡みたいになっていた。予定では砂地へ行き久しぶりにハゼの様子でも見に行こうかと思っていたけど、誘惑に勝てなかった。

水面近くには今日も浮遊生物が程ほどにいた。とりわけ珍しいやつらがいたわけではないけど、今日のこの海は浮遊生物撮りにには最適だ!水面直下ではほんの僅かな波があるだけで撮影にはならない。太陽でキラキラしていてフラットな水面には普段なかなか撮ろうとは思わない生物達の誘惑が激しい。
カラカサクラゲやシリキレゾウクラゲ?、カンテンカメガイの仲間、ニチリンクラゲ、ウキツノガイ、ヤジロベエクラゲなどなどが見られた。
その中でも最も良かったのが写真のヤジロベエクラとそれに乗るオオトガリズキンウミノミ!ヤジロベエクラゲの透明感のある緑が美しい!そこにウミノミ、、、。うう~ん、いいなぁ。

そして気が付くとダイコンがまともに作動することのないままダイビングを終えていた、、、(浅すぎて動かない)楽しかったけど、これでいいんだろうか、、、。うう~ん、悩ましい。まぁ、、、いいか(笑)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-31 23:16 | 一湊タンク下
2010年 03月 30日

ジョーフィッシュの一年と個体識別

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / クレーン下   【 天気 】   晴れ   【 風 】 北東の風
【 水温 】  20℃ 【透明度 】   15~20m   【 潮 】 大潮②

b0186442_21254397.jpgb0186442_21263788.jpg
昨日のジョー / 去年のジョー(6月) (名前:サン)
タンク下の浅場にいるジョーフィッシュたちを個体識別して観察をしよう!という名目でジョープロジェクトを開始。水深は観察がしやすい10m以浅が最適かな。まあプロジェクトなんて気張ってみたけど何のことはない、たまに見て存在を確認するだけの話しだ。。。
ただ絶対にやっておく必要があるのが個体識別だ。基本的には一つの巣穴で特に問題がなければずっとそこにい続けるけど、何かの拍子に別の所へ引っ越すこともある。この1ヶ月くらいどこで見分けるのが一番いいのか、あれこれと考えていた。
その結果、目の後ろ辺り(後頭部?)の白い斑点の数や配置を一番の見分けに使い、その他は顔のどこかに独特の斑点や模様をもっているものはそれを見分けに使うのが良さそう、ということになった。ちなみに色彩は変化するのであまり頼らないことにしようと思う。

上の写真は去年から見られている個体。一応入れ替わりがないか確認してみたけど去年と同じ個体で間違いなさそうだ。見分けは後頭部にある白い3つの斑点だ。スイカの様に見えなくもないけどシンプルにサンと名づけてみた。名前をつけてみると普段からかわいいと思っていたが、余計かわいく見えてくるから不思議だ(笑)


b0186442_2128656.jpgb0186442_21341618.jpg
昨日のジョー / 去年のジョー(5月) (名前:ナナ)
この個体が去年一番楽しませてくれた奴。色合いもいいし、サービスもよくガイドでも活躍していた。この個体は後頭部に北斗七星の様に7つの星がある。なので北斗としたかったけどナナの方がシンプルでいいかな?

ジョーフィッシュの生態についてはネットで調べる限りでは全然分からない。先日どこかのアクアリストのサイトで雌性先熟とのことが書かれていたけど改めて調べてみると見つからない。雌性先熟だとすれば隣り合う2個体のうちでかいのがオスで小さいのがメスということになって分かりやすいんだけど、信憑性が低い情報だからまあ保留にしておこう。でも確かに雌雄がランダムに生まれてくるより雌性先熟(生まれたときはメスで、大きくなって時期が来るとオスに変る)の方が利にかなっている気はする。

ひとまず、その辺は置いといて繁殖期までの間見失わないようにチェックしておこう。


b0186442_22241035.jpg
ジョーフィッシュ(名前:ナミダ仮)
そうだもう一個体近くにいたんだった。これも恐らく去年の産卵期後くらいから確認している奴だと思う。右目の下に白い点の様なものがあるので、ひとまずナミダとしておこう。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-30 22:29 | 一湊タンク下
2010年 03月 28日

キビナゴとアオウミガメ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下・ゼロ戦   【 天気 】   曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  20℃ 【透明度 】   15~20m   【 潮 】 中潮②

b0186442_209445.jpg
キビナゴ
昨日の流れ藻祭りから一夜。今日は朝6時が満潮で予報では北東の風だったので期待をして元浦へ向かってみるも、流れ藻はなく、僅かに残ったところにハナオコゼが1匹いただけだった、、、。昨日のあれは、ほんとに祭りのようなイベントだったようだ。

午後からはゼロ戦のへ向かいながらゆっくりと海を堪能。アオウミガメやキビナゴがいい感じ!朝から曇り空だったけどエキジットすることには太陽がでて夕日がまぶしかった!ゼロ戦ではまだ取り巻きの小魚の数は少なくアザハタの写真は撮りやすい。またフタイロハナゴイは背ビレをビンビンに立てて求愛をしていた!フタイロハナゴイのオスは背ビレの軟状が2本ピロ~っと伸びていてかっこいい。この状態の写真をビシッと写真に納めないと!

b0186442_2010294.jpgb0186442_20102730.jpg
アオウミガメ / アザハタ

タンク下のエントリー口付近には特に浮遊物はなかったけど沖に出るとプランクトンがいっぱい!屋久島では始めてみるタルマワシの仲間がいて興奮したけど、今日はワイドだから撮れない。。。黒潮の縁があたっていてもいい風が吹かないと湾の中まであまり入ってきてくれないようだ。この微妙な海との駆け引きが面白いな。
黒潮ってのは潮の流れなのでどうやって分かるの?と思うかもしれないが目で見たり感じたりできるもの。透明度であったり、指標になる浮遊性の生物であったり、水温であったりと結構分かりやすい。屋久島は黒潮恩恵をもろに受けている島なので、その変化も感じやすいのだ。

黒潮の中にはまだまだ僕の知らない財宝がザックザック詰まっていることだろう。一生かけてそれらとの出会いを楽しむのも悪くない。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-28 20:42 | ゼロ戦・漁礁
2010年 03月 28日

シイラ幼魚ともじゃこ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下 / 元浦   【 天気 】   曇り   【 風 】 北東の風
【 水温 】  20℃ 【透明度 】   10~15m   【 潮 】 中潮

b0186442_23275417.jpg
シイラ幼魚
最近の海と今日の風、、、これは来るな!!ピキーンと直感して今日は早朝ダイブを決行!!久しぶりに日の出と共に潜ろうかな。なんて考えていたけど起きれなかった、、、。屋久島に来てから朝に弱くなってしまった。無念です。。。

今日は北東の風でタンク下は凪で元浦は時化ていた。当然いつもならタンク下へ行くところだけど今日は元浦!!なぜなら予感がするわけで、、、。でもこの時化っぷりでは濁ってるだろうし、写真は撮れないかもなぁ、と思いながら海を見ると海藻がたくさん打ちあがっていた!!

海藻がたくさんある時はこれはもう100%の楽しさを保障してくれているようなもので行かないわけにはいかない!!で、海に入るとすぐにシイラ幼魚!!ぐ、ぐぁぁぁ~遂にでたか!なんてかっこいいんだろう。体長5cmくらいと小さいけど、この体色のゴージャスな色合いをみて心臓がバクバクしてしまった。でも水面は波立ってるし、水は白濁してるしで、撮影はかなりシビアだった。ほとんど運まかせでシャッターを切る感じ。



b0186442_23395411.jpg
もじゃこと小魚
水面を泳ぎながらちょっと沖に出ると巨大な海藻の塊に出会った!畳でいたら8畳くらいはあったかな?その海藻には当然魚がいっぱい。もじゃこってのはブリの幼魚のことで屋久島(一湊)の漁師さんたちは毎年4月はもじゃこ漁で賑わう。今は多分解禁前。じゃなきゃこんな宝の山を見逃すわけがない。この海藻につくもじゃこで一体いくらになるんだろう?なんて考えながら撮影をしていた(笑)写真にはもじゃこの他にカンパチの幼魚やアジの幼魚らしきものなども混ざっていた。



b0186442_23473086.jpg
ハナオコゼ
で、当然流れ藻がある時はいる訳ですよ。こいつが。
それも1匹や2匹じゃない!探してもいないのに僕が見ただけで20匹くらい。きっと何百匹もいたことだろう。大きさも1cmくらいから10cmくらいまでとまちまち。凄いな~流れ藻パワーは。でもやっぱり波に翻弄されて大変だった。

流れ藻は想定外だったけど、今日は絶対に来る(なにかが、、、)と思っていただけに予想が当たってちょっと嬉しい。この手の出会いを求めるならば、潜っていないときでも潮を見て、風を知って、海を想像している必要があるのだろう。

予期するにしろ、しないにしろ、こんな突然のお祭り騒ぎの様な出会いがどうしようもなく好きだなぁ。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-28 00:01 | 元浦
2010年 03月 25日

浮遊生物ギャラリー!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   川 / 河口   【 天気 】   曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  17 / 20℃ 【透明度 】        【 潮 】 長潮

b0186442_19501561.jpg
ツヅミクラゲ
あ~ダメだこりゃ。
思ったよりも北西の風が強く、一湊湾内は大荒れ。タンク下は潜れると思ってたんだけど結構なウネリが入っていて心が折れた。。。

悩んだ挙句、久しぶりの川へ、そして河口へ。
川は去年ハゼやエビがたくさんいたところなのに全然いない!
河口もやや荒れていたせいもあって透明度悪いし生物が全然いない!
唯一ヒメユリハゼ?のような奴らが群れているのをみてほっとしたけど写真には撮れなかった。
なんだか、ダメな一日だった。。。まあこんな日もあるか。ん~あるある。

このところ期待感の高い浮遊生物たちに押されて、『浮遊生物フォトギャラリー』を追加しました!!
ノーマルなダイビングではなかなかお目にかかれない生物も載ってます。是非見てください!!
          

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-25 20:00 | その他
2010年 03月 24日

ジョーフィッシュたち

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   曇り時々雨   【 風 】 北東の風
【 水温 】  19~20℃ 【透明度 】  10~15m  【 潮 】 小潮③

b0186442_21483169.jpg
カエルアマダイ(ジョーフィッシュ)
今日は急遽入ったゲストと午前中に体験ダイビング。雨の降りしきる中でのダイビングとなってしまったので水中はやや暗く、相変わらずの透明度でなんともスッキリしない気分ではあったけど、ゲストは大喜び!「ほんと楽しかったです!」と言ってもらえるとこっちも本当に嬉しくなるものです!ありがとうございました!!無事島一周できたかな??
今思えば伊豆で透明度2mの中でも体験ダイビングをやっていたこともあるので、透明度が悪いとは言え、それに比べれば全然良いし、魚も多い。所変れば人の気分も変わるものだ、贅沢になったな~。

写真は今日新たに見つけたジョーフィッシュ。こんなところにもいたのか!!そろそろ産卵期も近づいてきているのできっとジョー君たちもさぞそわそわしていることだろう。しかもこの個体は久しぶりに粋な奴!指を近づけると穴の奥に引っ込むんじゃなくて飛び出してくる!!(ごめん、、、そんなつもりじゃないんだけど。)
これは産卵期の有力候補になるのでこれからのチェックも欠かせない。

タンク下で飼っているジョーフィッシュの数も増えてきたのでそろそろ個体識別をしようと思う!これはかの有名な?TKGプロジェクト(トウシマコケギンポ)に感化されていることは否めない。。。ジョーフィッシュだからJFプロジェクト?それともカエルアマダイでKAプロジェクト?どっちも響きがいまいちだな。。。うう~ん、、、ジョー・プロジェクトにしようかな!?安易かな?(笑)
さてしかし識別がなかなか難しい。色彩は時期によって結構変るから判断基準にはできないので身体の斑紋のパターンやホクロの位置などで見分けるしかない。これから画像をチェックして分けていかなきゃ。それをもとに謎の多いジョーフィッシュの雌雄の外見的見分けや、行動の違いなどを学ぼう!


b0186442_21485460.jpgb0186442_2149960.jpg

写真右はトップ写真の個体の近くにいた。黒くてかなり小さいが、これまた威勢が良く飛び出してくる!鉛筆くらいの太さだと思うけどこんなに気が強いとは。こいつらがペアになるのかな?でもどっちがメス??ジョーフィッシュは黄色っぽい個体がメスじゃないかなんて言われる事もあるけど、だとしたらどっちもオスになってしまう。やっぱり観察して見極めるしかない!

写真右は1週間くらい前に見つけた鮮やかな黄色い個体!しかしこいつは臆病でなかなか出てこない。それに周りにはまだ仲間は見当らない。きっとそのうち誰かが来るだろうからこれもチェックだ!

これからの動向が気になるし、楽しみ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-24 22:24 | 一湊タンク下
2010年 03月 23日

スノーケリンゲ??

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   晴れのち曇り   【 風 】 南東の風
【 水温 】  21℃ 【透明度 】  10~15m  【 潮 】 小潮②

b0186442_2226480.jpg
モンナハシャコ抱卵
あ~ビックリした。昨日の日記でスノーケリンゲやったことになってた、、、。
スノークリンゲってなんだ。ちょっと楽しげな響きではあるけど一体どんな遊びだろう。。。
とくちゃん、ご指摘ありがと~(笑)

さてさて今日の海ですが、相変わらず今ひとつな透明度。しかし水温が21℃に上がっていたし浮遊生物も多少見られたので黒潮がかなり近いのかもしれない!これはワクワクしますね~。

写真はモンハナシャコの抱卵です!今年になってからは初めての抱卵を確認!モンハナシャコはただでさえ奇抜で美しい色彩をしているのに、それが真っ赤な卵を胸いっぱいに抱えているんだからそりゃ~甲殻類好きな僕としては大興奮なわけです。ちょっと前から巣穴が2つあるのは知ってたからきっと隣の奴とできているんだろうな。それよりもモンハナシャコの交接ってどんなんだろう??聞いたことない。気になるなぁ、、、。


b0186442_22262746.jpg
シマダコ
これは昨日のナイトで初確認!!屋久島ではワモンダコはやたらと多いけどシマダコを見たのは初めて!身体の模様が縞々だからすぐにわかった。しかもでかい割になんだか色っぽさがあったような気がする。タコに色を感じるようじゃ結構危ない気もするけどそんな感じのタコです。
そうだHPのフォトギャラリーにイカ・タコが追加されたので見てください!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-23 23:22 | 一湊タンク下
2010年 03月 22日

スノーケリンゲでウミガメ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   元浦   【 天気 】   晴れ   【 風 】 北東の風
【 水温 】  20℃ 【透明度 】  10~15m  【 潮 】 小潮①

b0186442_18384198.jpg
昨日の荒れはどこへやら。天気は良く、晴天で海も穏やか!
今日は午後からTさんとスノーケリングをしてきた。透明度はまだ悪く10m前後と屋久島では結構きつい状況だった。でも、なんとウミガメに遭遇してしまった!目の前で1分間くらい優雅に泳ぐ姿を観察できてTさんも僕も大喜び!
それと、特筆すべきがクラゲ!黒潮の淵に入ったのと北東の風で元浦に集まったのかな?チョウクラゲやツノクラゲがうじゃうじゃ。こいつらは毒をもっていないので安心。でも流石にこの量のクラゲの中には危ない奴も混じっていたみたいでグローブをしていなかった僕だけはピリピリとちょっと痛かった。。。
このクラゲ達に混じってきっと素敵な生物も訪れているはずなので期待が高まりますね!

今日の満潮が22時45分、、、気になるからちょっとだけ潜って来ようかな~。。。


※写真は昨日川で撮ったものです。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-22 19:10 |
2010年 03月 21日

黄砂の中で体験ダイビング!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   元浦   【 天気 】   晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  19℃ 【透明度 】  5~10m  【 潮 】 中潮④

b0186442_012441.jpg

朝起きてみてビックリ!外を見ると空気が奇妙な感じでくすんでいた。雨でも霧でもないのに近くの山が見えない、、、。もしかしてこれは、、、と思ったら案の定、黄砂だった。天気予報では終日晴れ予想だったのに空一面薄い雲に覆われたかのように光が届かない。黄砂って初体験だけどこんな凄いんだ!!黄砂は中国のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠などから偏西風に乗って日本に運ばれてるらしい。わざわざ日本まで飛んできたのに皆に迷惑がられてかわいそうに。。。でもほんと迷惑!!

しかも今日は3連休ど真ん中だって言うのに海まで大時化だし!一湊湾内は凄い波とウネリ。唯一穏やかだったのが元浦。
なので今日はそこで体験ダイビングをしてきた。しかしこれがまた水中まで黄砂の影響があるんじゃないかってくらい霞がかってた。困るな~。

ゲストのIさんは体験ダイビング初めてで、屋久島の青い海で空を飛んでいるような感覚を味わえると思ってきたみたいだけど流石に今日はきつい。。。でも1本目のダイビングを終えて見ると透明度はいまいちだったけど様々な出会いに感動したみたいで、この悪条件の中2本目もリクエスト!嬉しいな~。
水中ではアオリイカを目の前でじっくりみれたり、砂地では大きなカレイがヒラヒラ泳いでいたり、カマスの群れが見れたり、ヒトデやらナマコなんかと戯れたりとなかなか面白かったですね!
今度はキレイな海の時に潜りましょう!!絶対また違った感動がありますよ!!
それと久留米ラーメン感動しました!ありがとうございます!!早速夜食にでも食~べよっと。。。
ではではまた~。

あっ写真は昨日、志戸子で撮ったものです。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-21 23:59 | 志戸子
2010年 03月 19日

コンシボリガイ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南西の風
【 水温 】  19℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 中潮②

b0186442_21341589.jpg
コンシボリガイ
艶やかですね~。コンシボリガイはずっと見たいと思っていたんですがようやく会えました!!しかもなんと同じ岩に2個体!!こんな姿をしているのでてっきりミスガイなんかの様に夜行性なのかと思っていたら昼間に見られる生物らしい。以外だな~。生息場所が分かったので遭遇率も少しはアップするかな!?

b0186442_21343045.jpg
エリグロギンポ
浅場でたまに見かけるけどなかなか撮れない。でも今日はやたらと警戒心が薄い個体だったのか近よれた!
ギンポの仲間は表情が豊かでいいな~。

今日の一湊湾内は比較的穏やかで潜りやすかった。でも水温は19℃と冷たい、、、。一時は22℃まで上がったのに~。陸では桜も咲いてるし、そろそろ上がらないかな~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-03-19 21:46 | 一湊タンク下