<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 30日

吉田でもコブシメ大産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / 吉田 / お宮前  【 天気 】   晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】   23℃   【透明度 】   15m    【 潮 】 大潮④

b0186442_2140148.jpg

今日も天気良し海況良しのダイビング日和!
海の中は透明度は今ひとつだったけど水温は高くて気持ちいい~!
今日はちょっと変則的に2ビーチやってから最後にボート(笑)そんなの初めて。
タンク下では例によって浅場でネチネチ。毎日会っている魚達に挨拶しながら新たなる出会いを求める。
今日も初めて会うジョーフィッシュがいた!

2本目の吉田は結構久しぶりだったけど楽しかった。実はそれほど期待していなかったんだけどコブシメが10個体くらいで産卵を繰り広げていて見とれてしまった。しかもそのうちの1個体はデカイ!!過去最大級の大きさにゲストもビックリしていた(笑)
沖へ進むとポツンと根があってそこでアオウミガメが休憩していた。その周りを大小様々なキンギョハナダイが
無数に舞っていてなんとも幻想的な光景だった。こんなに美しい光景もなかなかないな。ワイドで撮れたらどれほど素晴らしかったことか。

最後はお宮前でやはりコブシメの大産卵。こちらでは15個体くらい見られた!魚溜まりでは相変わらず魚影が濃くゲストも写真に熱中していた。カゴカキダイバックのアマミスズメダイやスミレナガハナダイを狙うという斬新なアイディアだったけどどんな感じで撮れているんだろう。気になるな~。

今日はどうもありがとうございました!また明日も宜しくです!!
Tさん縄文杉張り切って行ってらっしゃい!!

※写真は昨日見つけたタンク下のジョーフィッシュ達でした。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-30 21:37 | 吉田
2010年 04月 29日

タイドプール日和!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  春田浜タイドプール  【 天気 】   晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】   ぬるい   【透明度 】   良い    【 潮 】 大潮③

b0186442_2091831.jpg
ロウソクギンポ

遂にGW突入!!週間天気予報ではGW中の天気はすこぶる良く連休としては珍しく?いい感じですね。
GW初日の今日は大瀬よりのMさんとのんびりと潜ってきました。
連休中ずっと一緒に潜るけど明日からはまともなダイビングしかできそうもないので今日はタイドプールでひたすらギンポに遊んでもらった。

タイドプールの中は緑や赤の海草が茂っていて鮮やか!今日は天気も良かったので海草から気泡がプクプク出ていて楽しげでした。ロウソクギンポはやはりまだ繁殖期一歩手前らしく求愛はしていなかったけど、巣穴の取り合い(軽いケンカ)や興奮色の個体は見ることができた!水は明るく風もほとんどなかったので撮影にはこれ以上ないくらい好条件。お陰で気が付くと3時間も遊んでしまった。。。

タイドプールの大半は人が1人入るのに調度いい大きさなので僕は別のタイドプールで撮影(笑)
仕事らしいことと言えばタイドプールの生態説明と良いタイドプールの場所を教えること、撮りやすいギンポを見つけて教えることくらい。9割方が別行動で撮影していたのでなかなか良い調査ができた(笑)

あ~楽しかったな~。

今日はこれでお終いだったんだけど時間があったので僕一押しの尾之間温泉まで行ってくつろいできた。

ではでは明日からも宜しくです!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-29 20:36 | 春田浜
2010年 04月 28日

スミレナガハナダイ求愛!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下 / お宮前  【 天気 】   曇り   【 風 】 
【 水温 】   22℃   【透明度 】   15~20m    【 潮 】 大潮②

b0186442_22115012.jpg
スミレナガハナダイ

早朝にはタンク下でGWに向けてのネタチェック!!浅場でひたすらネチネチしてたらなんとジョーフィッシュ
が5個体も見つかった!それもひと塊でいたからこれは街だ!ジョーフィッシュ3番街としよう。水深はやや深めだけど14~5mだったからギリギリで許容範囲かな。
そろそろ僕のやや控え目な脳みそでは覚えられなくなってきたからマップでも作ろうかな。そうすればジョープロジェクトのやる気が一段とアップするかも!
そうだ一番街にちょっと動きがあってナミダって呼んでた右目の下に白い点があった個体が行方不明。何故だか巣穴近辺が荒らされていたのでそれが原因だとは思う。
それと去年から見られてるサンは別の場所から2mくらい移動して去年の巣穴に戻った!!

夕方には初めてのお宮サンセットダイブを決行!

ちょっとドキドキしながら行くと魚溜まりが凄いことになってた。普段はカゴカキダイとロクセンフエダイ、アカヒメジなどがある程度まとまって小さな根の近くにいるんだけど、今日はその他の魚も全て根の周辺でぶわ~っと拡散していた。そんでもってヨスジフエダイやアカヒメジ、スミレナガハナダイなどが活発に求愛をしていた!他にもアオノメハタが根の上でペアで見られたし、ニザダイの仲間の産卵も見られた!
本当はヤイトヤッコの産卵を見るのが目的だったんだけど、それどころじゃなく興奮しっぱなし。何を追っていいのか分からん!
しかし時間がちょっと早かったのか産卵の瞬間はニザダイの仲間以外見れなかった。


b0186442_2212939.jpg

そのうちヒレナガカンパチの一団が来て僕の周りをグルグル周っていた。
いや~楽しいなぁ。。。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-28 22:41 | お宮前
2010年 04月 27日

クモギンポが面白い!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  春田浜  【 天気 】   曇り   【 風 】 北西の風 
【 水温 】   22℃?    【透明度 】   ?    【 潮 】 大潮①

b0186442_2217628.jpg
ロウソクギンポ
海が荒れてるよ~、、、(泣)

予報では南の風のち北西となっていたので朝のうちは一湊湾内は大丈夫かなと思っていたけど全然ダメだった。こうなるとダイビングはかなりキツイ。屋久島は(うちの店としては)北西の風が一番シンドイんです。

もうしょうがないので今日は久しぶりのタイドプールへ!
なんて言いつつGWにタイドプールリクエストがあるので実は元から今日の予定はタイドプールだったけど(笑)

1ヶ月くらい前に来たときはいまいち盛り上がりに欠けていたけど今日は上々!まだロウソクギンポは繁殖期前だったけどソワソワしているのが見ててわかる。明日の遠足で寝れない小学生の様に落ち着きがなかった(笑)体色は平常時と変わりなかったけど巣穴を出てウロウロしている個体も目に付いた。数はまだまだ少ないけどそれなりに楽しめるかな!?これくらいならゲストを連れて行っても大丈夫そうだ。
なにより繁殖期に入る時期よりも今のほうが海草が活き活きしているので、写真としては面白いかも!


b0186442_22172360.jpgb0186442_22173495.jpg
クモギンポの婚姻色(オスかな?) / クモギンポ(メスかな?)

ロウソクギンポをじっくり撮ろうと思っていたらすぐに潮が満ちてきて終了~。
より浅場のタイドプールへ移動するとそこはクモギンポやタマギンポ、タネギンポなどの楽園のようになっていた!
しかもこっちの方がみんな活きがいい。3種とも繁殖期?と思ったけど良く分からない。でもクモギンポは婚姻色を出しながらケンカをしていたのでまず繁殖期だろう。
クモギンポはなかなか写真に撮るのが難しいので1時間ほど動かずにひたすら観察&撮影(スノーケルなのでエア切れはなし!)。で、分かった。クモギンポのオスとメスってこんなに違うんだ!!
写真左の尾びれが尖っていて身体の後半だけ黒っぽいのがオスで、尾びれが丸くて身体全体に黒っぽい縞が入るのがメスかな。
派手な方がオスという多くの他の魚達を参考に勝手に決めたので間違っている可能性は大いにあるけど。

1時間もじっとしているとクモギンポもだいぶ慣れてきてようやく撮りごろかな!と思った頃からなぜだか写真のピントが合わない、、、。なぜ??
目を海水で洗ったり、ポートを拭いたりしてみたけどやっぱりダメだ。
で周りを見てみるとサーモクラインが発生し始めていた。。。水深50cmくらいなので外気の影響が徐々に出始めてきたようだ。
くそ~、これからだったのに~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-27 22:54 | 春田浜
2010年 04月 26日

黒潮接近中だけど、、、。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  永田灯台 / 永田灯台  【 天気 】   晴れ/曇り   【 風 】 東~北東の風 
【 水温 】   22℃    【透明度 】   10~15m    【 潮 】 中潮②

b0186442_17424320.jpg
クダゴンベ

西部ポイントようやく解禁!!
まあ規制があるわけじゃないんだけど今年初の西部で潜ってきました!

青い海にイソマグロやツムブリなどの回遊魚が凄い!!!なんてことを期待しながら行ったのに西部としては過去最悪の透明度の悪さ。。。西部はその名の通り島の西側にある。そして黒潮は島の西側を初めに通る。それに西部ポイントは潮あたりのいい地形という条件が加わり黒潮の影響を即反映する場所なのだ。だから黒潮が来ると透明度は40mなんてことも多々あるんだけど今日は10mちょい、、、。これはきついな~。西部のダイナミックな地形を存分に味わおうと思っていたのに。

まあある意味で貴重かな。。。
でも水温は上がっていたので黒潮が再び近づいてることは確かだろう。今日を我慢すればGWは透明度よし水温よし、なんてことになるなら大歓迎なんだけど、どうなるかな!?それは神のみぞ知るといったところだろう。

さて今日は最終日を迎えた横チンさんと相変わらずのネチネチダイブ!
生物はクダゴンベ、アケボノハゼ、ベニハナダイ、オキナワサンゴアマダイ、タテジマヤッコ、ウミウシカクレエビ、ホシゾラワラエビ、ハナゴイ群れ、オオアカホシサンゴガニ、マダラフサカサゴ、コガネスズメダイyg、タカサゴスズメダイとキホシスズメダイの群れなどなどたくさんの生物に出会えた!
あっそうだそれと写真には撮れなかったけどサメにも遭遇!ホワイトチップ!?

今日もどっぷり窒素溜めて遊びましたね!屋久島の海の魅力を伝えたく懸命に努力してガイドしてきました(、、、?)がいかがでしたでしょうか。
僕はこれだけどっぷりと一緒に潜れて幸せでしたね~。山の島で海三昧!これこそ最高の贅沢ってもんです。

ではでは、どうもありがとうございました!!また潜れることを楽しみにしています!!


※ 「フーテンの横チン」ゲストの横チンさんのブログ。美しい写真で屋久島を紹介していただけて感謝感謝です。

あとはグビグビっといくだけですね!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-26 18:24 | 西部
2010年 04月 25日

ツノダシの群れ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / お宮前 / タンク下  【 天気 】   晴れ   【 風 】 東の風 
【 水温 】   19℃    【透明度 】   20~25m    【 潮 】 中潮①

b0186442_21105259.jpg
ツノダシ
いや~ハッピーな海だったな~。

今日もゲストのYさんとガッツリ潜ってきた。メインはコブシメの産卵!前回は何故だか全然いなかったけど今日は10個体くらいいてそれなりに産卵や求愛を見ることができた。ほっと一安心、良かった。

でも今日のメインはやっぱ写真のツノダシかな!?200個体近くで魚溜まり付近を右往左往していた。ツノダシはどこのポイントでもみるけど群れることはない。それが突如とどこからともなく現れた!!これだけまとまっていると迫力もあるし、絵になる!!

僕はこれを見たのは始めてだけど毎年ほんの僅かな間だけ現れるらしい。今日は午前も午後もいたのでもう少しの間いてくれると良いな。

水温はやはり19℃と低い。浮遊物もチラホラとみかける。また近いうちに浮遊物パラダイスになるかな?



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-25 21:56 | お宮前
2010年 04月 24日

水温ガタ落ち、、、。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】   晴れ   【 風 】 北西の風 
【 水温 】   18~19℃    【透明度 】   15~25m    【 潮 】 若潮

b0186442_21211296.jpg
オビテンスモドキ(幼魚)

あちゃ~。昨日兆候はあったけど本当に下がるとは、、、。
昨日まで23℃あったのが4℃以上落ちて18℃ちょい、、、。
寒っ!!
嫌だなぁ、、、GWまでにまた上がることを願うしかないですね。

写真はタンク下ではあまり見かけないオビテンスモドキ幼魚。海藻に隠れながらユラユラしていた。


b0186442_21523434.jpgb0186442_21531247.jpg
カエルアマダイ(名前:サン)
3月30日の日記でサンと名づけたんだけど斑紋がおかしなことになっていた。。。写真左が今日撮ったもので、右が3月30日に撮ったもの。
名前をつける時に注意したのは色合いは時期によって変るということで、斑紋パターン(特に観察しやすく特徴が出やすい後頭部の)を元に決めた。
しかし1ヶ月も経っていないのにこうも崩れるとは、、、。後頭部の特徴的な3つの白点が2つになってしまった。それもシミみたいに広がってるし。
これじゃあサンと名づけたのにサンとは呼びにくいなぁ、、、。いったい何が原因だろうか。去年からの1年間は斑紋パターンにほとんど変化なかったのに。もしかして一時的なものだろうか?
気合を入れてジョープロジェクトを始めてみたけど実はあんまりやることがない。ジョーフィッシュは巣穴を移動することは滅多にないし、徘徊することもない。やることと言えばその場所にいるかの確認と卵を咥えているかどうかの確認。後は定期的に写真を撮りながら色合いや性格(威嚇度合い)の変化などを見るくらいのものだ。あとは観察していれば何かと見えてくるだろうと楽観的に構えている状態。
だからあんまり嬉しくない変化だったけど観察のし甲斐と言う点では良かったかな。



b0186442_21232134.jpgb0186442_21234491.jpg
ハナヒゲウツボ / パンダダルマハゼ

ハナヒゲウツボはこの水温でも2個体見ることができた。頑張れ~。
パンダダルマハゼは相変わらず産卵床にぺったりくっついていた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-24 21:57 | 一湊タンク下
2010年 04月 23日

進みませんね、進みませんよ?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】   雨   【 風 】 北西の風 
【 水温 】   20~23℃?    【透明度 】   10~15m    【 潮 】 長潮

b0186442_14522942.jpg
カエルアマダイ
新しく3個体のジョーフィッシュを発見!1個体は浅場に単独で、2個体は15m前後の水深。そのうち1個体は綺麗な黄色!黄色い個体はなぜだか必ず小指程度のチビッコなのだが今回も例に漏れずチビッコだった。これだけニョキニョキとジョーフィッシュがいると、ついつい他にもいないかと探したくなってしまう。今日のメインはモンハナシャコの抱卵個体を見せることだったけど残念ながら見つからず。その副産物的に見つかったのが3個体のジョー達だ。

それにしても今日は全くガイドしてないぞ、、、。ガイドっぽく生物を示したのは4~5回程度。予定では18mまで行ってのんびりと帰ってくるはずだったけど途中でゲストのYさんはツユベラの極小幼魚につかまってしまった!それもかつてないほどの捕まりっぷりだった。40分、、、いや少なくとも30分間はひたすらとツユベラを撮影していた。お陰でネタチェックやら撮影ができて非常に有難い!しかしもう良いだろうと何度となく振り返っても動く気配は一向になく途中でもういいやと半ば仕事放棄状態(笑)
しかしそんな状態をむしろ楽しんでくれているので有難い限りです。

海は北西の風で時化ていた。タンク下のみが何とか潜れる程度だったので今日は1本でお終い。水温は15m辺りから下はなにやら冷たい、、、。ダイコンを忘れたので計れなかったけど2℃は下がってたはず。


b0186442_14525035.jpgb0186442_14531046.jpg
カエルアマダイ / クロスジギンポ
やや大型のジョー。目の縁に白いラインが見られるから「白ブチ」とでもしようかな。
ジョーフィッシュもそろそろ産卵期に入っても良いはずなんだけどいまだ確認はできず。先日卵を咥えていたかも?と微妙な情報をもらったのでこれからはもう少し慎重に見て行こう。


b0186442_14533044.jpg
クビアカハゼとコシジロテッポウエビ
動かないゲストの周りで普段は探さないような場所でネタを探したり、普段なかなか撮れない様な普通種の撮影をしていた。ゲストと一緒にこんなのんびりなダイビングができるのがやっぱ一番幸せだな~。

そうだ、忘れないように書いておこう。一昨日からパンダダルマハゼが産卵床にて卵を守り始めた。それと今日はマジマクロイシモチの口内保育も見られた。魚の幼魚も多くなってきたしいよいよって感じです!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-23 15:26 | 一湊タンク下
2010年 04月 22日

屋久島の海

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】   雨   【 風 】 西の風 
【 水温 】   23℃    【透明度 】   20m    【 潮 】 小潮③

b0186442_16305459.jpg

お宮前のここの魚溜まりを見るとなんとなく、屋久島だな~と感じてしまう。そう思うのは僕だけではないとおもうんだけどどうだろう。この写真の周りにはカゴカキダイも100匹くらいで群れていてそれが加わるとより屋久島!なぜだかここには様々な魚が集まる。その理由を簡単に求めることはできないけど水深や地形、潮のあたり具合、地理的条件など様々な要素が複合的に交じり合ってこの不思議な空間を創っていることだろう。

なんて書いてみて、今日のお宮前のダイブを誤魔化そうとしているけどダメでしょうか、、、。
今日の目的はここのところ活発なコブシメの産卵。一昨日にも確認して昼過ぎくらいならまず間違いなく大産卵しているだろうと、なかば確信的に思ったりしていたんだけど外れた、、、。それも最低でも2~3個体はいて産卵なり交接なりしているだろうと高を括っていたけどそれすらも外れた。帰りがけには一匹だけオスのコブシメが産卵場所でウロウロ。その寂しい姿には張り切ってキャバクラに来たのにお店が休みだった時の様な切なさが滲み出ていた。。。

まあこれが自然の素晴らしさであり、醍醐味ですよね!?

また狙いましょう!!


b0186442_16312420.jpg
アオウミガメ



b0186442_16314469.jpg
ツムブリ
でも道中ではツムブリの大群やアオウミガメなどを間近に見れた!
なんていっても船長が渋るくらいの猛烈な雨と風の中でのダイビングだったので色々と激しかったけど、その分楽しめたかな!?
また明日も宜しくお願いしま~す!!





『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-22 16:56 | お宮前
2010年 04月 21日

エダマメ君!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下 / 一湊タンク下   【 天気 】   晴れのち雨   【 風 】 南西の風 
【 水温 】   23℃    【透明度 】   20m    【 潮 】 小潮②

b0186442_21415951.jpg
カンザシヤドカリ
のんびりまったりと今日もネチネチダイビング!
マンツーマンだったのでタンク下で浅場を中心にフォトジェニックな被写体を延々と探してました。今日のゲストは日本国内はもちろん世界を股にかけて写真を撮るYさん。カメラも良いけど腕もいいな~。うう~ん羨ましい!

屋久島は初めてとのことだったので今が旬な生き物から偶然出会った生物まで適当に指さす。。。意外と初見の生物も多かったみたいでほっと一安心。撮影スタイルがじっくりだからガイドとしては非常に有難い!僕もカメラ同伴で潜らせてもらっていたので二人で写真撮りまくり!お陰で全然動けない。。。ダイブタイムも予定より伸びまくってしまった、、、(笑)
結局一本目はほとんど泳がずに浅場で終しまい。


b0186442_21423271.jpgb0186442_2142599.jpg
ノコギリハギ幼魚 / アマミスズメダイ
写真左がようやく見れたノコギリハギの幼魚!!伊豆にいた頃はアオサハギの幼魚を見つけては喜んでいたけどこいつはまたかわいい!!なんでも一部ではエダマメ君なんて呼ばれているみたいでそれがまたヒット(笑)そう言えばそろそろアオサハギ好きな方が遊びに来るし確保しておかなきゃ!まあ初めて見たくらいだからハイどうぞと見せれるものでもないけど、、、。今度はじっくり青抜きで撮りたいな!
各所で見つかるようになってきたアマミスズメダイ幼魚。今が旬なので撮り時ですね!!


b0186442_21432759.jpgb0186442_21434715.jpg
メギス / ヒメメンコヒシガニ
メギスは今が産卵時期のようで普段は撮ろうにもすぐ岩に隠れてしまうけど最近は撮りやすい。今日はペア(みたいな感じ)で岩の周りをウロウロしたりゴミを運んでいたりした。でも産卵を見たって人は聞かないから岩の隙間でやるのかな??

キンチャクガニを見たことがないというので岩を捲っていたらでてきたのが写真右のヒメメンコヒシガニ!!ペッタンコでかわいい~。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-04-21 22:13 | 一湊タンク下