屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2011年 04月 30日

揺れるオオモン!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

『29日』
【ポイント】  お宮前 / タンク下 / 元浦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南よりの風
【 水温 】  20,6℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮①
最高の天気に穏やかな海。水温は相変わらず。

『30日』
【ポイント】  タンク下 / ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  晴れのち曇り  【 風 】 南よりの風
【 水温 】  20,4℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮②
天気は比較的よく海は穏やか、水温は相変わらず。


b0186442_23495260.jpg

b0186442_23501485.jpg

砂地でゴミが揺ら揺ら。
と、一瞬思ったけどやけに重量感がある!
でライトを当ててみると、、、、オオモンだ~!!

砂地でオオモンカエルアンコウがゆるいウネリに合わせて揺ら揺らとしていました。
完全にその動きはゴミ。。。
ゲストの将さんが寝ているんですか?と首をひねるような見事な擬態っぷり!!

白谷から下山してきてそのままダイビングの佐々木さんもこのオオモンには興奮していた(笑)
いや~やっぱオオモンはいいなぁ。

お宮ではコブシメの産卵を期待していたけど全然ダメ!おかしいなぁ。。。
今年は水温の上がりが遅いのでコブシメの盛り上がりのピークを迎えずに緩やかに産卵しているようだ。


そして、、、18時50分。
港には福田さんが到着。GWの渋滞で遅れての登場だ。

普通なら宿まで送ってまた明日!で終わりなんだけど、福田さんはそんなに甘くなかった!!

「ナイトできますか??」と聞いてくるので

「、、、、、、、できますよ!」と一瞬の迷いの後答えてしまった(笑)

やっぱりナイトは楽しいな~。経験本数600本の福田さんだけどナイトはなんと講習以来!
大した出会いは個人的には無かったんだけどだいぶ楽しそうだった(笑)


30日は3月にも来てくれた草場さんたちご一行も加わり大所帯でのダイビング。
コブシメが見たいとのリクエストを元々もらっていたけど希望が薄かったので今回は断念。
悔しい~。代わりにタンク下でジョーフィッシュ街めぐりやゼロ戦の生物達と戯れてきた!
僕は確認できなかったけどイザヨイベンケイハゼが隙間で見られたらしい。
屋久島には何度も来ている皆さんは大人な潜り方のダイバーで素敵だ。

2日間でお世話になった皆様ありがとうございました!!
また遊びましょう!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-30 23:46 | お宮前
2011年 04月 28日

GW前なのに!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  元浦 / 元浦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,4℃  【透明度 】  10m  【 潮 】  若潮

b0186442_20501849.jpg
昨日撮ったアオウミガメ
昨日の夜から北西の風が強く吹き一湊湾内は時化!
でもGW初日の明日にはそれなりに落ちつくはず。
それに水温は少し下がって嫌な感じもあるけどそれなりに暖かい!

今日は東京より玲子さんが遊びに来てくれた!東京では今も放射性物質に
怯えながら暮らしているらしい。個人で放射線量を測定できる機械を持っている
人もいるようで安心して食事ができないらしい。。。
恐ろしい、、、しかしもっと恐ろしいのは半分くらいの人はそれほど気にせずに暮らしていると聞いたことだ。
福岡出身の玲子さんは故郷に帰りたいけど仕事がすぐには止めれないので、犬だけ実家に帰したらしい、、、(笑)

で、海の方はといえば風裏の元浦なので穏やかではあったけど、予想通り白濁りしていた。
それでも10mくらいは見えていたのでこの時化を考えればボチボチだろうか。

タイワンカマスの群れやカンパチやコブシメなんかが見れたので体験ダイビングの生物としては上々!
残念ながらカメに会うことはできなかったけど初めての海をそれなりに楽しんでもらえたようだった。

玲子さん今日はありがとうございました!!
是非ともライセンスを取ってまた遊びに来て下さいね!!
それではまた~。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-28 21:10 | 元浦
2011年 04月 27日

生命の海

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  志戸子 / 調査ポイント  【 天気 】  晴れのち雨  【 風 】 南西~北西の風
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  長潮

b0186442_20404329.jpg
サンゴと魚
今日も志戸子でのんびりサンゴを眺めてきた!
水深たったの1~3mくらいだけどここのサンゴはみんな健全で生き生きとしている。
魚影も取り分け濃くまさに生命の海といった感じ!
フォト派受けするような魚はほとんどいないんだけど癒し度満点なので漂うには最高のところだ。
おっと思ったのはそんな浅場でコブシメが10個体近く見られたこと!
小さなウスサザナミサンゴには卵が産みつけてあった。
でもコブシメ自体はは警戒心が強く5mも寄れない。。。

カギケノリの森も相変わらず壮観でユラユラとしていた。

少し休んだ後はポイント調査!
でもなんだか泳いだだけでぱっとしたものは見つからなかった。
ここでもコブシメが多く見られたけど警戒心が強く近づくことはできなかった。
ペアでは見られても全然盛り上がってない!きっとこれから徐々に激しくなっていくのだろう。

透明度も水温も少しだけ落ちていたけど十分に気持ちの良い海だった。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-27 20:52 | 志戸子
2011年 04月 26日

青っ!!暖かっ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  志戸子 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南の風
【 水温 】  23℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  小潮

b0186442_1141110.jpg
いや~来ましたよ!ようやく海が最高の状態になった~!!
水温は23℃!透明度は沖で30m!
長かったな~。。。今年の低水温は随分と嫌らしくネチネチとしてたな~。。。
おまけに濁ってたし。。。
でもようやく屋久島らしい海になってくれてホッと一安心。

今日は島内ゲストの直ちゃんとのんびりと癒し系ダイビング!
久しぶりの志戸子ではもう癒し度120%!!
北部随一の枝サンゴ群の上をブダイやベラやスズメダイの仲間が視界いっぱいに泳いでいた。
そこに太陽光がキラキラと差し込んでいて思わずボーっとしてしまうほど。
水深5m辺りでは今が旬のカギケノリが鬱蒼と茂る森のように広り揺らめいていて美しい。。。


b0186442_1144598.jpg
狙いはコブシメの産卵だったんだけど沖のウスサザナミサンゴ群落には1個体も見られなかった。
でもこれだけ気持ちよければ漂うだけでいいや~という気持ちになってしまう。
直ちゃんはまだOW取り立てだったので細かい生物は一切抜きでゆっくりと海を漂った。

途中ではホラ貝がアオヒトデを捕食していた。
それに屋久島では珍しいイシガキリュウグウウミウシもいた。

2本目はタンク下でカメ狙い!
最近のカメ遭遇率はかなりのものでほぼ95%くらいで見れるだろうと思っていたのに
探せど探せど見つからない。う~ん。。。。。
そう言えば直ちゃんは去年もカメ狙いで2本とも見れなかったなぁ。。。。

こうなったら超高確率の早朝か夕方にでも潜るしかない!!


直ちゃん今日はありがと~!!
今度こそウミガメ見ようね~!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-26 01:40 | 志戸子
2011年 04月 25日

タイワンカマス求愛&産卵!!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下×2  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  小潮

b0186442_2212164.jpg
タイワンカマス
日没直前に海へ入りイシヨウジの繁殖行動でも見れないかと期待していたら、なんと目の前にはカマスの群れ!
もちもんただのカマスの群れではない。
普段まとまっている群れがばらけていてペアやら小群れに分かれてそれぞれが忙しなく動いていた。
これは、、、まさに産卵直前だ!!生態好きだけどカマスの産卵なんて想像したことも無かったので衝撃的な光景だった。

その求愛の仕方はアユに似ていて1匹の大きなメス(多分)に数匹のオスが擦り寄って産卵を促していた。
ペアというか1対1で寄り添っているものも多かったけどそちらは動きが早すぎて写真に収まることは無かった。
今回の写真は唯一のんびりと動く一団を撮ったもの。メスは全体の群れの中でも一番大きく貫禄があり、ゆっくりとオスの求愛を受けていた。
この他のカマスたちはみんなヒュンヒュンと動き目で追うので精一杯だった。

小群れは時おり急上昇をして産卵の様なことをしていたけどどれもハッキリと確認できなかった。
卵や精子なども見えず。。。なんだ途中で止めている感じに見えた。

結局暗くなり視界の限界になるまでひたすら追い掛け回していたけどそれ以上の進展は無かった。

暗くなってきた頃にはカマスたちの動きは緩やかになっていた。産卵をしていたのかこれからなのか今一良くわからずモヤモヤしているし写真は全然撮れなかったけど貴重なシーンに出会えたので大満足!



b0186442_22123347.jpgb0186442_22124657.jpg
メスに寄りそうオス達



b0186442_2213812.jpgb0186442_22132024.jpg
ジョーフィッシュ(左右は同一個体)
今年もボチボチジョーフィッシュ探しと観察に力を入れよう。
これからの時期は一気にジョーフィッシュが増えるので探せばポロポロと見つかる。
去年はたしか最高で26か28個体くらい飼っていたので今年は1ダイブで30個体見てみたい!
でも数を多く見すぎると個体識別がどんどん疎かになり挙句混乱してしまうので対策も必要だ。。。
ひとまずなんとなく区画を作って少しでも覚えやすいようにした。

b0186442_22133559.jpgb0186442_22135048.jpg
ジョーフィッシュ(左右は同一個体)
上の2個体は一番浅場にいるペア。ここはひとまず1番街。


b0186442_22144553.jpgb0186442_22141325.jpg
この子達はちょっと離れた2番街の住人。恐らく去年からいる個体。少なくとも巣穴は去年からある。


b0186442_22161960.jpgb0186442_2215545.jpg
同じく2番街の住人。これも去年からいる子達だろう。黄色い方は今年初めて見た。

もうすぐ抱卵個体なんかも表れると思うのでもっとたくさん探さなきゃ!
今日は10個体だけど全部で18個体顔見知りがいる。個体の入れ替わりはあるかもしれないけど
ほとんどが去年もいた場所にいるので今年は少し楽だ(笑)


もっと色々とあ~だこうだ書きたいけど目が痛い、、、。
パソコン嫌だ、、、、。

ではでは。  

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-25 22:43 | 一湊タンク下
2011年 04月 24日

ヒレナガカンパチの群れ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁・タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,7℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  小潮

b0186442_1222888.jpg
水温が上がった!!
22℃弱!!透明度は今一つだけど嬉しい~!
このまま黒潮がどか~んとあたってGWに突入だ~!!

まぁ願望はひとまず置いといて、今日はヒレナガカンパチの群れが熱かった!
漁礁近くで2回も大きな群れに巻かれた!!

この時期は回遊魚が良く見られるんだけど今年は遭遇率がやたらと高い。
近所のおじさんが初めて陸からでヒレナガカンパチを釣ったと喜んでいたので今年は多いのだろう。
もちろんおすそ分けを頂き美味しく食べましたよ(笑)

ハナミノカサゴは相変わらずまとまっていた。今日は6個体で2個体は離れたところで見られた。


b0186442_1225399.jpg
ヒレナガカンパチ
タンク下の浅場では新しいジョーフィッシュを3個体確認!!
もうすぐ始まる繁殖期に向けてみんな体力づくりに励んでいるようだ。
この時期見られるジョーフィッシュは強気な個体が多く指を近づけると引っ込むどころか
噛み付いてくるものさえいる。久しぶりに黄色のジョーも確認!

ジョーの近くでは黄色いウミコチョウも2個体見られた!
でも種類がなんだったか、、、忘れた(笑)ウミコチョウの仲間はこれからが本シーズンだ!

先日イシヨウジたちが怪しい動きをしていると思ったら、今日は卵を抱えている個体に出会った。
すでに繁殖が始まったようだ。

その他でも今までなりを潜めていた魚たちが活発に動き出している。


日に日に盛り上がっていく海に心が躍っています。
これからは生き物たちのの生態にあわせて生活のリズムを変えていかなければならないので大変!
でも楽しみだな~。


で、昼間にログをアップして、、、今からは鳥パー!!
ニワトリをつぶして宴です(笑)
ではまた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-24 12:20 | ゼロ戦・漁礁
2011年 04月 23日

クロヨシノボリの求愛!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  川 / 春田浜  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  16℃ / 22℃  【透明度 】  ---m  【 潮 】  中潮

b0186442_21274940.jpg
クロヨシノボリ
海は北西の風で時化気味。入れなくは無いけどちょっとメンドクサイ海だったはず!?
というのも今日は川とタイドプールの調査をしてきた。
川ではクロヨシノボリの繁殖行動を狙ってみた。
水温は16℃と川にしてはそれなりに暖かい。

全体的な個体数はそれほど多くなかったけどお腹が黄色い(卵を抱えている)メスが結構いる!
良く見ると産卵管まで出ている個体もいた!!これは間違いなく産卵直前だ!!
でそんなメスをずっと追いかけていると、どこからとも無く婚姻色をまとった黒々としたオスが現れた。

オスはメスの前でその黒光りする身体を広げメスにアピール。

メスはそのオスの肉体美に惚れたのかすぐにオスの後を追いかける。

途中でメスが立ち止まる。

オスはヒレを広げて肉体美を披露する。

メスは再びオスの後についていく。

これを何度か繰り返しオスの巣穴に到着。

メスは巣穴を何度か出入りする。

そして去っていく。。。



b0186442_21281183.jpg
と、まぁ産卵までは見れなかったけどアピールから誘導までの行動が観察できた!
オスの巣穴を初めて見たけど小さいなぁ。
クロヨシノボリはサビハゼのように大き目な卵を産卵床に産みつけそれを保護する(らしい)んだけど
写真に撮るのは厳しそうだ。。。



b0186442_21285052.jpg
ちょっと残念だったのはこのオス。
巧みにメスを誘惑し巣穴前まで誘導したのに巣穴の入り口でオスが詰まった!??
最初に見た巣穴の1/3くらいの入り口でその小ささに驚いたけどまさかオスが詰まるとは。。。
巣穴の前まで来ていたメスは呆れてしまいどこかへ去っていった。
別のメスが何度か来たけどオスはずっとこの体勢のままだった。。。。。。
10分ぐらいしてようやく体勢を立て直し巣穴の奥へと入っていった。
しばらく観察しているとようやく巣穴の外に出てきた!

ここで更に驚いた!なんと出てきたのはお腹の黄色いメス!!

ええ~一体どういうこと??もしかして元々巣穴にメスがいてそいつが産卵してたのか??
でもそれだと何で別のメスを誘導してきたのだろう。。。この詰まっていた状態はなんなんだろう。
いや~謎だなぁ。。。

恐ろしくマヌケなオスだと思って馬鹿にしながら10分ほど観察していたけど、もしかして誤解してたのかも。
モテモテのオスだったのかな?

よ~し真相解明するぞ~。今度はオス同士の喧嘩も狙おう!!



b0186442_21292096.jpg
タマギンポ
タイドプールではロウソクギンポがたくさん見られた。
2週間ほど前にはほとんど見られなかったので一気に活性化したようだ。
去年の傾向からするとGWが終わることには繁殖期に突入するはず。

シマギンポはすでに繁殖期に入っていた!

タマギンポも婚姻色の個体がいたので恐らく繁殖期に入っていると思う。

ロウソクギンポが出だして海藻が緑の今が狙い時!と意気込んできたけど風が強すぎ!
タイドプールとは言え水面が荒れていた。
明日には小潮に入ってしまうし、GWが終わると海藻はかなり減っているはず。
うう~んタイミングが難しい!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-23 22:19 |
2011年 04月 22日

寒い!!けど盛り上がってる!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / タンク下 / 横瀬  【 天気 】  曇り  【 風 】 南の風
【 水温 】  18,7~19,0℃  【透明度 】  15~25m  【 潮 】  中潮


b0186442_22432216.jpg
お宮では浅場の海底をカギケノリが覆いつくしている!
他のポイントでも繁茂しているけどこのポイントが一番多い。
これはこの時期に一番キレイなので海底を覆うアミの仲間と同じく春お代表する光景と言っていいだろう。
カギケノリのピークが過ぎると今度はミルが繁茂し海底を鮮やかな緑の絨毯に変えてくれる。

この光景をクマノミを絡めて狙っているとこれまた今が見ごろのキビナゴやカンパチがアクセントを加えてくれた!



b0186442_22441562.jpg
一湊でツムブリやヒレナガカンパチの群れが良く見られるのも今の時季!
どのポイントでもマクロでネチネチやっていると目の前に大群がいることがあるので要注意!
視野を広く持たなければならない季節だ。
今日はお宮とタンク下で回遊魚が見られた。両ポイントでは最近キビナゴも多い。



b0186442_22433875.jpg
カゴカキダイとロクセンフエダイ
まとまりがいいな~。前にも書いたけど春はここの魚たちのまとまりが良い!
だから写真に撮るならこの時季がオススメ!

本当はコブシメを撮りたくて(リクエストがあるので調査ついでに)きたんだけど
1,2個体見かける程度だった。。。

まぁそれもしょうがない、水温がまたしても19℃に戻った。。。

お願いだから早く良くなって!!
透明度はボチボチ。



b0186442_22435815.jpg
アカウミガメ(オス)
午後からは屋久島旅行を懸賞で獲得したしのぶさんと潜ってきた!
そしてしのぶさんは元農大生!!うちのお店も農大生だからというのが決めてだったようだ(笑)
たしかに自分も農大と聞くだけで嬉しくなってしまう!(たいして勉強もしなかったくせに)
今度からプロフィールの写真を水中で大根踊りしているものに替えようかな!?

タンク下ではアオウミガメ&ウミウシ三昧!

最後は急遽ボートに乗ることになり横瀬!
中層ではオスのアカウミガメ!!オスは尻尾が長いのが特徴だけどそれがなんだか恐竜っぽいくみえる。
通年みられるアオウミガメと違ってアカウミガメは産卵期のみの期間限定生物なので興奮度が高い!
今からが旬ですよ~!



b0186442_22442867.jpg
横瀬の沖合いでは魚たちがいつになく密集していた!!
アジアコショウダイ、テングダイ、コガネスズメダイ、ミギマキ、ヒレナガヤッコ、ウロコマツカサ、ホウライヒメジ、ムレハタタテダイなどなどなど!
いや~楽しいところだなぁ。

しのぶさん今日はありがとうございました!!
ちょっと(かなり?)寒かったけどまた遊びましょうね!!
今日は農大トークができて楽しかったです!百麺が食べたくなりました(笑)



さてGWが近くなってきてきました。
そこで一番多い問い合わせがウェットかドライかという質問!
今年は例年より水温の上がりが遅く(異常に!)もうなんだかよくわからない。
昨日、一昨日は暖かかったのに。。。
19℃ならドライ!22℃ならウェット!!
で正直GWはどうなるか分かりません!!
ギリギリまでまって海洋日記の水温で判断してください。。。。。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-22 23:20 | 横瀬
2011年 04月 21日

カメ祝い

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / 吉田  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南の風
【 水温 】  21,4℃  【透明度 】  15m  【 潮 】  中潮

b0186442_20514443.jpg

暑いくらいの日差しにベタ凪の海!
今日はダイビング日和だ~!!
講習初日が物凄い風と寒さで透明度も最悪だったので今日の海は天国のようだった(笑)

タンク下では前からいるウミガメがず~っと遊んでくれた!
小さめのカメなんだけどこの子は全く逃げないのでガイドで出会うとありがたい。
今日は10分くらいストーカー。泳ぎと中性浮力の良い練習になった!
麻央ちゃんは最初から亀が見たいと言っていたので当然大喜び!
良かったね~。マスク脱着を頑張ったお祝いをしてくれたのかもね!


b0186442_20524268.jpg
水温は21,4℃と平年並みになってくれた。
でも透明度は相変わらずに悪い。昨日の元浦は良かったんだけどな~。。。

水温が上がったので、吉田ではコブシメの産卵に期待!
しかし見れたのは卵のみ。。。
キンギョハナダイの群れの中にアオウミガメがいて美しい光景だった。

麻央ちゃんOW取得おめでとう!!
キツイ初日だったけどよく頑張ったね。
また屋久島に遊びに来てね~!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-21 21:08 | 一湊タンク下
2011年 04月 20日

首折れサバ見っけた!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  (元浦) / 元浦 / 元浦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】  中潮

b0186442_2224891.jpg
麻央ちゃんとキビナゴ
昨日は北西の風で大時化の一湊湾内。元浦はなんと3~5mだった。。。。
今日は一変風は治まり、快晴!!
1本目は透明度10mくらいで白濁りしていたけど2本目には20mくらいは見えた!
そして何よりも水温が21℃!!ようやく黒潮が来たっぽい!!
もじゃこ漁に出てる人が黒潮が近い(屋久島と口永良部の間)といっていたけどそれが寄ったのかも。
これが早く定着してくれるといいな。少なくともGWは平穏に過ごしたい!!

昨日からのOW講習は体験ベテランの麻央ちゃんには楽勝かな?
マスクがちょっと苦手だけど耳抜きは手も使わずにできて、浮力もバッチリ!
スムーズに行けば明日はウミガメに会いにいけるかな??

いや~でもなぁ。学科が不勉強だった割りに今は我が家でナウシカの漫画を読んでるからなぁ。
無理かも。。。(まぁ自分が進めてしまったんだけど(笑))


b0186442_22253421.jpg
ゴマサバ
写真は数日前にタンク下で撮ったものです。
今日一湊の人がゴマサバの稚魚を大量に捌いているのをみて思い出した!
地元の人も言っていたけどゴマサバが湾内で取れるのは珍しいらしい。
最近は一湊の湾内で群れをなして泳いでいる!初めはアジだと思っていたけど背中にサバ独特のラインがあった。
これが屋久島名物の首折れサバになるのか!!


b0186442_22255269.jpg

おお~なんと言うか、、、美味そう。。。
芋焼酎に首折れサバ。。。
これ屋久島の最高の夜を約束します(笑)




『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-04-20 22:44 | 元浦