<   2011年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 31日

生態週間

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / お宮 / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  26~29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮③
【日没】  19:12  【満潮】 19:54 (224cm)

b0186442_2335119.jpg
ヒレナガスズメダイ(幼魚)→大量発生!!どこを見てもいる!!
今日も朝一で百合さんとじっくり潜ってきた。
砂地でヤツシハゼの仲間を探したけど全然いない!!
代わりにカスリハゼの極小個体が1匹いた!
オドリハゼもここの所よく目にする。

b0186442_23353564.jpg
シャコガイに棲むセボシウミタケハゼ(?)
小さい個体だったので目がかわいい!シャコガイ背景もなかなか楽しい!


b0186442_23362779.jpg
アザミサンゴで眠るヘビギンポ(昨日の写真です)
昼の魚達は夜にそれぞれ思い思いの場所で眠る。
でもアザミサンゴは枕にしたくないな~。。。フォトジェニックで嬉しいけど(笑)


b0186442_2336673.jpg
バイカナマコの傷口を掃除する(食べる?)ウミウシカクレエビ
ウミウシカクレエビは手足がほとんど無い。


昼からはフォトコン常連の小黒さんとバブル期ダイバー(笑)の由布子さん!
裕子さんは20年前に買ったショッキングピンクのウェットがあるらしいけど今日はレンタルを着用。
残念、見たったな~(笑)

お宮では入ってびっくり!水深5m以深の水温が26台!!
26℃とはいえ29℃のつもりで入ると寒い。。。

ゼロ戦では遂に小魚が増えてきた!!
まさに旬を迎えている!!
これには小黒さんも喜びワイドでビシビシと撮っていた。

そして今日も4本目ダイブ!
それも結構ガッツリ系。。。
百合さんに続きこれまた生態好きな小黒さんとアカハラヤッコの産卵を見てきた。
時間は18時50分くらい。

百合さん4日間ありがとうございました!!
また夜の瀬戸内海を満喫してくださいね!!
由布子さんもありがとうございました!今度はフル器材でお願いします!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-31 23:27 | 一湊タンク下
2011年 07月 30日

コバンヒメジ&スミツキベラ産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / 元浦 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  28~29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮②
【日没】 19:12  【満潮】 19:54

b0186442_22461049.jpg
コバンヒメジ産卵
今日は一日体験ダイビングの予定だったけど百合さんがどこでもいいから
潜らせて~と言ってきたので朝一とサンセットで生態観察へ行ってきた。
夕方には初見のコバンヒメジが産卵!!時間は18時57分だった。
25cmくらいの大型のヒメジなので産卵上昇が高い!!
ぴゅ~っと上がっていって海底から7~8m上がり産卵。
かっこいい~!!

b0186442_22464192.jpg
スミツキベラ産卵
19時43分に産卵。スミツキベラは日没前に良く見られる。
ハーレムなので観察を続ければ何度か見れそうだったけど百合さんの盛り上がりが低そうだったので
他を探すことにした(笑)

2つの産卵を見た後に小パッチで産卵しそうなキリンミノが2個体いたけどオスが見当たらない。
しばらく待ったけど潜水時間内に産卵を拝むのは無理そうなので、当初の予定通りヒメテグリの産卵を見に戻った。


b0186442_22552773.jpg
ヒョウモンダコ(擬態色)
ヒメテグリは朝に大きな個体を見つけたので百合さんは昨日よりも楽しそうに撮影(笑)
その間に僕は屋久島のイカタココレクションで抜けていたヒョウモンダコをゲット!
たまに見かけるけど数は少ない。
まあこんな姿をされてはそりゃ~見つからない!!


b0186442_225557100.jpg
ヒョウモンダコ(警戒色)
興奮してくるとこんな危ない色彩になる。


さて本命の体験ダイビングはというとこれも上々!
あみちゃんは山より海が好きと断言しているだけあって物凄く楽しそう!
生態派ダイバーを満足させるために一体どれほど潜りこまなければならないのか、、、。
だけど体験ダイビングは優し~く海に連れて行ければそれだけで皆目をキラキラさせて喜んでくれる!
うう~ん楽しい(笑)

あみちゃん今日はありがとうございました!!
そんだけ海を楽しめればもうダイバーになるべきです!
それではまた~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-30 22:40 | 一湊タンク下
2011年 07月 29日

今日はフタイロハナゴイの求愛

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   お宮前  /  横瀬 /  ゼロ戦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  28~29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮①

b0186442_22562675.jpg
フタイロハナゴイの幼魚
今日も海は穏やかで青い!!
横瀬のみ少し濁りがあった。魚影はやはり濃かったけど一昨日ほどではなかったかな。
去年の7月に雨にやられ縄文杉の途中で引き返してしまった智子ちゃんがまた遊びに来てくれた!
相変わらずに元気で今日もダイビング後に元浦でスノーケルをやっていった(笑)
今年は縄文杉を見れたかな??
智子ちゃん、士さんありがとうございました!!是非また遊びに来て下さいね~!!

写真はゼロ戦に多いフタイロハナゴイの幼魚。
バックのスカシテンジクダイ。今まではクロホシイシモチばかりだったけど遂にスカシも加わってくれた!
こうなると一気に南国ムードが高まる(笑)


b0186442_2257473.jpg
ケラマハナダイのオス同士の争い
百合さんの去年からのリクエストだったフタイロハナゴイの求愛を見に夕方のゼロ戦へ。
時間は17時くらい。まだ盛り上がりきってはいなかったけど背ビレを広げてフタイロ独特の2つのボンボンも見ることができた!
百合さんがずっとフタイロと戯れていたので僕は邪魔にならないように他のものを見たり撮ったりして遊んでいた(笑)
ケラマハナダイも求愛やら喧嘩をしていた。


b0186442_22575119.jpg
ハゲヒラベラ
砂地には少ないながらもユニークな顔の生物達が見られた。


b0186442_2258734.jpg
テンス属の1種
この2種はゼロ戦近辺で良く見かける。しかし当たり前にいすぎるので撮ったのは今日がはじめてだった。
これが以外に楽しい!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-29 22:53 | ゼロ戦・漁礁
2011年 07月 28日

タイドプールは40,6℃!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   春田浜タイドプール / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  40,6℃ / 28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮②

b0186442_2350288.jpg
ピンボケだけど雰囲気くらいは、、、。
去年の暮れにタンク下オンリーで潜り倒していった生態派の百合さんが今年もやってきた!
ちょうど他のゲストもいない日だったのでタイドプールや川にも行って色々と遊んだ。

タイドプールは干潮時刻をやや過ぎた頃に行ったので水面はサーモクラインができてしまっていて
ロウソクギンポが揺らめいて見えた。それに求愛も全然していない。

20分くらいするとタイドプールに波がかぶり始めた。
そうするとみるみる水位は上がりそれと同時にロウソクギンポたちの激しい求愛が見られるようになった!!
20個体近くが視野に入っていて色んな場所でピョコピョコと婚姻色に染まった顔を出していた。
まるでもぐら叩きでも見ているような光景だった。


b0186442_0706.jpg
クモギンポ
水深が50cmくらいしかない浅いタイドプールではなんと水温が40,6℃もあった!!
少し入っていただけで茹で上がりそうなほどの暑さ。日差しがそれに拍車をかける。。。
そんな環境でもたくさんの生き物がいた。


b0186442_072820.jpgb0186442_07405.jpg
タマギンポ幼魚 / タネギンポ幼魚
その他にもシマスズメやイソスズメの幼魚なども見られた。

夕方は生態ウォッチング!!
アカハラヤッコがナズリングをしていたので18時30分過ぎくらいから見始めたけど
いつまでたっても産卵が始まらなかった?(らしい)百合さんに任せて僕はウロウロしていたので
なんとも言えないけどもしかして観察するのが遅かったのか??

浅場ではヒメテグリの産卵でもと思ったけど何故か皆ものすご~く小さい!!
6月に見たときに比べて半分以下のサイズだった。
それでも百合さんは粘り4~5回の産卵を見ることができた。
流石です!粘り勝ちですね!!
でももっと大きいのを紹介したかったなぁ。。。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-28 23:48 | 春田浜
2011年 07月 27日

魚舞う海!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   横瀬  / タンク下 / クレーン下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮

b0186442_23245835.jpg
ムレハタタテダイとニザダイ
今日も海は穏やかで青い!!

朝一の横瀬は最高の魚群!ムレハタタテダイとニザダイが乱舞しコガネスズメダイも大きな群れとなり、ウメイロモドキは少数ながら舞い降りてきて彩を加えてくれた!
うう~ん朝からこれは幸せだなぁ。。。
ワイドでビシッと撮りた~い!!


b0186442_23252029.jpg
ニザダイ
屋久島らしい群れかな(笑)
沖縄ではこうはならないだろうな。地味だけど結構好きな魚。
群れると黒い塊になってしまうけど、そこがまたいい!!


b0186442_23253513.jpg
キンギョハナダイ
安全停止の根では相変わらず凄い数のキンギョハナダイが見られた。
沖へいっても浅場へ帰ってきても幸せだった。

小林さん3日間ありがとうございました!!
縄文杉にオオモンはくっついていましたか!??
今度は保土ヶ谷で会いましょう~(笑)


夕方前には温子さんたちと体験ダイビング!!
みんな耳抜きが分からない~と叫んでいたわりにはすんなりと潜れた。
幼稚園からの幼馴染で今でも一緒に旅行に来るなんて素敵だなぁ。
今日は海のほんの入り口です!ダイバーになったらもっと素敵な海がまっていますよ~。

それでは今日もありがとうございました!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-27 23:23 | 横瀬
2011年 07月 26日

嵐だ~、でも海は最高!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   オツセ  / 観音 / タンク下  【 天気 】  大雨のち曇り  【 風 】 南
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  若潮

送迎で安房へ向かう途中奇妙な音が聞こえてきた。

「ポキ」

「ポキ」

「ポキ」

後で分かったことだけどこれは皆の心が折れる音だったらしい。
夜明け前から雷雨が激しくとても自然遊びなんかできたものではない。
案の定ゲストの工藤さんの心はポッキリと折れていた(笑)

でも大丈夫!海はベタ凪です北や西は穏やかです!
なんていいながら心のケアをして海へ向かう。

1本目を潜る頃には雨は治まり、海は青くて暖かく、生物も豊富で正直最高に楽しかった!

2本目の観音は風が当たり多少時化気味だったけど海の中はこれまた最高!
恐ろしいほどの数のキビナゴにアカモンガラやムレハタタテやタカサゴなどは乱舞していた。
そこにギンガメアジが数匹だけど混じりなんともダイナミックな景観!!


b0186442_22403317.jpg
ウキウキで海から上げって見るとあたりの景色は一変していて大時化と化していた!!
物凄い風と雨で前が全然見えない。
帰りは風に乗って帰ったので良かったけど自然の怖さを再認識させられるような突然の変化だった。


b0186442_2241598.jpg
※写真は小林さんに頂きました。
キビナゴはシャワーのよう!!



b0186442_22412023.jpg
>※写真は小林さんに頂きました。
青い海に魚がいっぱいでとにかく気持ちが良い!!

タンク下では季節外れのクマノミの産卵!

工藤さん屋久島でもお会いできて嬉しかったです!!
今日はありがとうございました!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-26 22:37 | 西部
2011年 07月 25日

極上のカエル!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

「25日」
【ポイント】   タンク下 / お宮 / ゼロ戦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南
【 水温 】  28℃  【透明度 】  25 / 15m / 25m  【 潮 】  長潮

b0186442_2291786.jpg
イロカエルアンコウ

b0186442_2293399.jpg
オオモンカエルアンコウ
すっかりログが滞ってしまった。すでに5日遅れ。。。
今のタンク下にはなんとカエルが2個体!!それもイロとオオモン!!
オオモンは「たつのこ」のりょうさんにイロは「森と海」の原崎さんに教えてもらいました。
ありがとうございます!!元伊豆ダイバーとしてはやっぱり何度見ても興奮する生き物です(笑)
(オオモンは27日には姿をくらましてしまった)

今日は何故か2本目に入ったお宮のみ透明度が悪かった。川奈ダイバーの小林さん達が2本目から参加したのでそのせいかと思ってしまったけど3本目には綺麗な海に戻っていた。
小林さん、川奈の皆様すいませんでした。。。

海は暖かいというよりも暑い!!動きすぎると暑くて気持ち悪くなってしまう水温だ。
透明度も良くまさに夏の海になっている。

今日は皆様ありがとうございました!!
一昨日式を挙げそのまま新婚旅行に来た岩塚さん、近いので気軽に遊びに来て下さいね~!!
結婚おめでとうございます!!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-25 22:21 | 一湊タンク下
2011年 07月 24日

カメとの遭遇!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク×2  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北東
【 水温 】  28℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮③

b0186442_012586.jpg
千佳さんのリクエストのカメはいっぱい!!2日間とも何度も見れた。
ミルの多くが台風で千切れてしまったけどまだ美味しそうな色合いでカメは盛んに食べている。
今月ののカメ遭遇率はタンク下では、、、100%!お宮でも50%を越えている。

b0186442_014134.jpg
ただでさえかわいいサザナフグだけどこのメタボ系サザナミは余計にかわいい!!
結構ツボです(笑)

最近目立つことは
・カモハラギンポは2~3cmサイズいっぱい。
・ヒレナガスズメ幼魚5mm~1cmサイズいっぱい。
・クロメガネスズメ1cmサイズ少々。
・ナガサキスズメ5mmサイズいっぱい。

慶介さん、千佳さん2日間ありがとうございました!!
アカウミガメは見れたのかな?今度は水中でみましょう!!

23日もお世話になった皆さんありがとうございました!!
眠さがマックスなのでログが書けずに申し訳ない。。。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-24 23:59 | 一湊タンク下
2011年 07月 22日

今日が本命だった~マルハナガタサンゴ産卵~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / お宮 / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北東
【 水温 】  27℃  【透明度 】  10~20m  【 潮 】  小潮①

b0186442_2127784.jpg
どうやら昨日が前夜祭で今日が本番だったようだ。
去年のピーク時と同じように産卵が始まって15分くらいすると当たりは真っ白になり透明度は1mもなくなってしまった。
今日は屋久島人の直ちゃんと一緒に産卵観察だった。
そんなこといいつつ途中からライティングを頼んじゃったりして、、、(笑)


b0186442_213304.jpg
ピーク時の絵はやはり上手く撮れない。。。モヤモヤしすぎて撮りようが無い。
良い案が思い浮かんだんだけど現実的に厳しいだろうなぁ。

視界が悪くなってきた頃に一旦、直ちゃんと浮上し水面で喜び合った!
その後は普通のナイトをしてブダイの寝顔を見てEX。
空を見上げてみると満天の星空。天の川もくっきりと見えていて、夏の大三角も眩く輝いていた。

ん~なんて素敵な夜だろう!!


b0186442_2137578.jpg
日中は富戸よりお越しの慶佐さんと千佳さんとボートダイブ!
ゼロ戦では透明度が壮絶に悪かったけど安全停止中にツバメの群れがずっと遊んでくれて皆で大はしゃぎだった。

b0186442_2141955.jpg
それと絵的には酷いけどサザナミヤッコの大きな群れが見られた!!
漁礁あたりでなんと10個体以上のサザナミヤッコ成魚が追いかけたりじゃれあったりしていた。
ペアか多くても4,5個体でしかみたことが無かっただけに一人で大興奮!?
なんだか夢のある光景だったなぁ。しかしもしここで産卵をしているのだったら観察はかなり厳しい。。。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-22 21:24 | 一湊タンク下
2011年 07月 21日

マルハナガタサンゴがようやく産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西
【 水温 】  26℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】  中潮④

b0186442_0174589.jpg
眠いので今日のところは写真だけでご勘弁を。。。

b0186442_0181562.jpg
産卵前にはチョウチョウウオがサンゴをつつく!

ではではまた~。

~追記~
台風6号も去りようやく海復帰。一湊湾内はまだウネリがあり透明度も今一つだけど
3日も海に入っていない身体には心地よかった!
今回の台風が来なければマルハナガタサンゴの産卵は18,19日頃だと予想をしていたけれど
当日は大時化で海に近寄ることもできない状況だった。
当然そんな過酷な状況ではサンゴも産卵をしないだろう。
随分昔だけど写真家の阿部さんに聞いた話ではそういった状況では産卵を我慢し、
台風が去り穏やかになったら産卵をはじめるというものだった。
海はまだ穏やかになりきってはいないから明日あたりかもしれない、と思いながらも
可能性はありそうだったので観察にいってみた。それが大当たり!
サンゴにとっては十分に穏やかな海だったようだ(笑)
日没時刻くらいにはチョウチョウウオがたくさん集まり産卵直前のサンゴを突いていた。
そして産卵が始まった。
はじめのうちは白いもや(精子)だけが出て、そのうち卵(バンドル)もどわ~っと出始めた!
去年の感じからすると大産卵とはいかないまでもかなり迫力がある産卵劇だった。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2011-07-21 00:14 | 一湊タンク下