屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 28日

カエデゾウクラゲ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】  雨  【 風向 】 北東
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 小潮

b0186442_155597.jpg
稚魚 nikonD700 60mm f11 1/90 iso400 inon z-240×2灯
昨日に続きクラゲ多し!
こんな日はもう諦めます。着底することを。。。
クラゲの数は多いものの出物は少なく大半がツノクラゲやオビクラゲなどの普通種だった。
昨日はゾウクラゲ系も結構いたのに~!

写真は謎の球体に寄りそう何かの稚魚。(ハナビラウオとかその辺りかな?)

b0186442_1602890.jpg
ムチオゾウクラゲ?カエデゾウクラゲ(貝殻の位置からカエデゾウクラゲが正しいようです)
今日見られた唯一のゾウクラゲの仲間。ピヨピヨと泳いでいてかわいい~。
僕が大好きなゾウクラゲとはちょっと違う形。初めて見る種類(?)なので思って調べてみるけど
案の定分からない!ムチオゾウクラゲというのが図で表記してあってそれが一番近いかな。。。


b0186442_1605268.jpg
メガロパ幼生
ヤジロベエみたいなカニの幼生も1個体だけ見られた。
メガロパからカニへの変体はイモムシが蝶に変わるのと同じくらいの大変身となる。
このメガロパ幼生は一体何になるのだろうか!?


b0186442_161660.jpg
クラゲに混じってこんな無視の様な甲殻類も混じっていた。
まるで空想の世界の生き物のようだった。

相変わらず海には果てしないロマンが広がっている!
さて明日は何に出会えるかな?



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-28 16:33 | 一湊タンク下
2012年 02月 27日

コブシメ産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風向 】 北西
【 水温 】  19℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_22583290.jpg
コブシメ nikonD700 tokina10‐17mm f16 1/45 iso400
今日は久しぶりのボートダイブ!久しぶりと言うか今年初!
ゼロ戦へ行こうと思ったらエントリー早々に巨大なヒレナガカンパチが2匹で旋回していツバメウオの若魚もたくさんいて、おまけに流れがボチボチあって漁礁のみで遊ぶことにした。
ムレハタタテダイやキンメモドキやアザハタなど被写体は多く十分に楽しめる!
水面下では浮遊生物がたくさん流れていた!!
久しぶりにコノハゾウクラゲとハダカゾウクラゲ(?)を見れて嬉しかった。

お宮ではコブシメのがメス2匹で産卵を繰り返していた。
10mくらい離れたところからジリジリとにじり寄り最後には目の前でじっくりと観察することができた。
コブシメの産卵はこれから徐々に活性を増していくのでこれからが見ごろです!
産卵も素晴らしいし雄同士の喧嘩も迫力満点で素晴らしい!その他観察していると色んな予備動作が見えてきて楽しい。

多鶴子さん2日間ありがとうございました!!
海の旅楽しんで来てくださいね~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-27 23:12 | お宮前
2012年 02月 26日

南部でのんびりワイド撮影

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  湯泊 / 平内  【 天気 】  曇り  【 風向 】 北西
【 水温 】  18,9℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_18423133.jpg
ミドリイシサンゴ nikonD700 tokina10‐17mm f11 1/180 iso560
今日は北西の風で一湊湾内は微妙に時化!
潜れないこともないけどビーチエントリーが苦手とのことで穏やかと思われる南部まで遠征。
天気は終日の曇り空だったけど風は弱く海でも陸でもまったりと過ごすことができた。
ゲストの多鶴子さんは海が好きというオーラが溢れ出ていて、たいした出物もなかったけど
終始楽しそうにしてくれていた(笑)
久しぶりの平内は相変わらず道路から海へのの入り口が分からず2回もUターン(笑)
ここでは回遊魚に期待したけど出会えず。。。ワモンダコや大きなコブシメなんかが見られた。
あとレンテンヤッコを久しぶりに見た!

ダイビング後は尾之間温泉に入ってノンアルコールビール呑んでフィニッシュ!
今日も良い一日でした。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-26 18:57 | 湯泊
2012年 02月 25日

こんな所にウミウシ天国があった。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  雨のち晴れ  【 風向 】 南~北西
【 水温 】  19,3℃  【透明度 】  25~30m  【 潮 】 大潮

b0186442_20312830.jpg
イシガニ nikonD700 60mm f11 1/30 iso400 inon z-240×2灯
一湊の海が時化そうなのとこの時期に旬なアメフラシを撮りたいのがあって今日は春田浜まで来てみた。
でもいざ潜ろうと思ったらスノーケルがない!!
昨日はあったのになぜ、、、。タイドプールと言えどもスノーケルなしでは結構辛い。
そこで汽水域へ行ってみると海底には紅藻類がたくさん。
屋久島はウミウシが少ないと思っていたけどここはそのイメージを覆すかのようにたくさん見られた!
なんだいるところにはいるじゃん!!
でも相当なウミウシ好きじゃなければここは楽しめないだろう、、、(笑)

写真は海藻の陰から突撃するかのように現れたイシガニ。
1枚だけシャッターを切れたけどすぐに海藻の下に潜りこんでしまった。


b0186442_20324962.jpg
ノトアリモウミウシ
見られたのは全部で5,6種類だけどそれがウジャウジャ見られたのでそれだけで嬉しかった!
ノトアリモウミウシは確か水深60mくらいで見たって人がいたけどこの個体は水深2mの汽水域。
生息範囲が非常に広い種のようだ。


b0186442_20332342.jpg
ミノウミウシの仲間
ウミウシを見るたびに思う。海って広いな~と。こいつはどこかで見たことあるんだけどな~。。。
言いたいことは、分からない種ばっか!一応図鑑はぺら~っとみてます(笑)

b0186442_20333897.jpg
ミノウミウシの仲間
うんうん、ウミウシ!
だれか教えてくださ~い!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-25 21:45 |
2012年 02月 24日

片足のアオウミガメ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  雨のち晴れ  【 風向 】 南~北西
【 水温 】  19,3℃  【透明度 】  25~30m  【 潮 】 大潮

b0186442_0133310.jpg
アオウミガメ nikonD700 60mm f4 1/350 iso400
東の風が強く元浦は時化。一湊湾内もそれなりに波が入ってきていた。
でも海の中は青い!!
久しぶりのお宮では片足のアオウミガメに出会いました。
それでも泳ぎは達者で他のカメと変わらないくらいの泳ぎっぷりだった。

「ガイド会」のブログも更新したので良かったら見てください。




『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-24 00:12 | お宮前
2012年 02月 23日

食べちゃダメ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  雨のち晴れ  【 風向 】 南~北西
【 水温 】  19,3℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】 大潮

b0186442_2123961.jpg
カスザメ nikonD700 60mm f16 1/20 iso400
ポックリ逝ってしまいました。
ハリセンボンが口に挟まったままご臨終。。。
その最中は見ていないけどもうありありと想像できる。

砂地で巧妙な擬態をして隠れているところにハリセンボンがピヨピヨ泳いできたので反射的にバクッっとやってしまったのだろう。もちろんハリセンボンは食べられたくないので針を尖らせながら真ん丸くなって抵抗する。
飲み込もうにも飲み込めず、しょうがないので吐き出そうとするがそれすらもできないことに気がつくカスザメ、、、そんなところだろうか。
この写真の絵になるまでどれくらいの時間を共に過ごしたのだろうか。
自然界で生き抜くために進化の過程で身に付けたそれぞれの技はどちらも巧妙であり素晴らしい、だが時として勝敗がつかずこのような結果になることもあるようだ。


b0186442_21233941.jpg
ワレカラの育児
シロガヤにはワレカラがたくさん!
子供を抱えている個体も少し見かけた。
ワレカラってあくまでもワレカラだけど、、、何気にかっこいい。


b0186442_21242154.jpg
ミカドウミウシとウミウシカクレエビ
珍しくミカドウミウシが砂地を歩いていた。
色彩も少し変わっていて白っぽい。もしやと思って探してみるとウミウシカクレエビもいた!
そして色彩はやはり白っぽい。と言うか白!このエビはホスト次第で体色を自由に変えれるようだ。
ちなみに黒いナマコについていた時は真っ黒だった(笑)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-23 21:45 | 一湊タンク下
2012年 02月 22日

チクチクわくわく。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  曇り  【 風向 】 南
【 水温 】  19,3℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】 大潮

b0186442_20125816.jpg
クラゲ類 nikonD700 105mm f11 1/350 iso800
いてててて、、、、。
期待通り今日はクラゲがたくさん押し寄せてまいりました!
10Lタンクで130分ひたすら表層を泳いでみた。
大したクラゲはいなかったけど久しぶりのクラゲ祭りに高揚しっぱなし。
顔も手首もクラゲにチクチク刺され、時には電気ショックの様な強烈なアタックを受けながらも
ニコニコ漂っていました。あれ、、、もしかして俺って、、、M!?

まぁ~しかし撮れない!撮り易いクラゲは少なく言ってしまえば雑魚ばかり。。。
それでもこの中にとんでもないものが混じっているかもという期待感だけで楽しめてしまうものです。
写真はそんな高揚感を誘う(?)クラゲ達の図です。



b0186442_20252769.jpg
オオタルマワシ(の仲間)
唯一人気のありそうな浮遊生物といえばこいつくらいだっただろうか。
数は少なかったけど2,3種類は見られた。タルマワシも種類はたくさんいるようで正確には全くわからない。


b0186442_20254846.jpg
オオタルマワシ(の仲間)
雰囲気を出すと黒バックの写真になるけど実際はこの写真のようにキラキラとした海を漂っていた。

「日本の海を巡る旅」の「フォトギャラリー」をアップしたので良かったら見てください。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-22 20:31 | 一湊タンク下
2012年 02月 21日

アカダマクラゲ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  春田浜  【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風向 】 北西
【 水温 】  18℃  【透明度 】  ---m  【 潮 】 大潮

b0186442_21505383.jpg
ヒトスジギンポ nikonD700 105mm f6,7 1/125 iso200
いや~穏やか。
すっかり海は穏やかになってくれて天気も良く透明度も良く最高です。
水面下には僅かだけど浮遊生物なんかも見られてワクワクする。
冬の屋久島は寒い!なんて言っていたけど知床から帰ってきた僕には南国そのものだった(笑)
特に今日みたいな陽気はいいなぁ。
あっでも風が強い日はやっぱり寒いので防寒対策はお願いします。。。

1ヶ月以上見ていなかったけどハダカハオコゼはほとんど同じ場所で見られた。
ジョーフィッシュも達も相変わらず見られている。でもフリソデエビは遂にいなくなっていた。
また探さなきゃ!
最近は写真のヒトスジギンポを良く見かける。
屋久島ではイシガキカエルウオはめちゃめちゃいるけれどヒトスジギンポはやや珍しい。


b0186442_21522217.jpg
アカダマクラゲ
アカダマクラゲは刺激を受けると列になる赤い斑点からヨードチンキの様な液体を放出する。
優しくちょこんと突くと水がモワッと赤くなる。(強くやると砕けてしまうのでやさし~くでお願いします)
クラゲがいるって幸せだな~。
これから初夏までは油断できないので水面も要チェックですね!

それではまた!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-21 22:11 | 一湊タンク下
2012年 02月 20日

タイドプールと海藻

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  春田浜  【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風向 】 北西
【 水温 】  18℃  【透明度 】  ---m  【 潮 】 大潮

b0186442_21115397.jpg
ロウソクギンポ nikonD700 105mm f4,8 1/350 iso400
ようやく屋久島に帰ってきたというのに昨日までの3日間海は時化。
それでもどこかしらは潜れたはずなのに旅疲れか風邪を引いてしまいやる気が出ない。
今日は天気が回復して良い陽気だったのでタイドプールでちゃぷちゃぷ遊んできた!
狙いはこの時期が旬の海藻&アメフラシ。
海藻は日差しを浴びてキラキラと輝き美しい~。でも肝心のアメフラシが少ない、、、。
あれ、少し遅かったかな。。。
この時期はあまり見られないロウソクギンポが海藻の隙間から顔を出していてくれた!

海底に大きなアカモンガニの死骸が転がっていてビックリ。こんなところにこのカニはいたのか!
夜のタイドプールもいいかもしれない。

b0186442_2119486.jpg
タイドプールとアオモグサ
この時期は陸から見ても海藻が良く見える。

b0186442_21222062.jpg
アオモグサ(?)
水中で見ると美しい!
光合成をたっぷりしていてなんか嬉しい(笑)



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-20 21:23 | 春田浜
2012年 02月 16日

屋久島だ~!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁港  【 天気 】  曇り  【 風向 】 北西
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 長潮

b0186442_1942123.jpg
ツバメウオ nikonD700 14-24mm f8 1/125 iso1100
日本の海巡りの旅から帰りました。
伊豆、葉山、羅臼、天草と各地でお世話になった皆様ありがとうございました。
この旅で改めて日本の海の素晴らしさを痛感することができ、またそれぞれの海とそこでガイドをする人々の視点や情熱を目の当たりにして奮い立つ想いです。
旅での様々な経験や助言を糧に屋久島の海でのガイドに役立てたいと思います。
さ~今日からまた潜るぞ~!!

「いたるの海の深みに至るまで」海の旅はこっちのブログで載せています。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2012-02-16 20:07 | ゼロ戦・漁礁