屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2013年 03月 31日

屋久島のキンセン事情

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北西1,5m
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_2255189.jpg
数種類のテンジクダイが卵を咥え始めたので今日はその中でもオオスジイシモチの産卵狙いで日没の頃潜ってみた。
でも今日の日記はキンセンイシモチについて!
だってオオスジイシモチはどれも卵を咥えていて今から産卵というような個体が見つからなかったから。。。

当初の目的のオオスジテンジクダイの観察に当たってオオスジイシモチ通の山口氏にお聞きした所、大瀬崎ではポイントによって産卵の見られる時間帯が違うらしいと言うことだった。
そのことを聞いていたせいもあってか今日は自分の中での屋久島でのキンセンイシモチの概念が全て打ち砕かれた様な日だった。

まず基本的なこととして、屋久島では日中キンセンイシモチは外に出ていない!(見方によって表現は違うかも)
岩陰を覗けば日中でも見られるけれどあからさまに外に出ていることはほとんどない。
伊豆でよく見るキンセンイシモチはみんな堂々としたもので何かに寄り添って入るものの開けた場所で普通に見られる。

今日は18時にエントリーしたけど水深10mまでの範囲でその時はキンセンイシモチはもちろん他のイシモチ類もほぼ見当たらなかった。
日没時間の18時36分くらいになってようやく岩陰から姿を表し始めたけどそれでもまだ少ない。
そこで防波堤沿いのテトラポットを覗いて見るとギョッとするほどいた!!!
それが写真上↑。
時間は19時ちょっと前。辺りがほぼ暗闇になろうと言う頃だ。
テトラポットに体をうずめて5分くらいした頃に周りをを見てみると砂地はすっかりイシモチ天国になっていた!!
さっきまで一切イシモチ類が見当たらなかったのにものの数分でこんなに広がっているとは。。。
そう、屋久島ではイシモチ(テンジクダイ科)の多くが夜行性なのだった。
それはキンセンイシモチももちろんそう。
今まで伊豆で見ていたキンセンイシモチを基本に考えていたからそんなことは思わなかったけど所変われば生活も変わると言うことなのだろう。
これも今日分かったことだけど日中のテトラポットの奥には僕の想像を遥かに超える量のイシモチたちが蠢いているようだ。



b0186442_23212650.jpg
アカホシキンセンイシモチ
そして今日真剣にキンセンイシモチたちと向き合って気がついたのは、アカホシテンジクダイの多さだ。。。
色々な情報で屋久島では珍しいというイメージだったけどまったくの誤りだった。
浅場ではキンセンイシモチとアカホシキンセンイシモチは同じくらいの規模で生息していた!!
いままでそれに気がつけなかったのは一重に僕の観察眼のなさ。。。夜潜りをたくさんしている割に全然見えていなかった。
アカホシキンセンイシモチは尾びれの付け根に赤い斑紋があると言うことだけど屋久島の個体群は極めて不明瞭。それよりも体側の金色の帯と白っぽい帯の太さの比率の方が分かりやすい。


《 アカホシキンセンイシモチは白色の帯が金色の帯の太さと同じかそれよりも太い 》




b0186442_2330539.jpg
キンセンイシモチ
こっちが本家のキンセンイチモチ。
パッと見は似ているけど金色の地に白く細いラインが入っているような感じでアカホシキンセンイシモチとは印象が違う。




b0186442_2342377.jpg
アカホシキンセンイシモチ(写真上)とキンセンイシモチ(写真下)
両者ともに数が多いためこんな風に一緒にいることも多い。
それも原因でいままで混乱していたのだろう。というか放棄に近い(笑)



b0186442_23452423.jpg
アカホシキンセンイシモチ
キンセンイチモチっぽい印象を受けたけど良く見ると尾びれの付け根が薄っすら赤いしアカホシテンジクダイっぽい。
まぁこれだけ混在していれば両者のハイブリットなんかもいるだろうから断言できないけど。。。



b0186442_23483678.jpg
アカホシキンセンイシモチ(?)のメス(卵持ち)
今日の日記は自分にしては長々と書いた方だと思うけど、今まで書いたのはただの種分けの話で知ってしまえばふ~んで流させる。
しかしこれから書くことは僕の憶測や多分に妄想も加わっているので事実ではないかもしれないけれど僕の中のキンセンイシモチ事情を崩壊させかねないほど衝撃的なことだった。

それはこの写真の様なお腹の大きなアカホシキンセンイシモチやらキンセンイシモチが単独で砂地に散らばっていたこと!!!
19時頃に現れ始めたイシモチたちは砂地や砂地にある岩などの周囲に散らばった。
お腹の大きな個体は多く、数は少ないけど口内保育している個体もいたので当然これからの産卵劇に期待をしたんだけど待てど暮らせど一向にそんな気配がない。
普通キンセンイシモチといったら産卵前は雌雄でペアになって、あんなことやこんなことをイチャイチャとするものだけれどそれが一切ない。それどころかペアですらない!!
今まで夜の海でお腹がはち切れんばかりに大きくなったキンセンイシモチを何度も見かけたことはあった。そのたびに良いオスに巡りあえなかった可哀想でちょっと珍しいメスと言う見方しかしてこなかったのだけどそれは誤った観察だったかもしれない。
なぜなら今日見たメス達はアカホシキンセンイシモチもキンセンイシモチもほとんどが砂地で単独で見られたからだ。
僕が今まで思い描いていたキンセンイシモチの産卵の概念は伊豆流のものであって屋久島ではまったく通用しないものだったのかもしれない。
日中に寄り添いあって愛を育んで、機が熟せば産卵。そう思いながら今まで見てきたから産卵が見れなかったのではないか。
そもそも日中に姿がほとんど見えない時点で生態の違いを考えても良かったんだ。
結局今日は日没から2時間ほどイシモチたちを観察していたけれど結局、産卵や産卵したと思われる個体は見られなかった。

それから彼らの繁殖行動を色々と想像することは出来るけど水中では頭がショートしそうだったので、ひとまず考えることを諦めて撤退した。

形ある成果は何にもなかったけど今日は充実した一日だったな。
イシモチ(テンジクダイ科)の繁殖期は始まったばかりこれから存分に楽しんでいこうと思う。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-31 00:23 | 一湊タンク下
2013年 03月 30日

ハナミノカサゴの産卵を狙って。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / 漁礁 / 漁礁  【 天気 】  曇り  【 風波 】 北西1,5m
【 水温 】  22,5℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_1339326.jpg
ヒレナガカンパチ
日中ふと漁礁へ行ってみたらハナミノカサゴが6~7匹集まっていた。
先週来た時は2個体しかいなかったのでハナミノカサゴもいよいよシーズン入りしたようだ。
お腹を見てみると案の定お腹が大きい!
それももうはち切れんばかりの大きさだ!!!
こりゃ~今日間違いなく産卵だ!

しかし、ハナミノカサゴの産卵には大きく立ちはだかる壁がある。
その壁の大きさはとても僕では超えられないかもしれない。。。

それでも挑んでみた!
写真のヒレナガカンパチはその目的の前に見られたもの。
これからこんなシーンを目にする機会が増えそうだ。


b0186442_13394446.jpg
ハナミノカサゴ
同じ仲間のキリンミノの産卵は良く見ているし、ネッタイミノも見ている。
ネッタイミノは18m以深とやや深いので観察は大変だけどタイミングが合えば見られる。
しかしハナミノカサゴがいるのは水深25m。
それも岸から随分と離れた潮辺りの比較的良い場所にいる。
産卵の時間はキリンミノとネッタイミノと同じと考えると日没直後くらいだろう。。。
その時間にその場所で粘るのは考えただけでも恐ろしい。
日中見たハナミノカサゴのお腹の大きさがパンパンだったことと、潮の動きを考えると
日没前に産卵する可能性が高い!!
いや、むしろそうしてもらわないと困る!!
減圧をたっぷり出して闇の中を沖合いから帰ってくるなんて恐ろしすぎる。
散々シュミレーションして可能性も色々と見えたけど日没後の観察はやっぱり嫌だ!
と言うわけで希望的観測に基づき早めに見に行ったけど結果は惨敗。
やっぱり早かった(笑)
日没直前まで粘ったけど少し気配があるだけでまだ30分くらいはかかりそうな感じだった。
う~んどうする。おれ。。。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-30 12:40 | 漁港
2013年 03月 29日

ノコギリハギの求愛劇

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】  
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_11583944.jpg
ノコギリハギ
ワクワク感が止まらない!
春は日々海が活気付いていくのを感じられる。盛り上がりで言ったら夏の方が
凄いはずだけど、今の時期の爆発力と言うのか期待感はこの時期の方が上だろう。
楽しさってのは目に見えるものだけじゃない!
このワクワク感は楽しさを倍増させてくれていると思う。

さて今日は朝からノコギリハギの求愛が激しかった。


b0186442_120277.jpg
1時間以上追いかけても産卵は見ることが出来なかったけど、オス同士のケンカやメスへのアプローチはなかなかの見応え。



b0186442_11592385.jpg
メスに求愛するノコギリハギのオス
ケンカする時と求愛するときにオスの体の模様は際立つ。
普段見ているノコギリハギとは別物に見える。
この本気モードを見てしまうと追いかけずにはいられなくなってしまうんだなぁ。


b0186442_1234342.jpg
ノコギリハギのメス
オスとメス2個体ずつ見られた。
ケンカなどせずに2つのペアを作ってしまえばいいと思うんだけど、合理的にはならないのが恋の世界。
どこの世も一緒なんだな~(笑)
しかしこのメスお腹も産卵口もほとんど出てないな。。。
こんだけ激しい求愛劇があっても産卵しないとかあるのかな??


b0186442_1212711.jpg
婚姻色マックスのオス
11時くらいまで追いかけたけど一向に産卵の気配なし!
エアも少なくなってきてお腹が痛くなってきて、、、退散!
生態観察は体が冷えるな~。
でもやめられないんだな~これが!!



b0186442_1202611.jpg
カモハラギンポもノコギリハギに負けないくらい熱かった。
オス同志が集まりディスプレイをしたりテリトリーを回ったりしていた。
順位付けでもしているかのように見えたけどどうなんだろ?
メスはまだ卵を守っていなかったけどこちらも繁殖期に入っているようだ。



b0186442_1204317.jpg
ミッキー(フクロツナギ)に付くヒメイカの仲間
こちらは夜潜りの写真。
ヒメイカは世界最小のイカで体長1cm程度!
でもヒメイカにも何種類かいるようで写真の個体はその仲間だ。
遊泳時には体の後端が2つにとんがる。
海藻やらカイメンやらに背中の付着器でピットりとくっついているのを見かけるが
今日は最高のホストにくっ付いていてくれたので大興奮!!


多くのテンジクダイ科仲間の繁殖期も始まったようで、アオスジテンジクダイやスダレヤライイシモチやオオスジイシモチなどなどの口内保育も見られた。




『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-29 11:35 | 一湊タンク下
2013年 03月 28日

屋久島に昆布!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  22℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 大潮

b0186442_2254296.jpg
昆布の仲間
おお~遂に屋久島で昆布の仲間が見れた!!
なんか違和感があるようなないような。
何度も何度も書いたり思ったりしているけど南国になりきれない島なんだよなぁ(笑)
昆布の仲間はどこから流れてきたのか知らないけどニューバランスの靴紐にがっちり根付いていた。
made in chinaとは書いてあったけどそれじゃあ分からん!!
海の生き物達はこうやって果敢に新たな繁殖地を求める。
ほぼ全ては無効分散に終わるけど何かの偶然で流れ着いた土地で繁殖するものもある。

屋久島の海がいつか昆布の森になることもあり得るのだろう。
海はいつだってさまざまな可能性を提示している。


b0186442_2255156.jpg
アカモクとモジャコ
今年は流れ藻はやたらと多いけど魚が少ない。
そろそろ当たり藻、来ないかな~!?


b0186442_226973.jpg
キビナゴを狙うアオヤガラとヒレナガカンパチ
ここのところキビナゴは大変そう。
美しい景観を創ってくれている。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-28 22:04 | 一湊タンク下
2013年 03月 25日

夜のタイドプール

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  春田浜  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北西1,5m
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮

b0186442_21284795.jpg
クリイロサンゴヤドカリ
夜のタイドプールには海藻とウミウシがいっぱい!!
と予想してきたけどそうでもなかった(笑)
タンク下でナイトをするとカギケノリにクロヘリアメフラシがたくさん付いているんだけどちょっとした揺れでも
撮影は困難。それならばとタイドプールに来てみたけどカギケノリにはなんもついてない。。。
まぁそんなこともあるか。

ヤドカリはたくさん!スベスベマンジュウガ二もいっぱい!



b0186442_21291981.jpg
タカノハダイ幼魚


b0186442_21293863.jpg
ユウダチタカノハ幼魚
成魚を見たことがないので疑わしかったけど魚類検索(第三版)で調べてみると一致した!
魚類検索楽しい。


b0186442_2130281.jpg
サンゴのポリプ
夜はサンゴが生き生きしている。
ライトに集まる動物プランクトンを食べていた!?


b0186442_21301973.jpg
ゴクラクミドリガイ科の仲間
図鑑で見るとクシモトミドリガイに近いけどこんなでっかくなんのかなぁ。。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-25 21:26 | 春田浜
2013年 03月 22日

アカモクの森!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  クレーン下 / タンク下  【 天気 】  晴れのち雨  【 風波 】 北西
【 水温 】  22℃  【透明度 】  10~20m  【 潮 】 若潮

b0186442_2184750.jpg
アカモクとほっしぃ
昨日一湊湾内にたまっていた大量の流れ藻(アカモク)がまだ残っていた!
まだちょっと波があったけど気になるので行ってみた。
透明度は微妙~。
それに流れ藻には予想していたような魚の群れは何にも付いていなかった。。。
う~ん渋い。。。

b0186442_219232.jpg
アカモクの森!?
でもエキジット口ではこんな素敵な光景が!!
あたかも砂地から生えているようだけど昨日の時化で砂地に埋まっただけ(笑)
トビウオの産卵が見られていた頃には屋久島もこんな(?)海藻の森があったらしいんだよなぁ。
しみじみと海藻を眺めてしまった。

2本目はタンク下で生態観察!
エントリー前にちょっとしたトラブルがあったけど大事に至らなくて良かった~。
目的はサンゴトラギス!
じ~っと観察すること30分?合計3回の産卵を見ることができた。
でも事前にも話したけれど目的は産卵自体ではなくそこに至るまでのトラギスの動きだ。
日中と違ったそわそわ感や意味のある動きをじっくりと注視することにより海の広がりを感じてもらえればな~と。

やっぱ生態は面白い!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-22 21:06 | クレーン下
2013年 03月 21日

ルリスズメダイ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  元浦  【 天気 】  曇り  【 風波 】 北西
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 長潮

b0186442_20561146.jpg
ルリスズメダイ
一湊湾内(特にクレーン下)に大量の流れ藻が押し寄せてきた!!
きっと藻にはハナオコゼやらモジャコやらがもっさり付いているのだろう!!
しかし、時化すぎでしょ~。。。
完全な砂地の海水浴場から入ろうかと思ったけどそれすらも危険性を感じたのでや~めた。
波打ち際できっと藻に絡まれる(笑)

元浦では浅場で珍しいルリスズメダイがいたのでず~っと張り付いて終了~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-21 20:40 | 元浦
2013年 03月 20日

出会いを大切に。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南西1,5m
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 小潮

b0186442_23401239.jpg
メギス
海の中は生き物であふれている。
出会いが多すぎて何を観察していいか迷うことが多い。
今日は気になった生き物達との一つ一つの出会いを大切に潜ってきた。

まずはメギス。
この1週間くらいでみんな繁殖期に突入したようで、お腹の大きなメスが多い。
メギスは巣穴の奥で産卵や卵保護をしているようで観察は難しく突っ込んだ観察をしていなかったけど
今日は酷い体勢になりながらもじっと巣穴を覗いていた。
結局大した行動は見られなかったけど、メギスに一歩近づけた様な気がした(笑)



b0186442_23403761.jpg
ヒトスジエソ
こちらもまた繁殖期!
この時期はエソ同士が寄り添っていることが多くアプローチもしやすい。
クローズアップで観察していると、片方の個体はプルプルと痙攣していた。
いったい何の意味があったのだろう!?


b0186442_2341290.jpg
オビテンスモドキ
こちらはマウンド作り真っ最中!
ふらふらしては小石を運んでマウンドを大きくしようとしていた。
ず~っと遠めから観察していると、突然ドロンとばかりにマウンドの中へ隠れていった。
今日の仕事を終えたようだ。
しかし穴が開いているわけでもないのにスルッと入っていったのには驚いた。



b0186442_23412744.jpg
ジョーフィッシュ
新顔のジョーフィッシュのペアを発見!
威勢が良かったので指入りで撮影してみたけど、、、指汚っ!!!
連日の土方作業と長時間潜水でこんな状態に。。。



b0186442_23415658.jpg
クマノミ
高水温が続いている影響かクマノミも例年より1ヶ月近く早く産卵していた。
これからの水温変化とクマノミの産卵期間が気になる所だ。



b0186442_23454958.jpg
モンハナシャコ
こちらも出会いを大切に遠くからじ~っと観察しているとヒョッコリ顔を出してくれた。
なんでもない行動しかしていないけどそれだけで20分以上楽しませてもらった。

あ~海、ほんと気持ち良いなぁ。
今日出会った全ての生き物に感謝。

ではではまた明日~!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-20 23:39 | 一湊タンク下
2013年 03月 19日

サンゴトラギスの産卵とアオスジテンジクダイ口内保育

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下   【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南西1,5m
【 水温 】  22℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 小潮

b0186442_23371829.jpg
アオスジテンジクダイ
ここの所暖かい水温が続いているせいか魚達はみんなそわそわしている。
先週あたり浅場で見たときには卵咥えていそうだな~?と思いながらも確認できなかった
アオスジテンジクだいだけど今日見た深場にいる子達はみんな咥えていた!!
おお~今年初の口内保育だ~!初物はやっぱ嬉しいなぁ。
アオスジテンジクダイは上から見るとV字のラインが入っていて、これまた嬉しい!


b0186442_23381561.jpg
サンゴトラギス
夕方エントリー口の整備作業を終えてもう1本潜って見た。
先日トラギスを追っていた時にお腹が大きい個体も多かったので産卵してそうだな~と思ったので
今日はサンゴトラギスをじっくり観察。
しかしじっくりもなにも観察から数分であっさりと産卵が見れてしまった(笑)




b0186442_23383189.jpg
流れ的にはオスが縄張りを巡回しながら小高い石の上でシグナルジャンプをしてメスにアピール。
そしてそれを見たメスはちょっとずつ近づいてくる。
そこでオスはメスにアタック!!
いよいよ産卵か!?と思うけどオスはあっさり振られる。。。
しばし様子を見ていると、今度はメスがシグナルジャンプの様な行動をとる。
それを見たオスは瞬時にメスの元に飛んでいく。
そう、今回見ていて分かったのはオスがメスにアプローチする時はことごとく振られて
メスがオスを誘ったときは一瞬で産卵になるということだ。もちろんこれが全てではないけど
基本的にはメスが主導の産卵なのだろう。

オスはメスの元にたどり着くとピタッと寄り添い写真↑の状態へなる。
そしてこのまま急上昇して産卵だ~!!



b0186442_23385553.jpg
産卵直後のサンゴトラギス
って、早っ!!!
電光石火の産卵で一瞬でファインダーから外れてしまう。。。
写真は産卵直後で猛スピードで海底へ降りていく所。僅かに見える白いもやの様なものは卵。
あと数瞬早ければ、産卵の瞬間を収められたのにな~。。。

でも大丈夫!
トラギスも多くの魚同様にハーレムを作るので、一度見れれば連続して産卵が見られるはず!
そう思ってオスを追いかけていると、すぐさま2度目の産卵!

おお~来た来た来た~!!!



b0186442_2339831.jpg
産卵直後のサンゴトラギス
あれ??
やっぱり追いつけない。。。
離陸直後のダッシュが早すぎる!
それに合わせてカメラをついつい勢い良く振ってしまう。
そうするとこんな絵が撮れる。
ピントはあってないし、構図も取れない。まぁ卵が移っているのがせめてもの救いかな!?
結局4回見れたけど決定的瞬間を収めることは出来なかった。
手ごわいな~まったく。


と思っていたら最後にもう一回産卵しそう!!
きっとこれがラストだ。
準備は万端。気合を入れて撮るぞ~!!
って思っていたけど、、、。


b0186442_23392254.jpg
産卵直後のサンゴトラギス
気が付くと終わっていた。。。
グダグダだな(笑)
う~ん手ごわすぎるぞ。サンゴトラギス!!

それでも、伊豆でよく見ていたコウライトラギスよりは幾分産卵スピードは遅かった気がする。
これに懲りずにまた挑もうと思う。

ではではまた!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-19 23:35 | 一湊タンク下
2013年 03月 18日

キンギョの幼魚

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁   【 天気 】  曇り  【 風波 】 m
【 水温 】  22℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 小潮

b0186442_23322249.jpg
キンギョハナダイ(幼魚)

色んな幼魚たちも目立ち始めた!
漁礁ではケラマハナダイやフタイロハナゴイの幼魚も見られた。
これからどんどん幼魚たちが増えていくと思うとそれだけで幸せになれる。
みんな元気に育てよ~!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2013-03-18 23:29 | 一湊タンク下