<   2013年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 29日

ルリヤッコの産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 
【 水温 】   27℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 若潮

b0186442_1153494.jpg
ルリヤッコ
今日は初めての専属ガイド!
2人だけでじっくり楽しみたいというリクエストに答えてのんびりと日中に2本潜ってきた。
屋久島の海が思いのほか楽しかったようで(笑)ほっと一安心。

夕方に時間があったのでサンセットダイブ。
そして遂にルリヤッコの産卵を見ることが出来た!!
今まで見てきたキンチャクダイ科の産卵を数えてみると、
ナメラヤッコ、アカハラヤッコ、アブラヤッコ、ヘラルドコガネヤッコ、スミレヤッコ、シテンヤッコ、ヤイトヤッコ。
たしかこんなもん。
この中で多少厄介なのはシテンヤッコとヤイトヤッコ。
小型ヤッコ(ナメラヤッコやアカハラヤッコなど)に比べて体長が大きく、そのために産卵周期があり
毎日産卵の小型ヤッコと違いいつでも見れるというものではない。
さてルリヤッコが何故今頃見れたかというと、個体数が圧倒的に少ないからだ。
ここ最近は気にしていなかったけど3,4年ほど前に小型ヤッコの産卵をあらかた見た後に,
ルリヤッコに目をつけて,数日間にわたり挑戦したことがあるのだけど遂に見ることがなく終わった。
それはルリヤッコがいつになっても単独でウロウロしているばかりでメスと一向に出会わなかったためだ。
その時にこのオスはずっと,メスにめぐり合うことなく死んでいくのかな、
と思ったものだけど気が付くとペアになっていた!(随分前からぺアだったとの情報もあるけど、、、笑)
以前と同じ区域をテリトリーとしていたので恐らく同一個体だろう。
とにかくペアにさえなってくれれば、小型ヤッコの産卵を見ることは朝飯前!



b0186442_1154680.jpg
ルリヤッコ
オスが求愛を繰り返すとやがてメスは上昇し、すかさずオスがナズリング(写真1枚目の状態)。
そして産卵!!
ルリヤッコはもとの性格が臆病なので産卵上昇もサンゴの隙間から僅かに上がっただけ。
でもようやくルリヤッコの産卵を見ることができて嬉しい~!

さてさて、キンチャクダイ科の産卵も大詰め。
やはりタテジマキンチャクダイかサザナミヤッコのどちらかを見なければならないだろう。
しかしこの2種は過去に見てきたものたちの産卵と比べると桁違いに難しい。
思いを持ち続けながら潜っていればいずれで会えるはず!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-29 08:22 | 一湊タンク下
2013年 09月 29日

ネチネチど~ん。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / タンク下 / 永田灯台  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 東~南東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15~30m  【 潮 】 長潮

b0186442_748487.jpg
アザハタ
昨日は興奮しすぎて撮れなかった様なので今日は心を落ち着かせてゼロ戦!
アザハタバッチリ~!


b0186442_7482940.jpg
ショウグンエビ
ショウグンエビが見たいと言われていたけれど気が付くと自分で見つけて撮っていた(笑)
今日はヒノマルテッポウエビ(通称)がペアで良い感じ!
イザヨイベンケイハゼも見られたし、バイオレットボクサーシュリンプもペアで見られた!!
しかしいずれも奥にいすぎて撮れないよ~。。。

そしてそして、一番の目的だった昨日見た透明のハダカハオコゼはいなかった、、、(涙)
着底して間もないうちはその場所が気に入らなければ浮遊生活に戻ることもある。
なので旅立ったという事にしておこう。


b0186442_7481685.jpg
2本目はタンク下でひたすらネチネチ。
ふーみんさんとだとついつい長くなってしまう。

最後は昨日の光景が忘れられずに再び永田灯台!
自分の中の計算では昨日と同じような光景が見れるだろうと思っていたけれども、
魚影はボチボチ。結構いたけど、昨日の魚祭りに比べたら量は1/3~1/5といったところ。
毎日潜っていても海は読み切れない!
昨日は潮が微弱に流れていたけれども、今日はほぼ止まっていた。
そんなことも考慮して昨日よりも潮が動いているであろう時間に入ったのに。
自分の読みの甘さを棚に上げるわけではないけど、自然ってのは人の想像が決して及びきることは
ないのだろう。
いつもこんなまとめだけど、だからこそ海は面白い!
これからも深淵なる海を少しでも知るために、潜り続けようと思う。

写真は今日もふーみんさんから頂きました。
2日間ありがとうございました~!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-29 07:46 | 一湊タンク下
2013年 09月 28日

360℃さかな!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / お宮前 / 永田灯台  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 東~南東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15~30m  【 潮 】 小潮

b0186442_732391.jpg
ハダカハオコゼ
うぎゃ~!スケスケのハダカハオコゼ!!
2cmくらいでまだ着底したばかりのかわいい子を発見!
こんなに美しい子を見たのは初めて!

ゼロ戦はカイワリが3匹グルグル周っていて慌しくも見ごたえのある光景。
漁礁からは魚が溢れるくらいに増えた!!
ツバメウオは、、、いなかった~!!


b0186442_7325326.jpg
夕方の灯台は大当たり!!
今年一番の魚影の濃さだったかもしれない!!
360℃どこを見ても魚、魚、魚、魚、さかな~!!!
エントリーしてからずっと魚!!!

グルクン、タカサゴ、ウメイロモドキ、ウメイロは終始流れていて、ヒメテングハギ、キビレボウズハギ、ニザダイ、テングハギモドキなどはパレード!そして時おり現れる巨大なロウニンアジは2匹。イソマグロも沖のほうをウロウロ!そしてカスミアジも短時間だったけど群れでどわ~っと押し寄せてきた!!
あ~幸せな時間だったなぁ~。

エントリーは満潮より1時間30分後で流れは上げ方向に微弱。
メモメモ。

b0186442_733485.jpg
今日の写真は大瀬ダイバーのシゲ君とヤドカリ大好きなふーみんさんより頂きました。
皆さま幸せな時間をありがとうございました!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-28 07:30 | 西部
2013年 09月 27日

エイの群れの様な。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下×3  【 天気 】  曇りのち晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  10~20m  【 潮 】 

b0186442_22573127.jpg
朝日が素晴らしい~!!
でも海をチェックすると今日もアウト。。。
朝一で体験の予定だったけど昨日に続き出来なかった。
風が北西と北東を行き来すると一番辛い。

大瀬より今日到着のシゲ君とタンク下でウダウダ。
2本目は漁礁まで遠征してみるとツバメウオがかつてないほど遊んでくれた!!
上層から中層から海底まで全てで遊んでくれた。海底に横たわると擬態のためか体色は白く変わり
、その状態でヒラヒラと泳いでいた。
それはまるでエイの群れを見ているかのようだった。

3本目は昨日から断念し続けていた友香ちゃんたちと体験ダイビング!
ギリギリだけどようやく潜れて良かった~。
その間シゲ君は一人で遊んでもらっちゃった(笑)


b0186442_2391995.jpg


b0186442_2375873.jpg




『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-27 23:11 | 一湊タンク下
2013年 09月 25日

黒潮が戻ってきた!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

24日
【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り時々晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 中潮

今日は急遽キャンセルがあり7時到着のフェリーの到着の友香ちゃんとマンツーマン。
朝早くからビーチでのんびりと潜った。
天候と海況共に微妙~。
でもマクロ生物を中心に紹介。生き物が大好きなの様でエビに興味津々!


25日
【ポイント】  ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃~28  【透明度 】  15~25m  【 潮 】 中潮

ゼロ戦ではサフィリナがたくさん煌いていた!
2本目のお宮では透明度回復!!
良い潮加減だったのか魚影は濃く楽園のような雰囲気だった。

最後にはセダカギンポの産卵をようやく確認!!!
なるほど~。
いつも卵を守っているのはどうやらオスっぽい。
オスはオレンジ色で雌は黄色っぽい体色だった。
あ~これは撮りたい!でも次に撮れるチャンスはいつだ~。。。


b0186442_12204637.jpg
ちょいと隙を見て撮影に行こうとするとカメラバックには、にゃ太郎がぁ~!
うちの看板ネコです(笑)



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-25 12:00 | 一湊タンク下
2013年 09月 23日

ゼロ戦、漁礁が熱い!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

22日
【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  曇り時々晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   26~27℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 中潮

23日
【ポイント】   タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り時々晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   26~27℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 中潮

b0186442_11461917.jpg
最近はこんな天気が続いている。
島の東側が悪天、西側が好天。
一湊は微妙なライン!でもギリギリで良い方かな!?
漁港は曇りだったけど、お宮まで行くと晴れ!ほんの少しなのに(笑)
透明度は少し回復。流れも治まっていた。

b0186442_11464235.jpg
ゼロ戦と漁礁の魚の増減は毎年いっていのリズムがあるようで、、、ない!
今年はなんと今更増えてる!
漁礁では向こう側が見えないくらいビッシリとクロホシイシモチ&キンメモドキが群れている。


b0186442_11463152.jpg
ツバメウオ
ツバメウオはこの3ヶ月くらいは高確率で見られている。

23日はリフレッシュダイブ!
カメとじっくり遊んだ~。
秋の風物詩の1つ?のキビナゴもたくさん!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-23 11:30 | 一湊タンク下
2013年 09月 21日

透明度最悪、そして激流、、、しかし魚影抜群!!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / オツセ / オツセ  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   26~27℃  【透明度 】  10m  【 潮 】 大潮④

連休なのにゲストが一人。。。
大丈夫かうちのお店。しかしもっとまずいのは連休を知らない自分かもしれない。
そしてもっともっと、まずいのは今日の透明度!!
西部でも10m!これはしんどいなぁ。
そして道中の海では見たことのない場所に大きな潮目が出来ていた。
オツセの深場に降り立ってみると、しんどい流れ。。。
ピンクダートゴビーのペアとか言いながら浅場に戻るのが精一杯。。。
でもでもヒメテングハギやグルグンの群れなどが凄かった。
3本目のオツセはこれまた魚祭り!!
オツセでは過去に見たことないほどの魚影の濃さ!!!
タカサゴの仲間にウメイロモドキ、ヒメテングハギ、ニザダイなどがグルグル。。。
そのうち巨大なロウニンアジも現れてグルグル。
大迫力に大興奮!!!

その時、2,3本目と灯台に入っていた別グループは激しすぎる下げ潮でかなりしんどかったとか。
つまり激しい下げ潮のときはオツセの方に魚が寄ってくるという事なのだろう。
ちなみに北部のタンク下でも激流だったとか。
これは大潮と言うよりは変な潮が入ってきているのだろう。

ふむふむ。勉強になった一日だった。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-21 11:06 | 西部
2013年 09月 20日

なつかしくない

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  クレーン下  【 天気 】  曇り時々晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_10351698.jpg
やや時化の中体験ダイビング!
透明度は上々でなかなか楽しめた。

ゲストは大学の学科仲間の2人。
まったく懐かしくなかったけど、数えてみると9年ぶりくらいじゃないかという事だった。
そんなに時が流れているのか。
人って大して変わらないもんだな、としみじみ思った(笑)


b0186442_10353079.jpg
2本目は断念して渓谷で都会の邪気を浄化してもらった。
心身を浄化した後は体内も浄化!
また遊ぼう~!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-20 10:35 | クレーン下
2013年 09月 19日

普通種をコツコツと。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   26,5℃  【透明度 】  10m  【 潮 】 

b0186442_10475828.jpg
サザナミヤッコ若魚
透明度悪いな~。
水温と共に透明度も下がってきた!
そんなときはマクロでネチネチと普通種を撮影。
ブダイの幼魚を各種撮ったけど地味なので絵的に良いやつを厳選。。。(笑)


b0186442_10482126.jpg
イシヨウジ
ヨウジウオの仲間を撮る時のポイントは目線!
目線一つで写真に魂が入ると思う。


b0186442_10593418.jpg
オイランヨウジ幼魚
こちらもヨウジウオだけど良い目線はもらえなかった。
ただでさえピンと合わせが難しいのでそう簡単には撮れないのも事実。
でもオイランヨウジの場合は模様と色彩の美しさが表情の乏しさをカバーしてくれる。



b0186442_10483133.jpg
アシビロサンゴヤドリガニ
一時期のブームが過ぎてすっかり注目度が低くなってしまったけど、やはり美しい!
白化したサンゴを飛ばし気味に撮影することで宝石の様な美しさを狙ってみた。


b0186442_10485632.jpg
ガラスハゼ
ムラサキのヤギにはガラスハゼがたくさん!!
少し揺れていたので撮影は大変だったけどポリプが満開でフォトジェニック!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-19 10:46 | 一湊タンク下
2013年 09月 18日

久しぶりの栗生!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  栗生 / 栗生  【 天気 】  (曇り)晴れ   【 風波 】 北東
【 水温 】   27℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_22251865.jpg
「栗生」
クリナマじゃないよ、クリオだよ~。
屋久島は漢字の読み方が独特なんですね。
さてここの所辛い海況が続いているので思い切って島の反対側まで遠征!
往復3時間もかかるのでよっぽどのことがないとこな居場所。
でも来る価値はある!
ビーチポイントだけど南国っぽい雰囲気で一昔前は主要ポイントだったとか?
ゲストは島民のほっしぃと賑やかせ2名だったので無駄に遊んできた!
めっちゃ疲れたけど、楽しかったなぁ。
なんと言っても天気が違う!
北部は強い風に垂れ込めた雲で憂鬱になりそうだったけど、ここまで来ると真夏の様な陽気!!
この島の天候は通常では考えられないほど、ころころと変わる。
それだけに気象チェックと予測は最重要だ。

さて海の中は透明度微妙~、魚影微妙~。。。
でもでもなんだか沖縄っぽい雰囲気のここは楽しい!
いつも北部ばかりで潜っているメンバーなのでそれぞれ好きに潜っていた(笑)

キビナゴ少々、ウメイロモドキ少々、ミナミハタンポの洞窟、ナガブダイの群れなどなど。


b0186442_22394041.jpg
昼には素敵な蕎麦屋でくつろいで、ポイント脇でスノーケリング!
ここは浅瀬のサンゴが美しい場所。
しかし、、、今まで見た屋久島のサンゴの中で一番白化が進んでいた!!
これまでのサンゴの状況は自分の中では生存の許容範囲だと思っていたけれど、
ここのサンゴたちは許容範囲を超えている気がする。。。
このサンゴたちの行く末が気になってしょうがない。
また今度見に来るしかないか。

最後は名湯、尾之間温泉で暖まって終了~。
あ~今日も良く遊んだ!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  
[PR]

by yakuumi | 2013-09-18 22:20 | 栗生