屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

徐々に回復!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

28日
【ポイント】   タンク下 / お宮前   【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   24.5℃  【透明度 】  10~15m  【 潮 】 

29日
【ポイント】   ゼロ戦 / お宮前 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   24.5℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 

30日
【ポイント】   オツセ / 観音 / ヨスジ漁礁   【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   25℃  【透明度 】  25~30m  【 潮 】 

b0186442_14332648.jpg
この3日間は大瀬時代にお世話になっていたマヒマヒさん御一行様!
なんとゲストの皆さんの平均年齢は65才!!
でも皆さん元気もりもり!ヒョイヒョイとボートのラダーを上がっていく姿に惚れ惚れしてました(笑)

ここの所、透明度は一進一退していたけど、また悪くなった。
む~ん。。。
でも2日目、3日目と段々と良くなって西部では30mくらい!!
黒潮がまた来てくれたっぽい。


b0186442_14324634.jpg
オツセでは流れ強め。
でも皆良く泳いでたな~。凄い!
この3日間どこ行ってもボチボチの流れ。
黒潮が動いていた証拠かな。


b0186442_1433770.jpg
最後の最後はヨスジ漁礁でまったりダイブ。
潜ってみてビックリ!夏ごろにもスジミゾイサキが少なくなったな~と思っていたけど、
今日は見かけなかった。何でだろう。今まであんなにいたのに。。。
戻ってきてくれるかな??

皆さん楽しい3日間ありがとうございました~!!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-30 14:18 | 西部
2014年 10月 27日

スミレナガハナダイの生態行動(模擬産卵?)

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   お宮前 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   25℃  【透明度 】  10~20m  【 潮 】 

b0186442_20552327.jpg
この2日間はスミレ合宿!
スミレナガハナダイはポイント的に気軽に継続観察ができないので
生態を語ろうにも、細かい断片の繋ぎ合わせになってしまう。
もちろん、どれほどじっくり観察したとしても断片には変わりないんだけど、
それでもいつもよりも気合を入れて望んだ。
なんせこのポイント、海に潜るまでが大変。サイパンのグロットよりシンドイらしい(笑)
14L 担いで2日間で3往復!窒素もアホみたいに溜めちゃったし、しんど~!、

で肝心の結果は、断片は断片のままスミレの謎は深まるばかり!!ええ~。。。

b0186442_2054476.jpg


早朝ブダイの産卵を横目にスミレのハレムまで行くと激しく産卵してる~!!!
オスはテンポ良く3秒に1度メスを産卵させていた。30秒で10回の産卵!?
オスは見える範囲で5個体。メスは30個体。
オスたちはそれぞれにメスを誘って産卵したり休んだり。
しかし普通に考えておかしい。
3秒に1回の産卵じゃあ1分もあれば30匹のメスは皆産卵し終えているはず。
だけど断続的にその産卵(のような行動)は続いていた。

これは模擬産卵だ。と去年はログで書いているけど、やっぱり違うんじゃないかってことで
今回の観察になった。
早朝ではメスのお腹を良く観察したけど、皆お腹はペッタンこ。
1個体を除いて!(こう云うの困る~。。。)
白濁も見えないし、やっぱり産卵の予行演習とか、メスの性転換を抑制するための行動なのだろうか。。。
しかしこの激しさはなんなんだろう。
フタイロハナダイとかで自分が狂乱と呼んでいる産卵ピーク時に見せる激しい産卵ラッシュと同じなんだよなぁ。
予行練習でこんなに気合を入れる必要があるんだろうか。。。

ひとまず、あまたの疑問は置いといて午後の微妙な時間に産卵を狙いに再び潜った。
そこでは朝とは全然違う軽い求愛があるのみ。う~ん。
で、翌朝。昨日よりも少し早く潜ってみたところ、やはり激しい模擬産卵!
白濁は確認できず。近寄るとパッとやめてしまい上手く観察できなかった。
とにかく激しかった。
そして楽しかった!

ってなわけでスミレナガハナダイに弄ばれた2日間だった。

ちなみにスミレの産卵についてはこんなおもしろい記事を見つけた。↓
水槽とフィールドでは違うだろうけど、スミレの面白さを感じるには十分の記事!
http://www.muse-tokai.jp/publish/umihaku/2002/v32n6p2.html



b0186442_2055829.jpg
動きが相当早いのでなかなか思うように撮れない!
色々と納得できな~い!のでまた行こ~っと。


b0186442_211551.jpg
チゴハナダイ
なんとこんな所にいたのか~!!!
浅場でよく見るチビハナダイの美しいバージョンといったところだろうか。

ではではまた~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-27 20:52 | お宮前
2014年 10月 25日

新種のハナダイ!??キンギョモドキ。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   横瀬 / お宮前 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   25,2℃  【透明度 】  10~15m  【 潮 】 

b0186442_2162435.jpg
キンギョハナダイ??
アザハタ撮影と言う今年一番の大仕事を、初日で終えることができたようなので、今日はマクロ!
横瀬の深場へ~と思って沖合いからエントリーしたけど、流が強め。。。
いつも通りの場所で遊んで浅場でウダウダしていると、キンギョハナダイの群れに混じって
1匹だけ変なのがいる!!!!!
どう見てもキンギョハナダイ!尾柄部以外は。
外人ならこんな種類いるのか?と思って東南アジアの図鑑を見てみたけどいない。
じゃあハイブリットかな~?
ハナゴイがちょっと混じってるとか?
う~ん気になる!!!


b0186442_2163889.jpg
イシガキカエルウオタンク下でもボチボチいるけど、お宮の浅場はたくさん!(あっ西部はウジャウジャだけど)
チビから大人までたくさんいて窒素抜きには調度良い。
メルヘンに撮れてるし、今年の年賀状は7年連続のアザハタじゃなくて、、、こっちの方がいいんじゃないですか?
モリカワさ~ん!


b0186442_217333.jpg
クマドリカエルアンコウ
久しぶりにちっちゃいシロクマ~!
個人的には大興奮!!!かわいいなぁ。
しかし、伊豆ダイバーのお二人は良く見てるだろうし。。。
ログ用にでも何とか撮ってもらわなくては、と思い、
「屋久島では激レア!」と無駄に熱くスレートに書き殴ったのに、
写真は後ろ向きのやる気のないのが一枚。。。ぬぬぬ。。。


b0186442_2172546.jpg
メガネベニハゼ
最近はベニハゼが密かにブーム!
メガネベニハゼはメガネゴンベ同様に眼の周りが美しい!!!

今日も写真は森川さんより頂きました~。
ありがとうございます!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-25 21:05 | お宮前
2014年 10月 24日

人を食べそうなニセゴイシウツボ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦×2 / タンク下  【 天気 】  曇り時々雨  【 風波 】 
【 水温 】   25,2℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_2259523.jpg
きましたね~。
年末が近くなると何かに追われる様にしてやってくるアザハタ中毒患者!
6,7年アザハタで年賀状を出しているようで、良い絵を撮らなきゃ年が越せないようです(笑)
今年は新アイテムでの撮影で、水晶玉のような素敵な写真を収めてもらえた!
初日の2本でOKが出たので今年はマクロでも遊べそう~。


b0186442_2363368.jpg
ニセゴイシウツボ
オドリハゼを見せようとゲストを呼び示そうとすると巨大なニセゴイシウツボが突然現れた!!!
モビング?をされているのかウツボの周囲にはここら辺一体の魚が集まっていて異様な光景だった。
人を食べそうなとか書いてしまったけどニセゴイシは性格の大人しいウツボなので襲ってくる事はない。
しかし2m近くありそうなこの巨大さを見てしまうと、流石にあまり近づきたくない。。。


  「ガイド会世界の海ブログ」 更新しました!
ヤドカリの魅力が詰まってます!?(笑)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-24 23:19
2014年 10月 21日

岩陰で盛り上がる!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   お宮前 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】   25,3℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 

b0186442_22421195.jpg
アワセイソハゼ属の1種‐2(日本のハゼ)
今日もベタ凪で天気も良好!
久しぶりにお宮を下ってきた。
ブダイ類やスミレナガハナダイの繁殖行動でも見れないかな~と朝早めの時間に潜ってみたけど今一。
気がつくと岩の裏を覗いてハゼ探し。
なんか盛り上がってるな~と思ったら、めっちゃケンカしてるー!
人には見せられない体勢になりながら撮っていたけど、その価値あったな~。
岩陰で人知れずに争う姿に乾杯!
ちなみにハゼは岩の天井にくっ付いていたので、写真としては180℃違う。
でも逆立ちしながら撮ったから見た目はこんな感じだった(笑)


b0186442_22413629.jpg
チゴベニハゼ
浅瀬ではこんなのも。


b0186442_2240505.jpg
ウロコベニハゼ
こちらは初見!?
アオベニハゼを撮っていたら横にいたー!
地味だけど、なんかいいなぁ。

夕方には生態を狙ってまたひと潜り。
薄暗い中でまたまたゴマモンに襲われた~。。。
なんか今年は異様に襲われる回数が多いな。
ってかまだ繁殖期なのか???


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-21 22:37 | お宮前
2014年 10月 20日

アカオビベラの産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南
【 水温 】   25,7℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 中潮

晴れ~。
ポカポカとしていて素敵な陽気。
こんな日がずっと続いて欲しいなぁ。
海の中もベタ凪で絶好のダイビング日和。
そんな中、今日はひたすらベラを追いかけてきた。
夕方前くらいになると超高速でテリトリーを飛び回り、メスを誘うアカオビベラ。
そのアピールに引かれて気がつくと1時間近く追いかけていた(笑)
産卵は目でも追いきれない程の早さでシャッターを一枚も切れなかった。。。
ベラの産卵はどの種類も高速だけど、こいつは超速!
あの速さで、タイミングを合わせる意思の疎通が良く出きたもんだと、感心!
産卵はダメでも、じっくり追い掛け回したので、アカオビベラたちの魚の街を知ることができて満足!
 
b0186442_21594154.jpg
アカオビベラのオス

b0186442_2202100.jpg
アカオビベラのメス

b0186442_2201941.jpg
産卵直前
ハレムは意外と小さくメスは3~4匹しか見かけなかった。
産卵を確認したのは2回。
もっとたくさんいそうなんだけどな?
オスとメスが一緒に写っている写真を撮るので精一杯。


b0186442_221582.jpg
クロヘリイトヒキベラの喧嘩
手前の子をぼかして、奥にいる子にピントを合わせる。
それによって、写真に味わいを持たせてみた。

なんてもちろん嘘(笑)
高速で近寄ってくるので適当にピントを合わせるとこんななってしまう。
手前の子にピントが合っていればな~と何度も思ったけど、
まぁこれはこれでいいか。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-20 20:20 | 一湊タンク下
2014年 10月 19日

初登場のフタイロカエルウオ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   オツセ / 観音 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北東
【 水温 】   25,5℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 

今日も海野さんとマンツーでガツンと潜ってきた。
窒素もたんまりと充填されて心地よい疲労感(笑)
海況は良好だし陸上も秋晴れで気持ち良い!
黒潮ど~んって感じの青さはなくなってしまったけど、水温もまだ暖かい。


b0186442_1182251.jpg
ベニハナダイ

b0186442_11907.jpg
アケボノハゼ
午前の2本は西部でど~んと潜った!
ピンクダートは見つけられなかったけど、アケボノハゼも初見ってことで
深場の種類を片っ端から撮ってもらった。

b0186442_1192565.jpg
オキナワスズメダイ&ヒメスズメダイ(奥)
お得なスズメダイ2種盛り!
写真もいくらでも載せられるわけではないので、まとまって写っていると有難い(笑)


b0186442_1194927.jpg
フタイロカエルウオ
うぎゃ~!!!
屋久島では初めて!!!
なんて可愛いんだろう。
めっちゃ臆病だし、ハナミノカサゴが近くでウロウロしていたので
全然出てきてくれなかったけど大興奮!一人で!?
初恋に似たドキドキ感だったなぁ(笑)
観音の水深5m。こんな環境にいる魚なのかな。


b0186442_1110622.jpg
ホウセキホンヤドカリ
ラストはタンク下締め。
ヤドカリいっぱい~。
クロヘリイトヒキベラや各種ベラやオドリハゼとブドウテッポウエビなどなど。
スジベラは産卵!

自己管理がしっかり出来ていて、自分で海の楽しさを見つけられる人と一緒だと
ガイドもやりたい放題!、楽しそうな事を色々と出来るので楽しかった~。
本日も写真は海野さんより頂きました。
充実した5日間をありがとうございました!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-19 11:07 | 西部
2014年 10月 18日

浅く、深く、長く。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   春田浜 / 横瀬 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 東
【 水温 】   26℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

タイドプール行って、ボートで深場にど~んと降りて、最後はビーチでネチネチ!
いつもこんなにやりたい放題遊べたら良いんだけどなぁ。

b0186442_22392879.jpg
ヤノダテハゼ

b0186442_2239447.jpg
ズグロダテハゼ

b0186442_22395888.jpg
フジイロサンゴアマダイ
写真は横瀬深場の常連達。
ペアでいたフジイロサンゴアマダイが今日は1匹しか見当たらなかった。
軽く潮がかかっていたのでヤノダテハゼはみんなホバリング!
ヤノダテハゼってこんなに高く浮き上がるんだ。なんかカッコイイ~。
ゲストの海野さんは図鑑でしかズグロダテハゼを見たことが無く、ダテハゼに似ていると思っていたみたい
だけど見て納得してくれたみたい(笑)
でかくて黒い!
百聞は一見にしかず。
まずは見ないとね~!

今日も写真は海野さんより頂きました。
ありがとうございます!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-18 22:38 | 横瀬
2014年 10月 17日

海の境界線

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下×3  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 東
【 水温 】   26℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

今日はひたすらタンク下!
そんで、沖合いに出ようと思ったらまさかのゴマモンアタック!!!
え~水温26℃なのにまだ来るのかぁ。。。
まだ繁殖期なのか?なんか今年は例年以上に血の気が多い気がする?
ゴマモン好きにはたまらないワクワク感だけど(笑)

b0186442_226348.jpg
ベニヒレイトヒキベラ
クジャクベラいない~。。。(涙)
代わりにベニヒレがブンブン飛んでいた!!!
婚姻色が出ていて美しい!
なんて美しい色彩のグラデーションだろうか。


b0186442_2261561.jpg
アカホシキンセンイシモチ
なんだなんだ?
屋久島のアカホシは夜行性のイメージだったけど堂々と岩の上で浮いていた。
台風で岩の隙間から追い出されたのかな?
隣にはキンセンイシモチがいたので並んでみると、全然違う!


b0186442_2264289.jpg
デルタスズメダイ

b0186442_226562.jpg
フカミスズメダイ
普通種でも地味な魚でもなんでも撮ってくれるので、酷似するシコクスズメとデルタスズメの棲み分けの
境界線を見てもらって、これまた似たフカミスズメダイも見てもらった。
海には目に見えない境界線がたくさん!
魚たちには明確に見えているのだろう。
魚たちにしか見えない海の世界、
潜り込むことによって、少しずつ見えるようになるのかな。

今日も写真は海野さんより頂きました。
ありがとうございます!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-17 22:28 | 一湊タンク下
2014年 10月 16日

亀の上の蛙。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風波 】 北東
【 水温 】   26℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

b0186442_2184079.jpg
イシガキカエルウオ
日中は暖かくポカポカした陽気で喜んでいたけど、午後には曇って風が吹き出してきた。
こうなると5mmではもう寒いなぁ。ウェット組みは船の上で寒そう。。。
水中はまだ26℃くらいあるので暖かい!

今日は台風以来久しぶりに賑やかに潜った。
写真はカメの甲羅の上に乗っているイシガキカエルウオ。
このまま旅をするのかな!?

b0186442_2185943.jpg
スミレナガハナダイ
ホンソメワケベラにクリーニングされて気持ち良さそう。
多くの魚はクリーニングされる時鰭を開くので、
クリーニングステーションは良い撮影スポットだ。


b0186442_2191540.jpg
チャイロサンゴヤドカリ
水深20m以深のやや暗がりにいる。
ヤドカリにはまっている海野さんが来ているので、自然とヤドカリを探してしまう。
屋久島のヤドカリはある程度把握しているけれど、探しながらまだまだ勉強が足りんなぁ~と感じる今日この頃。
もっと精進しなくては!
それにしてもフォトジェニックな被写体に拘らず、ベラでもブダイでもヤドカリでもなんでも
撮ってくれるので、ガイドが楽だ~(笑)
そして楽しい!

今日も写真は海野さんより頂きました。
ありがとうございます!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2014-10-16 21:06 | 一湊タンク下