屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

ゴマモンガラの卵守り 感動の再開!?

2017年7月23日
【ポイント】 元浦 タンク下 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪
【 水温 】  28-29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮①(新月)

b0186442_23213475.jpg


イッチのお友達がやって来たので、
体験ダイビングして、川遊び!
大人たちがもう帰ろうよ~モードになっても、ず~~っと
遊び続ける子供たち。

夕方家に帰ってくるなり爆睡のイッチ。
1時間ほど寝て目覚めたら、
翌朝と勘違いしてた。
「昨日の晩御飯食べ忘れた~」
だって。

さてそんなネボスケは置いといて、夕方の海へ。

b0186442_23213479.jpg


ん!???

b0186442_23213447.jpg


な、なんだ!??

b0186442_23213566.jpg


ぎゃ、、、、、。

b0186442_23213407.jpg


うぎゃ。。。

b0186442_23213476.jpg


うぎゃ~~~~!!!

すべては予定通り。
産卵床を守るゴマモンガラを見つけ、近づき、
迎撃された。

20分くらいオスに追い回された後に、
つきとめた産卵床は2年前と同じ場所だった。
個体識別してるオスも、やはり一緒。
同じペアが同じ場所で産んでるんだなぁ。
広大なテリトリーを守り、厳格な社会性を垣間見せるこの魚に
今日にが尽きない。

しかしフィンはゴマモンのザラザラの皮膚でこそげ、
アームがあらぬ方向へ飛び、
興奮のあまりエアは瞬時になくなった、、、。
総員撤退!(一人だけど)

負けたわけではない、
卵を熱心に守るかあちゃんの姿に心を打たれただけだ!

帰りましょう。
帰りましょう。

でも、もう一歩先の姿も見たかったなぁ。


b0186442_20244352.jpg


「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-07-23 23:38 | 一湊タンク下
2017年 07月 22日

4匹のアザハタ

2017年7月21日
【ポイント】 ゼロ戦・タンク下 【 天気 】  曇りのち晴れ  【 風波 】  
【 水温 】  28-29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 中潮②


b0186442_11251102.jpg
どうだ!
アザハタ4匹だ!
真ん中が王様。
一番後ろが第一婦人。
第3婦人は一度入れ替わりがあったっぽい。
ゼロ戦でセンマサオと呼んでいた子が、漁礁にいる。
人知れず物語が進行しているらしい。

マクロではスズメダイ幼魚が各所にいてウキウキする。
ルリホシスズメ幼魚も目を凝らすといっぱい!
久しぶりに撮りたくなちゃった。

先日遊びに来られた、モータースポーツ実況アナウンサーであり
ダイバーでもある辻野ヒロシさんに素敵な記事を書いていただきました!
http://guide.travel.co.jp/article/27628/
是非読んでくださいね!!

b0186442_20244352.jpg

「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-07-22 11:31 | ゼロ戦・漁礁
2017年 07月 21日

朝の光×アオウミガメ+サンゴの産卵など

2017年7月20日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  曇り  【 風波 】 西 
【 水温 】  29℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 小潮


b0186442_22021995.jpg

b0186442_22021936.jpg

連休が終わってホッと一息。
過去最も忙しい7月だったなぁ。
夜明けから夜まで、う~ん良く潜った!

夜明けのカメ撮影にはとにかく頭を悩まされたけど
無事に撮影することが出来て力が抜けた。

b0186442_22021824.jpg


連休前には「日本水中映像」の奥村さんの撮影をサポートさせて頂きました。

「だから私はエクスペリア」!!

この人を見るたびに、
凄いなぁ、
こんな海の人になりたい!
と激しく思います。
もう15年くらいたったけど
まったく届きませんが。。。

下はFBにもupした写真。
b0186442_22021974.jpg

日本水中映像の奥村さん撮影中です。
アカウミガメにガジガジされているのに、
チラ見しただけで撮影を続ける姿がプロフェッショナル過ぎる!
http://www.sonymobile.co.jp/voices/xperiafile/124/
そして奥村さんが出ているSONYのCMがかっこよすぎる~。

b0186442_22021978.jpg

川では木漏れ日の中撮影。

b0186442_22022070.jpg

夜にはオオハナガタサンゴ、マルハナガタサンゴ、コモンサンゴの仲間や
キメイシの仲間、ノウサンゴの仲間などの産卵を見ることが出来ました

b0186442_22022002.jpg

こちらは初めて見たオオナガレカンザシの放卵。
その他棘皮動物の多くも産卵を確認!
熱い日々でした。

b0186442_09223208.jpg

ご一緒した皆さまありがとうございました!

もう仕事したくない~!と願ったら8月ウルトラ暇だった。。。
これは自分で好きに屋久島を撮るチャンスだ!
うししし。いっぱい遊んじゃお。

b0186442_08574897.jpg

b0186442_20244352.jpg
「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-07-21 09:26 | 一湊タンク下
2017年 07月 09日

ハナヤサイサンゴの産卵!

2017年7月9日
【ポイント】 オツセ 観音 オツセ 【 天気 】  曇り時々晴れ  【 風波 】 南西
【 水温 】  28.4℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮③

7月に入ると同時に黒潮が強まり、海中はトップシーズン入り!
早々に梅雨空けしたかに思われたけど、
グダグダと雨が降り続けています。
夜になると雷雨、日中は曇りや晴れといった微妙な空模様。

個人的には早朝の陽射しを何よりも求めているんだけど、
全然だめ。もどかしい。

今日はなんとハナヤサイサンゴの産卵が見れた!
ハナヤサイサンゴは日中だとは知っていたけど見るのは初めて。
突然ぶわ~っと白くなったかと思ったら、ツバメウオがフラフラと寄ってきた。
周りの魚たちはそんなに反応せず。
あ~興奮した!
数日前には小魚を引き連れたユウレイクラゲに出会った。
これもきてたなぁ。

その前には熱男が来ていて、色々と撮ってもらっていた。
そんなこんなな今日この頃でした。

b0186442_17503351.jpg


ハナヤサイサンゴの産卵!

b0186442_17503350.jpg


ハナヤサイサンゴとツバメウオ

b0186442_17503401.jpg


ユウレイクラゲと小魚

b0186442_17503402.jpg


チョウチョウコショウダイ幼魚

b0186442_17503348.jpg


お魚祭り

b0186442_17503442.jpg


ダルマハゼの卵守り

b0186442_17503567.jpg
リュウモンサンゴ

b0186442_18050572.jpg
そうだこんな画像もあった。
森川さんに撮ってもらった志戸子の空撮!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-07-09 18:01 | 西部
2017年 06月 30日

夏の陽気!ホッシー現る!

2017年6月29日
【ポイント】 ゼロ戦 大瀬 横瀬 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南
【 水温 】  27.4℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 潮

b0186442_20122958.jpg


今年一番の暑さ。
そして黒潮が強まり、水温も上昇、27℃オーバー。
天気図も良さそうだしこのまま、
梅雨明けしちゃう!?
(次の日は雨だった。。。)

水中はこの数日で一気に幼魚が目立ち始めた。
ヒレナガスズメを筆頭にスズメダイ各種の幼魚、
イロブダイ幼魚、カモハラギンポ幼魚などなど、
サンゴハゼやダルマハゼは卵守ってるし、
ヒナギンポはピョコピョコしてるし、いい感じ~。

b0186442_19582179.jpg


そしてタイのビックブルーでイントラになった、
ほっしーが屋久島に遊びに来た!
遂にインストラクターになったのかぁ。
感慨深いなぁ。
ってか黒すぎですけど!(笑)

b0186442_19582142.jpg

生きもの写真はコンデジに入ってた最近のもの。
夜にテクテク歩いていたフリソデエビ。
巣穴が定まって観察できている。
b0186442_19582048.jpg

ジュズタマイソギンチャクとクマノミ幼魚。

魅惑の共生。

b0186442_19582134.jpg


日本一愛されている?
ハナビラクマノミのペア!
一年に一度くらい現れる死滅回遊魚の
ハナビラクマノミが3年目に遂にペアに!
なんか、南の島っぽい。

b0186442_19581939.jpg


オオモンカエルアンコウのオオモン様。

b0186442_19581961.jpg


ツバメウオ群れ~。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-06-30 07:21 | ゼロ戦・漁礁
2017年 06月 21日

120%全力!?  タコベラの魅力!

2017年6月21日
【ポイント】 なし 【 天気 】  あめ  【 風波 】 南より
【 水温 】  26.2℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 中潮

b0186442_00162991.jpg
ずっと天気が良くて、梅雨まだかな~と思ってたら今更きた。
ず~っと雨。

仕事もなくなって、朝から少女漫画読みながら、うだうだ。
小説家っぽい先生に恋する女子高生のはなし。
なんだそれ。。。

あんまりにも雨が降り続けて、酷くなってきた。
今日はやすみだなぁ。

晴れが好きだけど、
雨もいいなぁ。
う~ん。いい。

あっ写真は先日の夜明けの海。
昨日までずっと朝から夜までたくさん潜ってちょっと疲れた。
海の中では全力な生き物が多いので休んでられない。
でも今日はお休み~。
b0186442_00250964.jpg
タコベラ
やっぱり普通種が素晴らしい!
と再確認させてくれたのはタコベラだった。
b0186442_00162994.jpg
喧嘩するタコベラ
前からタコベラは魅力的だな~って思ってたけど、
こんなにも美しい生き物だったっけ。
まだまだだなぁ。

120%全力!

b0186442_00163090.jpg
ソラスズメダイ
メスを呼び込むオス
b0186442_00163056.jpg
ヒトスジモチノウオ
超ビックリ。
早朝でブダイの産卵でも見れるかな~と思っていたら、
ベラが産卵した!
自分の知る限りではないなぁ。
早朝に産卵するベラって誰か知ってます?

b0186442_00163079.jpg
カスリヘビギンポの雄
これまた朝一で産卵していた。
ヒレ全開の姿がこんなに美しいとは。

しばし雨かな。
夏に向けてクールダウンかな。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-06-21 00:59 | その他
2017年 06月 15日

生態三昧の3日間。シモフリタナバタウオの卵守り!

2017年6月15日
【ポイント】 お宮前 / タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南東 
【 水温 】  26.2℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 中潮


b0186442_21073712.jpg
はい、黒潮きたー!!
水温も透明度もまたグーンと上がった!!
雨も全然降らないし、こんなに快適な6月は初めて。
いいのかなぁ。

コウワンテグリは相変わらずに熱い!
動きは僅かに変わってきている。
2番目のメスが移動した。

セソコテグリも産卵を確認。
シマスズメダイは孵化を観察するつもりだったけど、
あまりにも光に敏感な子だったので、諦めた。
b0186442_21073935.jpg
ヒメテグリ
ちっちゃいけど背ビレのキレイさは抜群!
コンワンテグリを観察した後はヒメテグリ!
産卵時間が僅かに違うから両方見れちゃう。
b0186442_21073842.jpg
次の日は色々と狙いがあったけど、ことごとく外してしまった。
サンゴも全然産卵せず。
ケントロピーゲ(小型のヤッコ)も全然盛り上がってない。
水温が上がった日なのになぜ?

写真はアブラヤッコの産卵の瞬間。白い丸いのが卵。
何気に熱いのを撮影していた!
やるなぁ。。。
あっコブシメが孵化していた!
フワフワ浮いていたのでサンゴの隙間を見ると
今にも飛び出してきそうな子たちがいっぱい。
b0186442_21073826.jpg
オイランヨウジの卵
ペアでクネクネ。
オスのお腹には成熟した卵がたくさん。
b0186442_21073869.jpg
シモフリタナバタウオの卵保護。
「シモフリタナバタウオの動きが激しいですよ~。」
と、お勧めスポットで放置していたら卵まで撮っていた!
やるなぁ。。。

写真はすべて熱男のたくまさんにお借りしました~。

ではではまた~。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-06-15 22:36 | お宮前
2017年 06月 15日

生態三昧の3日間。シモフリタナバタウオの卵守り!

2017年6月15日
【ポイント】 お宮前 / タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南東 
【 水温 】  26.2℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 中潮

b0186442_21073712.jpg
はい、黒潮きたー!!
水温も透明度もまたグーンと上がった!!
雨も全然降らないし、こんなに快適な6月は初めて。
いいのかなぁ。

コウワンテグリは相変わらずに熱い!
動きは僅かに変わってきている。
2番目のメスが移動した。

セソコテグリも産卵を確認。
シマスズメダイは孵化を観察するつもりだったけど、
あまりにも光に敏感な子だったので、諦めた。
b0186442_21073935.jpg
ヒメテグリ
ちっちゃいけど背ビレのキレイさは抜群!
コンワンテグリを観察した後はヒメテグリ!
産卵時間が僅かに違うから両方見れちゃう。
b0186442_21073842.jpg
次の日は色々と狙いがあったけど、ことごとく外してしまった。
サンゴも全然産卵せず。
ケントロピーゲ(小型のヤッコ)も全然盛り上がってない。
水温が上がった日なのになぜ?

写真はアブラヤッコの産卵の瞬間。白い丸いのが卵。
何気に熱いのを撮影していた!
やるなぁ。。。
あっコブシメが孵化していた!
フワフワ浮いていたのでサンゴの隙間を見ると
今にも飛び出してきそうな子たちがいっぱい。
b0186442_21073826.jpg
オイランヨウジの卵
ペアでクネクネ。
オスのお腹には成熟した卵がたくさん。
b0186442_21073869.jpg
シモフリタナバタウオの卵保護。
「シモフリタナバタウオの動きが激しいですよ~。」
と、お勧めスポットで放置していたら卵まで撮っていた!
やるなぁ。。。

写真はすべて熱男のたくまさんにお借りしました~。

ではではまた~。

[PR]

# by yakuumi | 2017-06-15 22:36 | お宮前
2017年 06月 13日

ジョーフィッシュのハッチアウト!3週遅れてる~。

2017年6月12日
【ポイント】 タンク下 / タンク下 【 天気 】  曇り時々雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  23.8℃-24.2 【透明度 】  20-25m  【 潮 】 大潮④


夜明け前から夜まで、ま~良く潜ってますわ。
ここ最近一人でも毎日4時間以上潜ってる。
ふやけてきた。
b0186442_22531871.jpg
ジョーフィッシュのハッチアウト!
今年は全然見れないなぁ。
と思っていたら、急にみんな卵を咥え始めた。
例年より3週間くらい遅れてる。
去年~今年頭までの全国的な高水温の影響だとは思う。
色んな情報を得て、色んな事を妄想するけど纏まらない。
とにかく、久しぶりのハッチアウトに感動~。

b0186442_22254827.jpg
遊走子を放出したアナアオサは真っ白に~。
そう言えばこれも例年よりも遅かったなぁ。

b0186442_22254982.jpg
昨日の夜からハッチアウトを狙っていたスダレヤライイシモチ。
こちらは2日連続でふられてしまった。

b0186442_22254963.jpg
マルハナガタサンゴの産卵
ちょろっとだけ産卵。

b0186442_22254948.jpg
サンゴの産卵に気を取られて右往左往してしまったのが、スダレヤライの敗因だろうなぁ。
あと30分粘れば見れていたような気がする。。。

b0186442_22535678.jpg
この時期の夜は毎年トビウオも見られる。
もう少しで手づかみできたのに。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

# by yakuumi | 2017-06-13 22:44 | 一湊タンク下
2017年 06月 11日

遂に見れた!アナアオサの遊走子大放出!

2017年6月10日
【ポイント】 元浦 / タンク下 【 天気 】  晴れのち大雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  26℃? 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮③

b0186442_10570197.jpg
まずは嬉しいご報告。
海のぷかぷかの増刷が決まりました!
発売から1ヵ月経っていないので、超~嬉しい!!

b0186442_10552164.jpg
その割に、アマゾンで検索してみると、20万位だった。。。
あれ。しかもレビューもなんもない。
ちょっと寂しい。
率直な感想を書いてもらえると、嬉しいなぁ。
嬉しいなぁ。
嬉しいなぁ!

それはさておき、ブログも更新せずに毎日潜り呆けております。

そして昨日はついにこの5年間くらいずっと撮りたかったものが撮れました。
これがまた超~~~嬉しい!
その割に超絶に地味!!!
でも世の中でこれを見た人はほとんどいないんだろうなぁ。
半月前くらいからちょこちょこと、見られているんだけど
大放出は随分前に見て以来。
その時はマクロでちょろっとしか撮れてなかった。
動画でも撮れたし、大満足!
b0186442_11193464.jpg
アナアオサの遊走子放出。

b0186442_11193487.jpg
緑色のモヤモヤが遊走子と呼ばれるもの。
この後アオサは、力尽きた明日のジョーの様に真っ白になる。。。

海底周辺は緑の靄に包まれていた。
昔見た時はアオサが大繁茂した時だったから、
ダイビング無理!ってくらいに緑の海に変わったのを思い出した。
こういった細やかな海の神秘に触れられることほど幸せなことはない。

b0186442_10570310.jpg
イソギンチャクも産卵!

b0186442_10570204.jpg
朝の海ではイシガキカエルウオが繁殖中!

昨日はサンセットナイトを終えてから、急いで居酒屋「若大将」へ。

b0186442_10570217.jpg
なんと「ぼうずコンニャク」さんが来島中!

海好き、魚介類好きの方は絶対にお世話になっているであろう、
「市場魚介類図鑑」を作っている方です!
魚や魚介のお話が聞けて幸せ~。
ダイバーではなく漁師さんや海好きの集まる不思議な会だった。

そうだ、今日10日の夜から遂に本格的に梅雨入り!
久しぶりにドシャーって降ってきた。
こんなに雨が降らなくて良いのだろうかって心配したけど
心配し損なくらいの雨。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-06-11 11:36 | 一湊タンク下
2017年 06月 07日

今年は早い!ゴマモンガラの襲撃!

2017年6月7日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  晴れのち雨  【 風波 】 凪 
【 水温 】  26.0℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 小潮?

b0186442_19130562.jpg
とにかく気持ちい!!
黒潮全開~。
夕方から雨が降り出して梅雨入りっぽくなった。

水面の揺らぎを見ている時がひょっとしたら一番ドキドキしているかもしれない。

b0186442_19130692.jpg
キビナゴの群れに突っ込むアオヤガラ
スマもビュンビュンと旋回していた。
b0186442_19130518.jpg
ゴマモンガラの初襲撃にあった!
最近若魚たちが戯れてるな~と思っていたけど、、、
早い。こんなに早い時期から襲われたのは初めてかもしれない。
サンゴの産卵とか諸々、なんか気がかりでもある。
水温26度で水中は最高潮!

いよいよ暇だけど忙しい、梅雨のはじまり。

[PR]

# by yakuumi | 2017-06-07 20:12 | 一湊タンク下
2017年 06月 07日

ナミダカサゴ幼魚!!ついでに梅雨入り??

2017年6月6日
【ポイント】 タンク下 【 天気 】  曇り  【 風波 】 南東強く 
【 水温 】  25.8℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 小潮

b0186442_09323856.jpg


そうだ、昨日からまた黒潮が来た!
今日は九州北部で梅雨入りしたらしい。
屋久島はそんな感じじゃないんだけどなぁ。
今日の鹿児島は大雨だったとか。
屋久島はそんなじゃないんだけどなぁ。
変なの。

今日はおそらく屋久島初となる、ナミダカサゴを発見!
ハダカハオコゼの幼魚か~と一瞬思ったけどなんか違う。
いやだいぶ違う!!
そんでボロカサゴともちょっと違うよな~とか思いながら撮影。
胸鰭軟条数18
背鰭軟条部の黒班がなく
背鰭の切れ込みがない
ってことでナミダカサゴ決定~。

b0186442_09323982.jpg


コガネスズメダイの求愛~産卵まで観察!
写真の下にいる黒いのはナガサキスズメダイで
こちらは育卵中!
どこも盛り上がってますなぁ。

b0186442_09323719.jpg


テングヘビギンポ
最近浅瀬で良く見られれる。
シマスズメダイの卵をパクパク食べてる。。。


~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg

「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
アマゾンや書店で購入できます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-06-07 09:48 | 一湊タンク下
2017年 06月 04日

アオギハゼの求愛!?

2017年6月4日
【ポイント】 お宮前 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪 
【 水温 】  23.4℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 長潮

b0186442_23012719.jpg
適度に更新の技を覚えた。
忘れられない程度にしんみりと更新しよう。
潜るのは毎日で、ガイドしたり調査したり。
毎日が新鮮で毎日書きたいことはいっぱいあるけどなぁ。

さて今日は久しぶりにお宮前へ。
全力のゲストNさんが、今回もトラブルで全力帰りしまったので
しょうがなくビーチで一人調査。
この見晴らしの良いところから、下の赤い鳥居までタンク背をって歩く。
いたる換算では沖縄の真栄田岬の2.5倍大変(笑)
帰りがやばい。
そんでもって、どう見ても激流だし。。。
b0186442_23012824.jpg
今の屋久島の旬をハナキンチャクフグの幼魚と。

狙ったいたものが4つほどあったけど全部外した(笑)
ほんと見事にふられたなぁ。
b0186442_23012790.jpg
コッカレルラス
オハグロベラの南方版。
例年とっくに消えているカギケノリや他の海藻の隙間を
隠れ蓑に広範囲を泳ぎ回っていた。
b0186442_23012810.jpg
ヒマワリスズメダイyg
これはちょい沖にて。
b0186442_23012778.jpg
アオギハゼは鰭全開で求愛?してた!
これはいいなぁ。

前回の黒潮以降ジワリジワリと水温が下がってる。。。
でもそれなりに青いし、生き物は盛り上がってるから良いか。

6月はのんびりと潜れそう。
そういや、まだ梅雨入りしてない。
こんなに天気が良くて良いのだろうか?ってくらい良い。
太陽っていいなぁ。


~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg



「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-06-04 23:47 | お宮前
2017年 05月 29日

4匹のアザハタ!!

2017年5月29日
【ポイント】 ゼロ戦 タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪 
【 水温 】  24.5℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 中潮

b0186442_21555253.jpg


ここに来て一気に華やかになったゼロ戦!!
GWはちょっぴりしかいなかったケラマハナダイの幼魚が桜吹雪の様に群れ始めた!
幸せすぎる~。
4.5年前にもこれくらケラマの幼魚が沸いたことあったな。

しかしもっと驚いたのはアザハタ!
王様と2匹の女王様の3匹だったのに、なんと4匹になった!!
たぶん27日あたりから。
ゼロ戦は風化が進み少し小ぢんまりとして、ハラハラしていたんだけど、
まさかアザハタが増えるなんて、全く予想していなかった。
一体何があったんだろう。。。漁礁から来たのかな。
①が王様
②が貫禄の出てきた第一婦人
③が第二婦人
④が新しく入った第3婦人

大きさも番号順になっている。

婦人たちはゼロ戦の前後で居場所を分けていた。
新しく入った夫人はどうなるのかと思ったら、ゼロ戦の真ん中あたりに
ねじこんできた!!
結構ぐいぐいだなぁ。
そして新しい夫人が気になるのは王さまは
妙に第3婦人といちゃついている。。。
その割に第一婦人と第2婦人は結構落ち着いている。
ちょっと不思議。
昼ドラの様に(見たことないけど(笑))ドロドロしてくれても面白そうだけど~(笑)
目が離せなくなったなぁ。

b0186442_21555348.jpg


アナアオサが遊走子を放出した!!
ず~~~~と気にしていた海の神秘。
27日の夜にボチボチあったっぽい。
ゲストとコウワン&ヒメテグリの産卵を見ている脇でモワモワしていた。
ごく小規模だと思っていたら翌日には全体の1/3くらいが白くなっていた。

b0186442_21555437.jpg


今年は海藻が随分と違う。
カギケノリ(もふもふ)は1か月以上も前に枯れているべきなのに、まだあるし。
コナハダの仲間(ピンク)は異様に多い。

b0186442_21555392.jpg


ヒメテグリの喧嘩
水温が上がって一気に活気づいた。
連日サンセットのガイドやら調査で見られた。

b0186442_21555342.jpg

産卵


~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg


「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-05-29 22:49 | ゼロ戦・漁礁
2017年 05月 25日

黒潮とコウワンテグリの産卵!

2017年5月24日
【ポイント】 ヨスジ漁礁 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 凪 
【 水温 】  25.8℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 

b0186442_17182385.jpg


昨日23日から黒潮接岸!
一気にどーんと青く、温かく!!
そんななか何故か水中ウェディングフォトの依頼を受けて、
パシャパシャやってました。
ついでにアカウミガメを見にヨスジ漁礁。
う~ん、気持ちいい~。

b0186442_17182459.jpg
サザナミヤッコ


昨日の夕方は色々と観察へ。

ソラスズメ、ルリホシスズメ、タテジマヘビギンポ、キンチャクダイ科の魚たちなどなど。
というかほぼみんな一気に色気づいた!

マダラトラギスの産卵を何度か確認。

b0186442_17182492.jpg


浅瀬にいるコウワンテグリ。
GWくらいから気になっていた子だけど追いきれてなかった。
ようやく捉えたぞ!
しばらく観察できるはずです。

b0186442_17182337.jpg


産卵は2回見れました。
うそ、1回はエア切れで見られず。

まぁ、なんにしても良い感じ。


でもこの黒潮もまだまだ安定はしないのでいつまでいてくれるか。



~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg






「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

# by yakuumi | 2017-05-25 17:27 | 一湊タンク下