2015年 06月 26日

ジョーフィッシュのハッチアウト!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  雨  【 風波 】 南西 
【 水温 】  24-25℃ 【透明度 】  25-30m  【 潮 】

きた~!
昨日から水温が少し上がって24~25℃!!!
今日は黒潮の気配もヒシヒシと感じた!

そんで今日はジョーフィッシュのハッチアウト狙い!
ゲストを4時前に迎えて、、、。
いざ出陣!


4人で取り囲んでの撮影だったので、少しいつもとは違う動きだったけど、
無事ハッチアウトを見る事が出来ました!
すでに3回見ている個体だったので見せやすかった。
6日間の日程を確保していただいたけど、タイミング良く2日目で見れちゃった。
梅雨明けの沖縄から、梅雨真っ最中の屋久島にわざわざ来ていただいたからには
なんとか見せたいと思っていたので、、一安心です(笑)

お宮では水温が適宜になってコブシメが活発に!
この時期に4個体での産卵が見れました。

2ダイブ終わって8時前。
3ダイブ終えても11時!
ランチにはビールやらアンミツ。

ん~充実した一日でした!
まだお昼だけど(笑)

とにかく眠いのでもう寝ますzzz。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-26 22:32 | 一湊タンク下
2015年 06月 24日

志戸子潜り!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タマガリ / 大瀬  【 天気 】  雨  【 風波 】 南西 
【 水温 】  22-23℃ 【透明度 】  15-20m  【 潮 】

あちゃ~。
またやっちゃった。
9日もサボった(笑)
ひとまず最新情報だけでもアップ!
他店の夫婦よりお誘いを受けて、今日は志戸子でボート調査。
楽しい。
キンメモドキは爆発中!

さっき気が付いて慌てて更新!
本日24日は 「ガイド会世界の海ブログ」 の日だった。
もっと書きたいことが山ほどあったけど、何から書いていいのか分からない。
贅沢な悩みです。

ではでは。。。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-24 23:35 | 志戸子
2015年 06月 14日

ジョーフィッシュの街&アザハタの国

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  雨  【 風波 】 
【 水温 】  22℃ 【透明度 】  20m~  【 潮 】 中潮②

大雨の中。
晴れ男と晴れ女さんたちと潜ってきた!
昼前には雨もやみ、少し空も明るくなった。

b0186442_97584.jpg
雷が酷く(PCを起動できない)写真をもらえなかったので、コンデジ画像のアザハタを。
アザハタも繁殖期真っ最中で、2匹のメスは大抵どちらかがお腹が大きい。
今日のアザハタ達は昼ドラの様にドロドロと縺れた3角関係だった。。。
写真は3匹で相談中。
メス同士はこの後暫く、にらみ合いを続けていた。

b0186442_991076.jpg
アザハタのオス。
体格が一番大きい。左の側面に黒斑2つ。右のこめかみに1つ。

b0186442_994389.jpg
一番小さい方のメス。
左の胸の辺りに黒斑1つ。
 
b0186442_910651.jpg
大きい方のメス。
右の下顎に黒斑1つ。

三者を区別しながら行動を観察していくとアザハタ観察も一層楽しいものになる!
誰か素敵な名前を考えてくれないかな~。

大雨の2日間も無事に終わり、トッピーでみんな帰ってしまった。
ありがとうございました~!

ここからは昨日の続きが気になって、また日没頃から調査!
昨日は疑問が満載だった。
以前の産卵ではメスがオスの巣穴を訪れた。
そこで求愛が軽くあった後、メスがオスの巣穴に入り込んで産卵。
なのに昨日はオスがメスの巣穴の前で激しく動いていた。
もしかしたら昨日の観察前に、メスがオスの巣穴に入り込んでいたのではないだろうか。
あの後に2匹で巣穴に収まり産卵したのではないか?
でもそれだと、ちょっと変だ、、、。
なんて、ウダウダ考えていても分からない。

b0186442_92457.jpg
ジョーフィッシュのオス
日中に皆で確認に行った。
メスが入っていたところにはオスが入っていた。
やはり入れ替わりがあったようだ。
そこで、気になる卵を確認しようとしたけど、分からず。
見せてくれないこともあるけど、昨日のメスのおなかを見る限り産卵直前という感じではなかった。
では昨日のあの激しい求愛の様な動きはなんだったのだろうか。


b0186442_9242799.jpg
オスの巣穴の脇にはメスがいた!
1m近く離れた巣穴からここまで来たみたい。
お腹はまだ膨れてないし、何をしているのだろう。。。


b0186442_9244440.jpg
昨日の様な激しい動きは見られなかった。
暫くするとオスの巣穴から少し離れた所で、口を大きくあけたり、地面を掘ったりし始めた。
なんなんだ、これは。。。
10分くらい見ていても動きは変わらなかった。
気になっていたキリンミノの産卵を狙いに20分ほど離れて、
また戻ってきてみたけど相変わらず。

ここで思うのは、昨日の動きは求愛ではなかったであろう、という事。
何故だかは分からないけど、メスがオスの巣穴に入り込んでいて、
オスはメスを追い出そうとしていた。
だからこそ激しいケンカの様な動きだったのではないだろうか。
ペアなので仲良くしたいところだけど、それぞれの巣穴の環境が変わってしまって
困っていたのかもしれない。急遽引っ越す必要が出てきて、
ひとまず手ごろな押すの巣穴に入ってみたけど、やっぱりオスは怒った。
昨日の観察の最後では、メスが巣穴から飛び出し、オスが入って、いよいよこれから何かが!!
と、思ったものだけど、メスが飛び出して、一件落着といったシーンだったのだろう。
今日もメスはオスの巣穴に引っ越そうかと思ったけど、無理そうな事を悟って、
メスは自分で巣穴を掘りはじめた。
というわけで、昨日のは巣穴を巡るトラブルってことになるのかな?
答えはまだまだ分からない。
今までの観察で思うのはそんなところ。

さて、いかがでしょうか。
こんな言葉だけの解説では良く分からないとは思うけど、
魚たちにも複雑な生活事情があり、懸命に生きている。
それが伝われば十分です。

サボってばっかのログだけどたまには長い(笑)
ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-14 08:58 | 一湊タンク下
2015年 06月 13日

ジョーフィッシュの激しい求愛!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  21,8~22,8℃ 【透明度 】  20m~  【 潮 】 中潮

b0186442_1303115.jpg
梅雨真っ盛りで今日は激しく雨!
川が濁流となってはいるけど、なんとか大丈夫。
海はベタ凪。水温は低すぎ!6月なんだからもうちょっと上がってもらわないと~。

さて今日一番熱かったのはこれ!
ジョーフィッシュの求愛!!!
過去に産卵まで確認したことがあるけど、その時はこんなに激しい求愛は見られなかった。
メスの巣穴の前で、オスが全身の鰭を広げて猛アピール。
雌雄で口を広げあって喧嘩にも見えるような、シーンも確認。
オスの方が動きは激しく、時おり巣穴のメスに噛み付いているような姿も見られた。
25分くらいの観察の後、メスが巣穴から出てきた、すかさずにオスは巣穴へ。
あと5分みたい。そんなところでタイムアウト。。。
昼間より下がって水温21,8℃、70分以上ジッとしていたので皆ガクガク、ブルブル!
エアもなくなって泣く泣く戻ったけど、一体何がどうなっていたのだろう。


b0186442_1304510.jpg
口を広げあっての求愛??

以前見られた産卵の時のログです↓
http://yakuumi.exblog.jp/15685917/

色んな憶測ができるけど、決め手にかける。
今日のジョーたちの動きは以前見たときの産卵とはちょっと違う。
じゃあ求愛ではなくて、喧嘩??
でもオスとメスで繁殖期の真っ盛りに、
こんな激しく喧嘩をするものなのだろうか。
疑問はたくさんありつつも、震えながら皆で興奮したのだった。
ジョーについての続きはまた明日~。

直前までセソコテグリを追いかけていて、求愛を観察していた。
いよいよ産卵か!?というときにジョーを見つけてしまったので、中途な半端になってしまった。
でも、和美ちゃんだけはセソコの産卵までバッチリ写真に収めていた。
まだ50本も潜っていないのに、好きな生き物ネズッポ科とか言うし、末恐ろしい。。。


b0186442_12595170.jpg
日中の一コマ
笑えるくらい雨が降って、道路は川に。
セティング場所が器材洗い場にもなって、沐浴場にもなった(笑)
激しすぎる雨は大人たちを子供に戻してくれるみたい。


b0186442_130966.jpg
砂地には大きなマダラエイが眠っていた。
タンク下ではキビナゴの子供が多く、それを追いかける
エバ(ギンガメアジの子供)やアオヤガラの群れも目立った。

ではでは。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-13 12:45 | 一湊タンク下
2015年 06月 12日

黒潮の堕天使 ~クマノミの孵化~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / 志戸子 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  22.8℃ 【透明度 】  10~15m  【 潮 】 若潮

透明度、水温共に落ちた。
天気も梅雨っぽい曇り空。
海はベタ凪。

b0186442_1185843.jpg
昨日無事にOW講習を終えた愛ちゃん。
今日は初のファンダイビング!
初ファンダイビングで黒潮の天使!(ヤサガタハダカカメガイ)
クリオネの仲間だよ~と。
いきなり、コアな生き物を紹介してしまって、戸惑ってるかな?
と思ったけど楽しそう。

b0186442_1192996.jpg
これが黒潮の天使。
でも黒潮は来てない。。。
響きは良いけど、黒潮が外れているときの方が良く出る。
黒潮の堕天使にしようかな、、、(笑)


b0186442_1194322.jpg
クリイロハダカカメガイ
あ~遂に今年もこの潮が来たか。
毎年、この時期になると大量に押し寄せてくる。
こいつらが多い間は、黒潮はお預けです。
悲しいような、でもちょっと嬉しいような(笑)


b0186442_1110694.jpg
夕方~夜はここの所毎日調査。
昨日は外してしまったけど、、、今日はクマノミの孵化を確認!
予想時刻ピッタリに始まったけど、6割くらい孵化した所で止まってしまった。。。
翌日に持ち越しかな~と思ったけど、次の日に見るとなくなっていた。
また孵化が再開したのか、それとも、、、。

b0186442_1110253.jpg
少し広角で全体を撮ろうとフルサイズ60mmで挑んだ。
でも絵としては少し寂しくなってしまった。
結局はトリミングした孵化の瞬間↑

最後までじっくりと粘りたかったけど、明日からまた夕方もガイドなので下調べ。
クマノミノ前にはヤッコやセソコテグリの産卵を確認。
セソコの街には少し変化があったようで、また面白くなっていた!
ヤッコは水温が下がったせいか、活気がない。
24℃以上ないと盛り上がりに欠けるようだ。
チョウチョウウオは全開のサンゴの産卵以来、夕方には無駄に活動的!
それに惑わされる自分。
イシモチたちの孵化も怪しい。
キリンミノもお腹パンパン。

各所で気になることが多く、嬉しい悲鳴。

ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-12 11:08 | 一湊タンク下
2015年 06月 08日

OW講習でソトイワシ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  元浦 / タンク下  【 天気 】  曇り / 雨  【 風波 】 
【 水温 】  23℃ 【透明度 】  20m~  【 潮 】 潮

b0186442_2163896.jpg
ソトイワシ
OW講習2日目。
今日も梅雨らしい怪しげな天気の中潜ってきた。
元浦ではコバンヒメジとボラが砂地で索餌をしていた。
ん?なんか微妙。
良く見てみると、ボラではなくて、なんとソトイワシ!!!
ボラにそっくりだけど、頭が尖がっている。
国内では希少種だけど、屋久島ではチラホラ見られている。
一年に1度見るかどうかといったところだろうか。
大抵は体験ダイビング中に目撃するので写真にはなかなか納まらない。
ん~密かに興奮(笑)

b0186442_2171644.jpg
同じダイビングでカメにも会えた!
ボラに似た地味で珍しい魚より、誰がどう見てもかわいいカメの方がもちろん有難い(笑)
でも海洋実習1本目から見れちゃうのはちょっと贅沢すぎだなぁ。
(ソトイワシはもっと贅沢!)

海は穏やか。
講習は順調。
明日もスパルタに、
でも楽しくいってきます!
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-08 20:30 | 元浦
2015年 06月 05日

サンゴの産卵 ~伝説を狙う男~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


3日
【ポイント】  春田浜 / タンク下  【 天気 】  雷雨  【 風波 】 
【 水温 】  25℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮

4日 晴れ 水温22~24℃
春田浜 / ゼロ戦 / タンク下

5日  雨 水温24℃
香附子 / 香附子

最強の晴れ男のたくまさんがやってきた。
到着したときは土砂降り予報を切り裂き、上々の天気。さすが!
しかし午後には激しい雷雨。。。
またしても潜れず、サンセットまで祈るように待った。
屋久島の梅雨には晴れ女も晴れ男も関係ないんだな(笑)

土砂降りの影響はサンセットにも表れ、泥水で透明度が微妙だった。
ナメラヤッコとルリヤッコの産卵を確認。
キリンミノも産卵しそうだったけど、タイムオーバー。
そうだ、バンダイシモチのハッチアウトを確認!!!
この種は光に敏感でほとんど諦めていただけに、感動した!
でも、写真もらい忘れた(笑)

b0186442_22415850.jpg
初日は天候もギンポもイマイチだったけど2日目は両方とも最高!
ロウソクギンポは卵守りもみれていて、求愛や産卵も盛り上がっている。
浅場ではクモギンポやシマギンポの産卵を確認。


b0186442_22422154.jpg
シマギンポの求愛。
オスがメスを巣穴に呼び込む動きがたまらなく興奮する!


b0186442_22424233.jpg
近頃のゼロ戦はアザハタの絶え間ぬ努力によって、転がりだしそうなほど露出している。
写真はゼロ戦が砂に埋もれないように掘っている所。
頑張ってるな~。でもやり過ぎでは。。。
ゼロ戦、転がってっちゃうよ?(笑)

b0186442_2253155.jpg
ルリヤッコのナズリング
2日目のサンセットはヤッコに集中!
だけど~、、、途中からサンゴが産卵しだした~!!!!


b0186442_224386.jpg
マルハナガタサンゴの産卵
今回の潮周りも一応、チェックはしておいたけど、まだ早いような気がしてた。
でも、チョロチョロから始まって、規模な産卵に発展!
サンゴの産卵を初めて見る拓真さんは、唐突な出会いに大興奮(笑)
まぁ、実はすべてが、僕の計画通り(ホントか??)

最終日はまさかの香附子2本!
ここのところタンク下でコブシメの産卵が盛り上がっていたので、期待を胸にエントリー。
コブシメは6個体確認するも産卵は見られなかった。
変わりにオキザヨリが水面からサンゴの所まで下がってきて、怪しい!
いや、怪しすぎる!!!
前回、ここで卵を確認しているので、良い産卵場所なのだろう。
そんなわけで、産卵予想時刻の夕方にもう一度潜る事に。
でも拓真さんの帰りの船は17時10分。
それでも、悩むことなくギリギリまで潜った!
16:30分にエキジットしてすぐに港へ。
オキザヨリは気配はムンムンだったものの産卵は見れず。
惜しかったなぁ。
今回も伝説は作れなかったけど、記録は作れたかな。
ギリギリ記録(笑)

すっかり梅雨ですが、海の中は盛り上がってます。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-05 22:28 | 一湊タンク下
2015年 06月 04日

ハレージョさま~。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


3日
【ポイント】  ゼロ戦 / 春田浜  【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  25℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮

大事な時にログを更新できずに申し訳ありません。
口永良部島の噴火の影響は屋久島にはほぼありません。
ダイビングは通常通り行っています。
飛ばしてしまった、近日中にログは遡って書きます。


b0186442_8262493.jpg
さてこの4日間は自称晴れ女、ハレージョの雪絵さんと遊んでいました。
はい、全然晴れません。。。
それでも、ハレージョを譲らない。
そして、遂に今日は入梅。。。
ツユージョですね(笑)
なにより恐ろしいのは、今日は激しい雷雨!!!
自宅のパソコン周りは全てコンセントを抜いて、一応朝のお迎えに。
しかし、道すがら雷がドカドカと落ちてくる。
恐すぎ。。。
宿についても雷は止まず、予報でも続きそうだったので、今日はまさかの中止。
なのに安房まで送ってから、雪苔屋で一人アンミツを食べていると、良い陽気になってきた!
う~ん今更。。。
これは、誰の力だ!?

写真データ等は昨日のものです。
マクロにワイドに絶好調のTG-4!
だけどアザハタだけは難しい。
これくらいが限界。
コンパクトさを生かしたい所だけど、
アザハタ狙いであればワイコンとストロボがほしいところ。


b0186442_826431.jpg
ロウソクギンポ
海藻はすっかり減ってしまったけど、まだ多少はある。
変わってロウソクギンポは繁殖行動が激しい!
と言いたい所だけど、なぜか全然見られなかった。。。


b0186442_8265995.jpg
あの、、、出てますが。。。


b0186442_8271223.jpg
ネズスズメダイ幼魚
肉眼で見るとウルトラ美しい!
僕が一番美しいと思うスズメダイです。
でも表現し切れてない。
タイドール限定ですね。

ではでは。
[PR]

# by yakuumi | 2015-06-04 08:24 | 春田浜
2015年 05月 30日

アオサ・遊走子放出!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  お宮前 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  25,5℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 中潮② 月齢11.9

口永良部島・大噴火から1日。
屋久島の海はいつもと変わりありません。
島の南の方では火山灰も少し降ったようだけど、、
大雨の土砂流入よりは軽微な影響かと思います。

b0186442_14222266.jpg
遊走子放出後のアオサ
一昨日のサンセットでは確認できなかったので、昨日行われたようだ。
それより少し前の5月20日の日没頃に急に海の中が緑に濁ったことがあった。
アオサから遊走子が放出されたのかと思い確認したけど、変化はなし。
なのでサンゴのように、一斉放出に向けたケミカルシグナルなのかもしれない。
お宮の海藻具合が良い感じだったので、ワイドで写真に収めたいと思っていたけど
ちょっと遅かったみたい。。。一応遊走子放出日時も予想したけど大外れだった、、、(笑)


b0186442_14223857.jpg
漁港では先生が怪しげなハタを発見!
水中から覗いて見ると、なんとハクテンハタ!!!
初めて~。
夜は阿部さん直伝の集魚灯を使ったロリータ。(陸上から)
大ヒットはなかったけど、久しぶりで楽しい!

4日間、色々と勉強させて頂きました。
先生、佐藤さんありがとうございました~!!
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-30 14:14 | お宮前
2015年 05月 29日

口永良部島・新岳の大噴火

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  オツセ  【 天気 】  晴れ  【 風波 】  東(予報)
【 水温 】  25℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 

b0186442_13423075.jpg
予報が大きく外れて快晴!
海はベタ凪。
また真夏の様な素晴らしい陽気に戻った。
最高のダイビング日和ですね~とか言いながら、西部の海を満喫。
1本目のダイビングも後半に差し掛かったところで、船から激しい合図か水中に響いてきた。
荒俣先生と佐藤さんを水中に残して、浮上してみるととんでもない事になっていた。。。
水中撮影を楽しむお二人に強引な浮上を要求。

その後はメディアでたくさん使われていたらしいこの動画に続く↓



b0186442_1346981.jpg
噴煙は凄い勢いで船の方向に迫ってきた。
なので急いで港へ逃げる。
しかし逃げる船よりも噴煙の方が少し早い。。。


b0186442_1343658.jpg
港についてからはすぐに、車で移動して、見晴らし良い場所まできた。
こっちに迫っていた噴煙は進行方向を南よりに変えて、屋久島を覆った。


b0186442_13462650.jpg
噴火から1時間後の口永良部島

噴火直後から心配メールや電話を頂きましたが、当日は噴火情報を得ようとするメディアの電話ラッシュで
大混乱でした。埋もれてしまったメールや返信できずに終わってしまったものもありますが、
お心遣い、大変感謝しております。ありがとうございます。
そして、あの大噴火にも関わらず口永良部島の皆様が無事で本当に良かった。
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-29 13:40 | 西部
2015年 05月 28日

コリャマイッタ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  ゼロ戦 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り時々雨  【 風波 】 
【 水温 】  25℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 

b0186442_851364.jpg
漁礁では久しぶりにツバメウオの群れ

荒俣先生に素敵なお言葉頂きました!
「コリャマイッタ!」

アリャマタ先生コリャマイッタ~(笑)

はい。セソコテグリの繁殖行動を観察して来ました。
この日のために調査を重ねて来ましたが、一番の問題は生き物というより
人間生態。これが最も難しい。
以前船長にナイトダイブをお願いして、港から出るのも一苦労で、大慌てでした。。。
今回は真っ暗になる前に港に戻る。そんな計画。
しかし、生き物がそんな人間の都合に合わせてくれるわけがないので、
数日間、天気によって変わる空の明るさと求愛やら、産卵の時間をチェック。

先生は人生で最後の挑戦かもしれない。
とかとんでもない事を言うもんだから、準備は万端だけど、ドキドキ。
結局は全ての工程を見せることは出来なかったけど、
最も大事な、背鰭を広げての求愛をバシッと撮影してもらえた。
ふ~。
船に戻ろうとすると、船長がエンジンを激しくふかしてる。。。
時間ギリギリ(笑)

b0186442_852053.jpg
セソコテグリ撮影風景

昨日の夏日とは打って変わった、厳しい寒さだったけけど、海の中は熱々でした。
ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-28 08:54 | 一湊タンク下
2015年 05月 27日

荒俣先生が黒潮と共に!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 
【 水温 】  25.6℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 

b0186442_7242166.jpg
ヤミスズキ
待ちに待った、荒俣先生のご来島。
ここの所、この時の為に際どい生態調査を繰り返していました。
でもそれはまた明日。
さて今日は、先生の1本目でなんと黒潮全開~!
昨日までよりも、青く、暖かい、そして晴天のベタ凪。
紛れもなく今年一番のベストコンディション!
凄いタイミングで来たなぁ。
大抵、昨日までは黒潮が、、、とか言うのに今回は逆。
カンランハギの成魚がワラワラいるのに、驚いたり、
シジュウカラに食いついてくれたりと、先生の海への生き物の
反応がいちいち素敵だった。

b0186442_7243348.jpg
オキザヨリの卵
お宮ではオキザヨリの卵があった。少し前に産卵したものだろう。
1週間前に別の場所で今年初確認をしたんだった。


b0186442_7235763.jpg
ベタ凪の海


b0186442_7232952.jpg
ジンベイいた~!
ってそんな分けがない。
これキタロウ真似です(笑)
先生は25年ぶりの屋久島で食べるトビウオの刺身に感動されていた。

さて明日は気合のサンセットだ!
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-27 07:22 | 一湊タンク下
2015年 05月 26日

黒潮~!~ 夜明けの海~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】  北1m 
【 水温 】  25℃ 【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮④

b0186442_182226.jpg
オワンクラゲと朝日

b0186442_1872851.jpg
ソラスズメの求愛

今日はほっしぃと夜明け頃から潜ってきた。
目的は果たせず、でも最高の朝だったな~。
まずはカモハラギンポの孵化!
と言っても1匹ちょろっと出ただけで撮れなかった。。。
もしかしてこんな感じでウダウダとハッチアウトが続くのか?

メガネウマズラハギもペアでイチャイチャと怪しい感じ。
ソラスズメやナガサキスズメ、ルリメイシガキスズメ、シマスズメなどが大盛り上がり!
メスを巣穴に呼び込む所まで観察できた。
気が付くと朝日がまぶしい程に輝いていた。

表層にはニチリンクラゲやウミタルがたくさん。
水温は昨日から3度も上がって25℃!!!
昨日の激しい流れは黒潮を予感させたけど、こんな朝から~!
幸せすぎる。

今日は2ダイブを終えて朝8時だった(笑)
それでも3時間30分潜ってるんだから、おかしな話。

ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-26 18:01 | 一湊タンク下
2015年 05月 25日

スズメダイがそこかしこで。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】  東2m 
【 水温 】  22℃ 【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮④

b0186442_17181145.jpg
ナガサキスズメダイの卵守り
先日の水温上昇以来、一気に海の中が盛り上がっている。
ここ数日はどこへ行ってもスズメダイの激しい動きを見かける。
夕方にヘラルドコガネヤッコの産卵を確認に行ったけど、思うように進まない。。。
脇を見るとナガサキスズメが巣穴作りに必死になっていた。
その脇では卵を守ってるし。
ソラスズメも各所で卵を守っている。
カモハラギンポの卵はハッチアウトしそ~とか言いながら5日がたった(笑)
なんか勘違いしてた。。。

仕事ないけど、忙しすぎる!

ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-25 17:16 | 一湊タンク下
2015年 05月 24日

卵漬け ~セソコテグリ密着5日間~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  タンク下  【 天気 】  雨  【 風波 】  東2m 
【 水温 】  24℃ 【透明度 】  20m  【 潮 】 中潮④

b0186442_1710435.jpg
ルリホシスズメダイの卵守り

ここの所、卵漬け。
毎日色んな魚たちの卵の確認に奔走中(笑)

24日は「ガイド会・世界の海ブログ」の担当日です。
セソコテグリ密着5日間に付いて書きました!
実りの多い充実した観察でした。↓
http://sekainoumi.blog54.fc2.com/blog-entry-2173.html


ではでは~。
[PR]

# by yakuumi | 2015-05-24 16:57 | 一湊タンク下