人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 19日

秋の海と忍び寄る、

2019年10月19日(土)
曇り 北西風・波2m
水温26.2℃ 透明度20-30m

海は微妙に波があるけど安定した秋のうみ。
水温はほどほどで透明度も程よい感じ。
真夏の突き抜ける様な日差しと青さはないけど
心地よい。
でも天気が悪いと寒い。
そう、冬の気配を感じる。
それでも今日はクロイワツクツクが鳴いていて
まだ夏の余韻も感じられた。
屋久島の秋は慌ただしい。
冬季休業(長期休業?)まで後1ヶ月
今年は最後になってようやく忙しくなってきた。
最後まで安全第一で楽しく潜ろう!

b0186442_20464585.jpg
シチセンヤッコとスミレヤッコとオイランヨウジ
それぞれ1個体でも嬉しい魚が3種まとまった!

b0186442_20464448.jpg
トサヤッコのオス
b0186442_20464401.jpg
トサヤッコのメス
b0186442_20464478.jpg
テングダイ
b0186442_20464516.jpg
チンヨウジウオ(多分オス)

b0186442_20464588.jpg
アオウミガメ




# by yakuumi | 2019-10-19 21:25 | お宮前
2019年 10月 15日

最終日はスノーケル!

2019年10月14日(月)
曇り 北東風・波2m
水温26℃ 透明度20m
b0186442_09102231.jpg
台風19号に翻弄された秋の連休。
ショップさんがいらしていたのだけど流石に潜れず。
昨日にはようやく海が回復。
それでもギリギリ潜れるレベルだったので
1本目は漁港内!2本目からは普通に船で潜れた。
でも1日しかダイビングできなかったから、
海不足が否めない。
そこでヤクザルとヤクシカと戯れながら
栗生までやってきてスノーケリング!
これなら飛行機帰りでも大丈夫。
北東風でベタ凪のこの海はやっぱりスペシャルだった。
海の後には中々来れない蕎麦屋さんに来て、
衰退の一途をたどっているマングローブの現状を見てもらい、
海中温泉でキャッキャして、
美味しいコーヒーを飲んで、
ふ〜。
なんとか遊べたことに感謝。

b0186442_09094215.jpg
栗生はタイドプールも面白い!

b0186442_09094206.jpg
浅瀬にはサンゴがたくさん。
ここ最近で一番元気な気がする。

b0186442_09094223.jpg
2週連続ありがとうございました!
2週連続の真夜中の日清(ラーメン)まで、
ありがとうございました(苦笑)



# by yakuumi | 2019-10-15 09:27 | 栗生
2019年 10月 11日

台風19号!

2019年10月11日(金)
晴れ 北東風・波4-6m
水温27℃ 透明度15m
b0186442_18512611.jpg
久しぶりの更新となってしまいました。
秋になってようやく忙しくなった!
でもここに来て大型の台風。。。
随分と外れたから屋久島は被害はなさそうだけど
それでも海は微妙なコンディション。
明日からのショップさんをなんとかならないかと
海をウロウロ。
気付いたらあまりの美しい波に1時間ほど眺めていた。
やっぱ南の方に来るとウネリが半端じゃない。
風裏でも論外!
やっぱり一湊に頼るしかないな〜。
今日は諦めて、トビウオ丼をモグモグ。
さて明日の吹き返しはどれほどのものだろうか。
大したことないと予想しているけど?

それにしても台風大きいですね。
関東方面に被害があまり出ませんように!













# by yakuumi | 2019-10-11 19:03 | その他
2019年 09月 28日

浅場のシリウスベニハゼ!

2019年9月27日(金)
晴れ曇り 東風・波2m
水温27.5℃ 透明度30m〜

透明度がグンと回復!
今日の発見は浅場のシリウスベニハゼ!!
OWでも見れちゃう。30以深でしか見てなかったので
これは嬉しい〜。

b0186442_07013575.jpg
シリウスベニハゼ

b0186442_07013448.jpg
ハクテンカタギ
屋久島では貴種。

b0186442_07013584.jpg
ボウヨウジのペア
地味だけどなんか好き。

ではでは。





# by yakuumi | 2019-09-28 07:05 | 一湊タンク下
2019年 09月 27日

ハナヤナギと酸素の泡

2019年9月26日(木)
晴れのち雨 東風・波2m
水温27.8℃ 透明度25m

b0186442_07043915.jpg
予定外の晴れ。予定外のゲストの寝坊。
作戦編変更して朝からタイドプール。
台風の影響で全然タイドプールに来れなかったから久しぶり。
夏には殺風景になってしまうタイドプールだけど
ピンクのハナヤナギが美しい。
そしてキラキラのタイドプールに癒された。

海は黒潮が離れたか。。
そしてまた来週には台風が!
ひー。
b0186442_07324674.jpg
光合成するハナヤナギ

ではでは。


# by yakuumi | 2019-09-27 07:35 | 春田浜
2019年 09月 25日

コウノトリと秋の海

2019年9月15日(水)
曇り 東風・波2m
水温28.1℃ 透明度30m

午前1時5分、コウノトリが飛んだ。
離陸の瞬間のエネルギーは凄まじく満天の星空が消えて
朝焼けの眩しさ。
2分ほどしてドドドドドーっと音が聞こえてきた。
寝ぼけながらセットしたカメラの画像は
見事に露出オーバー。
そういえば随分前にも同じことをしたような。
学習していない。。。(笑)
でも夜のロケットに何やら感動した!

さてようやく台風の影響が収まって久しぶりにタンクしたに潜れた。
浅瀬は白っぽいけど沖は青い。
水温はやや落ちて28度。秋も落ち着いた感じ。

なんとなく海をウロウロして、なんとなくいたものを撮った。

b0186442_17542362.jpg
クビアカハゼとコシジロテッポウエビ

b0186442_17542351.jpg
ウミタケハゼ

b0186442_17542320.jpg
深場のジョー。
わりかし浅瀬にいた。

b0186442_18020577.jpg
ヒトデヤドリエビonマンジュウヒトデ
地味なエビだけどマンジュウヒトデニいるとどうやっても絵になる。











# by yakuumi | 2019-09-25 18:08 | 一湊タンク下
2019年 09月 19日

南国化の進む屋久島の海

2019年9月18日(水)
晴れ時々曇り 北東風・波2.5m
水温29℃ 透明度30-40m

険しい連休を越えてホッとしたところでまた次の台風が、、、。
連休中珍しく雨の濁りが留まって、今年一の透明度の悪さのダイビングも。
一湊の外はスコーンと抜けてるけど時化で出られず、
泥水も風で湾内に留まり3日ほど濁りと青い海との狭間で悶えていました。
今はまた青い海!

屋久島の海に潜り込むようになって今年で11年目、
この期間で確実に南国化が進んでいる。
華やかなサンゴは増えてきているし、
より南の魚も蒸れるようになってきた。
逆に温帯の象徴でもあるのカゴカキダイは
年々数が少なくなってきている。最近のお宮の魚だまりは
とても華やか!少なくともこの11年で一番魚が多い。
最近新たに加わったり数が増えたのは
イッテンフエダイ、アジアコショウダイ、キンセンフエダイ、
ユカタハタ、アカヒメジなどなど。
お宮以外でも各所で魚が増えていると感じる。
これはきっといっときの流行りではなく変遷の過程だと思う。
50年前までホンダワラ類の海藻がうっそうとしていた海とは
とても信じられない。
これからどうなっていくのだろうか。

そうだ今書いたこととは関係ないけど

「朝日新聞デジタル」にて記事を取り上げていただきました。


b0186442_09331344.jpg
昨日の画像です。
連休が終わってシャチョウさんとのんびり潜ってきました。

b0186442_09331397.jpg
ロクセンフエダイとキンセンフエダイにタカサゴ科の群れ

b0186442_09331407.jpg
横瀬魚たち

b0186442_09331434.jpg
安定のニザダイ!

b0186442_09331388.jpg
トンネル下のリュウモンサンゴ
ここのサンゴも魚も全体的に増えたと思う。


ではでは〜。



# by yakuumi | 2019-09-19 10:00 | お宮前
2019年 09月 09日

アオウミガメとタイマイのハイブリット!

2019年9月9日(月)
晴れ 南風・波2m
水温29.2℃ 透明度40m


今日のゼロ戦のアザハタたち。

一昨日から黒潮100%で真っ青!
水温も29度越え。
気持ちいい〜。

一昨日は新たに抱卵しているチンヨウジウオを見つけた。
しかも撮りやすい。
そして宿主のアザミサンゴがよく見かけるものと、
違うことがわかった。数は多くないけど、宿主さえ見つければ
いるのだろう。宿主の場所も大体わかったのであとは
3簡単に取れる個体を探すだけだ!

b0186442_21104664.jpg
一昨日の一番のヒットは
アオウミガメとタイマイのハイブリット(交雑種)!
身体はアオウミガメで、顔はタイマイ!
思わず熊大野学生のカメラを強奪して
撮影してしまった。
英ちゃんありがとね!

ずーっとこんな青い海が続きますように!

ではでは。








# by yakuumi | 2019-09-09 21:22 | お宮前
2019年 09月 07日

杏樹並みのベニサンゴヤドカリ!

2019年9月7日(日)
晴れ 南東風・波4-2m
水温29.2℃ 透明度40m

空前の鈴木杏樹ブームです!
朝8時35分、ラジオから流れる
「鈴木杏樹の行ってらっしゃい」を
聞くのが楽しみでならない。
寡黙なおじさまのIさんと、杏樹さんの
「行ってらっしゃい」を聞くこと4日間。
最初はラジオに挨拶をする僕を不審な目で見ていた Iさんも
最終日には「行ってきまーす!」と結構ノリノリだった。
(少し前の話ですが)

なんの話だか。
心配していた台風は全て外れた。
昨日は風はあったけど一湊の海は穏やか。
今日は普通にベストコンディションの夏の海!
水温29度に透明度40m!
幸せな感じです。

写真は少し前のゲストのモリケンさんよりおかりしました。
b0186442_22453491.jpg
夏のアザハタ王国は格別に楽しい!

b0186442_22453445.jpg
ニチリンイソギンチャクとちびクマノミ
この組み合わせが素晴らしくよい。

b0186442_22453582.jpg
ツバメウオの群れ
今年は数も少ないし、群れを見る確率も悪い。
年々その傾向が強まっている気がする。

b0186442_22453598.jpg
イシガキカエルウオの幼魚

b0186442_22453540.jpg
イバラカンザシに乗るニセアカホシカクレエビ

b0186442_22453479.jpg
ベニサンゴヤドカリ
「鈴木杏樹並み!」って書いたのに、
ノーリアクション!
でも写真には愛があった。
やっぱりヤドカリ好きなんだ。

b0186442_22453407.jpg
タイドプールのロウソクギンポ








# by yakuumi | 2019-09-07 23:17 | ゼロ戦・漁礁
2019年 08月 30日

夏のタイドプール

2019年8月30日(日)
曇り時々雨 南西風・波2m
水温29℃ 透明度30m

昨日は夏だな〜と思っていたけど、
夜中から明け方まで激しい雷雨。
今日はずっと微妙な天候。
今年の夏は短かったなぁ。
でも海の中はまだしばらくは夏!

b0186442_21432595.jpg
フタスジリュウキュウスズメダイとデバスズメ
夏っぽい!?

b0186442_21432512.jpg
カンサシヤドカリ(右)とニシキカンザシヤドカリ(左)
屋久島はカンザシヤドカリ天国。こんなシーンもあり。

b0186442_21432562.jpg
シマオリハゼ

b0186442_21432561.jpg
カスリハゼ
ほぼ漁港の中でしか見ないハゼだったのに、今年はいる!

b0186442_21432414.jpg
オイランヨウジ
年中抱卵しているイメージだったけど真夏は抱卵してないのね。

b0186442_21432592.jpg
ロウソクギンポの婚姻色
やっぱりタイドプール!
繁殖期のロウソクギンポが派手な顔で出迎えてくれた。

b0186442_21432584.jpg
気泡とイチモンスズメダイ幼魚


ではでは!




# by yakuumi | 2019-08-30 22:20 | 一湊タンク下
2019年 08月 25日

雷ときどき漂流寸前!〜海洋ゴミの脅威やら夏の華〜

2019年8月25日(日)
雨時々雷 南西風・波2m
水温29℃ 透明度40m

昨晩からの激しい雷が続き午前中は暗かった。
海の中に入れば青いけど流石にくらいな〜。
でもなんだかんだでやっぱり夏の海。
ハタハテハゼの幼魚が多くひとまず5匹まとまった。
タテジマヘビとイシガキカエルの幼魚もたくさん。
クマノミが季節外れの産卵!
昨日も今日もホムラハゼは健在。

昨日今日のカメラに残っていた写真から振り返ってみよう。

b0186442_21085729.jpg
永田灯台
屋久島一のドリフトポイント。
灯台とその風景も、海中の地形も、魚影も
とにかくカッコイイ海だ。
今日は大したものがいなかったけど
それでもやっぱり男前な海だ。
b0186442_21085716.jpg
花崗岩の大岩をドリフトで流れる。
そこへキビナゴの大群!
屋久島の観光名所の千尋の滝よりも迫力を感じる
花崗岩の一枚岩。これだけでもみる価値あり。
そして水深40mにある大岩は屋久島一カッコイイ。

b0186442_21085759.jpg
今日一番の大事件!
エキジットしようとしたら船が、、、、。
プロペラに大量のゴミが絡まってとんでもないことになっていた。
幸いにもすぐにゴミを切り離すことができたけど、色々と大変。
これは最近問題となっているマイクロプラスチックや海洋ゴミ問題の
一旦だろう。

 加えて、ゴミの46%を化学繊維の漁網が占めており、
その他にもロープ、養殖カキの間隔を空ける管、ウナギを捕るわな、
かご、箱といった漁具が含まれることも明らかになった。
「National Geographic News」より

b0186442_21085769.jpg
船底と同じくらいの面積があった。
水面からはほんの一端しか見えない。
そう陸から見ても海の中の世界はわからない。

b0186442_21284918.jpg
シシマイギンポ
相変わらず可愛すぎる!
水面下で荒波と戦いながら撮ることに
快感すら覚える(笑)

b0186442_21282956.jpg
ホウセキキントキ
め、目が〜!!!!
目の奥にタペタム(輝板)があって
それがライトの光を反射している。
アカメやネコの目と同じ構造のはず。
これを見たゲストの叫び声がいい感じだった。

b0186442_21085739.jpg
フリソデエビのペア
いい感じのペアみっけ!

b0186442_21085735.jpg
ニシキフウライウオのペア
今年は当たり年。
一体どこから流れてくるんだろう。
これは本当に知りたい!

b0186442_21085849.jpg
シモフリタナバタウオ
屋久島には撮りやすい個体が多い。
この魚はある魚に擬態していると言われている。
本当か??といつも疑念がよぎる。

b0186442_21085854.jpg
ハナビラウツボ
シモフリタタナバタウオが擬態の相手に選んでいるのはウツボ。
たしかに似ているような気がしなくもない。
ウツボを襲う魚はそうそういないだろうし。
両者ともわりかし近いところに生息している。

こんな疑問や不思議を少しでも
知ってもらいたいと思い、一応紹介しているけど、
伝えきれていないような気がする。
スレート簡略文字が理解できていればいいのだけど。。。


b0186442_21085885.jpg
ゴマモンガラの卵守り
キタキタ!ゴマモンだー!!!
もう大好物だからとにかく嬉しい(笑)
ここの子は毎年良い子。
一応僕が実験台となり接近してみる。
写真上のダイバーは遠くでうろついている
オスのゴマモンを警戒中。
いずれも大丈夫だった。
各ポイントのゴマモンの個性を把握できてきた。

b0186442_21085742.jpg
ジョーの子供。
各所で見かけるようになってきた。
これでも2回りくらい大きくなった。


ではでは〜。



# by yakuumi | 2019-08-25 21:54
2019年 08月 24日

最近の屋久島の海

2019年8月24日(土)
晴れ 風・波2m
水温29℃ 透明度40m

秋味(麒麟のビール)を堪能してしまったけど、
海の中は夏最高潮!
ホムラハゼやバイオレッドボクサーシュリンプも
ニューフェイスのオオモンカエルアンコウもいるし、
チビジョーフィッシュも出てきたし、ニシキフウライウオペアも
ハナヒゲウツボも、あれもこれも健在!
ドリフトではギンガメにイソマグロ!
何と言っても青くて暖かい!

b0186442_07005289.jpg
2019年の体験ダイビングでのウミガメ率なんと、、、100%!
まぁ体験ダイビングの回数は少ないけど。

b0186442_07005194.jpg
アザハタのアザハタ中毒患者ぬき。
今年もやってきた患者さん。
来週も患者さん搬入予定あり。

b0186442_07005182.jpg
アカウミガメの赤ちゃん
アカウミガメの産卵はこの数年減少傾向。
砂浜環境の悪化なのか、漁業での混獲の増大なのか
その両方なのか、それとも流行りのプラスチック問題か、
ただの周期的なものなのか、原因はハッキリとしないけど、
寂しさを感じることは確か。

b0186442_07005002.jpg
今月もサンゴの産卵は続いている。
6、7、8月と3ヶ月連続で様々なサンゴを見てきた。
そして9月10月と意外と長々と続いてゆく。
満月の夜に、、、と言われるほど単純ではないけど
知るほどに神秘性が増してくる。

b0186442_07005045.jpg
ホンケヤリの放精&放卵
緑色の帯が5、6mも海中を漂っていた。
直感的に産卵だ!と思って元をたどるとホンケヤリだった。
こんな夜に人知れず産卵していたんだ。
オオナガレカンザシの産卵とは別物だった。

b0186442_07005057.jpg
キリンミノの産卵前
夜の生態といえばこれ!?
大光量ライトで照らしながらの動画撮影だったけど
無事に産卵してくれた。

b0186442_07005262.jpg
ギンカクラゲ(盤系2mm-10mm)
沖合の潮目にはスリック(サンゴの卵の集まり)!??
と思ってサンプリングしたら、2-3mmくらいのギンカクラゲがたくさん入っていた。

写真のある本の一部だけど、
最近の海からでした。

ではでは。



# by yakuumi | 2019-08-24 20:30 | 一湊タンク下
2019年 08月 23日

夏の海

2019年8月22日(木)
晴れ 風・波1m
水温28.7℃ 透明度40m

b0186442_07005270.jpg
イボクラゲ

はい。
サボってました。
お盆の台風に何かを持って行かれたんだと思う(笑)

屋久島の海中は夏の色に染まっています。

さて今日も海に行ってきますか!


ではでは!








# by yakuumi | 2019-08-23 07:05 | 一湊タンク下
2019年 08月 11日

魚と人の群れ!

2019年8月11日(日)
晴れ 南東風・波3m
水温28.6℃ 透明度40m
b0186442_18274145.jpg
ツムブリとナンヨウカイワリの群れ。

台風9号の影響が弱まり、10号前のつかの間の休息日?
波も予報より下がったし、明日もなんとか潜れそう。
そのあと3日間くらいはお休みかな。

今日は乗合いだったけど無事に潜れた。
黒潮が不安定だったけど、というか離れてた?
が今日戻ってきた!
もちろんそんな時はこんな群れ!
気持ちい〜!

b0186442_18233966.jpg
タンク下も黒潮カムッバックで激流。
人の鯉のぼり!
こんなダイバー屋久島じゃあなかなか見ない。

b0186442_18233950.jpg
天気も良かったので川遊び&塩抜き。
これまた爽快!
b0186442_18233958.jpg
レインボーアイランド屋久島!
最近よく虹が出る。
これは昨日の虹。

ではでは〜。





# by yakuumi | 2019-08-11 18:41 | ゼロ戦・漁礁
2019年 08月 10日

台風が、、、来るの?

2019年8月10日(土)
晴れ時々雨 南東風・波4m
水温28.6℃ 透明度20-30m

おとといのブログで台風来ないかもね〜って、
書いたら、ゲストから呑気なこと書いてたね〜
って笑われた。
で、きになる台風10号は、、、、西へ西へと進み
まさかのストライクゾーン!
これ、やばいかも。

ちなみに今日の海は海上は暴風だったけど
水中は魚影濃くて上々。
透明度はなぜか悪かった。

以下の写真は先日のゲストのじげんさんより頂きました。
気がつけば、うちのお店に10年も通ってくれているゲストです。
オーロラ時々カワセミ、ふと思い出してダイビング的なブログは
以下です。
b0186442_21082633.jpg

ツムブリとナンヨウカイワリ

b0186442_21082661.jpg
ツバメウオ

b0186442_21082654.jpg
魚群

b0186442_21082634.jpg
パンダダルマハゼ

b0186442_21082689.jpg
宮之浦港からの星空
さすがロマンチスト!

ではでは〜。




# by yakuumi | 2019-08-10 21:26 | ゼロ戦・漁礁