人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 04日

ヤミスズキ

【ポイント】  お宮前  【 天気 】  雨/曇り  【 風 】 南東~北西の風
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】 中潮②

ヤミスズキ_b0186442_19414738.jpg
アジアコショウダイとホンソメワケベラ

朝から雨が降り続けていて時おり風雨が激しく吹き荒れていました。この時期の日本列島は北にある冬型の寒気と南にある夏型の暖気に挟まれて雨が降りやすい状況になるようです。しばらくはぐずつきそうですね。また来週からはまた冷え込むようです。

今日は久しぶりにお宮を下ってきました!久しぶりのお宮参りは体に堪えます。でもやっぱりお宮は楽しいですね~。コブシメの産卵は期待と裏腹に見れなかったけどはじめて見るヤミスズキや去年から見られているジョーフィッシュ、定番のハナゴンベやヤイトヤッコ、スミレナガハナダイ、アオギハゼ、オヨギベニハゼ、ニラミギンポなどなどなどたくさんの魚に会えました。そうだ、屋久島では珍しいハナビラクマノミも越冬しているのが確認できた。

お宮のメインである魚溜りで群がる魚達をホンソメワケベラがせっせとクリーニングしていました。写真のアジアコショウダイは体をくまなく掃除してもらった後には口の中まで掃除されていました!ホンソメワケベラってウッカリ食べられたりしないのかな。。。いくら良い奴だからってたまには小腹減った魚もいるだろうに。魚の世界にもマナーがあったりして。クリーニングしてもらったら絶対に食べちゃダメ。とか?


ヤミスズキ_b0186442_2131261.jpgヤミスズキ_b0186442_213114.jpg
ルージュミノウミウシ / ヤミスズキ
この時期は小さいウミウシがポツポツと見つかる。そう、いつもポツポツと見つかるのだ。伊豆の様に同じ種が大量に発生することはほとんどない。ウミウシの爆発的な増殖って見た記憶がないもんな。それにしてもルージュミノウミウシって久しぶりに見たけど覚えやすい名前のお陰ですぐに思い出せた!
ヤミスズキは屋久島にそれなりに生息しているらしいんだけど岩の隙間に主に住んでいるようで滅多にお目にかかれない魚。それなのにこの個体は白昼堂々と岩の周りを泳いでいた。こいつなら写真に撮りやすいのでヤミスズキ好きな方はチャンスです!(えっ?いないって、、、。)


「ネイチャーフォトギャラリー」←これ


そうだ、何だかんだでなかなか更新されないフォトギャラリーですが今年こそまめに更新します!!?
新しくネイチャーフォトギャラリーが見れるようになったので見てやってくださ~い。今回はプチ日記付きです(笑)




『屋久島ダイビングライフ』 【Home】

by yakuumi | 2010-03-04 21:13 | お宮前


<< コブシメ産卵!      新顔のジョー >>