屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 06日

久しぶりにクラゲ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下×2  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22,4℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  大潮3

b0186442_1932657.jpg
ウミウシカクレエビ
昨日に続き今日も12月にしては最高の天気&海況だった。
一湊湾内はからは硫黄島や竹島が見えていて空には雲一つない快晴!

残タン消化で浅場でのんびりと潜ってきた。
D700にしてからワイドもマクロも描写的にはかなり満足しているんだけど
小さい生物を撮る時はフルサイズ機の弱さを痛感する。あとひと寄りしたい!!

そこで今日は60mmのレンズに2倍のテレプラスを装着!
D80(APS-C)の時は使い辛いと思っていたけどD700との相性はなかなか良い。
これは使えるかも!!

写真は昨日ガイド中に見つけたウミウシカクレエビ。
最近姿をあまり見かけないけど大ぶりなのが2個体付いていた。
バイカナマコの突起に隠れている姿がかわいかった(笑)


b0186442_19322883.jpgb0186442_19324388.jpg
ウミウシカクレエビ / ハダカコケギンポ
最短撮影距離まで寄るとD80(APS-C)の時よりも大きく写る!(当たり前だけど...)
そうだテレプラスをつけると露出が2絞り分暗くなるけどD700では全く気にならない!
iso200で撮っていたのをiso800に変えるだけで、あとは同じ感覚で使えるのだ。
楽チンだな~。



b0186442_19332100.jpg
カブトクラゲの仲間(アカホシカブトクラゲに似てるけど図鑑の不鮮明な絵からは同定できなかった)

残タン2本目ではENしてビックリ。1時間前にはあまりいなかったクラゲが大量流れついていた。
目立つのはツノクラゲやカブトクラゲであとはよく分からない微小なプランクトンたち。
1~2mmアミの仲間は透明度を悪くするほど、うじゃ~っと表層近くにいた。

b0186442_1933217.jpg

カブトクラゲの脇に透明なツノガレイ?を発見!!
砂に隠れるカレイやヒラメの擬態には舌を巻くものがあるけど幼魚の擬態もも半端じゃない!!
透明なクラゲに透明な魚がくっついていたって絶対に分からないでしょ!!

でも、悲しいかな写真はこの1枚のみ。。。
写真の一番下にいるぺラっとした奴がそれです(笑)



12月5日
【ポイント】  タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,8℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  大潮2

昨日は久しぶりにゲストと潜ってきた!午後からはやや陰ってしまったけどそれまでは
天気も海況も最高!浮遊物が多く白っぽい海ではあったけど気持ちの良く潜れた。
12月にしてはこれ以上ないほど良いコンディションではあったけど、ボートから上がると
ウェットの二人はブルブルしていてかわいそうだった。
でも魚いっぱいで楽しかったね!

有ちゃん、ヤージー昨日はありがと~!!
今度はもっと温かいときに潜ろう!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
[PR]

by yakuumi | 2010-12-06 20:45


<< やっぱり時化!      眠るカメと逃げないカメ。 >>