人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 08日

ミヤケテグリの産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風波 】 東
【 水温 】  24℃  【透明度 】  25m   【 潮 】 大潮

b0186442_11524932.jpg
キンセンイチモチ(ライン型)
今日はなんとなく5時過ぎからエントリー。
なんとなくの時間じゃないか(笑)
一応目的はキンセンイシモチの産卵。
色々と考えた結果恐らく夜明け頃~早朝だろうと予測したんだけどなかなか観察にこれなかった。

浅場には見当たらなかったのでやや深い15mくらいに行ってみると、怪しい子達がいたいた。
雰囲気バッチリでアクビまでしてる~!!
5時30分から一時間ほどこの子達を中心に観察したけど産卵は確認できなかった。
でもなんとなく一歩近づいた気がする!


b0186442_11523282.jpg
キンセンイチモチ(メタボ型、、、)
隣には怪しいペアが。。。
なんだこれ、どう判断していいのやら。
4月に観察していた時は大量のアミが海底を覆っていたのでそれを食べ過ぎたのだろうと
思っていたけど今はそこまで多くないんだよなぁ。

餌も個体群密度も高いためフィリアルカニバリズムが頻繁に起こっているのだろうか?
それとも寄生虫でもいるのか?
とか色々考えてはみるけど良く分からない~。。。


b0186442_11532177.jpg
ルリホシスズメダイ(婚姻色)
おお~めっちゃ気合はいってる!!
自分も興奮して近づいたので色はすぐに褪せてしまった。
この一帯のスズメダイはルリホシに限らず明け方に産卵しているものが多い。


b0186442_1153537.jpg
成長段階の違う3つの塊の卵を世話していた。
すぐ近くではロクセンスズメダイの卵もたくさん!



b0186442_11535691.jpg
ルリホシスズメダイの卵
その他今日の朝に気になったこと。

・ニセカンランハギが50個体くらいの群れで移動していた

・白っぽい体色のメギスが多く、ケンカも見られた


b0186442_11534272.jpg
キンセンイシモチ(ライン型)
今日も水面休息を12時間とり、サンセット。
朝見たキンセンイシモチを見てみると、卵咥えてる~!!!
これは時間が絞れるぞ~。
計算してみると朝の6時30分~18時30分の間だ!
あれ?あんまり絞れてない?(笑)
でもきっと7時とか8時頃だったんじゃないかな??


b0186442_11543243.jpg
イソカサゴ(ペア)
実は屋久島にはイソカサゴがそれなりに多い。
今日は岩陰に5,6匹いて、今にも産卵しそうな気配!

でもその横ではもっと気になる子たちがいた~!!


b0186442_11543249.jpg
ミヤケテグリ
日中に良く見かける場所があったので覘いてみるとめっちゃいた!!
1cmくらいのちびっ子から、10cmはありそうな大きいものまで段階的に10個体以上!


b0186442_1155193.jpg
ミヤケテグリの求愛
産卵よりもこの背鰭を広げたシーンの方が撮影は難しい。
このシーンは産卵のメスに求愛しに行くときに1,2度見られる。
しかし背鰭を見せないまま産卵することも多い。


b0186442_1155331.jpg
ミヤケテグリ産卵
屋久島で観察しているコウワンテグリやセソコテグリに比べて少し小さいので産卵上昇も低め。
30~50cmくらいだろうか。


b0186442_11555543.jpg
ウミウサギガイに付くウミウシカクレエビ
ミヤケテグリの産卵が思ったように進まず、気が付くと完全にナイト。。。
急いで帰ろうと思ったらこんなシーンに出会えた!
更に近くにはフリソデエビのペアも~。

・スダレヤライイシモチのハッチアウト間近の個体
・チョウチョウウオの群れ
・サザナミヤッコぺア
・ナメラヤッコ産卵
・ハコフグ昨日と同じ場所に3個体


記憶が新しいうちに今日の出会いを書き留めてみたけどやっぱ時間かかるなぁ。。
いつも書いてないだけで出会いはいっぱいあるんですよね。
まぁたまには頑張らないと。
たまには、、、ね(笑)


《 豊饒の海 ~境界に生きる~ 》
6月5日~6月25日の期間で「屋久島環境文化村センター」にて海の写真展を開催中です。
詳しくはHPを見てください↓

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-06-08 12:54 | 一湊タンク下


<< キンセンイチモチ(ライン型)遂...      エソの産卵&シモフリタナバタウオ求愛 >>