屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 06日

かわい過ぎる卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】


【ポイント】  オツセ / ヨスジ漁礁  【 天気 】 晴れ 【 風波 】 1m 
【 水温 】  21℃ 【透明度 】 20m~ 【 潮 】 中潮

b0186442_19544335.jpg
漁礁のアザハタ
GW後半総集編。
1日ずつアップする気力がなく申し訳ない。
濃密な日々のごく一部です。

3日はガクッと透明度と水温が下がった。。。酷い~。寒い~。
4日は時化で北で1本、東でタイドプール、南で漁港潜りと転々と移動。尾之間温泉は桃祭り!
さすがGW裸の男が密集している図を見て断念。。。
5日は穏やかな一湊でのんびりと3ダイブ。本当は西に行きたかったけど
時化とあまりの人の多さ(乗り合い)に断念。でもお陰で貸切でのんびり潜れた!
6日はベタ凪になった西部でのんびり。松本さんは最終日に一番の出会いがあり終始ご機嫌(笑)
ザックリ過ぎるけど、そんなGW後半。

b0186442_1954596.jpg
クロヘリイトヒキベラ
屋久島で一番目立つイトヒキベラの仲間。
美しいー!
最も普通だからこそ、魅力を感じる。
レア度なんて気にしていては、海の楽しさを感じ損ねてしまうように思う。


b0186442_19552810.jpg
GW2度目のタイドプール。
悪天候の北部から、淡い期待を胸にここまで来てみると、見事に的中!
年々、予想が当たるようになってきてちょっと嬉しい(笑)
陽射しの入ったタイドプールは天国のよう!
梅本さんなんて、タイドプールで寝てるし!!!


b0186442_19553971.jpg
北部の悪天候なんてすっかり忘れてしまい様な夏の様な陽気!
まさかGWに尾之間まで来る事になるとは。でもこの陽射しだけでも来る価値有り。
更には個人的にはGWで一番嬉しい出会いもあった。


b0186442_19555034.jpg
アンコウウバウオの卵
うぎゃ!!!
めっちゃかわいいー!!!
尾之間は微妙に揺れがあったけど生き物は豊富!
石の下ではアンコウウバウオが卵を守っていた!
卵はパッチごとに分かれて6~7日分の成熟段階があり
日々の産卵の様子を想像することができた。
親は脇に逃げてしまったけど、これを何とか一緒に撮れないものだろうか。
それにしてもこの卵かわい過ぎる!
ダンゴウオが並んでいるかのよう(笑)


b0186442_19583799.jpg
西部ではトラフコウイカと思われる卵がハッチアウト!!!
親はコブシメにそっくりだけど、産卵場所は異なり、こちらは岩の下。
怪しい岩があったのでひっくり返してみるとビッシリと卵が付いていた。
成熟しきった子供達は刺激を受けると、次々に飛び出してきた。
これに喜んだ松本さんは35分間動くことなく撮影を続けていた(笑)
初日のプチ水没から始まったけど、最後に素敵なプレゼントがあって良かった~。

低調なGWだな~と思っていたけどよくよく振り返ってみると、毎年こんなもんだった(笑)
お越しいただいた皆様、ありがとうございました!
画像提供していただけた皆様もありがとうございます!

ではではまた!
[PR]

by yakuumi | 2015-05-06 17:59 | 尾之間


<< 初夏の風      オグロトラギスの産卵 >>