屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 20日

温帯種の漂着が多い年

2018年4月20日
晴れ 波風なし 大潮
水温18-21℃  透明度8-15m

b0186442_17374571.jpg
繁殖期に入っていたモンハナシャコ。(昨日)
卵はふわふわと綿のような集合体。
巣穴の奥でモニョモニョしてる姿が見られた。

透明度は相変わらず悪い。
沖はなんと18℃台、、、。
もうこれ以上は下がらない。

三日くらい前に至的、黒潮接近速報が流れたけど結局来てない。
プランクトンの組成でこれまで
ほとんど確実に当てていたんだけど、当たらない。。。
ずっと黒潮が近い状態だとは思うんだけど、、、。
う〜ん、自信喪失気味。
黒潮といっても本流である流軸の距離はあまり当てにならない。
枝分かれした支流が軽く当たることも多いように思う。
明日にも来てもいい状態なのに、来る気がしない、、、笑。

あっそうだ、今年は温帯種の漂着が多い。
今日はなんとカサゴ2個体!!!!!!!!
信じられない。
取材陣にもスルーされてしまったけど、、、
いいんですよ。
僕は密かに感動してたから!

夜はイッチと星空観察会。
たまには行きますか(笑)





[PR]

by yakuumi | 2018-04-20 17:54 | 一湊タンク下


<< 海から川へ      取材な日々。 パンダツノウミウシ >>