屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 09日

イカ釣り大会と、気になるアオウミガメ。

5月9日 お宮前
曇りのち晴れ 北東の風:波2m
水温24℃ 透明度25m
b0186442_21373155.jpg
水温が上がって透明度もぼちぼち良い。
コブシメは今年は盛り上がらないなぁ。
4月末に一度だけ8個体で盛り上がったけどそれっきり。
数自体が少ない。
2016年から行われているイカ釣り大会の影響を感じるこの頃、、、。
何と言っても賞金100万円。
今年は冬の間3ヶ月と期間も長くかなり多くのイカが
釣られてしまったように思う。
懸賞金はアオリイカのみだけど、コブシメも釣られちゃう。
海底の疑似餌は拾っても拾ってもなくならない。
釣りはわりかし好きなんだけど、
賞金目当てで過剰に略取されていくのを痛ましく思う。
海に潜ってない人にはわかり辛い話だろうな。
毎日会っていた子たちが消えていくあの感覚。。。


写真はアオウミガメ。
なんだ!??ハイブリットか!?
と思ったけどどう調べてもやっぱりアオウミガメ。
この数年一湊湾内をウロウロしてる子だと思う。
屋久島で見られる黒っぽい甲羅のアオウミガメとは
明らかに色合いが違う。
個体差というよりも生まれの違いのような気がする。

『えっいつも見てるアオウミガメと同じだけど?』
って人がいたら教えて欲しいな。

ではでは。

[PR]

by yakuumi | 2018-05-09 22:13 | お宮前


<< コブシメの雌雄を言い当てる10歳      海の中は晴れ。 >>