屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 13日

世界でも稀なチョウチョウウオのトリクチス幼生&ゴマモンガラの卵保護

8月13日(木)

晴れ時々雨

一湊 東の風・波2,5m

水温28-29℃ 透明度3040m

b0186442_22024464.jpg
台風がほんと多い。
安心しきっていたら小川原ら方面で突如発生した台風15号が
瞬く間に迫ってきた!
明日には熱低になりそうだけど、近いし影響はある。
ほどほどにしてほしいなぁ。

8月に台風が近づいてくるときは決まって子亀に会えちゃいます。
あっ漁港内で。
カメには苦難だけど毎年楽しみにしている自分もいる。。。
写真は沖に放流しながらゲストと一緒に撮影しました。

b0186442_21523259.jpg
今日のもう一つのハイライトはゴマモンガラ!

卵を守っている子を見つけたけど、全く襲ってこない!!!

50cmくらいまでよってもチラチラ見てくるだけ。

取り巻きのオスもユラユラ泳いでくるけど襲ってはこない。

魚も個体によってここまで性格が違うもんなんだなぁ。と感心するばかり。

世のゴマモンたちに見習ってほしいわ。





先日の話↓

b0186442_21523209.jpg
ここ最近の夜遊びでの一番のヒットがこの子。
チョウチョウウオの仲間のトリクチス期幼生
ちょっと模様が出ているので種が分からないかな〜。
今、小嶋純一先生にお聞きしているところです。
ひとまず世界的にも数例しか報告がないそうです。

b0186442_21175792.jpg
トビイカ(もしくはアカイカ?)
茹で上がったような体色で泳いでた(笑)
発光器もあるし美しい。


ではでは。


[PR]

by yakuumi | 2018-08-13 22:29 | 一湊タンク下


<< 夏が戻って来た!!      クロアナゴ属のレプトケファルス! >>