人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 20日

ミナミハタンポの大合唱

2019年7月19日(金)
曇り 南東風・波4-5m 
水温26.8℃ 透明度30m

台風接近で今日はダメかな〜と思っていたけど、
台風の気配を感じることすら困難なほど
陸も海も穏やかだった。
島の反対側ではそれなりに悪かったのかもしれないけど、
一湊はベタ凪、最強の海だな〜と思う。

海中ではミナミハタンポの大合唱を初めて聞いた。
何百匹と集まってグーグーと鳴きまくっていた。
一体これはなんなんだろうか。
ライトを当てるとすぐに散ってしまうので、
暗闇で音を聞いていた。うっすらと見える影は
上下に慌ただしく動いていて、求愛行動に見えなくもない。
また海の不思議に出会えた!
嬉しいなぁ。

ミナミハタンポの大合唱_b0186442_10503681.jpg
アヤトビウオ
夜の海では度々見られる。
アヤトビウオはヒレが美しい!

ミナミハタンポの大合唱_b0186442_10503625.jpg
オオカイカムリ

ミナミハタンポの大合唱_b0186442_10503670.jpg
ミナミハタンポの大合唱

ミナミハタンポの大合唱_b0186442_10503635.jpg
ハナオコゼ
千切れかけのビニールに包まって
何種類かの魚が暮らしていた。
問題のプラスチックゴミだけど、一旦海へ出ると
こうして多くの魚のよりどころになってしまう。
やがて付着性の無脊椎動物がゴミを住処に繁殖し始めると
一つの生態系にまで発展することもある。
安易にゴミを拾うと死んだり迷惑する生き物だっているだろう。
海の住人にとってはとにかく迷惑な話だ。





by yakuumi | 2019-07-20 11:38 | 一湊タンク下


<< 人魚とアオウミガメ      ホシカゲアゴアマダイ(ジョー)... >>