人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2020年 07月 06日

衝撃の産卵!カガミチョウチョウウオ!!!

7月6日 / 雨
タンク下×2
南西の風
水温26℃ 透明度20-30m
衝撃の産卵!カガミチョウチョウウオ!!!_b0186442_14452657.jpg
カガミチョウチョウウオの産卵

衝撃の産卵!カガミチョウチョウウオ!!!_b0186442_14452618.jpg
カガミチョウチョウウオのナズリング

衝撃の産卵!カガミチョウチョウウオ!!!_b0186442_14452635.jpg
産卵前に集まるカガミチョウチョウオ

遂に見てしまった!
ここ数年特に気にしていたチョウチョウウオの産卵!
いやーあっけなかったな。

最近SNSでチョウチョウウオの産卵をアップされているのを見て
愕然とした。
その写真をアップした張本人と潜っていたら
いかにも怪しいチョウチョウウオを発見。
これはー!!と思って指さしたらエキジット後に
「あれ今日産卵絶対しますよ!」って言われた。
ええーそんなあっさりといいますかー。
。。。。。
でもこんなに雰囲気あるのは見たことない!
そもそもいままで追いかけるほど怪しい個体を見たことないのに
yukakoさんが来たとたん現れるんだから驚くしかない。

屋久島来た頃にチョウチョウウオの産卵に関する記述がある本を見て
興奮して、それ以来気にしていたけど一切盛り上がることがなく
ここまで来てしまった。
その本を読みなおそうと本棚を探したけど何故か見当たらない。
たしかスノーケルでミスジチョウチョウウオの産卵を
見たという研究者の話だった。
20年以上前の薄い文庫本だったとおもうけど。
まぁその研究者も苦労したと長々と書いてあって、
まさにその通り全然見れなかったんだ。

この日はちょい早めの夕方のダイビングを終えて4ダイブ終了。
さすがにヘロヘロだし、時間もないだろうからと諦めていたけど、
行けてしまった。
超ギリギリでなんとか間に合った5本目。

産卵の瞬間は思っていた以上にあっけなく
ケントロピーゲくらいのちょっとナズリングのパッと産卵。
それも2ペアの産卵を見てしまった。
うぎゃー!!!
信じられない。。。。

yukakoさん見れましたよー。
もはや天使ではなくバタフライですね!
ちょっと悔しいけどまたひとつ新しい海の秘密を知ってしまった。

うしし。

色々とラッキーが重なったこともあるけど、
ここまで観察例が少ないのにはそれなりの理由があるだろう。
産卵はおそらく年に1回か数回と相当少ないはず。
あとは思っているより深い場所でやるのかもしれない。
とにかくひとまず見れた!
あとの難関サザナミヤッコとタテジマキンチャクダイ
オニダルマオコゼでしょ、サンゴではウスサザナミサンゴが見たいな。
あっ他にも結構あるな。

妄想が止まりませんね。

さぁ今日は何が見れるかな。



# by yakuumi | 2020-07-06 16:08 | 一湊タンク下
2020年 07月 06日

2連続!ホシカゲアゴアマダイの孵化!

7月5日 / 雨
タンク下×たくさん 横瀬 大瀬 西部など (3-5日のデータ)
南西の風 水温26℃ 透明度20-30m
2連続!ホシカゲアゴアマダイの孵化!_b0186442_10325736.jpg
日本在住の中国人フォトグラファーの張(K Zhang)さん
いらしていました。
火星までとんで行けそうな不思議なカメラシステムでみんな興味津々。
そしてジョーをスヌートで見事に射抜いていただきました。
っていっても1回目は油断して軸合わせの最中にハッチしてしまったので
5分後に運よく見れた2度目のハッチ
(卵をほとんど見せてくれない子だったので確信もてず)
で決めてもらいました。
またスヌートで真上から射抜くとジョーが普段通りハッチして
くれない可能性が高いので前日に角度を調整してもらいました。
初めて見る方にはとてもお勧めはできない撮り方ですが
こうして写真で見ると主題が際立って良いですね。

2連続!ホシカゲアゴアマダイの孵化!_b0186442_10330498.jpg
こっちはスーパーハイアマチュアの(なんじゃそりゃ)yukakoさん
に撮ってもらいました。
奇を衒わずにストレートに生態を写し取った見事な写真です!
どっちの写真が好きかひとそれぞれでしょうねー。

それにしても張さんの滞在中に見れそうなのはこの子だけだったので見れて良かった。
ジョーの生態は産卵から求愛、ハッチまで十分にデータはある。特に産卵時間は
悩んだこともあるけど、今は確信している。
一応20分以上のゆとりをもって海辺に到着したんだけど、
信じられないことに他店がすでに潜っていた。
ひー、、、、、、前回の悪夢が蘇る。。。
しかも今回はゲストあり。。。
日の出の明かりを目安にハッチアウトをするジョーは
個体差はあれどライトの明かりで予定よりも早くハッチアウトをしてしまう。
だから、、、そりゃーもう大慌て!
結局なんとか間に合って、撮影してもらうことが出来たのでとにかく良かった~。
自分の場合はゲストがいても一人でもジョーが自然の状態でハッチできるように
極小光しかあてません。
(これから始まるなーという1-3分前にはオートフォーカスが
撮れるような明るさにすぐ調整しますよ!)

今回は人と生きものでしたが、こういった生き物たちの一挙手一投足を
そのストーリーと共にゲストの皆さんには感じて頂きたいなーと常々思っています。


2連続!ホシカゲアゴアマダイの孵化!_b0186442_10330125.jpg
こちらはジョーの前夜に張さんに撮ってもらったもの。
これまたさすがのライティングですね!


2連続!ホシカゲアゴアマダイの孵化!_b0186442_12080783.jpg
日中はハナビラクマノミの産卵を初めから観察できた!
屋久島では再生産を滅多にしないハナビラクマノミだけどこの3年くらい
見られている。
屋久島に的には貴重な産卵シーン。
でも一番面白いのはやっぱりこの共生関係かな。
ハナビラクマノミだけではなくセンジュイソギンチャクも屋久島では
かなり珍しい。その珍しいもの同士がこの広い海の中で
ごく自然に寄り添い合っているということに、驚きを隠せない。
こんな不思議を感じてもらいたくてガイドしてるんだろうな。

ではでは。





# by yakuumi | 2020-07-06 13:06 | 一湊タンク下
2020年 07月 02日

100000匹のギボシムシ!久しぶりのミヤケテグリ産卵!

7月1日 /晴れ
タンク下×2 南西・波4-3m
水温27℃? 透明度20-30m

100000匹のギボシムシ!久しぶりのミヤケテグリ産卵!_b0186442_09581019.jpg
ギボシムシの仲間のトルナリア幼生

あれ、、、、光回線で快適ライフのはずが突然のネット断線。
原因不明。新入生の子猫の仕業かもしれないが分からず。
しばらくまたネット難民。
それと同時にメインPCも壊れて撃沈。
ついで炭酸を作るにソーダストリームまで壊れた!
ちょっと前には室内でリチウムイオン電池が発火するし、
何か悪いものが憑いている気がする。。。。

100000匹のギボシムシ!久しぶりのミヤケテグリ産卵!_b0186442_09581056.jpg
一昨日はエントリーするなり微小プランクトンに覆われていた。
目を凝らすとギボシムシだ!!!
こんな大集団は見たことがない。
タンク下の一角だけだったけど何十万とか何百万とか
とんでもないかずがいた。
きっとこういうのこそ、一生に一度の出会いなんだろうな。
地味だけど。
んー興奮した。
地味に!

100000匹のギボシムシ!久しぶりのミヤケテグリ産卵!_b0186442_09581086.jpg
ミヤケテグリの求愛
これは昨日発見。
今年は中型のネズッポ科も少ない。
セソコかコウワンをいつも観察していたけどいない〜!
で、ちょっとだけリクエストがあったので探していたら
なんとか圏内にいた。
大きなメスに小さなメス。
これまたイレギュラーだな。
もっと大きなオスがいたはずなんだけど、
捕食者に食べられて、こんなアベコベなペアになったのだろう。
迫力はやや足りないけど、やっぱり素晴らしい!

今日も夜まで行ってきますかー!



100000匹のギボシムシ!久しぶりのミヤケテグリ産卵!_b0186442_10175023.jpg
「かくれているよ海のなか(アリス館)」
発売中です!
お店にもありますのでお土産にどうぞ!



# by yakuumi | 2020-07-02 10:20 | 一湊タンク下
2020年 06月 30日

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。

6月25日 /雨
タンク下×3
南西
水温27℃ 透明度20-30m

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11391195.jpg
ホシカゲアゴアマダイと卵
連日タンク下で朝から晩まで、というか朝と晩だけ潜ってました。
今年こそは!とジョーのハッチを見に来たゲストと短い滞在期間で
狙いましたが一日足りず。
夜明け前のビミョーな動きのジョーを見続けました。
チーン。すいません。
悔しいので翌日、一人で一応確認に行ったら
すでに他店に囲まれていて、しかもライトの影響で
早めのハッチが始まっており、到着時点ですでに終盤。
到着が1分遅かった。
まさにチラ見しただけというなんともガックリの結果に!
今年はジョーの個体数が例年の1/3と去年の1/2よりも
さらに少なくなってしまったけど、その分確認が楽だから
意外と見落としが少なくて良いなーと思っていたけどやっぱ
多い方が良いですね。

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11372732.jpg
卵の世話をするクマノミ
夜はクマノミのハッチアウトやオキザヨリのハッチアウト、
コブシメのハッチアウトなどなかなか盛り上がっていました。
ニシキフウライウオの求愛も見れました。



ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11364214.jpg
産卵直前のニシキフウライウオ
各ステージの卵がみっちり!
そして交接が行われて、同時にハッチアウト!!!
これも年々観察クオリティーが上がってきた。

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11371107.jpg
ニシキフウライウオのハッチアウト
この日は結構たくさんの子供が生まれた!

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11363252.jpg
チョウチョウコショウダイ幼魚
今年もやってきてくれましたねー。
ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11362577.jpg
ミミズクガニ
そして何気にめちゃくちゃ嬉しかったのがこの子
7,8年前に一度見ただけ。
それ以来ずっと再開を待っていたんだ!

ハッチアウト祭り!ニシキフウライウオ、ジョー、クマノミなどなど。_b0186442_11362625.jpg
ミミズクガニの背中にはイソギンチャクがたくさん!
しかしこれなにイソギンチャクだろう。
誰かわかる方教えてください!
前回と違うイソギンチャク?だから、特に固執性はなさそうだけど。

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃でした。

ではでは。





# by yakuumi | 2020-06-30 12:30 | 一湊タンク下
2020年 06月 26日

コブシメとオキザヨリの孵化!

6月25日 /晴れ
オツセ×2  タンク下×2
南西風 中潮③月齢3,8 
水温27℃ 透明度25-30m
コブシメとオキザヨリの孵化!_b0186442_09150550.jpg
孵化直後のコブシメ
今日もたくさんのコブシメがハッチアウト!
そして気がついたらこんな状態に!
個人的にはかなり衝撃的なシーン。
バラバラに孵化しているのに、なぜこんなにまとまっているのか!?
わかりますか?
僕は50%くらいは理解できましたよ。
2年前にワイルドライフの取材で散々コブシメを追いかけたけど、
まだまだ発見があるものです。
海の神秘を感じたひとときでした。


コブシメとオキザヨリの孵化!_b0186442_09150513.jpg
オキザヨリもハッチアウト!!
って孵化の瞬間は見ていないけど、まず間違いないでしょう。
生まれたてはこんなに可愛い顔なんだ。

コブシメとオキザヨリの孵化!_b0186442_09150420.jpg

ちなみに日中は今日も西部でドーンと、遊んできましたよ!
南風が強くなってきて灯台は潜れなかったけど、気持ちよく漂ってきました。
西部は花崗岩の岩肌がとにかくカッコいい。
あっ水温と透明度がちょっと落ちた。
安定の黒潮はもう少し先か!?

さて明日からは(今からだけど)ネチネチ遊ぶぞー!




# by yakuumi | 2020-06-26 09:27 | 一湊タンク下
2020年 06月 24日

黒潮本格的に接岸か!?ギンガメアジの大玉!!

6月23日 /晴れ
東風 中潮月齢1,8 
水温26-27,9℃ 透明度30-40m
黒潮本格的に接岸か!?ギンガメアジの大玉!!_b0186442_08155230.jpg
連日潜らせて頂いています。
毎日3ダイブすると心地よい疲労感がありますね。
昨日はうっかり夜まで4本潜ってしまった。

さてそんな昨日は久しぶりの永田で黒潮に出会いました。
7月に入ると黒潮は3ヶ月くらいほとんど離れることなく屋久島近海を
通ります。早い時は今くらいから留まってくれます。
このまま夏モードだと嬉しいなー。

これまた久しぶりの永田灯台では数千のギンガメアジに巻かれました。
ゲストがギンガメで見えなくなるくらい!!
1分ちょっとの観察後どわーっと去っていった。
この潔さが好き。

黒潮本格的に接岸か!?ギンガメアジの大玉!!_b0186442_08002999.jpg
ナガニザの大産卵
そうか、新月周りか。2本目は大群はいなかったけど
打ち上げ花火の様で面白かった。

黒潮本格的に接岸か!?ギンガメアジの大玉!!_b0186442_08002328.jpg
リュウモンサンゴの群落
年々見応えが増している気がする。

黒潮本格的に接岸か!?ギンガメアジの大玉!!_b0186442_08004727.jpg
コブシメの赤ちゃん
夜はまた賑わってますねー。

仕事まえにサクッとアップできちゃう。
光回線ありがたし!

ではでは〜。


# by yakuumi | 2020-06-24 08:10 | 西部
2020年 06月 18日

ゆるりと営業再開!

6月17日 /曇り/雨
水温25℃ 透明度20m

ゆるりと営業再開!_b0186442_09545876.jpg
トックリガンガゼモドキにつくガンガゼエビ

一昨日7ヶ月ぶりに屋久島の海をご案内してきました。
1名のゲストとのんびりと、卵祭りを楽しめました。

まだ観光受け入れ態勢が整っていない面もあり、
飲食店や宿、公共の場所も閉鎖中の場所もあり
多少の不便もあったようです。
うちのお店も、しばらくごく小規模にとはいえスタート
するにあたり通常とはいくつかサービスが違います。

HPのトップにコロナ対策
が載っていますが
これは一般的なダイビング業界である程度共通の自主ルールです。
まずはご一読ください。

その他当店で通常と違うこと。

一番はお店(志戸子集落)には当面寄りません。
どうしても寄る必要がある場合は最小限で立ち寄ります。
ログは休憩中やメール、SNSで行います。

飲み物はご用意していますが
ご自身でも何かお持ちください。
飲み物で使用したコップは個別に管理してください。

車は最大でゲスト4名さままで乗れますが、
気になる方はレンタカーをお借りいただく様お願いしています。

なんだか来るのが嫌になりそうですが、
こんなご時世もあり屋久島の自然はいつも以上に
みなさまを癒してくれると思います。
僕自身がそう感じています。


ゆるりと営業再開!_b0186442_09545771.jpg
ヒレナガスズメの卵保護
孵化直前のまばらな卵を真新しい黄色の
卵が包み込む様に生み付けられていた。
気付き辛いけどなかなかお目にかかれないシーンですね。
ゆるりと営業再開!_b0186442_09545705.jpg
エソも仲良く寄り添う季節です。
これにちょっかい出すと、楽しいんですよね〜。

ではでは。


# by yakuumi | 2020-06-18 10:27 | 一湊タンク下
2020年 06月 14日

初確認!タケノコミドリイシ産卵!

6月14日 /晴れ
シトコ
水温25℃ 透明度30m

数日前ですがサンゴが産卵しました。
屋久島のサンゴたちは種を変えながら6−10月くらいまで産卵します。
今回が始まりで、来月が屋久島的にはピークですね。
一番遅いので確か10月中ごろだったかな。
そして面白いことに屋久島では満月ではほとんど産卵が見られない。
世間一般では満月の夜に、、、神秘的な、、、、。
なんてイメージだと思うけど、実際は全然違う。
でも神秘的!ってとこは、今回はバッチリ。
サンゴの卵を貪り食うチョウチョウウオ はいなかった。
あれは楽しいんだけど、
神秘的を表現したい時にはちょっと邪魔だったり(笑)

初確認!タケノコミドリイシ産卵!_b0186442_21383030.jpg
水面は卵と精子で不思議な模様が出来上がっていた。

初確認!タケノコミドリイシ産卵!_b0186442_21383134.jpg
粘菌?とか思いながら撮影。
赤いのが卵。

初確認!タケノコミドリイシ産卵!_b0186442_21383204.jpg
コユビミドリイシ
一群体だけ産卵を確認。

初確認!タケノコミドリイシ産卵!_b0186442_21383180.jpg
タケノコミドリイシ(新称)

Acropora papillare Latypov, 1992

水深2mもないような極々浅瀬でタケノコミドリイシ、あるいは
マツカサミドリイシ?が産卵した。
この種はどうやら今回がピークのようだ。
これはこの10年で初めて確認!
ネットではタケノコミドリイシ自体が出てこないから
ほぼ誰も見たことがないサンゴの産卵に立ち会えたことになる。
だーれもいないのが、ちょっと寂しくもあり、
感動的でもある。

そうそう昨日今日と今年一の猛暑日。
そんで今年はハネアリがいない!
まだ家で数匹しか見ていない。
これも屋久島の風物詩として一応記録しておかなきゃ。
ではでは。




# by yakuumi | 2020-06-14 21:57 | 志戸子
2020年 06月 12日

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。

6月11日 / 雨
水温25℃(?) 透明度30m

屋久島にもついに光回線が来ましたよー!
開通まで幾多のトラブルを乗り越えて、、、
もうサクサクで快適すぎて写真も無駄に載せちゃいます!
うちの集落は屋久島ないでもワースト1,2を争うほどネット環境が悪く、
ブログ用の超絶圧縮した画像すらアップできずに、ブログを更新するたびに
ストレスが増していくほど酷かったんですよ。
それがねー、今はサックサク!
クリックしたGメールがすぐに開くという、当たり前のことに幸せを感じています。
ヤフーニュースだってすぐに表示されちゃうし、
雨が降ってもネットが使えるし、
幸せだな〜。


https://youtu.be/3Ye_5TMf9MQ

youtubeがなぜかアップできないからクリックしてご覧ください!


さて今日は久しぶりにお宮前に調査!
ビーチで!

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465798.jpg
チンヨウジウオ
去年から見られてるこ。オス?の方は体の長さが半分に
なってたけど元気そうだった。。しっぽの方から食べられたのかな?

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465673.jpg
モンスズメダイ
スズメダイはみんな繁殖期に突入!
そこかしこで卵を守ってます。

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465638.jpg
ハナゴンベの幼魚(1cm)もでてきてますねー。

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465614.jpg
ある方のリクエストでトモシビイトヒキベラの調査!
熱い気持ちさえあれば、これくらいは簡単に撮れちゃいますよ!
バリバリの婚姻色を狙ってまた行かないと。

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465574.jpg
トモシビイトヒキベラ 若魚

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465515.jpg
マルスズメ幼魚

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465430.jpg
マルスズメダイ幼魚


光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465416.jpg
オオモンハゲブダイ雄の求愛
産卵間近でブルブル打ち震えながら泳いでいた!

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465477.jpg
ブダイやベラの若魚の集まり

光回線きたー!屋久島PV第2段アップしました。_b0186442_10465360.jpg
スミレナガハナダイの若魚(雌)


豪雨でもネットサクサク快適フェア開催中〜。
でした!



# by yakuumi | 2020-06-12 11:36 | お宮前
2020年 06月 03日

黒潮接岸!ついでに梅雨入り!


6月3日 / 雨
永田
水温26℃ 透明度30m-40m
黒潮接岸!ついでに梅雨入り!_b0186442_11413318.jpg
1日に梅雨入りしましたね。
それと同じくらいから黒潮がどーんとやってきています。
陸が薄暗い陸から海に入ると海中が明るく輝いているように
感じるくらい。

もう営業の準備を始めなきゃいけないんだけど
ここ最近奔放に遊んでいたからなかなか、気持ちが切り替えられない。。。
今回のコロナ騒ぎでは島の生活のマイナス面をはるかに上回る
プラス面を感じることができた。
毎日海に潜れるし、給付金ももらえたので、もうしばらく
引きこもってもいいかなー、、、、とかちょっと思う。
けど
皆さんとお会いするのがちょー楽しみだから準備しよっと!

今のところ6月の3週目が仕事始めになりそうです。
黒潮接岸!ついでに梅雨入り!_b0186442_11425110.jpg
家族や友人と海でぷかぷか。
気持ちいい〜。


黒潮接岸!ついでに梅雨入り!_b0186442_11450196.jpg
屋久島町でもようやく光回線が入ることになったので
今年は動画に力を入れていきますよ。
まずは

をご覧ください。

おおくまよしゆき は
コーヒーとかき氷のお店「雪苔屋」の店主ですね。
うちでたまに出してるコーヒーも雪苔屋の豆です。

そんで
Itaru Takaku の「Fish & Ocean」
ユーチューブチャンネルぜひ登録お願いします!
屋久島の海中世界を中心に海の色々な
不思議や発見をアップしていきます。

ではでは〜。


# by yakuumi | 2020-06-03 12:17 | 西部
2020年 05月 26日

大迫力!コブシメのケンカをGopro7とINONレンズで撮る!

5月26日
曇り/雨
水温23,9℃ 透明度20m-

あと少しですね。
緊急事態宣言は解除されましたが、鹿児島県および屋久島町では
県外からの受け入れを控えてもらうよう呼びかけています。
宿やガイドツアーなどの多くは6月中頃あたりから始めるところが多そうです。
そんなわけでうちのお店でも6月中頃より動き始めようと思っています。


さて今日は雨の中のダイビング。
毎日潜っていましたが一人の世界に入り込んでいたので
全然ブログに上げれませんでした。
GWに例年盛り上がるコブシメは全く盛り上がらなかったけど
中頃になって一部で盛り上がりました。
随分とコブシメ撮ってるけど、何度見てもやっぱり楽しいですね。
最近は光回線導入もあるので主に動画を撮っています。

大迫力!コブシメのケンカをGopro7とINONレンズで撮る!_b0186442_22284334.jpg
大迫力!コブシメのケンカをGopro7とINONレンズで撮る!_b0186442_22471253.jpg
Gopro7
INON 水中セミフィッシュアイコンバージョンレンズ UFL-G140 SD

INON SDフロントマスク for HERO5/6/7


GoproとInon社のセミフィッシュアイレンズの組み合わせが神がかってる。
と感じてます。
一眼レフにお高いレンズをつけて撮るよりも良い絵が撮れてしまったりして
愕然とするほど。しかも4Kなので超キレイ。
夕暮れになると流石に粗さが目立つけど、日中の切れ味はとにかく凄い。
Goproの小ささに加えて、このレンズを付けると、
レンズギリギリからパンフォーカスで撮れてしまう。
一眼レフではありえない。
いやーほんと、凄い!

大迫力!コブシメのケンカをGopro7とINONレンズで撮る!_b0186442_22561516.jpg
ゴープロにアダプター(フロントマスク)つけて、
そんでこのレンズを取り付ける。
そうだ、gopro8にもそろそろ対応するようですよ。
大迫力!コブシメのケンカをGopro7とINONレンズで撮る!_b0186442_22553593.jpg
このINONの伸縮アームに取り付ければ生物の警戒心がかなり緩む。
いかに生き物を警戒させないか。
それで絵が劇的に変わるんですね。


ちなみにこれらの販売もやってますよ。
ダイビング用品全般から水中撮影機材まで結構取り扱ってます。
宣伝したこと一度もなかったので一応書いておきます。

ではでは〜。


# by yakuumi | 2020-05-26 23:05 | その他
2020年 05月 12日

襲撃♂のアカウミガメ!

5月12日
永田 / 雨-晴れ-曇り
水温25,1℃ 透明度30m

襲撃♂のアカウミガメ!_b0186442_21532507.jpg
今日も暇ですねー。
暇で暇でしょうがないけど、なんか忙しい。
見えない圧に追われ続けている。
早く抜け出したい。

今日は久しぶりに永田のヨスジ魚礁へ。
あれ、、、、。
随分久しぶりだけど、魚礁が埋まってる、、、。
もともと小さかったけど、50cmかもうちょい砂に埋もれて
しまったようでスケールが半減。
魚の数も半減。
アカウミガメにはオス1頭、メス3頭出会えた。

オスは相変わらず背後から忍び寄ってくるので
恐ろしい。写真は襲撃された図。
動画からの切り抜き画像です。

襲撃♂のアカウミガメ!_b0186442_21473080.jpg
永田の集落
右上に見えるのがメインの集落。
宮ノ浦と安房の2大都市をのぞいて
屋久島の集落はだいたいこんな感じ。
僕が住む志戸子集落も素晴らしいけど、
永田はまた格別。

小さな問題は尽きないけど、
ほんと自然が豊かでいい島です。





# by yakuumi | 2020-05-12 21:59 | 西部
2020年 05月 11日

6月の営業について 〜黒潮とソデイカの卵塊〜

5月11日
一湊 / 雨
水温24,9℃ 透明度30m-40m
 
6月の営業について 〜黒潮とソデイカの卵塊〜_b0186442_12505072.jpg
ブログにログインできずに久しぶりの更新となってしまいました。
写真家ブログの「海を歩く」を代わりに更新してました。

さてGWも明けて鹿児島では経済活動が再開し始めているようです。
うちのお店は5月も仕事がなくなったので、5月は引き続きおやすみさせて頂きます。
でも、
6月1日より営業を開始します。
通常営業とはいかず制限がついてしまいますが、
コロナを乗り切るまではご了承ください。
対策と対応については近日中にアップします。

さて昨日、黒潮が来ました!
一昨日から水温も透明度もグーンと上がって最高です。
今年は流れ藻があまり打ち寄せられなかったけど、
黒潮とともに少し入ってきた。その辺りをウロウロしていると
なんとソデイカの卵塊!!
かなりキレイな状態。曇天の暗い水中でストロボ光を
浴びると怪しい色合いが浮かび上がった。
うーん素晴らしい。卵塊の中はゼリー状物質で満たされているようで
外側に卵が圧縮された螺旋状に並んでいた。
伸び縮みする様がまた楽しい。
ちなみに動画撮影気分だったのでストロボはなく、
ライトで撮りました。
6月の営業について 〜黒潮とソデイカの卵塊〜_b0186442_12505005.jpg
ソデイカの卵塊(1,5m)

下は一昨日とったもの。
黒潮接岸の予兆があったな。
6月の営業について 〜黒潮とソデイカの卵塊〜_b0186442_12504970.jpg
巻貝類のベリジャー幼生
外殻がゴツゴツしてる初見のタイプ。
トゲトゲだからオニサザエか?
まぁ全然分からないけど。


6月の営業について 〜黒潮とソデイカの卵塊〜_b0186442_12504974.jpg
これも巻貝類のベリジャー幼生
ベーラム(泳膜)の形が恐ろしく可愛い。
今年は巻貝の幼生が豊作だ。
殻長3mm程度なので気が乗ってないと撮影はできない。

さてもう昼だけど、海は真っ青で
そわそわしてしょうがない。
ってなわけで、行ってきまーす!


# by yakuumi | 2020-05-11 13:22 | 一湊タンク下
2020年 03月 07日

海底の春はどこへ?かつてない海底の春。

2020年3月6日

春が近いですねー。
暦上はもうとっくに春か。
海底も例年ならとっくに春の芽吹きが始まっている頃。
なのに海藻(ミルやアオサ、フクロツナギなどの紅藻類)が
全然見当たらない!
かつてないと、タイトルにあるかつては
この11年だけど、こんなの初めて。
なんだかさっぱりしている。
あまりにも環境の変化が激しくて
ちょっと慣れてしまいそうだけど、やっぱり
何かがおかしいと思う。絶対に。
海底の春はどこへ?かつてない海底の春。_b0186442_23532400.jpg
写真はオオハナガタサンゴ。
サンゴはもちろん動物なんだけど、褐虫藻が光合成をすることによって
成り立っているから藻類というのか植物みたいなものでもある。
そしていつが旬かといえば今だ!
毎年春になるとハナガタサンゴの色合いが鮮やかになる。
それはサンゴの食物としての働きによるものだろう。

なんだかんだで、季節は移り変わっている。

さてまたしばし旅に出ます。
しばらくは下記ブログにて書く予定です。
「海を歩く」 (カナダ編)

ではでは〜。


2020年度の営業期間
4月18日(土)-11月15日(日)

-シーズンのオススメ-
4月末−5月末 
コブシメの産卵、春のタイドプール(美しい)、海藻と。
6月-7月
多くの生き物の繁殖期のピーク!
アカウミガメ、サンゴの産卵、ジョーフィッシュ、テグリなど
7.8.9月
文句なしの黒潮どかーん!
とにかく気持ちいい!何してもOK。
10.11月
黒潮が不安定になるも、
海は安定して良い!

※受け入れ人数が少ないため団体さまはお早めの予約をお願いします!
※来年も口永良部、硫黄島を中心に遠征も行います!
4名いて海が凪ていれば負担が少なく行けます!


# by yakuumi | 2020-03-07 00:52
2020年 02月 18日

2020年も屋久島ダイビングライフ!

2020年2月18日

久しぶりの更新です。
明けましておめでとうございます!?
海外逃亡生活から一時帰国し、また次の旅へ向けて、
それと屋久島のシーズン開幕に向けての準備で
アワアワしています。

本日の屋久島は冬将軍の到来で寒さマックス!
宮之浦から見る山々も雪化粧しています。
春が待ち遠しいですね。

さてGWですが珍しく予約が埋まってきています。
まだ空きはありますが宿の方が予約が取れなくなってきているので
ご検討の方はお早めにお願いします。
2020年も屋久島ダイビングライフ!_b0186442_12342835.jpg
写真は夏に家族でスノーケリングをした時に撮影。

シーズンが待ち遠しいなぁ。
それまでもうしばし、海外で修行を積んできます!

ではではー!!


2020年度の営業期間
4月18日(土)-11月15日(日)

今年はなんだかんだで予定より早く始め、
終わりもノビノビになってしまったので
少し伸ばしました(笑)

-オススメ-
4月末−5月末 
コブシメの産卵、春のタイドプール(美しい)、海藻と。
6月-7月
多くの生き物の繁殖期のピーク!
アカウミガメ、サンゴの産卵、ジョーフィッシュ、テグリなど
7.8.9月
文句なしの黒潮どかーん!
とにかく気持ちいい!何してもOK。
10.11月
黒潮が不安定になるも、
海は安定して良い!

※受け入れ人数が少ないため団体さまはお早めの予約をお願いします!
※来年も口永良部、硫黄島を中心に遠征も行います!
4名いて海が凪ていれば負担が少なく行けます!


# by yakuumi | 2020-02-18 12:48 | その他