人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 35 )


2019年 08月 25日

雷ときどき漂流寸前!〜海洋ゴミの脅威やら夏の華〜

2019年8月25日(日)
雨時々雷 南西風・波2m
水温29℃ 透明度40m

昨晩からの激しい雷が続き午前中は暗かった。
海の中に入れば青いけど流石にくらいな〜。
でもなんだかんだでやっぱり夏の海。
ハタハテハゼの幼魚が多くひとまず5匹まとまった。
タテジマヘビとイシガキカエルの幼魚もたくさん。
クマノミが季節外れの産卵!
昨日も今日もホムラハゼは健在。

昨日今日のカメラに残っていた写真から振り返ってみよう。

b0186442_21085729.jpg
永田灯台
屋久島一のドリフトポイント。
灯台とその風景も、海中の地形も、魚影も
とにかくカッコイイ海だ。
今日は大したものがいなかったけど
それでもやっぱり男前な海だ。
b0186442_21085716.jpg
花崗岩の大岩をドリフトで流れる。
そこへキビナゴの大群!
屋久島の観光名所の千尋の滝よりも迫力を感じる
花崗岩の一枚岩。これだけでもみる価値あり。
そして水深40mにある大岩は屋久島一カッコイイ。

b0186442_21085759.jpg
今日一番の大事件!
エキジットしようとしたら船が、、、、。
プロペラに大量のゴミが絡まってとんでもないことになっていた。
幸いにもすぐにゴミを切り離すことができたけど、色々と大変。
これは最近問題となっているマイクロプラスチックや海洋ゴミ問題の
一旦だろう。

 加えて、ゴミの46%を化学繊維の漁網が占めており、
その他にもロープ、養殖カキの間隔を空ける管、ウナギを捕るわな、
かご、箱といった漁具が含まれることも明らかになった。
「National Geographic News」より

b0186442_21085769.jpg
船底と同じくらいの面積があった。
水面からはほんの一端しか見えない。
そう陸から見ても海の中の世界はわからない。

b0186442_21284918.jpg
シシマイギンポ
相変わらず可愛すぎる!
水面下で荒波と戦いながら撮ることに
快感すら覚える(笑)

b0186442_21282956.jpg
ホウセキキントキ
め、目が〜!!!!
目の奥にタペタム(輝板)があって
それがライトの光を反射している。
アカメやネコの目と同じ構造のはず。
これを見たゲストの叫び声がいい感じだった。

b0186442_21085739.jpg
フリソデエビのペア
いい感じのペアみっけ!

b0186442_21085735.jpg
ニシキフウライウオのペア
今年は当たり年。
一体どこから流れてくるんだろう。
これは本当に知りたい!

b0186442_21085849.jpg
シモフリタナバタウオ
屋久島には撮りやすい個体が多い。
この魚はある魚に擬態していると言われている。
本当か??といつも疑念がよぎる。

b0186442_21085854.jpg
ハナビラウツボ
シモフリタタナバタウオが擬態の相手に選んでいるのはウツボ。
たしかに似ているような気がしなくもない。
ウツボを襲う魚はそうそういないだろうし。
両者ともわりかし近いところに生息している。

こんな疑問や不思議を少しでも
知ってもらいたいと思い、一応紹介しているけど、
伝えきれていないような気がする。
スレート簡略文字が理解できていればいいのだけど。。。


b0186442_21085885.jpg
ゴマモンガラの卵守り
キタキタ!ゴマモンだー!!!
もう大好物だからとにかく嬉しい(笑)
ここの子は毎年良い子。
一応僕が実験台となり接近してみる。
写真上のダイバーは遠くでうろついている
オスのゴマモンを警戒中。
いずれも大丈夫だった。
各ポイントのゴマモンの個性を把握できてきた。

b0186442_21085742.jpg
ジョーの子供。
各所で見かけるようになってきた。
これでも2回りくらい大きくなった。


ではでは〜。



by yakuumi | 2019-08-25 21:54
2015年 10月 16日

幻のクリオネ・ヒョウタンハダカカメガイ現る!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北東
【 水温 】  26℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_2262678.jpg
ヒョウタンハダカカメガイ 5mm
幻のクリオネ現る!!
峯水さんにより60年ぶりに発見され、新種記載されたときの記事です↓
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51344180.html
この時自分は大瀬で働いていた。
朝潜りで浮遊生物が良い感じだったので、すぐに峯水さんに電話。そしてこいつが見つかった!
思い出の子がに、ようやく会えた!!
小さすぎるし、サーモクラインあるしで、まともに写ったのは1カットのみ。あ~悔しい。でも嬉しい!

そして昨日からブラックウォ-ターダイブ屋久島を一人開催中!
ライトは
フィッシュアイ社の FIXneoDX2500 ×2
イノン社の LEライトシリーズ × 3 
でささやかにやっております。
ライト持ってる人タンク下集合で~。
今日も出撃です。

ちなみにヒョウタンハダカカメガイは今日の日中に撮影しました。

by yakuumi | 2015-10-16 21:59
2014年 11月 18日

黄色いピグミー

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

16日
【ポイント】   お宮前 / 横瀬  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 東1m
【 水温 】   24、5℃  【透明度 】  30~40m  【 潮 】 

17日
【ポイント】   オツセ / オツセ  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北1.5m
【 水温 】   24.7℃  【透明度 】  30~40m  【 潮 】 

18日
【ポイント】   元浦  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北西2m
【 水温 】   23℃?  【透明度 】  5~10m  【 潮 】 

う~~~~ん、なんて不精なんだろう。
いまだにHPには「屋久島ダイビング日記毎日更新!のはず(笑)」とか書いてあるけど、
ゲストが少なくなったこの時期ですらまとめ書きってどうなんだ。
2年位前まではどんなに忙しくても血反吐を吐きながらでも、書いていたはずなのに。。。
でもこんなことになる未来を予測して毎日更新の後に「のはず(笑)」と書いてあるあたり
先見の明があると言うのか、なんと言うのか。。。。。

はい。どうでも良い話は置いといて、この3日間は一応今シーズン最後と思われるガイドをしてまいりました!
11月も後半に入り、陸上の気温がガクッと下がり、冬型の気圧配置になり始めていることを考えると、潜り辛い季節になりました。
それでも水中は黒潮も当たりまた24℃を越えたし、装備さえしっかりしていれば潜れます。
でもうちのお店としては12月からは一応冬季休業に入ろうと思っています。
まぁ島にはいるので仕事が入れば状況によっては潜りますけどね~。
これからの季節に来る方は、しっかりとした防寒対策で来て下さいね!!
明日からは自分のために潜りつつ、来年への準備を着々と進めていこうかと思います。
あっ稼ぎがなくなるので畑は基本ですかね(笑)

b0186442_1856899.jpg


さて15日は調査でタンク下。
なんとクラゲの海!そこでエントリー早々に今年のベスト5には入る写真が撮れた!?
でも少しの間見せれませんが~(笑)

b0186442_18551917.jpg
ピグミーシーホース
16,17日は黒潮ど~ん!青い~~~~!陸のうえが寒いので海の中は温泉みたいな暖かさ!
これは、大げさじゃなくて本当にお湯だと錯覚するほどの温かさでした。
でも17日はレンタルウェット由佳ちゃんはボートで寒そうでかわいそう。。。
海の中はタカサゴ系やヒメテングハギの群れなどが多く賑やか!小物もピグミー、ハナヒゲウツボ、ハダカハオコゼ、クダゴンベなどなど定番の生き物達が見られました。
そうそう、横瀬ではなんと黄色いピグミーを見っけた!
う~ん屋久島ではまだまともに(一眼で)撮った事ないので撮りた~い!

b0186442_18554768.jpg
オオアカホシサンゴガニ
18日は予想以上の時化。。。
比較的に凪ていた元浦に入ってみたけど、透明度悪く1本で終了。
3日間ご一緒した美紀さんは前の2日間でだいぶ満足してくれたようだったので、良かった~。

b0186442_18562817.jpg
ハナヒゲウツボ

ではではまた~!






『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2014-11-18 18:20
2014年 10月 24日

人を食べそうなニセゴイシウツボ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦×2 / タンク下  【 天気 】  曇り時々雨  【 風波 】 
【 水温 】   25,2℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 

b0186442_2259523.jpg
きましたね~。
年末が近くなると何かに追われる様にしてやってくるアザハタ中毒患者!
6,7年アザハタで年賀状を出しているようで、良い絵を撮らなきゃ年が越せないようです(笑)
今年は新アイテムでの撮影で、水晶玉のような素敵な写真を収めてもらえた!
初日の2本でOKが出たので今年はマクロでも遊べそう~。


b0186442_2363368.jpg
ニセゴイシウツボ
オドリハゼを見せようとゲストを呼び示そうとすると巨大なニセゴイシウツボが突然現れた!!!
モビング?をされているのかウツボの周囲にはここら辺一体の魚が集まっていて異様な光景だった。
人を食べそうなとか書いてしまったけどニセゴイシは性格の大人しいウツボなので襲ってくる事はない。
しかし2m近くありそうなこの巨大さを見てしまうと、流石にあまり近づきたくない。。。


  「ガイド会世界の海ブログ」 更新しました!
ヤドカリの魅力が詰まってます!?(笑)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2014-10-24 23:19
2013年 12月 01日

口永良部島のサンゴ調査、ついでに湯瀬!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  口永良部島( 寝待 / 岩屋泊 ) / 黒島 / 湯瀬   【 天気 】  晴れ時々曇り
【 風波 】 北西1,5~2m  【 水温 】  21℃  【透明度 】  30m / 20m  【 潮 】 

b0186442_16545971.jpg
湯の華舞う海とミスジチョウチョウウオ
恒例のサンゴ調査、遠征偏!
今回は口永良部島と三島(黒島、硫黄島、竹島)と1泊2日で周ってきた。
調査員の人数が少ないこともあり、サンゴ調査と生物調査(遊び)を織り交ぜて2日で8本!
海況は予報よりも随分と悪かったけど、なかなか充実した調査が出来きました。

1本目は海中温泉の沸く寝待。
温泉の沸く所はめちゃくちゃ気持ちいい!!
しかし入ったら最後、気持ち良過ぎて出られません。。。


b0186442_16552137.jpg
リュウモンサンゴの群落
2本目は岩屋泊。
ここのサンゴ群落は本当に美しい!
浅場には生まれたての枝サンゴが所狭しと生えていて見ているだけでウキウキする。
ただ今回は全体的に痛んでいるサンゴも多く、ちょっと心配。


b0186442_1656542.jpg
ホワイトシンドローム
サンゴの病気。帯状に白化していく。
イタリアの国旗に見えた(笑)


b0186442_16554815.jpg
さらしに群れるイスズミの群れ
3本目は島を移動して黒島!
ここは潮当たりがよくサンゴは少な目。


b0186442_17192734.jpg
写真は湯瀬の岩肌を覆いつくしているイボヤギとナメモンガラのメスたち。
4本目は薩南諸島の代表的なドリフトポイントの一つ湯瀬。(遊び!)
まだ数回しか潜ったことはないけどワイルドな景観だけあって潮は早く、魚影も濃い!
鹿児島の本土からもここを目当てにやってくるダイバーが多いのだとか。
今回もギンガメアジが流れていたけど、一番興奮したのが、ナメモンガラの群れ!
屋久島でも見たという話は聞いたことがあるんだけど記憶にはない。
ナメモンガラと言えば日本では、ほぼ八丈島、小笠原でしか見れないと思われているけど、この場所にはこんなにも群れている!
壁一面のイボヤギも見もの!
回遊魚が少なくても十分に楽しめる場所。


b0186442_16561995.jpg
東の湯
最後は、、、硫黄島の東温泉で疲れをほぐす。
ここはなんと酸度(PH)1,2で日本一だとか。
皮膚が溶けてそう。。。


調査は続く。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-01 16:35
2013年 09月 08日

口永良部遠征 ~イルカがお出迎え~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  岩屋泊 / 寝待 / 湯向  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南1m 
【 水温 】   28℃  【透明度 】  30m~  【 潮 】 

b0186442_20291677.jpg


b0186442_20293279.jpg


b0186442_20294728.jpg


b0186442_20295658.jpg





『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-09-08 20:24
2013年 08月 22日

ツバメ群れ~、ギンガメ群れ~、シイラ群れ~!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁 / 永田灯台 / オツセ  【 天気 】  晴れ時々雨  【 風波 】 南東2m
【 水温 】  30℃  【透明度 】  40m  【 潮 】 大潮

b0186442_1045497.jpg
毎年恒例になりつつあるお二人との早朝から午前中に3ダイブ!

漁礁ではツバメウオがドンドコやってきた~!
これで3年連続見れましたね!


b0186442_10454882.jpg
灯台ではギンガメアジの群れ!
クマササハナムロの群れ!(何気にすごい!!)
そして安全停止ではシイラの群れ!

b0186442_121675.jpg
最後はオツセでまったり~。


痛快な一日だったな~。
今年もありがとうございました!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-08-22 12:17
2013年 05月 19日

梅雨前線のびてます。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下   【 天気 】  曇り  【 風波 】 
【 水温 】  22℃  【透明度 】  15m  【 潮 】 小潮

b0186442_2245899.jpg
屋久島はまだ梅雨入りしていないけどこれを見るとそろそろかな~。。。


b0186442_2251919.jpg
1ヶ月kらい前にはメタボばかりだったけどキンセンイシモチも繁殖期に突入!
口内保育が見られ始めた。


b0186442_225287.jpg
キンセンイチモチ
これは??
と思うかもしれないけれど、インセンイシモチ!
ナイトバージョンというか白い砂地バージョン。
夜になると暗がりから出てきて砂地に広がる個体も多い。
砂地に行くと体色は見る見ると白くなっていく。
最初のうちはなんだこれ?と思っていたけど普通にキンセンだった(笑)


《 豊饒の海 ~境界に生きる~ 》
6月5日~6月25日の期間で「屋久島環境文化村センター」にて海の写真展を開催します!!
詳しくはHPを見てください↓

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-05-19 22:04
2013年 05月 11日

ケラマハナダイ(幼魚)が沸いた!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  曇りのち晴れ  【 風波 】 
【 水温 】  23℃  【透明度 】  15~20m   【 潮 】 大潮

b0186442_2161434.jpg

今日もじげんと二人でまったり潜ってきた!
ゼロ戦はGW中はアジの幼魚が多くて見ごたえはボチボチだったけど、
今日行ってみるとケラマハナダイが爆発していた。
去年に続き今年もケラマハナダイの桜吹雪が一時楽しめそう!!

お宮もやはりこの時期は魚のまとまりが良い!
コブシメは相変わらずいない。。。


b0186442_21143053.jpg
カギケノリと胞子体
この時期のお宮の浅場はカギケノリが景色となる。
そんなささやかな季節の移り変わりが楽しい。



《 豊饒の海 ~境界に生きる~ 》
6月5日~6月25日の期間で「屋久島環境文化村センター」にて海の写真展を開催します!!
詳しくはHPを見てください↓

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-05-11 21:01
2013年 05月 04日

ドキドキのボートナイト!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  オツセ / ヨスジ漁礁 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  快晴  【 風波 】北西1m  
【 水温 】  23℃  【透明度 】  7~10m  【 潮 】 長潮

今日も早朝から西部!
一本目は押し負けてオツセ!(笑)後ろで囁く皆さんの声が痛い。。。
でも魚影が濃い!今オツセが楽しい!

2本目はヨスジ漁礁!
アカウミガメが見たいとのリクエストだったので大いに期待して入ったけど、、、あれ?
イシモチとスカシテンジクダイは最高潮に増えていた。それじゃあダメですか、、、?

3本目はタンク下でまったりネタめぐり。生物は豊富!
しかし透明度が悪い、悪すぎる!!7mくらいかな。。。
でも伊豆をメインに潜る皆様は妙に溶け込んでいたような気もする(笑)

4本目はナイト!
これがまた凄かった!何が凄いって、ここじゃあ言えません!!
あ~驚きの連続のナイト、ホラガイに入る巨大なコモンヤドカリには興奮したな~。

今日も良く潜った~!最終日もよろしくお願いします!!




《 豊饒の海 ~境界に生きる~ 》
6月5日~6月25日の期間で「屋久島環境文化村センター」にて海の写真展を開催します!!
詳しくはHPを見てください↓

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-05-04 22:46