人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:川( 32 )


2010年 01月 05日

しばし旅に出ます。

【ポイント】  川   【 天気 】   曇り   【 風 】  北西の風
【 水温 】  11℃   【透明度 】  きれい 【 潮 】 中潮④

しばし旅に出ます。_b0186442_20124297.jpg


1月6日~2月18日までの間は冬季休業とさせていただきます。
お問合せ、ご予約はメールまたは携帯の方へお願いします。
「メール」yakushima.diving.life@gmail.com
「携帯」080-2712-8019
※返信に時間がかかることもありますので、あらかじめご了承ください。



しばし旅に出ます。_b0186442_2013011.jpgしばし旅に出ます。_b0186442_20131243.jpg

明日は飛行機なので午前中に軽く潜る予定だったけど海は大時化。冬だな~。冬の屋久島は穏やかな日もあるけど安定した日が少ないのでちょっと辛い。
予定を変更して川へ!最近またアユの数が増えたて話があったのでちょっと期待していったんだけど、、、あれ?アユはどこだ、、、、。
いつもアユが産卵しているところにも、その周辺100mくらいにも見当らなかった。あれ?どこいったんだ、、、。まあそろそろ産卵期も終わりの様な気もするけど1匹も見ないっておかしいなぁ。
しょうがないので卵を探すと未分化のものや目玉まで分かるもの、孵化した抜け殻なんかが見られた。その中で気になったのは写真左のもの。5つの卵のうち一番右のはもうすぐ孵化しそうだけど他の4つはカビの様なものが生えていてもうダメそうだ。こんな卵を結構見かけたので原因が何か気になった。これが自然のことなのかちょっとした異変なのか。。。
孵化した仔魚は今頃海でエサを食べているのかな?
大きくなってまたこの川に帰って来いよ~!!



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2010-01-05 20:42 |
2009年 12月 22日

はいはい川ですよ、アユですよ。

【ポイント】  川   【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  11℃?  【透明度 】  ? 【 潮 】 中潮④

はいはい川ですよ、アユですよ。_b0186442_058189.jpg

いや全くしつこい男ですよ。でも全然飽きが来ないんだからしょうがない。もう気が済むまで観察するのみでしょう。

アユ観察9日目。寒さや川の激流には随分と慣れた。大体の行動パターンも分かってきた。でも全然見ていて飽きない。こんなに寒いのに。

あっちなみに海は多少サボり気は出ているけどめっちゃ荒れているのでしょうがなく川で潜っている状況です。明日からは海も潜れるかな?

今日は2度目のワイドに挑戦したけどちょっと失敗。自然光を意識しすぎてブレ写真が多かった。川は撮影環境としては厳しめだけどそこがまた楽しい。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-22 01:08 |
2009年 12月 20日

アユ中毒

【12月19日・20日】
【ポイント】  川  / 川  【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  10.7 / 11.1℃?  【透明度 】  ? 【 潮 】 中潮②・③

アユ中毒_b0186442_11931100.jpg
相変わらず海は時化ている。そのお陰でどっぷりアユ漬け!
それにしてもこの寒気の迫る中川の水は一層冷ややかで昨日はなんと10・7℃!!これはもう美味しい冷えたビールの温度だ。。。当然寒い。
そんななかで2時間も川に浸かっていると水圧がほとんどないとは言え可笑しなことになってくる。寒さで手が凍るようだ。軍手しかしていない手が固まってきてストロボの光量調整はおろかピント合わせもできなくなってしまう。これにはさすがに参ってオートフォーカスに切り替えてシャッターを切るだけにしようと考えたけど、どんなに頑張ってもオートフォーカスへの切り替えダイヤルが回せない、、、、。ダメだこりゃ。
しかし水中では次第にアユたちの産卵が激しくなってきて興奮してくると、指が多少なり動くようになってきた!これには本当にビックリ。興奮すると血が巡るんですね(笑)

これは昨日の話で、今日からはボロボロだけどウィンターグローブに切り替えたからなんとか大丈夫。

13日から観察を始めてはや8日目。アユ達は日によって産卵具合が多少違うが数は60~70匹くらいと変らずに見られている。アユは恐らく日本で最も調べられている魚の一つではあると思うけどアユの生息地南限にあたる屋久島ではその調査報告を聞いたことがない。(そんなに調べてないけど。これから調べてみます)屋久島のアユは絶対数があまりにも少ないので漁業対象になっておらず、当然規制もない。そして放流もされていないはず。そうなると屋久島のアユは遺伝的に純粋な天然アユと呼べるのではないだろうか。これは今の時代としては恐ろしく貴重な存在なんだと思う。今の時代一体どこに昔のままの形でアユが泳いでいる川があるだろうか。

そう思うとよりここで泳ぐアユたちへの愛おしさが込み上げてくるのだった。


アユ中毒_b0186442_111004.jpg

毎日観察しているとさすがにアユの何かが漠然と分かってくる。何かって、、、。学者でもない僕にとっては何かで十分なんです!
まずはオスとメスの見分けは一般的に尻ビレの形で分けられる。正三角形のような形で尖っていればメス。崩れかかった山の様な台形に近い形だとオス。もしくは婚姻色が激しく出ればオス。ぽっちゃりしていればメス。など色々と見分けはできるんだけど、もっともダイバーらしく言うならば動きだ!
それはずっと観察していればおのずと見えてくる。アユのオスとメスの割合は10対1くらいとなにかで見たけど確かにそうだった。60~70匹のうちメスはやはり6~7匹(かなり適当だけどそんなに外れてはいないはず)つまり圧倒的にオスが多い。そうなると人間社会と一緒で辺りには女の尻を追いかけるオスのアユでいっぱい。
産卵は周期的に10分間で数回~十数回くらいの頻度で行われ、ピーク時はそれが1時間くらい続く。産卵の直前には決まってオスを数匹引き連れたメスがオス達の群がりに突撃して集団で行われている。まあメスが突撃していると言うよりは産卵直前のメスにオスが一気に集まるからそんな感じに見える。

だからオスの一団を引き連れて自由に泳ぎ回っている先頭のアユこそがメスになる。そこで初めて体色や尻ビレを確認するとやっぱりメスかなと思える。

写真上の一番先頭がメス。

アユ中毒_b0186442_11113755.jpg

観察日の始め頃には見られなかった怪我をしているアユが少しずつ増えてきている。もしかして偶然にして見れてしまった今回のアユの産卵は、既に終わりで間近で規模も小さいと思っていたけど一番いいタイミングで観察を始められたのかもしれない。まあそれは来年にならなければ分からないけど。この寒い中いつまで産卵が続くのだろうか。頑張れアユ!


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-20 23:59 |
2009年 12月 18日

アユを求めて

【ポイント】  川④ / 川②  【 天気 】  雨   【 風 】 北西の風
【 水温 】  13~14℃?  【透明度 】  ? 【 潮 】  大潮④

アユを求めて_b0186442_2114649.jpg


強い寒気を伴った低気圧が押し寄せていて海は大時化!これはとてもじゃないけど潜れない。それに寒い!!雪は降らなかったけどなんとアラレが降った!すげ~。(って僕は川に浸かっていて知らないけど、、、)
まあそんな状況なのでどうしようか迷ったけど気が付くとアユを求めてこの寒い中ウロウロと川巡りをしていた。アユの南限である屋久島でも全ての川にアユがいるわけじゃなく確認されているのは数箇所。産卵がおこなわれる場所はアユの生態を調べれば大体めぼしが付く。めぼしは付くんだけど滅多にいかない川では水の中がどうなっているのか、特に季節でどう変わるかなんて全く分からない。となれば靴底(ブーツ底?)をすり減らしてフィールド調査をする以外ない!この寒さの中今日は良く動いたな~。最初の川では歩きまくってめぼしい所を全て覗いていったらようやくアユを発見!20匹くらいいたけど、一瞬でみんな消えちゃった、、、。あれ?産卵中のアユは近寄ってもそんなに逃げないんだけどな。
めぼしい所は結構見たけどアユはその一団しか見られなかった。この川は大きいし流れも速いしちょっと遠いし観察&撮影にはきついかな。物凄い群が見れるとなれば話は別だけど、今年はもうなさそうだし、もういいか。そうこうしているとパラパラ降っていた雨が土砂降りに変わったので冷や汗を掻きながら逃げるように車へ戻った。川は海よりもエキサイティングだ、、、。

アユを求めて_b0186442_2144157.jpg

16時30分にはいつもの川に着いて観察を開始。昨日から結構雨が降っているんだけど濁りもあまりないし増水もほとんどしていない。むしろ浅すぎてきつい。目の前ではやはり50匹くらいのアユ達がウロウロしたり産卵したりを繰り返していた。今日こそ決めるぞ!と気張ってカメラを向けると、アユが視界から消えていく。な、なぜだ、、、ってアユが逃げてるんじゃなくて僕が流れに勝てずゴロゴロと流されていた。なんとか体を固定して撮影に望んでも激しい流れが生む気泡の粒が視界とカメラを遮り観察も撮影もきつい!!なんとか撮った写真も大半は一番上のようなハレーションをおこす(かなりマシなハレーション)。どうしたもんでしょう。

まあ写真はともかく今日もアユをじっくりと観察できたので良しとしよう。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-18 21:21 |
2009年 12月 15日

あれ、アユが、、、。

【ポイント】  永田 / 一湊   【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  12.5℃ / 14℃  【透明度 】  ? 【 潮 】  大潮①

あれ、アユが、、、。_b0186442_1104310.jpg

ふたご座流星群みました?昨日の夜は雨だったので見れなかったけど一昨日の夜は快晴で満天の星空が広がっていました!この時期の天体はほんとに美しい!10分間で10個くらいの流れ星が見れた。大自然のドラマはやっぱり素晴らしいな~。なんだか心が大きくなったような気がしました(笑)

屋久島では最近どこ行っても柑橘類がある。家にも近所からもらってくるポンカンやらミカンやらよくわからない柑橘類がたくさん。屋久島で有名なのはこの時期はポンカン、もう少したつとタンカン。どっちもうま~い!!


で、今日の海況は、、、って海潜ってない。。。今日もアユの生態調査だ!と意気込んでいたけど結果はあまりよくなかった。まずは永田でも産卵がおこなわれているんじゃないか!?と思って行ってみたけど産卵どころかアユどころか魚の姿を見ることができなかった。しかも水温12℃台、手がかじかむ。近所の人に聞いてもここにはアユいないよ~なんて言われてしまった。アユを見た人もいるからいないわけじゃないんだろうけど、少ないのかな?こんなにいい川なのに。まあボチボチ調べていきましょう。
で、本命の一湊川ではアユはいたし、産卵も見られたけど全然活気がなかった。だいたい婚姻色が出てないし、、、。なんでだろう。水温が1℃下がって14℃だったけど関係あるかな?ん~、、、。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-15 23:59 |
2009年 12月 14日

今日もアユの産卵!

【ポイント】  漁礁 / 川   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  23℃ / 15℃くらい  【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮②

今日もアユの産卵!_b0186442_214264.jpg

今日も海で一本潜ってから川へアユの産卵を見に行ってきた!しかも今日は他店のHさんとKさんも加わって3人!この寒いのに良く川に入るな~って顔して近所の人たちが僕らを眺めていた。そりゃ寝そべっても体の半分位までしか水がこない様な浅瀬で大の大人3人がゴロゴロしていれば気にもなるだう、、、。

今日は16時30に産卵を確認。それから暗くて見えなくなる17時50分まで川に浸かっていた。その頃には産卵はピークを過ぎていてチョロチョロとしか見られなくなっていた。やはり数が少ないからか時間も短いようだ。

昨日はマクロだったので今日はフィッシュアイで撮ってやろう!なんて調子に乗ってみたけど上手く撮れなかった。次は60mmだな。それにしてもエアーを気にせず窒素を気にせずこんなに興奮するドラマが見れるなんて凄い!水中で何度、唸っていたことか。こりゃあ当分通いだな。

今日もアユの産卵!_b0186442_21423763.jpg

アユの産卵は暗くなり始めると活発になる。アユの動きが早いのでシャッタースピードを早くしてストロボをたくとどうしてもこんな暗い絵になってしまう。もうちょっとiso感度が上げれればいいんだけど、、、。まあ来年にはもっと明るい絵を提供できるかな??


今日もアユの産卵!_b0186442_21425725.jpg

海のほうではアデウツボがみたくてよくいるという場所に行ってみたけど分からなかった。代わりにいたのがこいつら。ヘリゴイシウツボとサビウツボ、、、。なんで一緒にいるの??面白い組み合わせだから10分くらい見ていたけど寄り添ったり絡まったりで実に仲が良さそうだった。

やっぱ海は不思議がいっぱいで面白いですね~。



※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-14 22:15 |
2009年 12月 13日

鮎の産卵!!

【ポイント】  一湊タンク下 / 川   【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  23℃  【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮①

鮎の産卵!!_b0186442_22313621.jpg

タンク下で一本潜り終えてそのまま川へ。アユの産卵は屋久島では11月頃にあるらしいという情報はあったんだけど水中で観察したという話は今のところ聞いたことがない。うだうだと過ごしているて、気が付くと12月に入ってしまっていた。もう産卵は終わっちゃったのかな~なんて思っていたけどネットで色々調べていると伊豆の方では今アユの産卵で盛り上がっているらしい。そこで最近はダイビング後に川に通ってアユを探していたんだけどまだいた!数は少ないけど下流にいるってことはまだ可能性ありかな?なんにしても屋久島でのアユの産卵情報があまりにも乏しいのでとにかく通うしかない!今年はもうダメかもしれないけどダメならダメでそれを見極めてやろうと思っていたら今日はあっさりと産卵が見れてしまった。。。一応屋久島で初の水中写真かな!?

僕が産卵を確認したのは16時20分くらい。それから寒さに耐え切れなくなって上がった17時30分まで産卵は徐々に盛り上がっていた。個体数は50匹いたかどうかなのでかなり小規模ではあるけど日没くらいまではやっていそうな感じだった。水温は確認し忘れたけどかなり寒い!13~14℃かな?明日また確認しよう。

小規模ではあったけど産卵は迫力があった。


鮎の産卵!!_b0186442_22314812.jpg

まさか産卵が見れるなんて思ってなかったから105mmをもって行ったのは大失敗。産卵中のアユはかなり警戒心が薄くなっていて寄れるのに1m近く離れないと諸々の理由で撮れない!せめて60mmかな。
まあ、この手の産卵は一度見てしまえばもうもらったようなもの。じっくりと観察させてもらいましょう。今見られている産卵は後期になるのかな?ピーク時だったらさすがにもっと集団で産卵しているよなあ?屋久島の川は急峻でヤマメやイワナなどの川魚は元々いないくらいだから相対的な数は少ないはずだ。でも川一面がアユになることを期待して観察を続けていこう!

鮎の産卵!!_b0186442_22315871.jpg

産卵時には婚姻色でこんな色になっていた。ウグイみたい。。。これが食卓に並んでも何かわかんないかも(笑)





※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。

(12日 一湊タンク下 ウネリあり 特に発見なし、、、。 )


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-13 23:45 |
2009年 10月 24日

オオウナギ!!

【ポイント】  一湊タンク下  / 川   【 天気 】  曇り   【 風 】 北東の風
【 水温 】  25~26℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮①

オオウナギ!!_b0186442_20521488.jpg

今日も秋雨前線の影響で終日天気が悪い。雨が降ったりやんだり。パッとしないな~。
そうそう昨日までオリオン座流星群が見えるって話だったからこの3日間夜には空を見上げていたんだけど雲で隠れてしまい流星どころか星すらも見えなかった。残念だ~。

そして今日は水中もダメ。海のコンディションは透明度30mくらいあって良かったんだけど、クマドリを確認したくらいで他に特筆するような出会いはなかった、、、。

これじゃまずい。

そう思ってタンクは背負わずに川でも潜ってみた!水温は18℃くらいだったかな?う~ん寒いよ~。でもオオウナギがいっぱいで一時は寒いのも忘れて興奮していた。

オオウナギ!!_b0186442_2052368.jpgオオウナギ!!_b0186442_20524868.jpg
ナンヨウタカサゴイシモチ / クロホシマンジュウダイyg
その辺には他にも色んな生物が見られるので結構面白い。写真の他にもアマミイシモチやヒメツバメウオyg、テングヨウジ、ゴマフエダイyg、クサフグ?、クロサギなどなどがみられた。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-10-24 21:46 |
2009年 10月 19日

ヒメツバメウオ!!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  西の風
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  大潮③

ヒメツバメウオ!!_b0186442_23305220.jpg
ヒメツバメウオ

今日は午後着のゲスト達とのんびり1本だけ潜ってきた。海は昨日よりも穏やかになっていて潜りやすい!なにより黒潮がかかっていて青い!!昨日も青いと思っていたけど時化で白っぽくなっていたからピンとこなかったけど今日の海は深い青で中層を漂うだけで気持ちいい~。

水中ではウミガメに3個体も出会えた!しかもみんな近くで観察できる良いこばかり!!海が青い中ぼ~っとウミガメウェっチングもなかなか乙ですね。みなさん明日も宜しくお願いします!!

写真は午前中に川で撮ってきたヒメツバメウオ。1cm~10cm近いサイズまで色んなサイズで見られた。





屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-10-19 23:39 |
2009年 08月 02日

ドラゴンボート!!

【ポイント】  宮之浦川   【 天気 】  晴れ
【 水温 】  28℃  【透明度 】  5~10m  【 潮 】  中潮①

ドラゴンボート!!_b0186442_2305842.jpg

今日はお店はお休みです!お店を休んで女の子の踊り(お尻?)を見てました~(笑)

ドラゴンボート!!_b0186442_2313140.jpgドラゴンボート!!_b0186442_2315130.jpg

今日は屋久島の東京、宮之浦でお祭りがありました。昼には屋久島全島でのドラゴンボート大会!!地区対抗戦で出場してきて見事3位に入賞!!!慣れないボート漕ぎで腕がパンパン、腰も痛い。。。ボートってこんなに大変なんですね。腕しか使っていないのにボートから降りると足までガクガクしてました。体を鍛えなきゃ!

夜はお祭りに参加して焼酎を飲んだり、太鼓の演奏を聴いたり、フラダンスを見たり、花火をみたりしました。久しぶりのお祭りでしたがやっぱり楽しいですね~。特に金魚すくいは見るだけで気分が盛り上がってしまいました。

それではまた明日!!

ってこれじゃタダの日記じゃん!!



ドラゴンボート!!_b0186442_2321192.jpgドラゴンボート!!_b0186442_2324176.jpg
タテジマヨコバサミ / スジミゾイサキ

朝にはドラゴンボートの下見を兼ねて宮之浦川の汽水で潜ってきました。透明度は5m~10mとかなり悪い!この感覚は久しぶりですね。でも嫌いじゃないです。しかし表層付近には多少魚がいるものの水底(川底)には小さなハゼが少しいた程度で何にもいない。。。
20分くらい水底でウロウロしていたけど大した成果もなく浅場に戻りました。そこではじめて見る汽水域のヤドカリ、タテジマヨコバサミに出会い激写!良く見ると近くには、うじゃうじゃいた。その他には屋久島ではヨスジ漁礁以外では見たことのないスジミゾイサキが30~40匹の群れをつくって泳いでいたのに驚いた。あとはオオウミウマがいたり、サラサハゼがいたりハナミノカサゴがいたりだった。今回の調査では、この場所はちょっと薄い。という印象だったがまた潜って調査してみようとも思う。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-08-02 23:30 |