屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:一湊タンク下( 796 )


2018年 10月 11日

冬の兆しとモンガラカワハギ科の幼魚たち

10月11日(木)
タンク下
北西の風・波2-2,5m
水温26-27℃ 透明度10-25m

台風がさって、しばらくは平穏な日々が続くのかと思っていたら
結構時化た。今季初の冬日だったと思う。
うっかり長袖に、長ズボンに靴下まで履いてしまった。
水温は26−27度もあるのに陸は刻一刻と冬に近づいてきている。
今日は台風でもないのに一湊が潜れなかった。(1本潜ったけど)
これは紛れもなく冬の兆しだ。
去りゆく年を思いながら小さなか魚たちに癒されていました。

b0186442_23424302.jpg
モンガラカラハギの幼魚(昨日の永田にて)とキンギョとセナキルリスズメ
b0186442_23333673.jpg
ゴマモンガラ の幼魚(3cm)河口域にて
獰猛で知られるゴマモンガラ も幼魚期は小さくか弱い。
ガサツに近づこうものなら、瞬く間に岩の亀裂に逃げ込んでしまう。
そういえば今年はゴマモンガラ に襲われなかったな。ちょっと寂しい(笑)
b0186442_23333642.jpg
キヘリモンガラ幼魚 (4,5cm)
ゴマモンガラ に似ているけどよく見ると全然違う。
こちらは体験ダイビングエリアで見つけた。
いずれも通常のダイビングではお目にかかれないところにいる。

明日も時化が残りそうだからあっちへ行っちゃおうな〜。




[PR]

by yakuumi | 2018-10-11 23:53 | 一湊タンク下
2018年 10月 04日

無残な海底。それでも海はマイペースに。

10月4日(木) 雨
タンク下ーゼロ戦
東の風・波4-5m
水温26-27℃ 透明度20-30m

昨日、今日と台風24号の爪痕を確認。
間違いなく過去10年で一番酷い。
慣れ親しんだ海底景観が一変した姿に胸が痛んだ。
隠れ家を失ったキンチャクガニがトコトコ歩いている姿が印象的。

しかし明日からは今年一番の団体さんがくる。
落ち込んでばかりもいられない!
迫り来る25号にも臆さずにやってくる皆んなのためにも
今紹介できる最善を尽くさねば。
前回の台風から船は繋がれたままで、船は出せないし
波は高いけど、雨さえ無駄に降らなければ潜れるはず。
今日も見た目は茶色かったけど海底は青かった。

初めは海の光景に胸を痛めたけど、
水中の生き物たちは悲しむ様子はなく
ただ懸命に生きていた。
b0186442_22015847.jpg
半壊したウスサザナミサンゴ群落。
一部が土台ごと崩れて、それが転がると被害が拡大する。


b0186442_22015993.jpg
サンゴの隙間ではいつもの亀の姿。
カメがいっつもこの場所で休憩するから
サンゴもカメのためのスペース作るようになった。
(割れやすい花びらのようなサンゴが扁平になった)

b0186442_22015941.jpg
水面の茶色と海の青が不思議な景色を作り出した。
そこへ秋らしキビナゴの群れが覆う。
b0186442_22015968.jpg
心配していたゼロ戦は健在。
だいぶ埋まっていたけど。
それに木や木の葉が多量に溜まっていた。






[PR]

by yakuumi | 2018-10-04 22:47 | 一湊タンク下
2018年 10月 04日

無残な海底。それでも海はマイペースに。

10月4日(木) 雨
タンク下ーゼロ戦
東の風・波4-5m
水温26-27℃ 透明度20-30m

昨日、今日と台風24号の爪痕を確認。
間違いなく過去10年で一番酷い。
慣れ親しんだ海底景観が一変した姿に胸が痛んだ。
隠れ家を失ったキンチャクガニがトコトコ歩いている姿が印象的。

しかし明日からは今年一番の団体さんがくる。
落ち込んでばかりもいられない!
迫り来る25号にも臆さずにやってくる皆んなのためにも
今紹介できる最善を尽くさねば。
前回の台風から船は繋がれたままで、船は出せないし
波は高いけど、雨さえ無駄に降らなければ潜れるはず。
今日も見た目は茶色かったけど海底は青かった。

初めは海の光景に胸を痛めたけど、
水中の生き物たちは悲しむ様子はなく
ただ懸命に生きていた。
b0186442_22015847.jpg
半壊したウスサザナミサンゴ群落。
一部が土台ごと崩れて、それが転がると被害が拡大する。


b0186442_22015993.jpg
サンゴの隙間ではいつもの亀の姿。
カメがいっつもこの場所で休憩するから
サンゴもカメのためのスペース作るようになった。
(割れやすい花びらのようなサンゴが扁平になった)

b0186442_22015941.jpg
水面の茶色と海の青が不思議な景色を作り出した。
そこへ秋らしキビナゴの群れが覆う。
b0186442_22015968.jpg
心配していたゼロ戦は健在。
だいぶ埋まっていたけど。
それに木や木の葉が多量に溜まっていた。






[PR]

by yakuumi | 2018-10-04 22:46 | 一湊タンク下
2018年 09月 10日

秋の訪れ、殺人的なヤドカリ。

9月10日(金) 晴れ
オツセ×2 タンク下
南の風・波1,5m
水温28℃ 透明度30m

サボり癖が爆発。
気がつくと秋ですね。
夏が終わったなぁと気がついてはいたけど認めたくない自分がいて
ずっと戦っていました。
でも麒麟の秋味を呑んでようやく秋な気分に(笑)

先日放映されたBSプレミアムのワイルドライフをようやく見ました。
テレビがないので送ってもらったDVDを見て、感動。
ほぼ全てのシーンを実際に見ていたけど、映像になるとまた違いますね。
あのシーンがここでこう使われるのか!とかストーリー構成とか
自分なりに想像もしていたので色々と楽しめました。
たくさんの人に感動した!とか屋久島に行きたくなったと言ってもらえて嬉しい限りです。

台風の影響で雨が多く肌寒い日もあったけど、水中はまだ夏です。
それもあと少し、、、と思うとやっぱり寂しい。
b0186442_22150221.jpg
マツバギンポ
屋久島ではあまりいないマツバギンポだけど今年は普通に見かける。
それと全く話題にはならないけどソラスズメの数が異様に多い。

b0186442_22125474.jpg
タイワンマトイシモチの口内保育
初夏からずっと続いてる。繁殖期が長いイシモチだと思う。
b0186442_22115102.jpg
サメハダヤドカリかソメンヤドカリの若齢個体
可愛すぎてうっかり減圧が出た!でまくった!
これは殺人的な可愛さとはまさにこのこと(笑)

ではまた。




[PR]

by yakuumi | 2018-09-10 22:30 | 一湊タンク下
2018年 08月 31日

こんなに青い海で、

8月31日(金) 晴れ
オツセ×2 タンク下
南西の風・波1,5m
水温29,3℃ 透明度40m
b0186442_22054293.jpg
Kちゃんの証言「私、こんなに青い海で潜ったの初めてだと思います」

世界中を潜るT氏の証言「どこよりも青い海!」(リップサービス込み!?)

まぁとにかく青いんです。
一応透明度は最高に良ければ何も考えずに40mにしてるけど、
メジャーで測ったら倍はある気がする。

こんな写真載せてるけど、基本マクロでネチネチ遊んでます。
b0186442_22054333.jpg
b0186442_22054275.jpg
瀬戸内海のLOVE&BLUEさん御一行に続いて、
水中写真家の戸村裕行さんが遊びに来てくれました!
夜は船長の釣ったカンパチでしっぽり呑みました。

今日は永田で抜群の透明度の中ちま
b0186442_23130558.jpg
ま。
もうね。何しても楽しい(笑)

〜お知らせ〜

NHK ワイルドライフ 番組放送のお知らせです!
「知られざる屋久島 圧巻!巨大イカ コブシメ大集結を追う」
本放送:9月3日(月)午後8:00~ NHK BSプレミアム
再放送:9月10日(月)午前8:00~ NHK BSプレミアム
番組ホームページ
http://www4.nhk.or.jp/wildlife/x/2018-09-03/10/15334/2527247/






[PR]

by yakuumi | 2018-08-31 22:13 | 一湊タンク下
2018年 08月 27日

夏が戻って来た!!

8月26日(日)

晴れ

永田・一湊 南東の風・波3-4m

水温28,4透明度40m


立て続けの台風で困ってましたがようやく夏らしさが戻って来た!

永田も一湊もひたすら青い!!!

写真は横瀬の魚群達です。

流れが早く30分しか潜れなかったけど

爽快でしたね!!

b0186442_09480347.jpg
ニザダイの群れ
b0186442_09480269.jpg
混じり合う魚たち
b0186442_09480271.jpg
ムレハタタテダイ群れ


[PR]

by yakuumi | 2018-08-27 09:52 | 一湊タンク下
2018年 08月 13日

世界でも稀なチョウチョウウオのトリクチス幼生&ゴマモンガラの卵保護

8月13日(木)

晴れ時々雨

一湊 東の風・波2,5m

水温28-29℃ 透明度3040m

b0186442_22024464.jpg
台風がほんと多い。
安心しきっていたら小川原ら方面で突如発生した台風15号が
瞬く間に迫ってきた!
明日には熱低になりそうだけど、近いし影響はある。
ほどほどにしてほしいなぁ。

8月に台風が近づいてくるときは決まって子亀に会えちゃいます。
あっ漁港内で。
カメには苦難だけど毎年楽しみにしている自分もいる。。。
写真は沖に放流しながらゲストと一緒に撮影しました。

b0186442_21523259.jpg
今日のもう一つのハイライトはゴマモンガラ!

卵を守っている子を見つけたけど、全く襲ってこない!!!

50cmくらいまでよってもチラチラ見てくるだけ。

取り巻きのオスもユラユラ泳いでくるけど襲ってはこない。

魚も個体によってここまで性格が違うもんなんだなぁ。と感心するばかり。

世のゴマモンたちに見習ってほしいわ。





先日の話↓

b0186442_21523209.jpg
ここ最近の夜遊びでの一番のヒットがこの子。
チョウチョウウオの仲間のトリクチス期幼生
ちょっと模様が出ているので種が分からないかな〜。
今、小嶋純一先生にお聞きしているところです。
ひとまず世界的にも数例しか報告がないそうです。

b0186442_21175792.jpg
トビイカ(もしくはアカイカ?)
茹で上がったような体色で泳いでた(笑)
発光器もあるし美しい。


ではでは。


[PR]

by yakuumi | 2018-08-13 22:29 | 一湊タンク下
2018年 08月 12日

クロアナゴ属のレプトケファルス!

8月11日(土) 曇り 
東の風 波3m 大潮(新月)
水温28,4℃ 透明度30m

今日は久しぶりに雨が降った。
屋久島でも夏は台風でもこないと雨は降らないんですね。
まぁ今回も大した影響はなさそう。
ここのところ夜遊びが止まりません。
もうかれこれ1週間くらい。
今日は久しぶりに血が滾る出物があった!
まだ写真を確認してないからまた今度。
b0186442_21255469.jpg
クロアナゴ属の一種(レプトケファルス)
b0186442_21255416.jpg
ハダカイワシ科の一種
岩の隙間に隠れた!!?
と思ったけど激突してご臨終してた。。。
ハダカイワシをビシッと撮るのは永遠のテーマかも。
b0186442_21255432.jpg
ベニヤカタガイ
浮くのに疲れて俯いたら可愛い子がいた!
やっぱりウミウシには目がないと!!
どストライクな子で最後のエアを使い切った(笑)





[PR]

by yakuumi | 2018-08-12 00:22 | 一湊タンク下
2018年 08月 08日

カタボシオオモンハゼのハッチアウト!えっ!?

8月7日(火)晴れ 
波2m 若潮
水温28,4℃ 透明度40m
b0186442_10543140.jpg
青いよー!!
ひたすら海が穏やかで青い。
水の中がとことん気持ちの良い季節ですね。
台風13号は関東へ向かい、14号もできそうだけど
屋久島へは大して影響はなさそう。
しばらくは快適に過ごせそう。
b0186442_10543169.jpg
カタボシオオモンハゼの孵化(トリミングあり)
肉眼ではいまいちわからない大きさの卵。
発眼してないから孵化まではまだ時間があるのだろう。
そう思いながら顔を近づけると何かモヤモヤと立ち昇っている。
まさか!!?
ハッチアウトしてる!!!
こんな状態でも孵化するんですね。
ちょっと驚いた。

b0186442_11022308.jpg
小さな石をゆっくり捲るとハゼがスーッと逃げていった。
そこに何かフワフワしたものがあって、それが卵だった。
わかるかな〜。
わっかんねーだろなぁ。

眼を凝らしても疑わしいくらい解り辛い。

b0186442_10543003.jpg
これがカタボシオオモンハゼ。

海が青い中で動かずにマクロも至福のひと時。
1時間があっという間に過ぎてしまうのが難点かな。




[PR]

by yakuumi | 2018-08-08 11:09 | 一湊タンク下
2018年 08月 05日

夜な夜なチクチクそれに産卵!

8月5日(土)
晴れ 波1m 小潮②
水温28℃ 透明度30−40m
b0186442_01244833.jpg
今日は真夜中まで潜ってきました。
定番のヒメアンドンクラゲがこれでもかってほどいて、
写欲をそそられたけどお陰で刺された。。。

b0186442_01582734.jpg
そんで集魚をしている間中、サンゴの卵に囲まれていた。
今日はキクメイシの仲間が調子良かったのかな。
サンゴ見たり、浮遊生物探したりで全然集中できないし!

まぁ相変わらず海は予想の斜め上をいってくれて飽きることがない。
明日も楽しい出会いがあるといいな。



[PR]

by yakuumi | 2018-08-05 02:16 | 一湊タンク下