人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:一湊タンク下( 848 )


2019年 11月 30日

ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 

2019年11月30日
小雨 北東風・波1.5m
水温23℃? 透明度20-25m

今年も残すところあと1ヶ月です。
気になる?来年の営業は以下となります。

2020年度の営業期間
4月18日(土)-11月15日(日)

今年はなんだかんだで予定より早く始め、
終わりもノビノビになってしまったので
少し伸ばしました(笑)

-オススメ-
4月末−5月末 
コブシメの産卵、春のタイドプール(美しい)、海藻

6月-7月
多くの生き物の繁殖期のピーク
サンゴの産卵、アカウミガメ、ジョーフィッシュ、テグリ類など

7.8.9月
文句なしの黒潮どかーん!
とにかく気持ちいい!
何してもOK。

10.11月
黒潮が不安定になりだすも、
台風も少なく海は安定して良い。

※受け入れ人数が少ないため団体さまはお早めの予約をお願いします!
※来年も口永良部、硫黄島を中心に遠征も行います!
4名いて海が凪ていれば負担が少なく行けます!


ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 _b0186442_21180308.jpg
タイマイ
屋久島にいついて4年目になるタイマイ!
年々見かける頻度と距離感が縮まってきて最近では
ついに慣れたネコレベルの距離感になった。

このタイマイはもともとは名古屋港水族館で生まれ
八重山諸島の黒島で放流されたものだ。
詳細は以下に載ってます。


何も目的がなかったのでのんびりとカメを追い続けること40分。
一度も息継ぎをせずずっとタンク下を徘徊していた。
そして大好物のナガレハナサンゴをゴリゴリ食べ歩く。
2箇所目のナガレハナサンゴを食べ終えて向かう先は、、、
なんか嫌な予感。
いつもエビがワサワサ乗るお気に入りの小さなナガレハナサンゴへ!
そしてゴリゴリ。。。
ひ〜、、、。

ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 _b0186442_21180418.jpg
10年前はこぶしくらいの大きさだった群体が随分と成長した。
けど。
ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 _b0186442_21180382.jpg
ひえ〜。。。

ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 _b0186442_21180411.jpg
その後も留まる事を知らないタイマイ君。
壁をかじり始めた!

ウミガメの生態と放流について思うこと 〜2020年の営業のお知らせ〜 _b0186442_21180463.jpg
黄色いカイメンにかぶりついた!
そしてよっぽど美味しいのかずっと貪っていた。

屋久島ではこうしてじっくりとタイマイを観察することが
できなかったので嬉しい。
でもなんだか釈然としない思いもあった。
それはこういうことだと思う。

基本的に屋久島ではタイマイはすごく珍しいし
いても全く寄れない。
もともと熱帯地方に多いカメだから屋久島はまだ快適な
生息環境ではないのだろう。
でもなぜかこの子は屋久島を気に入ってしまった。
ここが野生動物と、飼育された生き物の大きな差だと思う。
自分がどこにいるべきなのかわからないのだろう。
どんなに野生に近い環境で育てたとしても、飼育された生き物は
野生動物とは根本的に異なる生き物だ。
何か感じた違和感はそこだろう。

”大規模な脱走は、それらと天然魚が、限られた空間と食料を取りあうことを意味する。
スコットランドの川で釣りあげられた脱走魚の胃の中に、サーモンの卵や稚魚が見つかることがある。つまり脱走サーモンは天然サーモンを捕食しているのだ。両者の交配も、望ましくない。1991年、英国サーモン諮問委員会は、両者の交配は環境への適応能力の低い子孫をもたらす恐れがあると述べた。天然魚は遺伝的に環境に適応しているが、養殖サーモンの遺伝子が混ざると、その強健さが損なわれる可能性がある。1999年、スコットランド環境保護省は、このような「遺伝子の汚染」を「現実に起きている危険」として認識すべきだと明言した。(『ファーマゲドン』より抜粋)”


「魚の養殖」が増えるほど、天然魚が減る矛盾

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO82827310V00C15A2000000/

一部の海外では養殖魚が逃げたら、養殖業者は厳しい処罰を受けることになっている。
これは養殖された魚は、野生の魚とは異なるものであるという認識があるからだ。
そういった魚が、野生の種と交配することもかなり問題視されている。
そういえばサケを放流すればするほどサケは減るという記事も
どこかで読んだことがある。それが本当かどうかは今の僕にはわからない。
でも人間は自然を操ることはできない。それだけは確信がある。
何かの生き物や自然環境を守りたい場合、人間にできる1番の最善策は
見守ることだと思う。
ついつい、手を出してしまいたくなるのが人情。
でもそれは長い目で見たときに決して野生動物のためにはならない
という事を知っておかなくてはならない。



ではでは。。。




by yakuumi | 2019-11-30 22:37 | 一湊タンク下
2019年 11月 08日

晩秋の屋久島の海

2019年11月8日
晴れ 北風・波1.5m
水温25-26℃ 透明度30m
晩秋の屋久島の海_b0186442_19434648.jpg
ニセゴイシウツボとダイバー

なんて素晴らしい陽気でしょうか。
10月末からずっと穏やかな日々が続いている。
今日は晴天で風も弱く海は青く、これ以上ないほどの
体験ダイビング日和。
元浦は透明度10mもなかったけど
タンク下は30mくらい見えていた。

海は着実に変わってきていて、海底ではシワヤハズがモコモコと
森の様に広がっている。
この時期ならではの斜光も美しく
極上の景観を作り出していた。
こんな海を見てもらえると、僕も幸せな気分になります。

ウミガメには会えなかったけど
巨大なニセゴイシウツボやコブシメなんかも
見れたし良かった良かった。

晩秋の屋久島の海_b0186442_19434632.jpg
クマノミと〜。

晩秋の屋久島の海_b0186442_19434649.jpg
ウスサザナミサンゴ群落
晩秋の屋久島の海_b0186442_19434696.jpg
オオハナガタサンゴ群落

1本目のダイビングでじっくり慣れてもらったら、
2本目には自分たちの肺呼吸だけで
うまく浮力がとれていた。
すごいセンスがいなぁ。
初体験ダイビングだったけど危うくライセンス
発行しそうだった(笑)

晩秋の屋久島の海_b0186442_19434660.jpg
夕方には一路少年とイカ釣り

カメを眺めて終わりましたとさ。
あ〜なんて平和で良い島だろうか。

ぽくぽく。



by yakuumi | 2019-11-08 20:01 | 一湊タンク下
2019年 09月 28日

浅場のシリウスベニハゼ!

2019年9月27日(金)
晴れ曇り 東風・波2m
水温27.5℃ 透明度30m〜

透明度がグンと回復!
今日の発見は浅場のシリウスベニハゼ!!
OWでも見れちゃう。30以深でしか見てなかったので
これは嬉しい〜。

浅場のシリウスベニハゼ!_b0186442_07013575.jpg
シリウスベニハゼ

浅場のシリウスベニハゼ!_b0186442_07013448.jpg
ハクテンカタギ
屋久島では貴種。

浅場のシリウスベニハゼ!_b0186442_07013584.jpg
ボウヨウジのペア
地味だけどなんか好き。

ではでは。





by yakuumi | 2019-09-28 07:05 | 一湊タンク下
2019年 09月 25日

コウノトリと秋の海

2019年9月15日(水)
曇り 東風・波2m
水温28.1℃ 透明度30m

午前1時5分、コウノトリが飛んだ。
離陸の瞬間のエネルギーは凄まじく満天の星空が消えて
朝焼けの眩しさ。
2分ほどしてドドドドドーっと音が聞こえてきた。
寝ぼけながらセットしたカメラの画像は
見事に露出オーバー。
そういえば随分前にも同じことをしたような。
学習していない。。。(笑)
でも夜のロケットに何やら感動した!

さてようやく台風の影響が収まって久しぶりにタンクしたに潜れた。
浅瀬は白っぽいけど沖は青い。
水温はやや落ちて28度。秋も落ち着いた感じ。

なんとなく海をウロウロして、なんとなくいたものを撮った。

コウノトリと秋の海_b0186442_17542362.jpg
クビアカハゼとコシジロテッポウエビ

コウノトリと秋の海_b0186442_17542351.jpg
ウミタケハゼ

コウノトリと秋の海_b0186442_17542320.jpg
深場のジョー。
わりかし浅瀬にいた。

コウノトリと秋の海_b0186442_18020577.jpg
ヒトデヤドリエビonマンジュウヒトデ
地味なエビだけどマンジュウヒトデニいるとどうやっても絵になる。











by yakuumi | 2019-09-25 18:08 | 一湊タンク下
2019年 08月 30日

夏のタイドプール

2019年8月30日(日)
曇り時々雨 南西風・波2m
水温29℃ 透明度30m

昨日は夏だな〜と思っていたけど、
夜中から明け方まで激しい雷雨。
今日はずっと微妙な天候。
今年の夏は短かったなぁ。
でも海の中はまだしばらくは夏!

夏のタイドプール_b0186442_21432595.jpg
フタスジリュウキュウスズメダイとデバスズメ
夏っぽい!?

夏のタイドプール_b0186442_21432512.jpg
カンサシヤドカリ(右)とニシキカンザシヤドカリ(左)
屋久島はカンザシヤドカリ天国。こんなシーンもあり。

夏のタイドプール_b0186442_21432562.jpg
シマオリハゼ

夏のタイドプール_b0186442_21432561.jpg
カスリハゼ
ほぼ漁港の中でしか見ないハゼだったのに、今年はいる!

夏のタイドプール_b0186442_21432414.jpg
オイランヨウジ
年中抱卵しているイメージだったけど真夏は抱卵してないのね。

夏のタイドプール_b0186442_21432592.jpg
ロウソクギンポの婚姻色
やっぱりタイドプール!
繁殖期のロウソクギンポが派手な顔で出迎えてくれた。

夏のタイドプール_b0186442_21432584.jpg
気泡とイチモンスズメダイ幼魚


ではでは!




by yakuumi | 2019-08-30 22:20 | 一湊タンク下
2019年 08月 24日

最近の屋久島の海

2019年8月24日(土)
晴れ 風・波2m
水温29℃ 透明度40m

秋味(麒麟のビール)を堪能してしまったけど、
海の中は夏最高潮!
ホムラハゼやバイオレッドボクサーシュリンプも
ニューフェイスのオオモンカエルアンコウもいるし、
チビジョーフィッシュも出てきたし、ニシキフウライウオペアも
ハナヒゲウツボも、あれもこれも健在!
ドリフトではギンガメにイソマグロ!
何と言っても青くて暖かい!

最近の屋久島の海_b0186442_07005289.jpg
2019年の体験ダイビングでのウミガメ率なんと、、、100%!
まぁ体験ダイビングの回数は少ないけど。

最近の屋久島の海_b0186442_07005194.jpg
アザハタのアザハタ中毒患者ぬき。
今年もやってきた患者さん。
来週も患者さん搬入予定あり。

最近の屋久島の海_b0186442_07005182.jpg
アカウミガメの赤ちゃん
アカウミガメの産卵はこの数年減少傾向。
砂浜環境の悪化なのか、漁業での混獲の増大なのか
その両方なのか、それとも流行りのプラスチック問題か、
ただの周期的なものなのか、原因はハッキリとしないけど、
寂しさを感じることは確か。

最近の屋久島の海_b0186442_07005002.jpg
今月もサンゴの産卵は続いている。
6、7、8月と3ヶ月連続で様々なサンゴを見てきた。
そして9月10月と意外と長々と続いてゆく。
満月の夜に、、、と言われるほど単純ではないけど
知るほどに神秘性が増してくる。

最近の屋久島の海_b0186442_07005045.jpg
ホンケヤリの放精&放卵
緑色の帯が5、6mも海中を漂っていた。
直感的に産卵だ!と思って元をたどるとホンケヤリだった。
こんな夜に人知れず産卵していたんだ。
オオナガレカンザシの産卵とは別物だった。

最近の屋久島の海_b0186442_07005057.jpg
キリンミノの産卵前
夜の生態といえばこれ!?
大光量ライトで照らしながらの動画撮影だったけど
無事に産卵してくれた。

最近の屋久島の海_b0186442_07005262.jpg
ギンカクラゲ(盤系2mm-10mm)
沖合の潮目にはスリック(サンゴの卵の集まり)!??
と思ってサンプリングしたら、2-3mmくらいのギンカクラゲがたくさん入っていた。

写真のある本の一部だけど、
最近の海からでした。

ではでは。



by yakuumi | 2019-08-24 20:30 | 一湊タンク下
2019年 08月 23日

夏の海

2019年8月22日(木)
晴れ 風・波1m
水温28.7℃ 透明度40m

夏の海_b0186442_07005270.jpg
イボクラゲ

はい。
サボってました。
お盆の台風に何かを持って行かれたんだと思う(笑)

屋久島の海中は夏の色に染まっています。

さて今日も海に行ってきますか!


ではでは!








by yakuumi | 2019-08-23 07:05 | 一湊タンク下
2019年 08月 08日

台風が、、、来ない?

20198月8日(木)

曇り時々雨 東風・波4m

水温28.5℃ 透明度30m


なんだかなぁ。

3つ連続の台風は流石にシビれる。

でも蓋を開けてみれば、大したことない?

8号.9号はそれてくれた。

次の10号も予報は分かれているけど、

きっとそれてくれる!

アメリカ海軍と気象庁は逸れると言っている!

(関東地方の東へ!)


台風つなぎも解除されてボートも使えるようになったし、

さて張り切って潜りますか。


以上台風情報でした。


台風が、、、来ない?_b0186442_22062459.jpg

ハナミノカサゴ

INON X-2 for GX7MK3

14-42mm + UFL-M150 ZM80

(マイクロ魚眼レンズ)

INON S-2000 x 2

フィッシュアイに似ている絵だけど

目線がちょっと違う。


台風が、、、来ない?_b0186442_22062437.jpg

ニセアカホシカクレエビ

INON X-2 for GX7MK3

14-42mm + UFL-M150 ZM80

(マイクロ魚眼レンズ)

INON S-2000 x 2
あれま凄いところに乗っていた!

台風が、、、来ない?_b0186442_22062477.jpg
ニジハタのペア

INON X-2 for GX7MK3

14-42mm + UWL-H100

INON S-2000 x 2

オスが体をブルブルとさせてメスにアピール!


ではでは〜。



by yakuumi | 2019-08-08 22:19 | 一湊タンク下
2019年 07月 30日

ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)

2019730日(火)

晴れ 南東風・波1.5m

水温27-28.9℃ 透明度30-40m


今日も痛快な海!

極上のコンディションです。

でも東風に変わったのが気になり過ぎる。

今日は海で写真を撮るためにダイビングを始めた

というゲストとじっくりともぐってきました。

サンゴ、クマノミ、ウミガメ、群れ!それに青い水。

以上。


そして夜にはついにゴマモンガラの孵化を確認!!!

過去に幾度となく心を折られてきたけど、今日はバッチリ観察できた。

凶悪で名高いゴマモンガラ だけど、周りにいるどの魚よりも

賢く、愛情深い、たまに執念深い魚。

知れば知るほど奥の深さを知ることになる魚。

写真の子は3ヶ月くらい前に、不思議な動きをしていた。

繁殖期でもないのに、産卵床を整えているような動きをしていた。

この広い海でなんでそんな微妙〜な場所に産んだんか、

なんでその場所に固執するのか、他の個体だと何年も同じ場所で産卵する。

まだまだ不思議いっぱい。


ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22425226.jpg

今日も一湊の海を空撮。

ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22425263.jpg
横瀬辺りから一湊灯台

流れが速い!


ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22491759.jpg

卵の世話をしながらこちらをうかがうゴマモンガラ。


ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22491845.jpg

昼間よりも激しく終始水流を送っていた。


ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22491796.jpg

ハッチアウトの瞬間

遠くから見ていたら気がつかないほど小さな仔魚!


ゴマモンガラの孵化!(ハッチアウト)_b0186442_22491810.jpg
舞い上がった卵からも次々と孵化していた。



ん〜素晴らしい。





by yakuumi | 2019-07-30 23:13 | 一湊タンク下
2019年 07月 30日

ホムラハゼのペア!!

2019729日(月)

晴れ 南風・波1m

水温28.5℃ 透明度40m


海が〜♪

気持ちいい〜!!

幸せな日々が続いています。


絶好調の屋久島のまずは海を空からどうぞ。

Mavic pro(ドローン)より


ホムラハゼのペア!!_b0186442_07055268.jpg
矢筈岬


ホムラハゼのペア!!_b0186442_22221001.jpg
お宮前

いつも遊んでいる砂地が見える。

上から見て今更ながら気がつくことも結構あった。


ホムラハゼのペア!!_b0186442_22221088.jpg

タンク下

ここが愛しのタンク下。右下に見えるタンクがポイント名の由来(笑)

ダイバーとウミガメが見えた!


ホムラハゼのペア!!_b0186442_22220959.jpg

ホムラハゼ

2年ぶり?に現れた。しかもペア!!!

「ダイビングスクールたつのこ」のりょうさんに

教えてもらいました!


ホムラハゼのペア!!_b0186442_22220985.jpg

ホムラハゼ

両方同時に現れなかったから始めは分からなかったけど、

大きさも違うし、背びれの斑紋も違った。


ホムラハゼのペア!!_b0186442_22220942.jpg
アカメハゼ

今年もやってきた!

この時期に必ず現れる流れ者。

だいたい数匹でやってきて秋には消えちゃうから

今が撮りごろですね。






by yakuumi | 2019-07-30 07:20 | 一湊タンク下