屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お宮前( 108 )


2018年 06月 19日

ハナゴンベ幼魚たくさんいます。

6月19日 雨
南西の風:波2m
水温24,8℃  透明度20m
b0186442_01125002.jpg
雨ですね〜。
海中の方が明るい感じ。
でもそんなに青くはないです(笑)
早朝からゼロ戦まですい〜っと泳いできた。
自分は砂地で遊んでたけど、今日はパタパタが一度も見れなかったって。

う〜ん前回の朝は良かったんだけどなぁ。
さて今日も夜まで行ってきますよ〜。

写真はハナゴンベの幼魚。
今年は当たり年かな。

[PR]

by yakuumi | 2018-06-19 18:05 | お宮前
2018年 06月 06日

孵化ときどきサンゴの産卵!

6月6日 晴れ
東〜西の風:波1,5m 小潮①
水温24〜25℃  透明度20m
b0186442_11332706.jpg
ボートナイトが続いてます。
今日は近くでサンゴの産卵やヒトデの放精などが見られました。
コブシメの旅立ちも!

エキジット間際にはプランクトンが大量に押し寄せてきた。
トビウオの幼魚!にカサゴ系の美しい幼生。。。
流れと波であっという間に消えていってしまった。
さて今日も引き続き、夜潜りへ行ってきますか!

写真は朝日へ向かって上昇するアオウミガメです。

〜お知らせ〜
6月4日に新刊が出ます!
その名も
「アザハタ王と海底城」!!
b0186442_21341882.jpg
みなさんご存知のゼロ戦を舞台にアザハタの王様が活躍する
ドキュメンタリー風な写真絵本です。
海の中にある「魚の街」を感じてもらえる1冊に仕上がったと思います。

発売は6月4日。
ではすでに予約受付中です!
屋久島に来られる方には
直接お渡しできます。

[PR]

by yakuumi | 2018-06-06 18:14 | お宮前
2018年 06月 04日

ティーダゼブラヤドカリ

6月4日 晴れ
東の風:波1,5m 中潮④
水温24℃  透明度20m
b0186442_22441178.jpg
今日はお宮前にボートでナイト!
と、ある狙いがあってご案内したんだけど、
ずっと注目していたアレがなくなっていた。。。
もう残念すぎる。
イソギンチャクの放精が見られたり
個人的には初となるティーダゼブラヤドカリが見られて
大興奮だったけど、肝心のものが
結局ダメだった。。。
う〜ん、難しいなぁ。
どうしようかな〜。

それにしてもティーダ!
図鑑で見る限りフルセゼブラヤドカリに似てるから
多分わからないんだろうな〜と思ってたけど
パッと見てビリビリ〜っときた!
沖縄の方言で「太陽」の意味を持つティーダ。
まぁ夜行性だから夜にしか表に出てこないんだけど、、、
ってあたりも含めていいなぁ。

〜お知らせ〜
6月4日に新刊が出ます!
その名も
「アザハタ王と海底城」!!
b0186442_21341882.jpg
みなさんご存知のゼロ戦を舞台にアザハタの王様が活躍する
ドキュメンタリー風な写真絵本です。
海の中にある「魚の街」を感じてもらえる1冊に仕上がったと思います。

発売は6月4日。
ではすでに予約受付中です!
屋久島に来られる方には
直接お渡しできます。

[PR]

by yakuumi | 2018-06-04 22:51 | お宮前
2018年 05月 09日

イカ釣り大会と、気になるアオウミガメ。

5月9日 お宮前
曇りのち晴れ 北東の風:波2m
水温24℃ 透明度25m
b0186442_21373155.jpg
水温が上がって透明度もぼちぼち良い。
コブシメは今年は盛り上がらないなぁ。
4月末に一度だけ8個体で盛り上がったけどそれっきり。
数自体が少ない。
2016年から行われているイカ釣り大会の影響を感じるこの頃、、、。
何と言っても賞金100万円。
今年は冬の間3ヶ月と期間も長くかなり多くのイカが
釣られてしまったように思う。
懸賞金はアオリイカのみだけど、コブシメも釣られちゃう。
海底の疑似餌は拾っても拾ってもなくならない。
釣りはわりかし好きなんだけど、
賞金目当てで過剰に略取されていくのを痛ましく思う。
海に潜ってない人にはわかり辛い話だろうな。
毎日会っていた子たちが消えていくあの感覚。。。


写真はアオウミガメ。
なんだ!??ハイブリットか!?
と思ったけどどう調べてもやっぱりアオウミガメ。
この数年一湊湾内をウロウロしてる子だと思う。
屋久島で見られる黒っぽい甲羅のアオウミガメとは
明らかに色合いが違う。
個体差というよりも生まれの違いのような気がする。

『えっいつも見てるアオウミガメと同じだけど?』
って人がいたら教えて欲しいな。

ではでは。

[PR]

by yakuumi | 2018-05-09 22:13 | お宮前
2018年 04月 27日

シマアジとツムブリの群れ

2018年4月27日
晴れ  波:北西1,5m
水温21,5℃  透明度15-20m
b0186442_22510849.jpg
この時期は普通のカンパチやヒラマサなど普段あまり見かけない回遊魚をみかけます。
昨日はシマアジの大きな群れ!+ツムブリ。

例年この時期はコブシメの繁殖で盛り上がるんだけど
最近あまり見かけない。
数日前にちょっと盛り上がったんだけどそれから
パッタリと止まってしまった。。。

今日は微妙に時化てる中、夕方〜夜まで潜ってきました。
魚はハナゴンベ1cm×2、ジョーフィッシュ10、モンハナシャコ抱卵、
シモフリタナバタウオ卵保護、クマノミ卵保護などなどでした。

水温24度以下では潜れないと言っていたKさんは
ハナゴンベのチビで寒さを忘れられたようでした(笑)

[PR]

by yakuumi | 2018-04-27 22:59 | お宮前
2018年 04月 26日

シモフリタナバタウオ産卵!川ではヨシノボリの喧嘩。

2018年4月25日
曇 波:北西2,5−1,5m
水温22℃  透明度15m
b0186442_08185383.jpg
夜のうちに前線は通り過ぎ、海は微妙な時化です。
でも、なんとか潜れた。
海に川にライザップ系で、今日もよく潜った!

川は水温17度エアーが減らないから誰も上がらない、、、。
クロヨシノボリの喧嘩が見応えあり。

海では本命に振られてしまったけど、シモフリタナバタウオが産卵!!
産卵床は岩陰でギリギリみえなかったけど、
ゼリー状の卵塊を天井に産みつけてる姿が確認できた!
昨日から怪しいなぁと思ってたけど、まさか産卵が見れるなんて、、、。
メスは体を水平に倒して散乱し、
オスはメスを隠すようにヒレを広げてこちらの視界を塞いでいた。
放精の様子は分からなかったけど、狭い空間なので
この包み込むような状態の時に行われているような気がする。

岩の奥の暗がりで密かに行われたドラマに感動したのでした。

今日は前半戦の取材は終了〜。



[PR]

by yakuumi | 2018-04-26 08:37 | お宮前
2017年 08月 31日

白化するイソギンチャク -朝日新聞デジタル-

2017年8月31日 
【ポイント】 お宮前 / タンク下 / ゼロ戦 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 西-北東1m
【 水温 】  30℃ 【透明度 】  30-40m  【 潮 】 

今日31日で8月はおしまい。
耳から液体が出始めたところで、お休みなのでホッと休息(笑)
外耳炎かな。

海中ではここ数日で一気に白化現象が目立ってきた。
コモンサンゴの仲間が青白くなり、シライトイソギンチャクは真っ白に。
青く澄んだ海では船上からでも見て分かる。

前回の台風5号でかき回された海も3,4日で元に戻り今は30℃。
しばらくまともに台風も来なそうなので、今後が気がかりだ。

b0186442_12022766.jpg
白化したイソギンチャクにはたくさんのクマノミの幼魚!
普段より絵になるから、ついつい撮ってしまう。

この2日間は浅瀬で動かずにその辺の生きもをボーっと眺めたり撮影したりするだけ。
楽しかったなぁ。

b0186442_12022725.jpg

そこら中にルリホシスズメダイの幼魚!
動かずにじ~~~~っと見てるとたくさんいることに気が付く。
でもスーパーチョロチョロなので
じっくり向き合わなくては撮れない。
b0186442_12022683.jpg
アケボノチョウチョウウオ幼魚とブダイの幼魚たち
b0186442_12022729.jpg
ツユベラの若魚

b0186442_12413412.jpg
リュウグウベラギンポ
めっちゃいる!激しい求愛も見られるけど中々近寄れない。
燃えるなぁ。

耳垂れよ~とまれ!!!
潜りたい。。。
b0186442_12022637.jpg
漁港にはアカウミガメの赤ちゃんが迷い込んでいた。

b0186442_12262414.jpg

ついでに
久米島のダイブエスティバンから健太朗も迷い込んできた!
何見ても興奮している姿が微笑ましい(笑)
あ~楽しかった。
b0186442_12022632.jpg


b0186442_12312815.jpg

「朝日新聞デジタル」にて「海のぷかぷか」を紹介して頂けました!
ぷかぷかな生き物たちの動画もあるので是非見てくださいね。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-08-31 12:38 | お宮前
2017年 06月 15日

生態三昧の3日間。シモフリタナバタウオの卵守り!

2017年6月15日
【ポイント】 お宮前 / タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南東 
【 水温 】  26.2℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 中潮


b0186442_21073712.jpg
はい、黒潮きたー!!
水温も透明度もまたグーンと上がった!!
雨も全然降らないし、こんなに快適な6月は初めて。
いいのかなぁ。

コウワンテグリは相変わらずに熱い!
動きは僅かに変わってきている。
2番目のメスが移動した。

セソコテグリも産卵を確認。
シマスズメダイは孵化を観察するつもりだったけど、
あまりにも光に敏感な子だったので、諦めた。
b0186442_21073935.jpg
ヒメテグリ
ちっちゃいけど背ビレのキレイさは抜群!
コンワンテグリを観察した後はヒメテグリ!
産卵時間が僅かに違うから両方見れちゃう。
b0186442_21073842.jpg
次の日は色々と狙いがあったけど、ことごとく外してしまった。
サンゴも全然産卵せず。
ケントロピーゲ(小型のヤッコ)も全然盛り上がってない。
水温が上がった日なのになぜ?

写真はアブラヤッコの産卵の瞬間。白い丸いのが卵。
何気に熱いのを撮影していた!
やるなぁ。。。
あっコブシメが孵化していた!
フワフワ浮いていたのでサンゴの隙間を見ると
今にも飛び出してきそうな子たちがいっぱい。
b0186442_21073826.jpg
オイランヨウジの卵
ペアでクネクネ。
オスのお腹には成熟した卵がたくさん。
b0186442_21073869.jpg
シモフリタナバタウオの卵保護。
「シモフリタナバタウオの動きが激しいですよ~。」
と、お勧めスポットで放置していたら卵まで撮っていた!
やるなぁ。。。

写真はすべて熱男のたくまさんにお借りしました~。

ではではまた~。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】

[PR]

by yakuumi | 2017-06-15 22:36 | お宮前
2017年 06月 15日

生態三昧の3日間。シモフリタナバタウオの卵守り!

2017年6月15日
【ポイント】 お宮前 / タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 南東 
【 水温 】  26.2℃ 【透明度 】  40m  【 潮 】 中潮

b0186442_21073712.jpg
はい、黒潮きたー!!
水温も透明度もまたグーンと上がった!!
雨も全然降らないし、こんなに快適な6月は初めて。
いいのかなぁ。

コウワンテグリは相変わらずに熱い!
動きは僅かに変わってきている。
2番目のメスが移動した。

セソコテグリも産卵を確認。
シマスズメダイは孵化を観察するつもりだったけど、
あまりにも光に敏感な子だったので、諦めた。
b0186442_21073935.jpg
ヒメテグリ
ちっちゃいけど背ビレのキレイさは抜群!
コンワンテグリを観察した後はヒメテグリ!
産卵時間が僅かに違うから両方見れちゃう。
b0186442_21073842.jpg
次の日は色々と狙いがあったけど、ことごとく外してしまった。
サンゴも全然産卵せず。
ケントロピーゲ(小型のヤッコ)も全然盛り上がってない。
水温が上がった日なのになぜ?

写真はアブラヤッコの産卵の瞬間。白い丸いのが卵。
何気に熱いのを撮影していた!
やるなぁ。。。
あっコブシメが孵化していた!
フワフワ浮いていたのでサンゴの隙間を見ると
今にも飛び出してきそうな子たちがいっぱい。
b0186442_21073826.jpg
オイランヨウジの卵
ペアでクネクネ。
オスのお腹には成熟した卵がたくさん。
b0186442_21073869.jpg
シモフリタナバタウオの卵保護。
「シモフリタナバタウオの動きが激しいですよ~。」
と、お勧めスポットで放置していたら卵まで撮っていた!
やるなぁ。。。

写真はすべて熱男のたくまさんにお借りしました~。

ではではまた~。

[PR]

by yakuumi | 2017-06-15 22:36 | お宮前
2017年 06月 04日

アオギハゼの求愛!?

2017年6月4日
【ポイント】 お宮前 【 天気 】  晴れ  【 風波 】 凪 
【 水温 】  23.4℃ 【透明度 】  30m  【 潮 】 長潮

b0186442_23012719.jpg
適度に更新の技を覚えた。
忘れられない程度にしんみりと更新しよう。
潜るのは毎日で、ガイドしたり調査したり。
毎日が新鮮で毎日書きたいことはいっぱいあるけどなぁ。

さて今日は久しぶりにお宮前へ。
全力のゲストNさんが、今回もトラブルで全力帰りしまったので
しょうがなくビーチで一人調査。
この見晴らしの良いところから、下の赤い鳥居までタンク背をって歩く。
いたる換算では沖縄の真栄田岬の2.5倍大変(笑)
帰りがやばい。
そんでもって、どう見ても激流だし。。。
b0186442_23012824.jpg
今の屋久島の旬をハナキンチャクフグの幼魚と。

狙ったいたものが4つほどあったけど全部外した(笑)
ほんと見事にふられたなぁ。
b0186442_23012790.jpg
コッカレルラス
オハグロベラの南方版。
例年とっくに消えているカギケノリや他の海藻の隙間を
隠れ蓑に広範囲を泳ぎ回っていた。
b0186442_23012810.jpg
ヒマワリスズメダイyg
これはちょい沖にて。
b0186442_23012778.jpg
アオギハゼは鰭全開で求愛?してた!
これはいいなぁ。

前回の黒潮以降ジワリジワリと水温が下がってる。。。
でもそれなりに青いし、生き物は盛り上がってるから良いか。

6月はのんびりと潜れそう。
そういや、まだ梅雨入りしてない。
こんなに天気が良くて良いのだろうか?ってくらい良い。
太陽っていいなぁ。


~お知らせ~

b0186442_20244352.jpg



「海のぷかぷか」  ただよう海の生きもの アリス館
寒竹 孝子 (文), 高久 至 (写真)
5月17日に発売です!! 発売されました!!
アマゾンや書店で買えます。
近いうちに屋久島に来る方はご一報ください。
用意しておきます。
詳しくは「海を歩く」にて載せていますのでご覧ください。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
『高久至写真事務所』 【HP】


[PR]

by yakuumi | 2017-06-04 23:47 | お宮前