人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 18日

モヨウフグ

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  曇り   【 風 】  北東の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  25m  【 潮 】  大潮②

モヨウフグ_b0186442_10113865.jpg


台風14号の影響で海が時化てる!!こんなにも遠いところにあるのに、、、さすが大型台風。海は荒れているけど一湊湾内は矢筈岬のお陰で風が抑えられていて多少のウネリ程度で潜れている。でもその外の海は時化でどうしようもない状況だ。

チェックではいつも通りタンク下へ。連休に向けてのネタチェック!って言っても台風やら船やらの問題でゲストのキャンセルも結構あって大型連休って感じでもないか。。。

浅場では数日前からモンハナシャコが抱卵している。GWの頃には各所で見かけていたけど夏場はあんまり見かけなかった。話によると深場でも抱卵している個体がいるみたいだからそういう時期なのかもしれない。そういう時期って言ってもGWと今じゃあ水温が違うから、それでタイミングを計っている訳ではなさそう。なので理由は良くわかんない。
ジョーフィッシュはハッチアウトの時期が完全に終わって最近ではめっきり見かけなくなったけどまだ何個体かは継続的に観察できている。ジョーがいなくなったらちょっと寂しいな。頑張れよ~!

深場では何かいないかな~と探していると、モヨウフグが目の前でウロウロ。モヨウフグなんて別に探すものではないし無視してネタ探さなきゃ!とは思ったんだけど。無視できない、、、。この顔を正面から見てしまうとついつい撮りたくなってしまう。結局水深30mでモヨウフグと遊んでしまった。。。ネタチェックが、、、。でもほんと愛嬌のあるフグだと思いますよ。


モヨウフグ_b0186442_10131346.jpgモヨウフグ_b0186442_10132686.jpg
オドリハゼ / イシガキカエルウオ
オドリハゼは個体数は多いものの写真にはなかなか撮れない。寄るのが凄い難しいのだ。でも今日の個体はかなり寄っても逃げない良い個体だった!これならガイドでも使えそう!!やった~。もっと人馴れさせとこ~。

※今日も高速船トッピーとロケットは欠航でした


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-18 23:59 | 一湊タンク下
2009年 09月 17日

初めてのダイビング

【ポイント】  クレーン下 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  北東の風
【 水温 】  29~30℃  【透明度 】  25m  【 潮 】  大潮①

初めてのダイビング_b0186442_10435655.jpg

今日は台風の影響で海が時化るかな?と思っていたけど朝一で海を見に行ったら穏やかだった。風で荒れていたクレーン下も今日は大丈夫。そんな訳で午前中は体験ダイビングをしてきました!

海で泳ぐのは小学生以来だというゲストのNさんでしたが初めてのダイビングで何も戸惑うことなく潜れました。海中は思ったよりもきれいで透明度25m!白い砂に、青の果てまで続く砂紋、群れる魚、ニモの仲間(クマノミ)などなど様々な出会いで感激していたようです。自分も毎日潜っているけどのんびり海を漂うのはホント気持ちが良いですね。これを機にNさんは「来年はライセンス取りに来ます!」って言ってたからお待ちしてますよ~!!是非また遊びましょう!!

写真はさわやかな海のものがいいかな~、と思ったけどさわやかな写真あんまり撮ってないや。なので最近の夜の海にやたらと多いクラゲです。名前はわかんないけどやたらと多いし、そして刺されたら痛そう。
でもクラゲって妖艶で美しいですよね。


※高速船のトッピーとロケットは今日も終日欠航でした。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-17 23:59 | クレーン下
2009年 09月 16日

ジョー!

【ポイント】  元浦 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】  29~30℃  【透明度 】  5~25m  【 潮 】  中潮②

ジョー!_b0186442_1429422.jpg


今日は講習最後の日。今日まで全てすんなりと課題をクリアーしてきたKさんは今日も余裕でクリアーした!ライセンス取得おめでとうございます!!最後のダイビングではほとんどファンダイビングに近い形でタンク下に潜ってきた。そこでKさんに大ヒットしたのがジョーフィッシュ!エキジットしてからあれに会うためだけに潜ってもいいな~と言っていた。うんうん。かわいいですよね~!!でもOW講習の最終日でそれを言えるのもなかなか凄いよな~。写真は夕方に2倍テレコン使用で撮りました。かわいさを前面に押し出そうとしたらちょっと恐くなってしまった。反省。

元浦では台風のウネリが入っていたのか底揺れが酷く透明度も悲惨だった。

※高速艇のトッピーとロケットは流木の影響のため今日も欠航でした。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-16 23:59 | 一湊タンク下
2009年 09月 15日

あれ、台風が、、、

【ポイント】  元浦 / クレーン下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  北東の風
【 水温 】  29~30℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮①

あれ、台風が、、、_b0186442_19523210.jpg

台風がそれた!?大型の台風14号が屋久島へ向かって直進していたのに今日の予報では関東地方へそれることになっていた。やった~!シルバーウィークが結構憂鬱だったんだけどこの予報どおりなら大丈夫かな??でも、こんなに台風が来なくていいものだろうか。いやもちろん来てもらっては商売上困るんだけど、自然環境からしたら良くないことかもしれない。屋久島では台風が来なくてサンゴが白化したなんてことはないんだけど、見えていない部分で何かが起こっているのかもしれない。まあそれも自然か。

今日は昨日からの続きの講習でのんびりと元浦、クレーン下で潜ってきた。今回のゲストの方も非常に優秀!いやむしろ優秀すぎて教えることがない、、、。水中スキルを全てほぼ一発でクリアしてしまうからやることが足りない。だから昨日から泳ぎっぱなし。海に慣れるのはまずは泳ぐこと、水中に長くいることじゃないだろうか。

元浦では浅場の透明度が悪いが砂地の方まで行くと青がやたらと青で気持ちがいい!クレーン下ではキメの粗い砂が造る砂紋が美しくゲストのKさんは感動していた。

あと一日楽しんで行きましょうね~!!




屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-15 20:05 | 一湊タンク下
2009年 09月 14日

ベニワモンヤドカリの放仔!!!!!!!!!!!

【ポイント】  元浦 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  南東の風
【 水温 】  29~30℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  若潮

ベニワモンヤドカリの放仔!!!!!!!!!!!_b0186442_22412413.jpg

うぎゃぁぁぁ!!!遂に見れてしまった!!!いや見れるとも思っていなかったけど見てしまった!!!あのベニワモンヤドカリの放仔を!
夕方から潜り始めたけど気が付くと辺りは真っ暗になっていた。岩に1匹のベニワモンヤドカリがちょこんとのっかっていて何かそそられるものを感じたので写真に撮ってみると突如ヤドカリの歩脚の左脇からプランクトンが無数に出始めた。突然のことで一瞬なにか分からなかったけどすぐに放仔だと気が付いた。以前イソヨコバサミの放仔を見たときは貝殻を前後に揺り動かすように子供たちを放出していたけどベニワモンヤドカリの放仔は実に硬派だった。微動だにせずただ子供の旅立ちをジッと見守るのみ。うう~んちょっと地味?迫力には欠けたけど大好きなベニワモンヤドカリの放仔を見れたことは非常~に嬉しい!なんと言っても僕の愛器であるカメラの名前は「輪紋紅子」そうベニワモンヤドカリから取っているのだ!いや~素晴らしかった。時間にして20秒ほどだったけど感動は計り知れない。こんな出会いのために毎日飽きもせず潜っているんだろうな。

そして今日は他にも生態三昧!!!


ベニワモンヤドカリの放仔!!!!!!!!!!!_b0186442_22414720.jpg

日没前には以前喧嘩を見たコッカレルラスが今日は産卵をした!やはりオハグロベラに姿が似ているだけではなく産卵の時間も似ているようだ。オス同士の喧嘩があまり見られないのは生息密度が低いからでウジャウジャいたらオハグロベラ同様に盛んに喧嘩もするのだろう。
しかし求愛の仕方はオハグロベラに比べると情熱が足りないような感じ。メスの前でヒラヒラと泳ぐウェイブ・スイミングがほぼ見られない。もっと時間をかけて求愛してくれれば写真も撮りやすいんだけどな。

魚の生態観察では産卵の瞬間を見るのが目的ではなく産卵するまでに見られる様々な求愛行動こそが見ものだと思っている。それは写真の撮りどころも一緒で産卵の瞬間はもちろん素晴らしいけど、その前後の駆け引きこそ素晴らしいシャッターチャンスだ。


ベニワモンヤドカリの放仔!!!!!!!!!!!_b0186442_224273.jpg

シテンヤッコはタンク下では沖合いの方にいることが多くて日没間際に観察にはためらってしまうけど今日はバッチリ観察をできた。シテンヤッコの産卵を狙っていたわけではなかったけど沖に出るとあからさまに産卵しますよ~的な動きをするシテンヤッコが数匹いたので観察をすると予想通りすぐに産卵した。時間は日没直後くらいだけどまだ辺りはほんのりと明るかった。シテンヤッコも産卵自体はショボっと終わってしまったけどオスがメスのお腹を持ち上げるような動きのナズリングは見ごたえがあった。オスは産卵が終わると別のメスの下へ向かった。

まだ産卵しそうだったけど近くにはなんと、ネッタイミノカサゴが4個体も集まっていた!!!これはシテンヤッコどころではない!とターゲットを変えたけど大した動きはなくタイムアップ。窒素も空気ももう限界だった。そして気が付くと辺りは真っ暗、、、、。沖合いでのナイトはさすがにちょっと恐かった。


あっそうそう海は今日もキレイですよ!

あっそして、、、遂に台風が来てしまった。それもかなりでかい。。。
シルバーウィークが厳しい状況になりそうだ。。。。
今後の台風の動きから目が離せませんね。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-14 23:29 | 一湊タンク下
2009年 09月 13日

食べちゃダメ、、、。

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】  西の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  長潮

食べちゃダメ、、、。_b0186442_1940567.jpg食べちゃダメ、、、。_b0186442_19411924.jpg食べちゃダメ、、、。_b0186442_19414290.jpg
カンモンハタ / ハナヒゲウツボ / ニセアカホシカクレエビ

今日もタンク下でグダグダと潜ってきた。でもいつもと同じじゃつまらないので気分転換に60mmマクロにテレコンを付けて潜ってみた。それが面白い!!テレコンを使用し始めの頃はその扱い辛さに苦労させられたけど今日は普段撮れない、または撮らないような絵も結構撮れて満足!何よりも面白い!!60mmマクロで小さな被写体を撮るときはどうしても寄りがちになってしまって被写体にプレッシャーを与えすぎてしまい逃げられることも多々あるんだけど今日はハゼとエビの共生なんかも撮ることができた!レンズを変えると同じ海に潜っていても見る視点が変わってくるから面白いものです。明日もテレコンでいこうかな?

海の方は変わらずに良く透明度30m!心地よいです!

写真左のハタは見つけた時からずっと口が半空きだった。なんかおかしいな?と思って良く見てみると口の中には、なんとハナキンチャクフグがぷっくら膨れた状態で入っていた!口を閉じようにもフグも必死だから縮もうとはしない。このあと、どうなるのか気になって20分くらい観察していたけどあんまり変化はなかった。でもどちらかが力尽きるまでこの状態をキープするんだろうな。たまに話では聞くのがウツボなんかがフグを咥えたまま死んでいることもあるらしい。食べられる側も大変だろうけど、食べる側も結構大変なんだろうな。明日このハタが口を空けたまま横たわってなきゃいいけど。。。だいたいフグ毒ってハタには効かないものなんだろうか?

ハナヒゲウツボは久しぶりに浅場で見られたので有難い!


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-13 21:01 | 一湊タンク下
2009年 09月 12日

マツダイ!!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 南の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮③

マツダイ!!_b0186442_21204796.jpg
ニセアカホシカクレエビ

今日ものんびりタンク下で潜ってきました。エントリー口にはまだ少しだけゴミが溜まっていてヘコアユやアミモンガラやマツダイなどがフラフラ漂っていた。マツダイは初めてみたのでちょっと嬉しかったけど地味だった。図鑑で見るのはもう少し黄色っぽいから、今度はそっちを見たい!

透明度は変わらずに30mくらい見えていて、水温も29℃と安定しているので快適な海だ。中層には相変わらずキビナゴが群れていた。上の写真のニセアカホシカクレエビは小さなナガレハナサンゴとその周辺に集団でいる。その数、大小合わせて20個体以上!2ヶ月くらい前に見たときは数個体しか見当らなかったのにどんどん増殖している。正確に言うと増殖ではなくて目に見えに位の小さなエビたちが成長しているんだと思う。そして一番大きなメスは今日見たら抱卵していたのでまだまだ増えるかも!?これは結構見ものです。


マツダイ!!_b0186442_2121992.jpgマツダイ!!_b0186442_21213011.jpg
マツダイ / オドリハゼ

オドリハゼは屋久島では比較的多いものの、なかなか近づけない。今日も遠くからしか撮れなかったので写真は激しくトリミング。オドリハゼは動きといい模様といい好感度が高いハゼなんだけどちょっとシャイすぎるのが難点だ。もっと近づける良い個体探さなきゃ!もしくは同じ個体に毎日毎日会いに行って慣らすか、、、でもこれは一人じゃ結構しんどいからヤダな。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-12 22:01 | 一湊タンク下
2009年 09月 11日

セミホウボウ!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 南の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮②

セミホウボウ!_b0186442_2034563.jpg


今日も海が青くて気持ちが良い!エントリー口から30mくらいの視界があった。昨日漂着していた流木やゴミなんかはほとんど、どこかへ消え去ってしまった。今日もトビウオが見たかったんだけどな~。。。

黒潮の当たる屋久島では風次第では「とんでもないモノ」が流されてくると考えているんだけどなかなか会えない。まあ簡単に会えたら「とんでもないモノ」じゃなくなっちゃうからしょうがないか。漂流物にくっ付いて運ばれてくる生物を見ると海の広さというか、果てしなさを感じれて楽しい。また何か流れてこないかな~。

タンク下沖のほうでは久しぶりにピグミーを確認。ここのところ全然見に行っていなかったから心配してたけど2個体は確認できた。近くにはモンハナシャコやクジャクベラ、スミレナガハナダイなども見られた。それと小さなニクイロクダヤギに付くクダヤギクモエビがいた。この生物は宿主が邪魔でなかなか写真に撮れなんだけどこいつは撮りやすい!今度ポリプが満開のときに撮りに行きたい!

エキジット間際ではセミホウボウを発見!!これは屋久島に来てから初めて見る生物なのでちょっと興奮してしまった。なんて優雅な魚なんでしょう。凄い綺麗で大好きな魚だけど一人でセミホウボウを撮影すると必ず後ろからの絵になってしまう、、、。今度は正面から撮りたいな!






屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-11 20:32 | 一湊タンク下
2009年 09月 10日

ちびトッピー!?

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮①

ちびトッピー!?_b0186442_21225244.jpg
トビウオの幼魚
昨日も書いたけど今日は海に大量の流木が浮いていてトッピーもロケット(高速艇)も全て欠航。ニュースでも確かに巨大な流木が写っていた。
なんて迷惑な話なんだろうと、思っていたけどそうじゃなかった!感謝感謝です!!なんといつも通りタンク下に潜りに行くと水面には小さな流木やゴミがたくさん流れてきていた。これはラッキーと思い水面捜索を開始するとザクザクとお宝が見つかった!
まずはトビウオの幼魚!!種類までは分からないけど屋久島では初めて見たので大感激!この時期になると流れ藻や流木にくっ付いて旅をするようです。屋久島の特産品であるだけにトビウオは撮らなきゃ!と思って必死になったけど揺れる水面下にいるトビウオ幼魚(2cm)を撮るのは結構しんどかったです。小さいながらも驚かすと瞬時に視界から消え2~3m先を泳いでいたりするし。この大きさでもう飛べるんですね!
ちなみに鹿児島、屋久島間を結ぶ高速艇のトッピーはトビウオのことだそうですよ。


ちびトッピー!?_b0186442_21232161.jpgちびトッピー!?_b0186442_21233729.jpg
ソウシハギ幼魚 / ウスバハギ幼魚
そしてハナオコゼやヘコアユ、ササムロにオヤビッチャ幼魚達にアミモンガラ、カンパチ幼魚、イサキ科の幼魚、イボダイ幼魚などなどが見られた。これだけ流れ者が来ると潜降できない、、、。今日は潜っている時間よりも水面近くをウロウロしている時間の方が長かった。

明日も流れ者来ないかな~??

あっ透明度は良くなってエントリー口から30m近くあって快適でした!




屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-10 21:50 | 一湊タンク下
2009年 09月 09日

キビナゴ雲!!

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  29℃  【透明度 】  15~30m  【 潮 】  中潮④

キビナゴ雲!!_b0186442_2394716.jpg
キビナゴの群れ

いや~凄い!最近のタンク下のキビナゴ群は数と密度が半端じゃない!!今日はそんな中でも特に凄くキビナゴが海面近くで揺らめく雲の様になっていた。周りにはカンパチの群れやオキザヨリ、イスズミなどがウロウロしていて時折、群れにアタックをしかけていた。そうするとキビナゴ雲にはまん丸い穴が開いてそれがまた美しい。いや~凄かったな~。

海の方はやや波はあったものの北部の海は問題なく潜れた。透明度はタンク下の一部のみ澱んだ水が残っていたけど他の場所は綺麗で30mくらい見えていた。

今日のゲストは伊豆にいた頃良く一緒に潜っていたWさん。遥々屋久島まで来てくれてありがとうございます。そしてやっぱ「森より海がいいね!」となかなか熱いお言葉も頂きました。屋久島は森もいいけど、海が楽しい島でもあるんですよ~!って誰に訴えてるんだろう。

お宮ではヒオドシベラの極小幼魚が見れて感動!それに今日のお宮はいつもより魚の密度が高くて面白かった。ゼロ戦では今まであまり見たことのない小柄なツバメウオが何匹も見れた。どこかから旅立って来たのだろうか。

そして今日はちょっとしたニュースが、、、。鹿児島と屋久島を結ぶ辺りの海に大量の流木が流れてきているみたいで大変なことに!なんと明日のトッピーとロケット(共に船の名)が全便欠航!??そんなことってあるんですね。お客さんはロケットで帰りの予定だったけど急遽飛行機に変更して何とか帰れるみたい。よかったよかった。


また遊びに来てくださいね~。




屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-09-09 23:30 | 一湊タンク下