人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 15日

あれ、アユが、、、。

【ポイント】  永田 / 一湊   【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  12.5℃ / 14℃  【透明度 】  ? 【 潮 】  大潮①

あれ、アユが、、、。_b0186442_1104310.jpg

ふたご座流星群みました?昨日の夜は雨だったので見れなかったけど一昨日の夜は快晴で満天の星空が広がっていました!この時期の天体はほんとに美しい!10分間で10個くらいの流れ星が見れた。大自然のドラマはやっぱり素晴らしいな~。なんだか心が大きくなったような気がしました(笑)

屋久島では最近どこ行っても柑橘類がある。家にも近所からもらってくるポンカンやらミカンやらよくわからない柑橘類がたくさん。屋久島で有名なのはこの時期はポンカン、もう少したつとタンカン。どっちもうま~い!!


で、今日の海況は、、、って海潜ってない。。。今日もアユの生態調査だ!と意気込んでいたけど結果はあまりよくなかった。まずは永田でも産卵がおこなわれているんじゃないか!?と思って行ってみたけど産卵どころかアユどころか魚の姿を見ることができなかった。しかも水温12℃台、手がかじかむ。近所の人に聞いてもここにはアユいないよ~なんて言われてしまった。アユを見た人もいるからいないわけじゃないんだろうけど、少ないのかな?こんなにいい川なのに。まあボチボチ調べていきましょう。
で、本命の一湊川ではアユはいたし、産卵も見られたけど全然活気がなかった。だいたい婚姻色が出てないし、、、。なんでだろう。水温が1℃下がって14℃だったけど関係あるかな?ん~、、、。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-15 23:59 |
2009年 12月 14日

今日もアユの産卵!

【ポイント】  漁礁 / 川   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  23℃ / 15℃くらい  【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮②

今日もアユの産卵!_b0186442_214264.jpg

今日も海で一本潜ってから川へアユの産卵を見に行ってきた!しかも今日は他店のHさんとKさんも加わって3人!この寒いのに良く川に入るな~って顔して近所の人たちが僕らを眺めていた。そりゃ寝そべっても体の半分位までしか水がこない様な浅瀬で大の大人3人がゴロゴロしていれば気にもなるだう、、、。

今日は16時30に産卵を確認。それから暗くて見えなくなる17時50分まで川に浸かっていた。その頃には産卵はピークを過ぎていてチョロチョロとしか見られなくなっていた。やはり数が少ないからか時間も短いようだ。

昨日はマクロだったので今日はフィッシュアイで撮ってやろう!なんて調子に乗ってみたけど上手く撮れなかった。次は60mmだな。それにしてもエアーを気にせず窒素を気にせずこんなに興奮するドラマが見れるなんて凄い!水中で何度、唸っていたことか。こりゃあ当分通いだな。

今日もアユの産卵!_b0186442_21423763.jpg

アユの産卵は暗くなり始めると活発になる。アユの動きが早いのでシャッタースピードを早くしてストロボをたくとどうしてもこんな暗い絵になってしまう。もうちょっとiso感度が上げれればいいんだけど、、、。まあ来年にはもっと明るい絵を提供できるかな??


今日もアユの産卵!_b0186442_21425725.jpg

海のほうではアデウツボがみたくてよくいるという場所に行ってみたけど分からなかった。代わりにいたのがこいつら。ヘリゴイシウツボとサビウツボ、、、。なんで一緒にいるの??面白い組み合わせだから10分くらい見ていたけど寄り添ったり絡まったりで実に仲が良さそうだった。

やっぱ海は不思議がいっぱいで面白いですね~。



※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-14 22:15 |
2009年 12月 13日

鮎の産卵!!

【ポイント】  一湊タンク下 / 川   【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  23℃  【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮①

鮎の産卵!!_b0186442_22313621.jpg

タンク下で一本潜り終えてそのまま川へ。アユの産卵は屋久島では11月頃にあるらしいという情報はあったんだけど水中で観察したという話は今のところ聞いたことがない。うだうだと過ごしているて、気が付くと12月に入ってしまっていた。もう産卵は終わっちゃったのかな~なんて思っていたけどネットで色々調べていると伊豆の方では今アユの産卵で盛り上がっているらしい。そこで最近はダイビング後に川に通ってアユを探していたんだけどまだいた!数は少ないけど下流にいるってことはまだ可能性ありかな?なんにしても屋久島でのアユの産卵情報があまりにも乏しいのでとにかく通うしかない!今年はもうダメかもしれないけどダメならダメでそれを見極めてやろうと思っていたら今日はあっさりと産卵が見れてしまった。。。一応屋久島で初の水中写真かな!?

僕が産卵を確認したのは16時20分くらい。それから寒さに耐え切れなくなって上がった17時30分まで産卵は徐々に盛り上がっていた。個体数は50匹いたかどうかなのでかなり小規模ではあるけど日没くらいまではやっていそうな感じだった。水温は確認し忘れたけどかなり寒い!13~14℃かな?明日また確認しよう。

小規模ではあったけど産卵は迫力があった。


鮎の産卵!!_b0186442_22314812.jpg

まさか産卵が見れるなんて思ってなかったから105mmをもって行ったのは大失敗。産卵中のアユはかなり警戒心が薄くなっていて寄れるのに1m近く離れないと諸々の理由で撮れない!せめて60mmかな。
まあ、この手の産卵は一度見てしまえばもうもらったようなもの。じっくりと観察させてもらいましょう。今見られている産卵は後期になるのかな?ピーク時だったらさすがにもっと集団で産卵しているよなあ?屋久島の川は急峻でヤマメやイワナなどの川魚は元々いないくらいだから相対的な数は少ないはずだ。でも川一面がアユになることを期待して観察を続けていこう!

鮎の産卵!!_b0186442_22315871.jpg

産卵時には婚姻色でこんな色になっていた。ウグイみたい。。。これが食卓に並んでも何かわかんないかも(笑)





※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。

(12日 一湊タンク下 ウネリあり 特に発見なし、、、。 )


屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-13 23:45 |
2009年 12月 11日

あれ、タテジマヤッコだ。

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】  曇り   【 風 】 北西の風
【 水温 】  23℃    【透明度 】  10~25m 【 潮 】  長潮

あれ、タテジマヤッコだ。_b0186442_1045031.jpg
タテジマヤッコ
北西の風が吹き始めて一湊湾内は時化ていた。昨日までの3日間の穏やかさが懐かしい。タンク下のエントリー口付近では昨日の夜の大雨の影響で真水(泥水)が混じっていて10mも見えないしウネッてるし、しんどい。でも少し沖合いに出れば20~30mくらいはみえていた。

写真のタテジマヤッコは、、、あれ?今までこんなのいたっけ?西部では良く見るけどタンク下では初めてみた、、、と思う。5分くらいストーカーしてみたけど近くに仲間はいなかったからどこからか流れてきたのかな?


あれ、タテジマヤッコだ。_b0186442_1085982.jpgあれ、タテジマヤッコだ。_b0186442_1091689.jpg
ニセモンツキスズメダイ / コクテンサザナミハギ
この海洋日記ではでできるだけ一般受けしそうな(写真を撮りたくなるような)生物を載せるようにしてたんだけどオフシーズンだし、当面は勉強のために地味な(記憶に残りづらい)魚達を載せていこうと思う。事実上の写真の2種なんて良く見るけど名前がパッとでてこない。。。冬の過ごし方は地味にお魚の勉強かな。元伊豆ダイバーの僕にとっては屋久島の魚種の多さには嬉しさと同時にメンドクサイことでもある。贅沢な悩みかな?でも良い生態写真を撮るためには知っておかなきゃダメだよな~なんて思いながら重い腰を上げたのだった。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-11 23:59 | 一湊タンク下
2009年 12月 10日

今年最後のサンゴ調査

【ポイント】  センロク / お宮前 / 管理棟下  【 天気 】  曇り   【 風 】 なし
【 水温 】  23・5℃    【透明度 】  30m 【 潮 】  小潮③

今年最後のサンゴ調査_b0186442_20565174.jpg

今日は屋久島でサンゴ調査!今年も屋久島のダイビング事業者で各所のサンゴの調査をしたけど今日ので今年の調査はおしまい。サンゴ調査は勉強になる上に懐が痛まずにボートダイビングができてしまうので有難い。お客さんの少ないこの時季には嬉しい仕事だ。

おまけに写真まで撮れちゃう!もちろん自由には撮れないけど普段撮ることの少ないサンゴを撮るのも勉強になるし面白い。写真はセンロクのウスサザナミサンゴ群落。屋久島では各所でこのサンゴが見られるけれどこれくらいあると見ごたえ十分だ。ここの上ではハナゴイの群が乱舞していた。


今年最後のサンゴ調査_b0186442_2057822.jpg
調査ポイントへ向かう皆さん

今日は3本潜った上に夕方前には川にも行ったのでもうクタクタ。。。
鮎の産卵がひょっとしたらまだやっているのでは、と思い見に行ってみた。川は雨で濁り始めていて厳しかったけど2~30匹の群を確認することができた。うう~ん少ない。まあ気長に頑張りましょう。

そうだ海は今日も湖の様に穏やかだった。透明度もいいし、最高です!


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-10 21:20 | モニ1000
2009年 12月 09日

記憶に残らなかった魚達

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】  曇り   【 風 】 なし
【 水温 】  23・5℃    【透明度 】  20~30m 【 潮 】  小潮②

記憶に残らなかった魚達_b0186442_206959.jpg
オトヒメエビ
今日は昨日よりも更に穏やかになって海は波一つなくぺタ~っとしている。まるで湖みたい!!こんなに穏やかな海はいつ以来だろう。海が穏やかだと潜っていても心にゆとりができるのか余計に気持ちがいい!

今日はこの穏やかな海を前にして何にも考えたくなくなったので、ふら~っと漂ってきた。表層には奇妙なプチプチ(BB弾くらいの大きさ)がたくさん浮かんでいたけど特に面白そうな浮遊生物はいなかった。岩の隙間でふと目が合ったオトヒメエビがいい感じの場所にいたので気が付くと写真を撮りまくっていた。ああ~またやってしまった。
題名にある普通種ってのはこういったものを指しているんじゃないんだ!!オトヒメエビやホシゾラワラエビやサザナミフグみたいなついつい撮ってしまいたくなるカメラ意欲をそそる被写体じゃなくて、視界には入っているけど記憶には残らない魚たちのことだ。どうも僕のスタイルからは外れるみたいなんだけど、そんな記憶に残らない魚たちも知っておかなくてはダメだ。雇われの身であったころは自分の好きな生物だけゲストに紹介して、分からない生物は、知りませ~ん。興味ありませ~ん。で成り立っていたけどさすがに今はそれではまずい立場だ。屋久島の魚全てを網羅しようとは思わないけど、さすがにもう少し勉強しなきゃな、と思う今日この頃。


記憶に残らなかった魚達_b0186442_2064071.jpg記憶に残らなかった魚達_b0186442_2063037.jpg
マルクチヒメジ / オキナワスズメダイ
そこら辺に泳いでいる魚でいつも記憶の隅に追いやられそうな魚を探してみるとすぐに見つかった。あれ、あれれ、、、。たくさんいる、、、。
マルクチヒメジは存在は知っていたけどオウゴンヒメジなんて呼ばれていた、まっ黄色なタイプは知っていたけどこんなタイプもいたんだ!へぇ~。へぇ~。へぇ~。
オキナワスズメダイ、、、、あれ、、、こんなに堂々といるのに認識したのは今日が初めて。尾びれに線が入っているスズメダイは全て、マツバスズメダイみたいな魚で片付けていた。ちなみにマツバスズメダイみたいな魚で終わっているのは他にも4~5種類は見ている。キッチリと覚えなきゃ。そのためにも証拠写真くらいは撮る必要がありそうだ。なんせ記憶力が悪い。興味の薄い魚は100回見ても記憶には留まらない!!これはもう自慢できそうなくらい。
他に見つけた記憶に残らない魚達。いや、記憶に残ることがなかった魚達かな、はヒトスジモチノウオと、なんちゃらモチノウオとなんちゃらブダイ、、、。あっダメだ全然わからん。やっぱビシッと写真撮らなきゃ!!
ま~大変!


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-09 20:43 | 一湊タンク下
2009年 12月 08日

黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!

【ポイント】  黒島 / 硫黄島 / 竹島  【 天気 】  晴れ   【 風 】 東の風
【 水温 】  22~23℃    【透明度 】  20~30m 【 潮 】  小潮①

黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_11521574.jpg黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_11523738.jpg
硫黄島 / 黒島
海況が悪くてなかなか遠征できなかった黒島。硫黄島、竹島の三島にようやくサンゴ調査にいけた。これはお店としての活動ではなくて国から頼まれて屋久島ダイビング事業者組合で行っているものなのでガイドで行くことはまずないです。でもせっかく違う海に潜ったし写真もあるので一応載せます。
3島の中でも硫黄島は島として抜群にかっこ良かった!これまでいろいろな島を見て来てはいるけどその中でもベスト島ランキング第一位かもしれない!(島の形のはなしです)沖合いからゆっくり写真を撮りたかったけど走るボートの上からでは上手く撮れない、、、。島の山からは硫黄が湧き出ていてモクモクしていた。まるで雲発生機みたい。

黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_11531349.jpg黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_11525983.jpg
海の中では基本的にはサンゴばっかり撮っていたので大した写真はない。どの島も屋久島とは似てはいるものの生物層がちょっとずつ違くって面白かった。屋久島ではそれほど見ないのにカスミチョウチョウウオやシマウミスズメ、ミギマキ、ツボカイメンなどが多く見られた。そして竹島ではなんとヤクシマカクレエビがいた!!アワサンゴの仲間はゴロゴロあってその中の2つに小さなオスが2個体いた!写真も撮ってないし小さすぎたので自信はあまりないけど、、、屋久島以外でもやっぱいるんだ。今のところ他の地域で見られていると言う話は聞かない。これはちょっと嬉しい発見だ。

黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_1154212.jpg黒島、硫黄島、竹島サンゴ調査!_b0186442_11542596.jpg
硫黄島の漁港 / 日の出と船
硫黄島の港は赤褐色!!これは硫黄成分が海水と反応してこうなるらしい。てっきり赤土か何かだと思ってしまった。
早朝に出発して日没後に帰ってきた。あ~疲れた~でも船旅は楽しい!!

※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-08 23:59 | モニ1000
2009年 12月 07日

星が綺麗!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  雲り   【 風 】  北東の風
【 水温 】  22~23℃?    【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮④

星が綺麗!_b0186442_2217699.jpg

たった今、外に出てみたら満天の星空だった。基本的に晴れていれば年中満天の星空なんだけど冬になって空が空気が澄んだようでより一層綺麗!!すげ~、としか表現できない。。。
この星空を写真に収めたい!!と強く思うのだが僕の使っているD80だと長時間露光によって発生するノイズが酷いので夜空を撮ると星なのかノイズなのか良く分からない絵ができる。さすがに、こんだけ綺麗に見えてれば写るかな?とも思うけどどうせな~、、、。あ~新しいカメラ欲しい~。
あれ、星空を見て感動していたはずが、醜い欲望に変っていた、、、。

写真はオジサンをクリーニングするホンソメワケベラ。周りに写っているゴミは僕が巻き上げた砂ではない。これはブダイのうんこ、、、。まさに生態を切り取った会心の一枚(笑)

星が綺麗!_b0186442_2217388.jpg星が綺麗!_b0186442_2217527.jpg


浅場のウスサザナミサンゴではちょっと前からコブシメの産卵が見られ始めた。卵は確認していたんだけど今日初めてペアで産卵しようとしているのを見た。でも警戒心が強くて近寄れない。僕の知る限りでは今年のコブシメの産卵のピークはゴールデンウィーク前後だったからこれから来年のその時期に向けて徐々に盛り上がってくるのかな。
あと今日はなぜだか、ミツボシクロスズメダイの形の美しさに魅入られた。ド普通種だけどこんなに愛嬌のあるフォルムのスズメダイは他にいまい。個人的にスズメダイランキングをつけるなら1位オヤビッチャ、2位ミツボシクロスズメダイ、3位フタスジリュウキュウスズメダイかな。完全にフォト派ダイバーの心を掴み損ねているラインナップではあるけど好きなんだからしょうがない。写真のミツボシはなんだか標本写真のようになってしまったので今度はもっとかわいさを表現したいと思う。

海は昨日よりも随分と穏やかになった。明日はようやく黒島三島へのサンゴ調査にいけそうだ!!


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-07 22:50 | 一湊タンク下
2009年 12月 06日

クマノミ

【ポイント】  元浦 / 元浦  【 天気 】  雲り   【 風 】  北西の風
【 水温 】  22~24℃    【透明度 】  10~15m 【 潮 】  中潮③

クマノミ_b0186442_22542477.jpg

今日は久しぶりの体験ダイビング。海は北西の風で一湊湾内は大荒れ、元浦は風裏に当たるので比較的穏やかではあったけど激しい風が海へ向かって吹き抜けていくので寒い!!体験ダイビングの説明をしている最中あまりの風の激しさにゲストと顔を見合わせて苦笑いすること何度か。あ~これが屋久島の冬か~。もちろん凪の日もあるけど冬の北部は荒れやすい。それでも海への期待の高いTさんのために張り切って潜ってきた!
海の中は白濁っていて透明度は今ひとつだったけど魚はたくさんでTさんは夢中で写真を撮っていた。クマノミとの記念撮影もバッチリ!?陸上は寒かったけど水温はまだまだ高く寒さは感じなかったみたい。

Tさん今日はありがとうございました!また遊びに来て下さいね~!!

クマノミ_b0186442_2312690.jpg

午後からはネタチェックへ出かけたけど一湊はやはり時化ていてまたしても元浦へ。しかし午前よりも海底はウネッていたし白っぽくてとてもネタ探しや撮影にはならなかった。まあ、たまにはこんな日もあるか。



※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-06 23:14 | 元浦
2009年 12月 05日

コガネヤッコ×ナメラヤッコ

【ポイント】  一湊タンク下 / 春田浜タイドプール  【 天気 】  雲井り/晴れ   【 風 】  北西の風
【 水温 】  24℃    【透明度 】  20~25m 【 潮 】  中潮②

コガネヤッコ×ナメラヤッコ_b0186442_2295244.jpg
コガネヤッコとナメラヤッコの交雑種
海況はまずまず。昨日よりも透明度がやや下がったような印象だったけど海は比較的穏やかで潮の流れもなくのんびり潜ることができた。
沖合いでヒレナガネジリンボーが良く見られるという場所があると聞いたので遠征してみたけど見つけることはできなかった。水深30mくらいではハワイトラギスの立派な成魚がウヨウヨしている。屋久島に来るまで小さな幼魚しか見たことがなかったけどカッコイイ!!トラギスってあんまり人気はないけど意外なところにファンがいたりするからそれなりに魅力を秘めている魚だと思う。

沖へ向かう途中でナメラヤッコの群(5~7匹くらい)に変な魚が混じっているのを発見!あからさまにおかしい、、、。ああ、たしか最近どこかで見られているって噂のコガネヤッコとナメラヤッコの交雑種(ハイブリット)か!おお~確かに混ざってる。ネットで調べると海外や沖縄、小笠原などでもこの雑種は見られているようなのでこの2種は何か近いものがあるようだ。気になるのはこの雑種がどうなるか。交雑種は繁殖能力が低くなる傾向があるみたいだけど繁殖しないわけではないらしい。だとしたら交雑種とナメラヤッコの繁殖なんかが見れる可能性があるんじゃないだろうか!?もちろんその子供を見ることはないとは思うけど、そんなシーンが見れたら凄いな~。
まあ末永くいてくれれば色々と面白いものが見れるかもしれない。長生きしろよ~。


コガネヤッコ×ナメラヤッコ_b0186442_22102749.jpg
クモギンポ
午後にはまたしてもタイドプールへ。何日か通ううちにタイドプールの生態がちょっとずつ分かってきてどんどんはまっていく。面白い!
今日はタマギンポやタネギンポがうじゃうじゃいて撮りやすい場所があるって聞いたので見てみると凄い。確かにうじゃうじゃいるし今までの所よりも撮りやすい!原崎さんどうもです!
写真はなかなか全身写真を撮らせてもらえないクモギンポ。ようやく撮れた!それにしても大半の時間を水深50cmくらいのところで過ごしていたからなんか体が痛い、、、。


※さてさて、待望の?レンベツアーの参加者募集です!!詳しくはコチラです。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

by yakuumi | 2009-12-05 22:37 | 一湊タンク下