人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2010年 04月 05日

イトヒキベラって楽しいかも!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   曇り   【 風 】 南東の風
【 水温 】  18・5℃ 【透明度 】   15~20m   【 潮 】 中潮④

イトヒキベラって楽しいかも!_b0186442_2171645.jpg
イトヒキベラ
ゴシキイトヒキベラがいるとの情報をもらい早速見に行ってみると、、、いたいた!!ゴシキイトヒキベラってイトヒキベラそっくりじゃん!!そりゃ、いままで気が付かなかったわけだ。
なんて思いながら追いかけてると立派なオスが次から次に出てくる、、、。あれ?そんないるわけないよなぁ、、、。もしかしてこれって普通のイトヒキか?しょうがないからそこら辺にいるイトヒキの仲間を片っ端から撮ってみたけど結果は全てイトヒキべラだった。。。他にはニシキイトヒキベラ、クロヘリイトヒキベラ、トモシビイトヒキベラなんかが見れた。ちょいと沖合いではベニヒレイトヒキベラ。

今日の目標だったゴシキイトヒキべラもクレナイイトヒキべラも見れなかった。これは当分イトヒキべラ合宿になりそう。
でもまだ水温が低いから求愛やら婚姻色の個体をとるならもうちょっと後の方がいいかな。まあ繁殖期前の状態を知るのも大切だからいいか。
それにしてもイトヒキベラ撮影はなんかゲームっぽくて楽しいかも!

イトヒキベラって楽しいかも!_b0186442_2173730.jpgイトヒキベラって楽しいかも!_b0186442_2175317.jpg
イトヒキベラ / アオスジテンジクダイ
アオスジテンジクダイがペアで見られたのでそろそろ口内保育とかが始まるのかな?なんて思いながら撮ってみたけど後で画像を確認してみると既に顎が膨れているような感じ。この寒い中もう繁殖期に入ったのか??早いな~。

イトヒキベラって楽しいかも!_b0186442_2181268.jpg
アカハチハゼ
イトヒキベラに騙されて(勝手に勘違いしてただけだけど、、)帰る途中ではアカハチハゼがペアでせっせと石を口にくわえて運んでいた!巣穴の掃除かな?と思って観察しているとどうも逆っぽい。いろんなところから小石を拾ってきては一箇所に集めていた。2個体のうち1個体のお腹は大きく膨れていたからこいつらも繁殖期に入るのかもしれない。良く通る場所なのでまた見に行ってみよ!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-04-05 21:36 | 一湊タンク下
2010年 04月 04日

イトヒキベらの仲間たち

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   晴れ   【 風 】 南東の風
【 水温 】  18~19℃ 【透明度 】   20m   【 潮 】 中潮③

イトヒキベらの仲間たち_b0186442_23213596.jpg
トモシビイトヒキベラ

イトヒキベらの仲間たち_b0186442_23295416.jpgイトヒキベらの仲間たち_b0186442_2330639.jpg
 クロヘリイトヒキベラ / ニシキイトヒキベラ

屋久島にはイトヒキベラの仲間がたくさん。
今までべラにそれほど関心がなかった僕でさえ流石にこの仲間には特に惹かれる。

でも今日は無性に頭がいたいので写真のみで勘弁を、、、。
ではまた。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-04-04 23:33 | 一湊タンク下
2010年 04月 03日

屋久島のヨダレカケ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   吉田と永田   【 天気 】   晴れ   【 風 】 北西の風
【 水温 】  20℃? 【透明度 】      【 潮 】 中潮②

屋久島のヨダレカケ!!_b0186442_2143712.jpg

ヨダレカケ。
それは屋久島の魅惑の生物の一つ。
波打ち際に生息するも、居場所は波打ち際にある石の上。
まるで日向ぼっこをするよう集団で寄り添いながら陽の光を受けている。

魚ではあるけど両性魚類なんて呼ばれるように陸上での生活に適応した不思議な魚。そして最近の研究では世界で初!の陸上で卵を保護する魚ということが分かったらしい。似た魚ではムツゴロウやトビハゼなどがいるがこれはハゼの仲間になる。ヨダレカケはイソギンポ科だ。

そうあのイソギンポ科!!
僕を含めイソギンポ科の魅力に、くびったけのダイバーは多いはず。今までも波打ち際で水面ギリギリに生息するギンポ達を追いかけては来たけど、遂に、、、陸上に上がってしまった。。。まあダイビングネタではないけどイソギンポ科の持つブランド的なネームバリューでなんとかごまかせるかな?

写真右の岩に付いているちょろんとした物はすべてヨダレカケ。波の飛沫がかかるようなギリギリのところに住んでいる。

屋久島のヨダレカケ!!_b0186442_21432426.jpg屋久島のヨダレカケ!!_b0186442_21433597.jpg

写真左はトリミングした拡大写真。つるっとした岩でもぴったりと貼り付けるように顎の辺りには吸盤があるようだ。写真右はローリング行動と呼ばれるらしい。日向ぼっこをしていると身体を回転させて保湿をするといわれている。遠くから観察をしていると次々にローリングしていく。真っ白いお腹を見せてはまた元に戻って日向ぼっこ、この姿がなかなか微笑ましい(笑)

屋久島でこれは押さえておかないと!と勝手に思っているものの一つがこのヨダレカケの生態行動の観察&撮影。でもヨダレカケは陸上とはいえ普通の魚よりも観察が大変だからか情報が少ない。そこでヨダレカケを研究している清水 則雄さんという方に直接連絡を取ってみたところ、快くヨダレカケの生態を教えてくださった。
産卵期はもう少し先みたいだけどひとまず今回は下調べを行ってみた。また時期が着たら真剣にヨダレカケと向き合おうかな!!


屋久島のヨダレカケ!!_b0186442_21434996.jpg

それにしてもヨダレカケの撮影は命がけ!!命は自分の命ではなくてカメラの命がかかっている(笑)写真を見ての通り波が目の前まで押し寄せる。ヨダレカケの好む場所はカメラにとってはかなり危ない場所だ。だからといってハウジングをつけたら撮影にならない。もう、ここは嫌がるカメラに鞭打って撮影するしかない。でも次回までにはなんとか防水カバーでも作ってやらないとあまりにもかわいそうだ。。。


水中はもちろんだけど陸上でもフィッシュウォッチングが楽しめちゃうなんて、贅沢だな~。
これも屋久島魅力の一つかな?


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-04-03 22:37 | その他
2010年 04月 01日

フサゲツノヤドカリ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   一湊タンク下   【 天気 】   晴れ   【 風 】 南東の風
【 水温 】  18℃ 【透明度 】   20m   【 潮 】 大潮④

フサゲツノヤドカリ!!_b0186442_2059316.jpg

今日も夏の様な陽射しで暑~い!
海も昨日に続き穏やかで絶好のダイビング日和でした。
あまりの陽気の良さに誘われてウェットで潜ってみたら何故か水温が2℃も下がってる、、、。
18℃って屋久島のほぼ最低水温なんですけど、、、、。

写真は先日に調査した川の写真です。
川は海にくれべて生物層が乏しいけれど、たまに無性に入りたくなるんですよね!
塩辛くない清らかな水に使っていると心が落ち着いてくる。
たまにはそんなのもいいかな。


フサゲツノヤドカリ!!_b0186442_20593119.jpg
フサゲツノヤドカリ
でた~!!久しぶりのニューフェイス!!こいつは屋久島初記録っぽいな。
分けあって最近はヤドカリを気にしているんだけどなかなか新顔が出てこない。そんな中での出会いだったのでちょっと嬉しい!とは言え、こいつは伊豆にいた頃は比較的よく目にしていたヤドカリだ。向こうに多いってことは温帯種なんだろうな。屋久島は亜熱帯に位置するけど温帯もかなり混じっているので生物層が広い!お陰で魚でも甲殻類でも調べるのが大変。。。まあなんて贅沢な悩みだろう(笑)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-04-01 21:12 | 一湊タンク下