人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 10月 19日

ギンユゴイ群れ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  観音 / 川原  【 天気 】  雨  【 風 】 北東の風
【 水温 】  26℃  【透明度 】  30~m  【 潮 】  中潮1

b0186442_2111207.jpg
ギンユゴイ
海が荒れてます。
北東の風で元浦は大時化!一湊湾内は比較的穏やかだった。
今日は西部の調査に誘われて行ってみたけれど、漁港周辺はやっぱり大時化!
大丈夫かな、、、と思っていたけど観音辺りから南はだいぶ穏やかだった。

観音では浅場でギンユゴイが数百匹の群れをつくっていてなかなかの迫力!
根の先の方では無数のキビナゴにツムブリの群れが突進していた!
これまた中々の迫力!!

b0186442_21115249.jpg
ツムブリ

川原では浅根の周りでウメイロモドキの群れやテングハギモドキの群れ、ムレハタタテダイの群れなどなどが見られた。
もう少し密度が高いと絵になるんだけどな。惜しい!!

ではまた明日!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-19 21:14 | 西部
2010年 10月 18日

ナメラヤッコ産卵などなど

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  曇り  【 風 】 北東の風
【 水温 】  26.2℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  若潮

b0186442_21304393.jpg
ナメラヤッコ産卵


b0186442_21313832.jpg
ニシキカワハギ求愛

今日も夕方にエントリー。
日没が17時42分(鹿児島)と随分と早くなったので17時前には海に入った。
昨日は1時間以上ずっとニシキカワハギを観察!
ウスサザナミサンゴの周りに6~7個体集まって求愛だか喧嘩だかを1時間くらい繰り返していたけど
陽が沈むに従い姿が見えなくなってきて終了。。。
産卵は見れないだろうと思っていたけどやっぱり。いったいこいつらは何時、何処で産卵するのだろうか。。。

今日は特に目的もなくフラフラしてみたけど大したものは見れなかった。
日没30分前にはケサガケべラが産卵!しかしハーレムを形成していたのにそれ以上は見られなかった。
もしかしたら時間がちょっと遅かったのかも!?

その後も色々とウダウダと、、、観察をするも結局は定番のナメラヤッコの産卵を2度ほど見て終了。
ハナキンチャクフグも怪しい動きはしていたけれど、みんな特に何をするわけではなかった。。。

うう~んナメラの産卵自体は見れて楽しかったけどもう一歩足りなかった。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-18 22:05 | 一湊タンク下
2010年 10月 17日

オヨギトラギス見っけた!~屋久島と伊豆での生物生息水深の違い~

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  曇り時々晴れ  【 風 】 北東の風
【 水温 】  26.2℃  【透明度 】  25m  【 潮 】  長潮

b0186442_2024571.jpg
オヨギトラギス

でたでた!トラギスなのに泳いでる!!
名前はそのまんまオヨギトラギス!図鑑にもトラギスの仲間には珍しく遊泳性と書いてある。
タンク下の30mくらいからはハワイトラギスが優先種でそこらじゅうで見られる。ハワイトラギスも遊泳性が
あるとは言えないまでも見かけるとホバリングしていることが多い。今日も皆フワフワしていて楽しげだった。
しかしカメラを向けると皆、着底してしまう。フワフワしている方が絵になるんだけどな。。。
そんな感じで悩んでいると1個体だけスイスイ泳ぐトラギスがいた!こ、、、、こいつがオヨギトラギスかっ!!
実は初見だったりする。いや~素敵なトラギスでした(笑)

こいつの存在を知らない人が見たらきっとトラギスだとは思わないんじゃないだろうか。

b0186442_20363843.jpgb0186442_203655100.jpg
ハワイトラギス / コウライトラギス

そして今日の2番目のヒットはコウライトラギス、、、、、!
コウライトラギスといえば伊豆では超が付く普通種で夕方に安全停止がてら産卵が見れてしまうお得なトラギスだ。
しかしあまりにも伊豆では多いため視野に入ってもそのうち脳が認識を拒否するようになってしまう。。。
そのせいか屋久島で認識するのは初めて(笑)でも思い返せば何度も見ているような気がするし、そうでないような気もする。。。まぁどっちでもいいか。
さらにどうでもいいことにコウライトラギスの生息水深はなんと30m以深!!なんとっ!!
何でこの水深でコウライトラギスを撮らなきゃいけないんだ、、、とか思いながら1枚だけ撮らせてもらった。
伊豆の普通種は屋久島では深場でほんの少しだけ見られる」これはコウライトラギスにも当てはまるようだ。

ちなみにノーマルのウツボもやや深いところ(20m以深)に多い。クロイトハゼは30m。ミズタマウミウシもカンナツノザヤも30mくらいからだ。そしてイシダタミヤドカリもイボアシヤドカリも見たのは25m~35mの間だった(笑)

きっと屋久島の深場は温帯種に気持ちのいい水温なのだろう。

いや~海ってほんと面白い!!

b0186442_20574132.jpgb0186442_20575876.jpg
タテスジハタ幼魚 / ハナゴンベ幼魚
そうそう沖へ向かう途中に大事なことを思い出したのでちょっとだけ寄り道をした。
屋久島では超の付く珍種タテスジハタをもう少し撮っておかなきゃならなかった。
パッと見はどう見てもスズメダイだけど良く見るとハタっぽい。
近くにはタンク下では珍しいハナゴンベの幼魚もいた!

夕方にはニシキカワハギ、ウォッチングをしてきた。

それではまた!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-17 21:03 | 一湊タンク下
2010年 10月 16日

コブシメの色彩変化

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下(15日) / 元浦(16日) 【 天気 】 曇り 【 風 】 北西の風
【 水温 】  25.8℃  【透明度 】 25m / 7~8m 【 潮 】 小潮3

b0186442_18385756.jpg
コブシメ
うう~んダルイ。
二日酔いだと思っていたら風邪だった。。。
その影響か、百合さんとのガッツリダイブ5日間目の最終日は不完全燃焼で終わった(泣)
クジャクベラの婚姻色ヒレ全開を狙って昼前くらいから潜ったんだけどいつもの場所におらず
ウロウロした挙句、結局は幼魚を撮ってもらって浅場へ引き返した。く~悔しい。。。

b0186442_18391941.jpgb0186442_18401052.jpg
コブシメ / コブシメの鰭
今年生まれたであろうコブシメ達はスクスクと成長してもう美味しそうなサイズ!じゃなくてもう産卵をできそうなくらい成熟してきた!あと1,2ヶ月もするとボチボチと産卵が始まることだろう。
それにしてもコブシメに限らずイカの色彩変化にはいつも驚かされる!
一瞬にして体色が白から黒へ、黒から白へと変わり、時には波打つように変化していく。
なんて素敵な機能を皮膚に備えているのだろう。魚類でも婚姻色時には派手になる種類も多いけど
イカの色彩変化には及ばない気がする。
昨日は僕も真っ黒くなって隠れたい気分だった(笑)

今日の午前中は北岡さんと体験ダイビング!
心配していた海は思っていたよりも穏やかで無事に潜れた!魚もいっぱいいて
楽しんでいたようなので一安心。しかし透明度は悪かったな~。


百合さん長い間ありがとうございました!!
錦江湾も楽しんでくださいね~!!
北岡さんも今日はありがとうございました!!

それではまた!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-16 20:54 | 一湊タンク下
2010年 10月 15日

ニシキカワハギ求愛!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦 / お宮前 【 天気 】 曇り 【 風 】 西の風
【 水温 】  26℃  【透明度 】 30m 【 潮 】 小潮1

b0186442_030234.jpg

ニシキカワハギ求愛!?
今日は徳ちゃんが加わったのでようやくボートダイビングができた。
まだまだタンク下のみでいいですよ、と言いそうな百合さんだったけど今日はゼロ戦とお宮へ行ってきた。
やっぱ気分を変えなきゃ!
ゼロ戦では久しぶりにイザヨイベンケイハゼが見れた!ハナダイギンポもヒョロヒョロ泳いでいた。
お宮ではベニヒレイトヒキベラが激しく求愛をしていた!時間は13時30分くらいかな?
百合さんも勘違いしていたようにベニヒレイトヒキべラは通常の状態と婚姻色では別種のよう!
たかだかベラが求愛しているだけで何でこんなにも興奮してしまうのだろう。。。
ハナゴイも求愛していたらしい。ガラスハゼは卵と一緒に見られている。

写真を撮っている百合さんはそっちののけで徳ちゃんとのんびりフィッシュウォッチング!
アジアコショウダイの口の中をクリーニングするホンソメワケベラや至の口の中をクリーニングするアカシマシラヒゲエビなどなどを見てもらった(笑)
前回みたオオモンはどこかへ行ってしまったようだった。

徳ちゃん今日はありがとね!
そして○○歳の誕生日おめでとう!!!

更に、、、、あんだけ呑んだ後にログを書いている僕、、、、偉い!!!

はいはい。おやすみなさい。。。。。


※写真は昨日の夕方に見られたニシキカワハギの求愛です。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-15 00:27 | 一湊タンク下
2010年 10月 13日

タテスジハタ幼魚&フリソデエビのペア!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下×3 【 天気 】 雨 【 風 】 西の風
【 水温 】  26℃  【透明度 】 30~35m 【 潮 】 中潮4

b0186442_21542521.jpg
フリソデエビ
今日もとっても充実した一日でした!!
朝から雨が降りしきる中、生態&浮遊系大好きの百合さんとゴリゴリっと潜って来ました!
しかもタンク下で3本。これで6本連続タンク下!!同じポイントで潜ると愛着が沸くから好きだそうです。
ダイバーの鏡ですね!
それにしても長かった。マンツーとは言え4時間30分は潜ってたな。。。

写真はサンセット&ナイトで撮ったフリソデエビ!
日中は隠れていて夜になると出てくるんだけど、ペアで完全に外に出ていたのは今日が初めて!
きっと獲物を捕まえてきて巣穴に入る直前だったのだろう。
2匹で仲良くヒトデを運んでいるかと思えば綱引きの様な格好で奪い合っているようにも見えた。
それにしても、なんて素敵なエビなんだ。

生態的的にはニシキカワハギの求愛、ケサガケベラの求愛&巡回、ニジハタの産卵寸前!?そしてナメラヤッコの産卵などが見られた!
かなり充実だったけど初めて見るナメラヤッコの産卵は上手く撮ることができなかったようだ。
ナメラヤッコの産卵はゆっくりと言えばゆっくりなんだけど、、、早い!はじめて見て撮れたら凄いかも。
あっでも慣れれば全然撮れますよ!


b0186442_21545168.jpg
ガラスハゼ属の1種-1と卵
朝一ではベニハゼの仲間やその他ハゼなどを片っ端から紹介。
ガラスハゼは産卵シーズンのようで至る所で卵が見られる。
チゴベニハゼやオオメハゼ(黄色バージョン)、ヒメニラミベニハゼ、ホシクズベニハゼ、ペガススベニハゼ、セボシウミタケハゼなどなどが見られた。

b0186442_21551639.jpg
ヒレボシミノカサゴ
岩の影にはヒレボシミノカサゴ!
ミノカサゴ類の中でも一番シャイで自ら外で泳いでいるところは見たことがない。
しょうがないので少しだけ泳いでもらいました(笑)

b0186442_21555452.jpg
タテスジハタ幼魚
そしてそして!今日は出物はタテスジハタ幼魚!!何じゃこりゃ~!!思いっきり屋久島らしからぬ魚!
これは完全に南からの流れ者だ。沖縄でもレア者のようだから一体どこから流れてきたことやら。
なんにしても、こんな魚が突然流れてくるなんてやっぱ海は凄い!!

明日はようやくタンク下以外で潜れそうだ(笑)

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-13 22:28 | 一湊タンク下
2010年 10月 12日

やっぱり違う種だった!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下×2 / タンク下×2 【 天気 】 晴れ 【 風 】 西の風
【 水温 】  26.5℃  【透明度 】 20m 【 潮 】 中潮3

b0186442_18563964.jpg
イシガキカエルウオ
連休も終わり今日の屋久島の海は静か。

陽射しは強く夏のようで、気持ちのいい一日でした!

しかし透明度はいま一つだなぁ。15~20mと言ったところだろうか。

さて昨日からは青海島ダイバーの百合さんが遊びに来てくれている。
今日で3本連続タンク下!同じポイントでもコースを変え視点を替え色々と楽しんでます!

昨日の一番のヒットはシマキンチャクフグの喧嘩!最初は産卵上昇だ!!と勘違いしてしまったけど
良く見ると一方の背中にもう一方のオスが噛み付いていた。そのまま30秒くらい中層でクルクルしてた。
なんてエキサイティングな光景だったろう。。。こういったネイチャーシーンって一期一会なんですよね!


b0186442_1857994.jpgb0186442_1857211.jpg
ヤツシハゼ属の1種 / ヤツシハゼ属の1種
今日の1本目は沖へ出てクジャクベラの求愛を見に行ったけど時間がちょっと早かった、、、。10時だとまだ準備段階といった感じで中々ヒレを広げてくれなかった。
でもベニヒレイトヒキベラは婚姻色バリバリでオス同士の喧嘩が見られた!!

2本目は砂泥へ行きヤツシハゼ探しや岩場でベニハゼ観察!

2つ前の記事で書いたヤツシハゼ属の1種-6に似た個体(写真右)を今日も観察してみたけど、、、やっぱり違う!
これは別の魚だ!!何が違うってまずオーラが違う!!
そして今回更に驚いたのが隣には背ビレに黒い斑紋のある個体(写真左)もいた!!
この2種類は背ビレこそ違えど恐らくは成長ステージの差ではないだろうか。

写真左の個体の方が小さかったから成長を見守れば斑紋が消えたりするのかな?
ちょっとだけスッキリしたけど、まだまだ観察は必要ですね!!


b0186442_18575128.jpgb0186442_18581281.jpg
ヤツシハゼ属の1種-6 / ヤツシハゼ属の1種-4
1種-6は相変わらずうじゃうじゃいる。でもブルーと黄色のラインがキレイな個体は以外と少ない。
コイツがホバリングしているところをビシッと撮らないとヤツシの旅は終われない。
さて前回ヤジリハゼと1種-4の中間の様な特徴のハゼ(ヤジリモドキ・仮)を載せたけど、今回は1種-4がが普通にいた。。。
今回もヤジリモドキだと思って撮ったら違かった。うう~んコイツつらも難しいな。

まぁ気長にいきましょう。

ではまた明日!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-12 21:04 | 一湊タンク下
2010年 10月 10日

久々にオオモン!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   タンク下 / ゼロ戦  【 天気 】 晴れ 【 風 】 北西の風
【 水温 】  26.5℃  【透明度 】 25m 【 潮 】 中潮1

b0186442_1844792.jpg
ジョーフィッシュ

ツアー2日目の今日は朝から天気が良くて気持ちいい!
雨だとあんなに寒かったのに晴れになると一気に夏のような陽気になる!
今日は島内1周ダイブという予定だったけど、ゲストの皆さんはかなりネチネチ系だったので
やはり北部でのんびりと潜ることにしてもらった。

タンク下ではリクエストのアオウミガメは初っ端で現れてくれた!
ハナヒゲウツボや極小ミナミハコフグにウミウシカクレエビonバイカナマコ、ムスジコショウダイ幼魚
などなどが見られた。

2回目のゼロ戦では最後の最後で黒いオオモンカエルアンコウを発見!!
いや~久しぶりにカエルアンコウみた!!何度見ても素晴らしい生物ですね!!

今度撮りに行かなきゃ!!

皆さん2日間どうもありがとうございました!!
近いのでまたいつでも遊びに来てくださいね~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-10 18:34 | 一湊タンク下
2010年 10月 09日

星を眺める者

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】 雨のち曇り 【 風 】 北西の風
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】 30m 【 潮 】 大潮4

雨だな~。いやだな~。

でも今日から連休!

「泣き言なんて聞きたくないね!」 by ドーラ

はい今日もしっかり海を堪能して来ました。ゲストは福岡からお越しの草場さん御一行!
ベテランダイバーの皆さんだったので、込み合っていたお宮を避けて、初っ端からゼロ戦!
ホワイトソックスやマルソデカラッパ、ハダカハオコゼなどは今日も見られ、小魚たちは今日もホシカイワリに追われていた!
お宮ではやや深場に下りてベニヒレイトヒキベラを皆で観察、それにヒメニラミベニハゼやオキナワベニハゼ、ペガススベニハゼなんかも見れた。
そしてお初のメガネベニハゼ発見!!ホシクズベニハゼに似ているけどこのキラリと光る目はまさに!
と思ったけど図鑑では生息水深が8~15mって書いてあった。
見たのは30m近く、、、。写真に撮らなきゃ分かりませんね!!
よし今度来るゲストに撮ってもらおう!

近頃キープのヤクシマカクレエビが相次いで失踪している。もしかして彼らは寿命一年??とか思ってしまった。
去年もこれくらいの時期で消えていった子が多かったし。でも今日はやや小さめのペアを見せることができた。

皆さん明日もよろしくです!!

b0186442_2002573.jpg
メガネウオ
写真は昨日のナイトで砂地に鎮座していたメガネウオ!鎮座というより埋もれていたか。。。
ちなみにこの魚こんな厳めしい顔をしておきながら英名はスターゲイザー(星を眺める者かな)
おいおい、どの面下げて、、、まあこんな顔してロマンチストなんでしょうね、きっと!

b0186442_2005575.jpg
全身を披露してもらったメガネウオ


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-09 20:27 | 一湊タンク下
2010年 10月 08日

この惑星(ほし)

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】
【ポイント】   タンク下  【 天気 】 曇り 【 風 】 北東の風
【 水温 】  27℃  【透明度 】 25m 【 潮 】 大潮3

海洋情報の前にひとつお知らせです!

「この惑星」 ~「人」に学び、「文化」に遊ぶ。ヒューマン&カルチャーマガジン。~

世界の文化や音楽、芸術、そして偉人(凄い人たち)などなどを紹介している、とっても面白いサイトです。

その中にある「星ぼしブログ」というところで屋久島ダイビングライフの海の日記が何故だか紹介されることになりました。。。なぜ!?(笑)

とっても素敵なサイトなので僕の適当なブログを載せるのは申し訳ない、、、
と思ったのですが、面白そうなので参加させて頂くことになりました!

まぁ上手く説明できないのでまずはクリックしてみてください!
読めば読むほど、、、ダイビング日記が浮いています(笑)!!


さて今日の海は、、、。

b0186442_16163389.jpg
ヤツシハゼ属の1種-6??
浅場でウダウダとハゼ調査!
夏前に見たときは全然見当たらなかったヤツシハゼ達が、わさわさいた!
これくらいいると楽しい!
ほとんどはヤツシハゼ属の1種-6なんだけどそこに混じってクサハゼやシマオリハゼ、ヤジリハゼ??
それに写真の微妙なハゼなどが見られた。
今日は残タンで潜っていたのでいいところでエア切れ。もっとネチネチ探したかったな~。
きっと他のヤツシハゼも混ざっているはず!

b0186442_16531741.jpgb0186442_16534884.jpg
ヤツシハゼ属の1種-6 / クサハゼ
1種-6はとにかくうじゃうじゃいた!それも粘れば結構いい写真が撮れそう!ペアでホバリングしている姿も結構見かけた。
その中に混じってトップ画像の個体が単独で見られた。大きさが1種-6よりも全然大きく、模様がちょっと違う。それに逃げない!
1種-6が老成するとこうなるのかな?とか思ったけどどうなんだろう。
ってゆーか、別種でしょ!!?と言いたい所だけど。
いやいや焦らずに、、、ひとまずは観察あるのみですね。
誰かご存知の方は教えてください。。。
クサハゼは1ペアだけ見られた。屋久島では珍しい魚です!

b0186442_16561160.jpgb0186442_16562975.jpg
ヤジリハゼ? / シマオリハゼ
このヤジリハゼみたいなもの微妙な感じ。
「日本のハゼ」(平凡社)の解説にも「ヤジリハゼと呼ばれているものは複数の種からなると考えられている」と書かれている。
ヤツシハゼ属の1種-4とヤジリハゼの中間みたいな種類だと思うんだけど、どうなんでしょう?
これも観察あるのみですね。

シマオリハゼは小さめでかわいい!そう言えば今年初だった!

今日の画像はすべてヤツシハゼ属の魚です。砂泥環境に多い魚ですね。
ここはまたじっくりと調査しよ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-10-08 17:12