人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 20日

ワイド呆け

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁  【 天気 】  雲り  【 風 】 西の風
【 水温 】  20,1℃  【透明度 】   15~20m  【 潮 】  大潮2

ワイド呆け_b0186442_232592.jpg
ムレハタタテダイ
昨日に続き今日も凪!!
一湊界隈の海はどこを見てもぺタ~っとしていて穏やかそのもの。
水温は遂に20℃!ここのところ透明度が良かったんだけど黒潮が離れたのか今日は濁っていた。

最近ワイド呆けしていて、マクロを探すよりも漂っていたい感じ。
ネタチェックをしてはいるけどワイドネタなんて毎日チェックする必要は正直ない。。。
まぁワイド写真強化月間ということで許してもらいましょう(笑)

そして明日は屋久島の南部でサンゴ調査なので(朝早いので)もう寝ます!!

それではまた!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-20 23:15 | ゼロ戦・漁礁
2010年 12月 19日

竹島で沈船発見!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  竹島 / 沈船ポイント  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北東の風
【 水温 】  20℃  【透明度 】   30m  【 潮 】  大潮1

竹島で沈船発見!_b0186442_18452839.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f11 1/125 iso400

今日は竹島のサンゴ調査!!
調査ポイントの目印となる根の裏には魚の交差点があった!オヤビッチャぶわ~っと群れていて
その他ブダイやらハギやらヒメジやらとにかく色んな魚がごっちゃになって泳いでいた!
まとまりがないから絵にするのは難しいけどこう云う光景を見ると心が躍る!
陸上生活だけをいていたらこんな雑多な生物を一目で見ることはまずないだろう。


竹島で沈船発見!_b0186442_18455829.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f11 1/125 iso800 ヨコミゾスリバチサンゴに挟まれるハナガタサンゴの仲間
今日もたくさんのサンゴの戦いを目にすることができた。被服状のヨコミゾスリバチサンゴ(かな)がハナガタサンゴを覆うように迫っている。
このような状況になったときにどちらが優勢になるのかはサンゴの種類で大体は決まっているらしい。
この場合はヨコミゾスリバチサンゴが優勢だろう。でも上に向かっては拡大成長しないらしいので微妙なところで共存するんだと思う。


竹島で沈船発見!_b0186442_18591537.jpg
サンゴの被度測定
サンゴ調査で何をやっているかといえば、色々あるけど主には被度の測定。
一定範囲内でどれくらいの割合をサンゴが占めているかを数値で表します。
毎年同じ場所で調査をして100年間のサンゴの変遷を調べるというもの。
上の様な写真の場合が一番やり辛い。一言にサンゴと言っても塊状、被服状、枝状など色んな種類のサンゴがあって、それらが海藻やらカイメンに混じって存在する。
こんな状況の中サンゴは〇〇%だ!とは中々断言できないものです。
被服状のサンゴはとにかく分かり辛い。写真の白い線で囲んであるのがサンゴです。大雑把だけど(笑)
この写真の中だけで言えば被度は50%くらいだろう。
この〇〇%というのも人の感覚によるので、その感覚のずれを修正するために皆で感覚合わせテストみたいなものもやります。まぁ遊び感覚で(笑)



竹島で沈船発見!_b0186442_19103424.jpg
アワサンゴの仲間
今回の黒島、硫黄島、竹島のうち硫黄島では見ていないけどアワサンゴの仲間はたくさんあって、そこにはやはりヤクシマカクレエビがついていた!
その中でも屋久島ではあまり見ない緑色のアワサンゴが竹島にはたくさんあった。これをマクロで撮ったら楽しそう!!


竹島で沈船発見!_b0186442_19135424.jpg
5cm以下の新規加入サンゴもチェック!
よく見ると結構みつかるものです。これが見つかるのは健全な海の証拠だ!!


竹島で沈船発見!_b0186442_19162546.jpg
ショウガサンゴ
このサンゴは先端部分が白くなっていた。
これはサンゴ食のブダイにかじられた跡だろう。こんなのもチェック!!


竹島で沈船発見!_b0186442_19184088.jpg

リュウモンサンゴやその他、被服状のサンゴに圧迫されているスリバチカイメン。この光景は竹島ではよく見られた。
こんなのは面白いので勝手にチェック!!


竹島で沈船発見!_b0186442_19204356.jpg

アザミサンゴは先端が刺々しくうっかり手をつくと刺さる。。。


竹島で沈船発見!_b0186442_19372315.jpg
沈船
そしてお待ちかねの調査後の生物調査ダイビング!
船長が知り合いに色々と聞いてくれて竹島一のポイントを探してくれた!!
それがなんとサンゴ調査ポイントのすぐ脇だった(笑)

沈船が沈んでいるらしいと聞いていたけど魚探では見つからずそれらしきところで適当に潜ったらまさにそこだった!
水深がボトムで43mだったのでやや深いけどそれくらいの方がワクワクして楽しい!


昨日の湯瀬と今日の竹島はまた別でもう一つのブログの方ににアップすると思います。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-19 18:43 | モニ1000
2010年 12月 18日

三島サンゴ調査

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  黒島 / 湯瀬 / 硫黄島  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  20,5℃  【透明度 】   30m  【 潮 】  中潮2


三島サンゴ調査_b0186442_041525.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f11 1/30 iso800 
今年最後の大仕事?が終わった~!!
ようやく自分が担当している黒島、硫黄島、竹島のサンゴ調査にいけました!
しかし海は凪とは言えず黒島までたどり着くのになんと3時間以上もかかってしまった。
イントラ3人がまさかの船酔い(笑)
でも普段行くことができないポイントなのでウキウキで楽しめました。

普段は魚や甲殻類など動く生物をメインに潜っているので同じ生き物とは言えサンゴは
なかなかじっくりと観察する機会がない。なのでこの調査ではじっくりとサンゴを観察できるので
勉強になる!

上の写真はサンゴがただ生えているだけに見えるけどサンゴの気持ち?になって観察してみると色々と妄想できて面白い。
種類の違うサンゴが所狭しと生えているので熾烈な生存競争が行なわれているはず!


三島サンゴ調査_b0186442_0345618.jpg三島サンゴ調査_b0186442_0351761.jpg
今年のサンゴ / 去年のサンゴ
去年かわいいサンゴだと思って覚えてところがあったので成長を楽しみに見てみると3つあった円形のサンゴの内一つが死んでいた。。。
よく見ると去年の時点で一部が白くなっているのでもともと弱っていたようだ。
死んでしまったサンゴは写真左の右上にある円形のサンゴです。
楽しみにしていたのでちょっと悲しかったけど自然の出来事なのでしょうがないですね。


三島サンゴ調査_b0186442_04467.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f11 1/90秒 iso800
今年はサンゴ調査の隙を突いて生物調査もできました!!
去年は日帰りで三島を回ったらかなりきつかったので今年は硫黄島泊なのゆとりがある!
そこで船長お勧めポイントの湯瀬へ行ってきた。

まぁなんというか、このポイントは一言で言って、、、凄い!!
潮の流れも凄かったけどとにかくもの凄い魚影!根を覆いつくすイボヤギとキンギョハナダイにまず
心を打たれ、下まで降りて視野いっぱいに広がるギンガメアジやらメジナに度肝を抜かれた!!
激流の中岩をつかみながらの片手での撮影だったけど天国にいるかのような至福のひと時でした(笑)


三島サンゴ調査_b0186442_053149.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f4 1/20秒 iso3200 
日本の秘湯ランキング3位にランクインしたこともある硫黄島の東温泉です!!
調査で疲れた体を癒してくれました。夕焼けと月がまたなんとも言えず感動してしまった。
お湯は酸味が凄くて目に入ると失明しそうな痛さ!いろんな凄みのあるところです!

三島サンゴ調査_b0186442_048772.jpg

あっ〇NAC社長と〇蔵の田中君、、、。
人は凄いところに来ると叫びたくなるものらしい。
二人とも全裸で叫んでいた(笑)



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-18 00:00 | モニ1000
2010年 12月 17日

スミレナガハナダイ産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊タンク下  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,1℃  【透明度 】   25~30m  【 潮 】  中潮1

スミレナガハナダイ産卵_b0186442_21121510.jpg
スミレナガハナダイ婚姻色 nikon D700 nikko105mm f11 1/250 iso400 
ようやく海が穏やかになってきてホッと一安心(笑)
今日はのんびりとタンク下で潜ってきた。
透明度は良い所では30mくらいあり気持ちいい!ただ水温が下がっていて遂に21度、、、。
そろそろドライに衣替えしようかな。。。

写真はスミレナガハナダイ、だけどなんか違うの分かります?
スミレナガハナダイのオスは通称サロンパスなんて呼ばれているように体側に
太く赤っぽい色の帯が入るんだけど、この個体はその帯がなく微妙な模様。。。
水深25mの根ではこのオスを中心としたハーレムがあるんだけどなんでこんな奴がボスなんだろう?
他店ではオカマなんて呼ばれているし(笑)
周りにはメスがたくさんいて今にもオスへと性転換しそうな立派個体も少なくない。
でもこのオカマちゃんが強いから皆オスに成れないでいるんだろうな。

今日は根に着くと同時に産卵を確認!!
近くではアカササノハベラも産卵していて一気にテンションが上がったけどその後は特に面白い展開はなかった。
ただでさえ撮影の難しいハナダイの産卵シーンなのに1発じゃとても撮れない!

スミレナガハナダイ産卵_b0186442_21313099.jpg
イソカサゴの仲間
イソカサゴもたまに見かけるけどこんな奴も稀に見かける。
イソカサゴに似ているけどさすがにこの色彩は個体差、地域差を越えているような気がする。
暇ができたら調べてみよう。
えっ今が暇な時期だろって?
、、、、。



スミレナガハナダイ産卵_b0186442_21314652.jpg
カンナツノザヤウミウシ
おっ遂に登場!!
25mあたりから下にはコケムシが結構ある。
そして水温が低下するとコケムシにはこんな奴らが姿をあらわし始める!
水が冷たくなるのも悪いことばかりじゃないね。
冬は冬らしくキリッと冷え込むのが一番!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-17 21:44 | 一湊タンク下
2010年 12月 16日

オニサルハゼ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  一湊港 / 川  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22℃?  【透明度 】   3~5m  【 潮 】  若潮

オニサルハゼ_b0186442_19494226.jpg
オニサルハゼ nikon D700 nikko105mm f5,6 1/60 iso1100 

今日も海が荒れていたので漁港へ。
一湊は漁が盛んな場所なので潜るのに気を使うが、海が時化ている時は漁がないので許可も楽々取れる。
しかし今年の夏にやっていた港内の泥除去作業によって生態系がリセットされた?のか生物の姿がほとんどない。。。
オイランハゼを見たかったんだけど、それらしき影を一瞬見ただけで基本的にはオイランハゼを含めな~んもいなかった。

でも最後の最後でこいつに出会った!!
前回志戸子港ではツムギハゼがボス!と書いたけどこちらでは更なる大物がいた!!
名前も大きさも顔つきもすべて1ランク上のオニサルハゼ!!
はじめて見たけどこんなに存在感のある奴だったとは。

地味だけど、結構好きだな~こういう奴。
ちなみに大きさは10cm以上あったと思う。


オニサルハゼ_b0186442_19512885.jpg
コンゴウフグ幼魚 nikon D700 nikko105mm f3,3 1/125 iso200 
暗く濁った漁港内は生物の気配も大して感じられず、ちょっとブルーになっていた。
その時に出逢ったコンゴウフグ幼魚!癒されたな~。
コンゴウフグは嫌がって逃げるんだけど正面を見せながらバックで逃げるから、更にかわいかった(笑)

実際はかなり暗い雰囲気だったけど、できるだけ明るくなるように撮った。


ざっくり潜ったので続いて川に行ったけどやはりアユは産卵しておらず下流でウダウダしていた、、、。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-16 20:17 | 漁港
2010年 12月 15日

ふたご座流星群

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  なし  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  ?℃  【透明度 】   ?m  【 潮 】  長潮

ふたご座流星群_b0186442_19394636.jpg
nikon D700 nikko14-24mm f2,8 30秒 iso1600 

ふたご座流星群、見れました?
暗い場所なら1時間に50個の流れ星が見えると聞いて夜な夜な天体観測していた。
しかし昨日は生憎の曇り空で星空が開けたのはほんの少しの間だけ。
2時過ぎまで粘ったけど結局は流れ星を写真に収めることはできなかった...。
でも肉眼では雲の隙間から10個ほどの流れ星が見れました!!

荒れる海の音を聞きながら星空を一人で見るのもなかなか乙なものです。
今日もリトライしようと思ったけど昨日よりも更に雲が厚い...。また次の流星群を待とうかな?


ふたご座流星群_b0186442_19522364.jpg

さて今日も海は荒れ模様。とてもまともなダイビングはできない。
なので今日は陸撮して遊んでました(笑)
写真は荒れ狂う「いなか浜」です。

早く治まらないかな~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-15 19:54 | その他
2010年 12月 14日

クロウミウマ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁港  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22,2℃  【透明度 】  5~6m  【 潮 】  小潮3

クロウミウマ_b0186442_2192172.jpg
クロウミウマ  nikon D700 nikkor105mm f16 1/30 iso1100 inon Z-240×2

ほうほう。
これがクロウミウマか。

今日は北西の風で一湊湾内は時化気味だったので漁港で潜ってきた。
冬になって漁港や川の透明度が良いので調度いいかも!
と思っていたけどやっぱり漁港はドロドロで撮影は大変だった。

堂々とクロウミウマって書いたけど実は適当(笑)
生息環境が今まで見ていたオオウミウマとは違うから調べてみたら
クロウミウマは淡水の影響のある穏やかな湾内などに多いらしい。
まさにそれだ!まぁ根拠はそれだけ(笑)
外見的にも違いがあるらしいので今度はしっかり観察してみよう。


クロウミウマ_b0186442_21112129.jpgクロウミウマ_b0186442_2111362.jpg
オトメミドリガイ / コノハミドリガイ
岩を丹念に見ていくとミドリガイの仲間が何個体かついていた!
コノハミドリガイはキュウイみたいで美味そう!!


クロウミウマ_b0186442_21131780.jpg
ツムギハゼ
漁港にいるハゼたちのボス!
体長10cm以上ありずんぐりとしていて迫力がある。
そのツムギハゼが今日はやたらと目に付いた。
お腹が丸い奴もいたから繁殖期なのかもしれない。
お陰でいつもは全然寄れないのに今日は近くで観察することもできた!
喧嘩とまではいかなかったけどオス同士が睨み合うことが何度かあった。

ちょっと気になるな~。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-14 21:51 | 漁港
2010年 12月 13日

成長したアザハタ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁  【 天気 】  曇り  【 風 】 南西の風
【 水温 】  22,7℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮2

成長したアザハタ_b0186442_1871083.jpg
アザハタとキンメモドキの群れ  nikon D700 nikkor14-24mm f11 1/60 iso800 inon Z-240×2

ようやく復旧です!

昨日の23時頃にログでも書こうとパソコンに向かっていたら停電!
すぐに直るかと思っていたら今日の15時まで復旧しなかった。

夏場はカミナリの影響で良く停電するけど平和な日に突然停電ってどうなのよ。。。
お陰でこの寒い中、水シャワーで着替えなきゃならないし、ストロボは充電できないし困った困った。

テルは非常食にでもって冷凍うどん5パック入りを買ってきたけど、、、

冷蔵庫、動いてないから!!

まあ停電も屋久島の生活の一部だと思えばそれほど気にならないかな。


今日も14-24mmの画角と撮影距離などを掴むためにあれこれと水中でもがいてきた。

漁礁では去年まだ小ぶりだったアザハタが随分と大きく成長していて被写体として申し分ない大きさにまで成長している!
キンメモドキとの絡みも絵になったけど来年の小魚爆発時期に撮ったら楽しそう!
今から練習しなきゃ!!

ムレハタタテダイも相変わらず良い感じに群れていた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-13 18:26 | ゼロ戦・漁礁
2010年 12月 12日

屋久島らしい光景

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前  【 天気 】  曇り  【 風 】 北東の風
【 水温 】  22,6℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  小潮1

屋久島らしい光景_b0186442_1734295.jpg
カゴカキダイとロクセンフエダイ   nikon D700 nikkor14-24mm f8 1/30 iso800 inon Z-240×2

昨日から使っている新しいレンズに慣れるため今日はお宮の魚溜まりを撮りにお宮参り!

今まで何度か言われたことがあるので今日からできるだけ撮影データを書くことにした。
これは結構自分のためにもなるしね!今回の写真は24mm側で撮影。

温帯と熱帯の入り混じる海、屋久島。(簡単に言えば亜熱帯・笑)
でも単純に亜熱帯と言うよりもやはり混じった海と表現したい。
沖縄では見ることができない温帯の魚が色々といるんだけど、その中でも一番目を引くのがこのカゴカキダイ
ではないだろうか。
少なくとも僕が屋久島に来て一番最初に衝撃を覚えたのはこの場所だった。

ロクセンフエダイやアカヒメジが群れスミレナガハナダイやハナゴイは舞い、アジアコショウダイを主とする一団。
そこへ何食わぬ顔で混じるカゴカキダイ。

すっかりお馴染みの光景となってしまったけどやっぱり面白い!
時間帯や季節によって見せる表情も違うので定期的に撮りに来よう!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-12 17:31 | お宮前
2010年 12月 11日

ムレハタタテダイ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦  【 天気 】  晴れのち曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22,8℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮4

ムレハタタテダイ!_b0186442_171725.jpg
ムレハタタテダイ

午後から海が荒れそうだったので早めに、ふわ~っと漂ってきた!

海が青くなっていて気持ちいい!
ムレハタタテダイは夏場よりまとまりが良い!
逆にツバメウオは中々まとまらなくなっている。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-11 17:18 | ゼロ戦・漁礁