人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 10日

ウミウシめ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南西の風
【 水温 】  22,2℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】  中潮3

ウミウシめ!_b0186442_2037181.jpg
アオセンミノウミウシ
ようやく風が治まり海が穏やかになった!

今日は浅場でじっくり小物探し!

写真のアオセンウミウシは極小で肉眼ではミノウミウシだろう。ということしか分からなかった。
でも写真に撮ってみて拡大するときれい!ミノウミウシもつぶらとは言えないけどかわいい眼がついていて好きだ。


ウミウシめ!_b0186442_2058615.jpg
エレガントヒオドシウミウシ
岩の裏には素敵な名前のウミウシもいた!!

それにしてもウミウシは上手く撮れない!小さいし撮りなれていないし難しい。
テレコン使用でピント合わせも大変だったし疲れた!!ちくしょ~。


ウミウシめ!_b0186442_20561066.jpg
セグロヘビギンポかな?
ウミウシを探しているとヘビギンポの仲間を良く目にする。
でもまだべビギンポを見慣れていないから全然違いが分からない!
まあいっぱい写真撮っていればそのうち分かってくるかな?



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-10 21:00 | 一湊タンク下
2010年 12月 09日

マガタマエビ!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  屋久杉ランド(笑) / 尾之間  【 天気 】  曇り時々晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22℃  【透明度 】  3~10m  【 潮 】  中潮2

マガタマエビ!!_b0186442_2131517.jpg

海が時化てから3日目。
つまらないな~。

で、気がつくと何故か山に登ってた(笑)
まぁたまにはね!!いい気分転換になったかな。
途中では雹(ヒョウ)が降ったりもしていたけど森はしっとりとしていて雰囲気があった。
でもであった生物は人間2人のみ!

午後からは最終手段の尾之間港へ行ってみた。
さすがにここまで大丈夫だろうと踏んでいたけど結構なウネリ...(汗)

マガタマエビ!!_b0186442_2135612.jpg
マガタマエビ
エントリーして早々にマガタマエビ発見!!
パッと目があったから気がつけたけどこの擬態は半端じゃない!超絶擬態だ!
大きさは2~3mmで極小。画像はトリミングしまくり。

マガタマエビ!!_b0186442_2141841.jpg
テッポウエビの仲間
マガタマエビと同じシラヒゲウニに付いていた、なんちゃヤドカリエビ。
マガタマエビの100倍くらいの個体数がいるけど名前が分からない。誰か知ってます??
こいつは大きいので撮りやすかった。

でもウネリと濁りでまともに撮影できないので30分くらいで引き上げた。。。無念。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-09 21:06 | その他
2010年 12月 08日

寂しいな。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  川  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  ?  【透明度 】  やや濁りm  【 潮 】  中潮1

寂しいな。。。_b0186442_20401154.jpg
アユ産卵
今日も海は時化。
まともなダイビングはできそうもないので川へ。

散々外して若干嫌気はさしているものの、この先に待っているであろう感動の大きさを考えれば
いくら苦労してもいいんだ。苦労が大きいほうが感動も大きくなるはずだ!

アユ自体は川にいるしサビ色が多少なりでている時もあるのでどこかで、
もしくは時間をずらして産卵しているのだろうと考え夕方から日没にかけてリトライ!!

でも.....全然ダメ!

去年の産卵場所には産卵どころか1匹もいない。

やや下流まで下るとようやく発見!しかも産卵してる!

産卵!!だけど数がめっちゃ少ないうえに警戒心が強い。
とてもじゃないけど撮影どころではない。見ていてもいまいち盛り上がらない。。。
やはりアユの産卵は去年よりも遅れているのかもしれない。
なぜなら去年の今日はアユ産卵を初めて見た記念すべき日だったから。

寂しいな。。。_b0186442_20533131.jpg

諦めて辺りを見渡すと。。。
寂しいぃ~!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-08 20:33 |
2010年 12月 07日

やっぱり時化!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  元浦  【 天気 】  曇り  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21℃  【透明度 】  5~7m  【 潮 】  大潮4

やっぱり時化!_b0186442_20475944.jpg
シマギンポ
昨日の12月とは思えないような陽気から一変して今日はまさに冬だった。。。
北西の風が激しく吹き海は大荒れ!それに気温もグッと下がって寒い!

何とか元浦で潜ってきたけど透明度は悪くウネリも多少あり。
まぁそれくらいは予測していたので問題なし、今日はマクロでウミウシ散策だ!

でも普段あんまり探さないからか、まだウミウシシーズンじゃないのか全然見つからなかった...。


やっぱり時化!_b0186442_20483518.jpg
テンセンウロコウミウシ
でも粘った甲斐あってかわいいやつ発見!
5~7mmくらいの小さいウミウシだったけどハッキリとした目があってまさに僕好みのウミウシだ!

この1ヶ月水温はメキメキと、まるで音聞こえるかのように低下している。
今日はいまいちだったけどそろそろウミウシが増える頃じゃないかな!?
今まではノーマークだったけど今年の冬はウミウシも調べるぞ!!


やっぱり時化!_b0186442_20542638.jpg
ゴマフヘビギンポの近似種
ウミウシと一緒で魚でもほとんど手を出していない種類がたくさん!
写真は禁断のヘビギンポ。伊豆では主にヘビギンポとヒメギンポくらいのものだったので
見分けるまでもなかったけど屋久島にはウジャウジャいる!今までもたくさん見てきているけど
大変だからという理由であえて撮らなかった。でもこれからは撮るぞ~!!

で、撮ってみたはいいけど調べても全然分からない。。。
しかし心配はいらなかった屋久島にはヘビギンポ軍曹がいた!
原崎さんありがとうございます!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-07 21:05 | 元浦
2010年 12月 06日

久しぶりにクラゲ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下×2  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22,4℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  大潮3

久しぶりにクラゲ!_b0186442_1932657.jpg
ウミウシカクレエビ
昨日に続き今日も12月にしては最高の天気&海況だった。
一湊湾内はからは硫黄島や竹島が見えていて空には雲一つない快晴!

残タン消化で浅場でのんびりと潜ってきた。
D700にしてからワイドもマクロも描写的にはかなり満足しているんだけど
小さい生物を撮る時はフルサイズ機の弱さを痛感する。あとひと寄りしたい!!

そこで今日は60mmのレンズに2倍のテレプラスを装着!
D80(APS-C)の時は使い辛いと思っていたけどD700との相性はなかなか良い。
これは使えるかも!!

写真は昨日ガイド中に見つけたウミウシカクレエビ。
最近姿をあまり見かけないけど大ぶりなのが2個体付いていた。
バイカナマコの突起に隠れている姿がかわいかった(笑)


久しぶりにクラゲ!_b0186442_19322883.jpg久しぶりにクラゲ!_b0186442_19324388.jpg
ウミウシカクレエビ / ハダカコケギンポ
最短撮影距離まで寄るとD80(APS-C)の時よりも大きく写る!(当たり前だけど...)
そうだテレプラスをつけると露出が2絞り分暗くなるけどD700では全く気にならない!
iso200で撮っていたのをiso800に変えるだけで、あとは同じ感覚で使えるのだ。
楽チンだな~。



久しぶりにクラゲ!_b0186442_19332100.jpg
カブトクラゲの仲間(アカホシカブトクラゲに似てるけど図鑑の不鮮明な絵からは同定できなかった)

残タン2本目ではENしてビックリ。1時間前にはあまりいなかったクラゲが大量流れついていた。
目立つのはツノクラゲやカブトクラゲであとはよく分からない微小なプランクトンたち。
1~2mmアミの仲間は透明度を悪くするほど、うじゃ~っと表層近くにいた。

久しぶりにクラゲ!_b0186442_1933217.jpg

カブトクラゲの脇に透明なツノガレイ?を発見!!
砂に隠れるカレイやヒラメの擬態には舌を巻くものがあるけど幼魚の擬態もも半端じゃない!!
透明なクラゲに透明な魚がくっついていたって絶対に分からないでしょ!!

でも、悲しいかな写真はこの1枚のみ。。。
写真の一番下にいるぺラっとした奴がそれです(笑)



12月5日
【ポイント】  タンク下 / お宮前  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  21,8℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  大潮2

昨日は久しぶりにゲストと潜ってきた!午後からはやや陰ってしまったけどそれまでは
天気も海況も最高!浮遊物が多く白っぽい海ではあったけど気持ちの良く潜れた。
12月にしてはこれ以上ないほど良いコンディションではあったけど、ボートから上がると
ウェットの二人はブルブルしていてかわいそうだった。
でも魚いっぱいで楽しかったね!

有ちゃん、ヤージー昨日はありがと~!!
今度はもっと温かいときに潜ろう!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-06 20:45
2010年 12月 04日

眠るカメと逃げないカメ。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦・タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  22~23℃?  【透明度 】  10~25m  【 潮 】  大潮1
眠るカメと逃げないカメ。_b0186442_20225677.jpg
アオウミガメ
久しぶりの晴天!
海はまだ昨日の時化の影響があったけど陸はポカポカ暖かくて気持ちいい~。

海が治まるのを待って夕方16時頃からエントリーしたけどまだ浅いところは白濁りが酷くウネリも残っていた。
フタイロハナゴイやケラマハナダイの繁殖行動をフィッシュアイで撮ろうとゼロ戦へ向かったけど、
いま一つ盛り上がりに欠けていて上手く撮れない。。。

そうだ道中ではキハダマグロ?らしき魚が5~6匹泳いでいた!初めて見たかも。
それに普段見かけない大きなアオウミガメも見れた。

タンク下のいつもの根ではお休みモードのアオウミガメに遭遇!
近づいても写真を撮っても全然逃げない!!
岩棚に顔を乗せてうつらうつらしている姿がかわいい。今にも目が閉じそう!
一応気を使ってISO感度を上げてストロボを最小まで落としたけどそんなのお構いなしで微動だにしなかった(笑)


眠るカメと逃げないカメ。_b0186442_20231812.jpg

その後には甲羅の長さが50cmくらいの小ぶりなアオウミガメに遭遇!
写真を撮っていて気づいたけど、この個体は良く見かける肝っ玉カメ助だった。
ぶつかるくらいまで近づいても前に回りこんでもストロボをバシバシ焚いても我関せずで全く逃げない!

お陰で迫力の映像が撮れた。でも日没前だから暗くてちょっと怖い絵になってしまった。。。



眠るカメと逃げないカメ。_b0186442_20234047.jpg
ケラマハナダイのオスの喧嘩
全然寄れなかったけど何度か喧嘩シーンを見ることはできた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-04 20:47 | 一湊タンク下
2010年 12月 03日

アユの産卵が見れない。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  川  【 天気 】  曇りのち晴れ  【 風 】 北西の風
【 水温 】  ?  【透明度 】  濁り気味  【 潮 】  中潮2

アユの産卵が見れない。。。_b0186442_2349257.jpg

予報通り強烈な北西風が屋久島を襲い海は大時化!!
一湊湾内はとてもじゃないけど潜れる状況ではない。

南まで足を伸ばそうかとも思ったけど今日は家族でのんびりとハンバーガーを食べに行った(笑)
「つわのや」のハンバーガーは美味い!!あまり外食には行かないんだけどここのハンバーガーは格別!!
美味かったな~。

近くの永田いなか浜にはイメージの日本海のように、ひっきりなしに大波が打ち寄せていた。

夕方に海がダメなので川へ。
一昨日は15時頃に行ったけど、アユは産卵していなかった。
ある程度まとまりはあったけど皆やる気なくフラフラ泳いでいるだけ。

時間帯が悪かったのかと思い今日は16時過ぎから17時過ぎくらいまで観察していたけど
産卵はやはり見れなかった。。。大型のオスはサビ色が出ているものもいて雰囲気はそれなりにあった。
去年産卵していた場所よりやや下流にいた。
今年はまだ産卵期に入っていないのだろうか?
11月23日には昼間に小規模だけど去年と同じ場所で産卵が見れた。
その前にもほんの少しだけ産卵したりもしていたけど本格的にはもう少し後なのかもしれない。

それにしても手に届く距離で泳いでいるアユを手持ち無沙汰に観察していると、、、、
う、うまそっ!あ~、、、塩焼きにしたい。
でも30匹くらいの群れだったので食べちゃマズイ。
屋久島のアユは存在自体が貴重なので大切に見守らなくては。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-03 00:08 |
2010年 12月 02日

海のキャベツ畑!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  管理棟下 / トンネル下 / お宮前  【 天気 】  晴れのち雨  【 風 】 北東の風
【 水温 】  22,5℃  【透明度 】  25m  【 潮 】  若潮

海のキャベツ畑!_b0186442_18352594.jpg

今日もモニ1000のサンゴ調査。
天候も海も良さそうな朝のうちから初め遊びなしでビシビシッと潜ってきた!

トンネル下では相変わらずリュウモンサンゴ群が美しかった!!
去年も思ったけど屋久島で広範囲に群れるサンゴの中で一番美しいような気がする。
上空から眺めると海底にバラの花がポツリ、ポツリと落ちているようにも見えるし、群体を間近で見ると
キャベツ畑にいるような気分にもなる(笑)


海のキャベツ畑!_b0186442_18335489.jpg

美しさの決め手となってるところはキャベツ葉を縁取る白いラインだと思うんだけど、この白い部分は
デザイン的に決められているわけではなくサンゴの成長のスピードに対して褐虫藻の増殖が追いついていないからだと教わった。
つまりここのリュウモンサンゴは葉の先をグングン伸ばして成長しているということだ。

もっともっと広がって素敵なキャベツ畑を作って欲しいものだ。



海のキャベツ畑!_b0186442_18343317.jpg

去年は散々探して見つからなかったエダサンゴ群落。
今年はすんなり見つかってようやく確認できた。
ここのエダサンゴ群落は凄い!と聞いていた通り確かにそれなりに凄かった。
でもポイントとしてはなしかな。その他が寂しすぎる。

午後からは一気に天候が崩れて雨が降り出した。
海はまだ穏やかだったけど明日は荒れるかもしれない。

あ~やだやだ。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2010-12-02 18:57 | モニ1000