人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 19日

キリンミノの産卵が!!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下   【 天気 】  雨  【 風 】 南西
【 水温 】  24,0℃  【透明度 】  15m  【 潮 】  中潮

キリンミノの産卵が!!?_b0186442_21393817.jpg
喧嘩するキリンミノのオス

今日は昼真っから救命講習!蒸し暑い中体育館でみっちりと心肺蘇生の練習。
毎年やっているので同じことの繰り返しで正直つまらない。
でもつまらなくなるくらいに当たり前にできることは大事なんだろうとも思う。

とにかくそれが長引いてしまって潜り遅れた!
18時頃に入ったけどタコベラは何故か活性が低い!?これくらいの時間が産卵ピークだと
思っていたのに産卵どころかまったりモードだ。。。日没2~3時間前がピークなのかな?
オハグロベラに似たコッカレルラスは日没前くらいなので似たような環境に住むもので時間分けで産卵しているのかも知れない。

その後、果てしなくふらついた後、ようやくめぼしいものを発見!!
ネッタイミノカサゴとキリンミノが双方ペアでいた。
ネッタイミノカサゴはメスのお腹がまだ小さかったので、産卵口が飛び出ていてかなり有望なキリンミノを追うことにした。

しばらくするとペアとは別のオスが現れて、ペアオスはいきり立ち写真のように鰓やヒレを大きく広げ威嚇!


キリンミノの産卵が!!?_b0186442_2140872.jpg
邪魔者を追い払ってしばらくするとようやくメスが動き出した!!
すぐさまオスはメスを追いかける!
写真の通りメスのお腹はポンポンで産卵口も出ている。この状態だと産卵は固い!


キリンミノの産卵が!!?_b0186442_21402762.jpg
そしていよいよ産卵のための上昇!!

と思ったら着底。時間は19時57分。前回見たキリンミノの産卵は19時48分。
あと数分以内で、いや1,2分あれば間違いなく産卵だ!

しかし、、、、エアがない。。。。。しかも結構切実に!(笑)

しょうがないので後ろ髪を引っ張られまくりながらもエキジット。
残念だな~。産卵待ちの時は動かないのでエアを消費しないはずなんだけど
興奮のせいか無駄に使ってしまう。それが敗因かもしれない。。。

まだまだ繁殖期は続くので気長にいこう、、、(泣)


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-19 21:39 | 一湊タンク下
2011年 06月 18日

海藻とタコベラ

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下   【 天気 】  雨  【 風 】 南西
【 水温 】  24,4℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  大潮

海藻とタコベラ_b0186442_9922100.jpg
アオサの仲間
一昨日のアオサの一斉繁殖がインパクトがありすぎて今日も海藻が気になって仕方が無い。。。
魚の場合は「産卵」とか「ハッチアウト」となんとも響きがいいんだけど海藻の繁殖は一体なんと呼べばいいんだろう?
一昨日の夜を境に海底の溜まるアオサ達は一気に白くなっていた。
まだ緑の残るものもあるけどアオサのシーズンは終わったようだ。

写真は白化したアオサ。緑と白が斑になったものも結構あった。
旬を過ぎたのにキレイ!

そして今からの旬は脇にピヨピヨと写っているミル。楽しみだな~!


海藻とタコベラ_b0186442_974731.jpg
ミルとタコベラ
海底一面にあるミルは小魚達の絶好の隠れ家!
良く見ていると色んな魚たちが隠れているのが分かる。
そんな中でも今日やたらと目に付いたのはタコベラ!!
海藻モードだったので今日はタコベラをみっちりマーク。

ミルが写ることによって季節感が出て良い感じ。


海藻とタコベラ_b0186442_98679.jpg
16時前だったので一部のタコベラは繁殖モード!
婚姻色になるとタコっぽい赤い色合いになる。
あっ!だからタコベラなんだ!!
と思って調べてみると、子供が遊ぶ「菱凧」にタコベラの尾鰭が似ているからだそうだ。。。

オスは15mくらいの範囲に7~8個体は見られた。
しかしメスは1個体も見かけない。
これは小型のメスはみんな繁殖のときまでミルにすっぽり隠れているということだ。
なんだか無性にタコベラ熱が沸いてきた!!


海藻とタコベラ_b0186442_9334621.jpg
ロウソクギンポ
写真は昨日のロウソクギンポ。潮が引いて巣穴が陸地になりそうな状態。。。
なんとなく頑張れ~。
海からタイドプールになった頃が一番求愛が激しかった。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-18 09:36 | 一湊タンク下
2011年 06月 16日

海藻の日!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下   【 天気 】  雨  【 風 】 南西
【 水温 】  24,5℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  大潮(満月)

海藻の日!_b0186442_15483278.jpg
今日は海祭りの日です!
とは言ってもダイバー人口の少ない屋久島ではダイバーが集うイベントなんてものは無い。
じゃあ何かといえば大潮です!それも満月!!なんだか血が騒ぎますよね!??
以前にも書いた気がするけど最近はカレンダーよりも月の満ち欠けで動くことが多い。
少しは海の生き物に近づけてるかな(笑)!?

日没前のタンク下へ行くと「まる」のお二人もいた!
「今日はイベントとだからね~!」と。いや~素敵な響きだ~。
露天も音楽も外灯すらもないけど海の中はきっと何かがあるはず!!

去年と一昨年の今日はベンケイガニのハッチアウトを撮りに川に行っていたけど
今年はなんだか数(道端で出会う数)が少ない気がする。それに天候が怪しかったので今年は潜ることにした。

写真↑は昼間に撮ったアオウミガメ。
アオサを美味しそうに食べている姿を何気なく撮ったけど、まさか数時間後にこんなことになるなって。。。


海藻の日!_b0186442_15485483.jpg
配偶子もしくは遊走子を放出するアオサの仲間
エントリーしたのは19時8分。入った直後海の異変に気が付いた。
海底付近が泥水が溜まったように濁っていた。
たまたま泥水が溜まったのだろうと気にせず移動したけどあたり一面海底は濃い緑のモヤに包まれていた!
異変に気が付き着底してみるとどうやら海藻から何かが放出されているようだった。
写真↑にあるように初めはミル(写真上の右下)が放出しているものだと思ったけど
どうやらアオサ(写真上の左下)だということが分かった!
海藻の生活史は結構難しく調べてみても良く分からなかった。でも繁殖していることだけは確かだ。
サンゴの一斉産卵は良く知られていると思うけどまさか海藻もこんな大規模に繁殖しているとは。。。

そう今日はなんとアオサ祭りの日だったのだ!
初めは海底付近だけに溜まっていた緑のモヤはどんどんと上昇してきて透明度はガタ落ち!
3m先も見えずまるで春濁りの伊豆のような海になった。

大自然の営みを身体で感じるためにその緑のモヤの中を漂った。
しかし10分も持たなかった。。。魚どころか地形も全然見えないし!!


海藻の日!_b0186442_1549981.jpg海藻の日!_b0186442_15492171.jpg
放出中のアオサ / 放出後のアオサ
配偶子だか遊走子を放出した後のアオサは精気の抜けた矢吹ジョーのようにまっ白!!
明日には海の景観が変わっていることだろ。

その後は濁りの酷い岩礁地帯を抜けて小さいパッチへ向かった。
ここは海藻が無いので視界は良い!
幸運にもそこには今にも産卵しそうなキリンミノのペアがいて、産卵まで見ることができた。


海藻の日!_b0186442_1628104.jpg
ツバメウオ
日中は漁礁周りでツバメウオの群れに出えた!
その辺を行ったりきたりでず~っと遊んでくれた!


海藻の日!_b0186442_16303869.jpg
それと忘れてはいけないのがこれ!!
台風で飛ばされてきた木にアオリイカの卵が産みつけられていた。
屋久島ではコブシメノ産卵は見れてもアオリイカは見れていない。
漁師さんがイカシバを入れてはいるんだけど成果は全然無い。
この光景はなかなか魅力的だったな~。これならアオリイカも期待できるかも!!

今日は濃い一日だったなぁ。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-16 15:47 | 一湊タンク下
2011年 06月 15日

オニダルマオコゼ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下   【 天気 】  雨  【 風 】 東
【 水温 】  24,5℃  【透明度 】  20m~  【 潮 】  大潮

本日のゲストはこのお方!

オニダルマオコゼ!_b0186442_22283520.jpg
カサゴ目最強であり、最悪でもあるオニダルマオコゼ氏にご登場ねがった!
最強なのは背ビレにある毒で死亡例もある。
そして最悪なのはこの人相ならぬ魚相!不愉快極まりない顔をしている。

しかしそのどちらも僕にとっては魅力的!
こんな見た目ではあるけど洗練された生命体なのだろうと思う。

毎年この時期になるとボチボチ見かけるようになるけど今日はなんと2個体!
写真の子はお腹がやや大きくなっていた。これは、、、まさかのオニダルマ産卵を狙えるのか!?

今日は大潮1日目!
水温も上がりさぞかし水中は盛り上がっているだろうと夕方から夜にかけて潜ったけど
思ったほど成果は上がらなかった。。。観察だけならなかなか良かった。

・ブダイが日没前に産卵しているのを確認
・ネッタイミノカサゴが日没直後に産卵したと思われる(オニダルマを撮っていたら終わっていた、、、)
・タテジマキンチャクダイが怪しい動きをしていた
・ゴマヒレキントキ?が怪しい動きをしていた(ライトを当てるとすぐ逃げるので観察不可)

そうだ明日くらいだろうと思っていたジョーフィッシュはすでにハッチアウトを終えていた、、、、。
そう言えば卵を咥えてからすでに13日経っていた。昨日は咥えていたので今日の早朝にハッチアウトした模様。


オニダルマオコゼ!_b0186442_22535092.jpg
コモンヤドカリ
巨大なコモンヤドカリも2個体発見!こちらは大きくも美しい!

さあ明日は満月だ!!きっと楽しい!!

近頃はカレンダーではなく月の満ち欠けに行動が支配されているような気がする。。。





『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-15 23:07 | 一湊タンク下
2011年 06月 14日

スミレヤッコ産卵!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / お宮前  【 天気 】  雨  【 風 】 東
【 水温 】  26℃  【透明度 】  30m~  【 潮 】  中潮

スミレヤッコ産卵!!_b0186442_2322721.jpg
スミレヤッコ
今日も水温が1℃上がった!
海の中は先週と比べると天国にいるかのような快適さ!
いや~ほんと嬉しいな~。

今日はタンク下でジョーのチェックをした後に夕方のお宮に行ってきた。
一応はヤイトヤッコの産卵狙い!
でも求愛はしていたけど、メスのお腹が全然大きくない。。。ダメだこりゃ。
そこで半月ほど前に惨敗したスミレヤッコの産卵狙いに目的変更!
こちらはお腹パンパンで申し分なし!!


スミレヤッコ産卵!!_b0186442_2322263.jpg
オス1個体にメスは2個体。
19時10分。日没時刻くらいに1個体目の産卵!
その20分後に2個体目の産卵!(2個体目はメスがライトを嫌がり少し遅れたと思う)
普段岩の隙間に隠れていてチラ見しかできないけど産卵時には岩から出てくる!
でも思っていたよりちょっとだけだったけど。。。
産卵の直前。オスがメスを後ろから持ち上げるような形になる。


スミレヤッコ産卵!!_b0186442_23224272.jpg
スミレヤッコと卵
産卵すると雌雄が二手に分かれて瞬時に下降する。
卵は拡散して海へ。。。


今日も素敵な出会いがいっぱいだったなぁ。
海はいつでも楽しいけどやっぱこの時期は格別だ~!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-14 23:43 | お宮前
2011年 06月 13日

ようやく、、、、やっと、、、、黒潮だ~!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下  【 天気 】  曇り  【 風 】 西(弱く)
【 水温 】  25℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮

ようやく、、、、やっと、、、、黒潮だ~!!_b0186442_8273279.jpg
テンジクダイ科の幼魚
いや~幸せです!
海は青く、そして暖かい。
いったいどれくらい待った事か。。。

透明度が良くなると魚の量が物凄く増えた感じ!漂っているだけで幸せな気分に。
透明度が悪いときはそれなりの楽しみがあるけどやっぱ綺麗だと違うな~。

その幸せ感を表現してみたら上の様な写真になった(笑)
メルヘンに撮りたくなっちゃう海だな~。
えっキモイって??


ようやく、、、、やっと、、、、黒潮だ~!!_b0186442_8382990.jpg
スザクサラサエビとウツボ
ゼロ戦ではスザクサラサエビの若齢個体がうじゃうじゃ。数的には今くらいがピークだろう。
漁礁ではやはり去年の様な小魚大爆発になっておらず、今年は諦め気味。。。


ようやく、、、、やっと、、、、黒潮だ~!!_b0186442_8411230.jpg
ヒメテグリのペア(右がメスで左がオス)
ヒメテグリはその名の通り小さい魚。大人でも2~3cm。
そして地味。
だけど婚姻色で背ビレを広げたときのオスは一味違う!!


ようやく、、、、やっと、、、、黒潮だ~!!_b0186442_8412721.jpg
燃え上がる炎のように美しい背ビレ。
体側の模様もハデになる。
こんな姿で求愛されたらメスもメロメロだろう。
日没を過ぎた辺りで奥に写っているメスと産卵した。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-13 08:25 | 一湊タンク下
2011年 06月 12日

今日もエソ!! 水温が今頃上がった・・・

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下  【 天気 】  晴れ  【 風 】 南西
【 水温 】  24℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  若潮

今日もエソ!! 水温が今頃上がった・・・_b0186442_18573484.jpg
ベラの幼魚を捕食するアカエソ
今日も天気は良く晴れ!昨日の暴風も治まった。
そして水温&透明度共に上昇!!まだまだ本調子ではないけどこれくらいあればひとまず満足。
あ~嬉しいような、悲しいような。。。
ゲストがいなくなるとこうなんだよな~。なんでだろ??

昨日に続き今日もエソが熱かった!!
エソの捕食シーンには良く出会うけど撮影の機会は滅多に無い。
魚を咥えていても近づくと飲み込んでしまうか、ダッシュで逃げてしまうのだ。
2日間も連続でこんなシーンに出会えるなんて!!
食べられている魚には悪いと思いつつもじっくりと撮影させてもらった(笑)
断末魔の叫びが聞こえるようだった。。。

今日もエソ!! 水温が今頃上がった・・・_b0186442_18575119.jpg
エントリー直後に見つけて気が付くと1時間以上観察(笑)
エソの大きな口でも丸呑みが大変そう。。。君、計算ミスったでしょ!?

今日もエソ!! 水温が今頃上がった・・・_b0186442_185873.jpg
ソラスズメダイ
エソに大きく予定を狂わされてしまったのでそのまま浅場でウダウダ。
ブチススキベラやヤマブキベラは繁殖期のようで激しく泳いでいた。
カモハラギンポの幼魚(1cm以下)がウジャウジャ!
ソラスズメダイは産卵床を作っていた。

昨日見つけたフリソデエビも確認できた。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-12 19:52 | 一湊タンク下
2011年 06月 11日

梅雨の屋久島に勝つ!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下 / タンク下 /  【 天気 】  曇り時々晴れ  【 風 】 南西(暴風)
【 水温 】  22~22,5℃  【透明度 】  10~15m  【 潮 】  長潮

梅雨の屋久島に勝つ!?_b0186442_19242271.jpg
クロスジギンポを捕食するエソ

梅雨の屋久島に勝つ!?_b0186442_1925911.jpg
卵を守るウミタケハゼの仲間

梅雨の屋久島に勝つ!?_b0186442_1924841.jpg
フリソデエビのペア

梅雨の屋久島に勝つ!?_b0186442_19252848.jpg
オニダルマオコゼ
今日は南よりの風のはずなんだけど暴風となり一湊は時化!特に港の中が船が出せないくらい激しい風だった。
しかしタンク下のみは凪ていた。
今日一番面白かったのはアオウミガメ!
なんと3ダイブして3ダイブとも同じ個体に出会えた。それも全く同じ場所で!!
呼吸のために浮上して行ったのを見送ったのに次のダイブではまた定位置に戻っている。。。
先週くらいに見つけたフリソデエビを見失ってしまった。ガッカリしていたら新たなペア発見!!
しかし今度のは転石下なのですぐにいなくなりそうで心配。。。
鼻先近くではオニダルマオコゼが2個体!オニダルマの上では小さいヤドカリがいっぱいいて遊んでいた(笑)
エソに食べられていたのはクロスジギンポ!
クロスジギンポは去年に続き1個体のみが同じ場所に出現した。
1ヶ月ほど前から見られていたんだけど、その貴重な子が食われていた。。。。。。
エソの捕食シーンはあまり撮れないんだけど、これは微妙な気分だな~。

3日間お世話になった内村さんありがとうございました!!
写真の方もご提供ありがとうございます!!
公子さんのパワーには完敗です!まさか3日間とも1粒の雨にも打たれないとは。。。
これは本当に神棚に飾った方が良さそうですね!!
それではまた会えるのを楽しみにしています!!
屋久島は青いとまたぜんぜん違った楽しさがありますよ~!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-11 21:09 | 一湊タンク下
2011年 06月 10日

二兎追うものは一枚も撮れず!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / ヨスジ漁礁 / 観音 / オツセ / 【 天気 】  曇り  【 風 】 南西の風
【 水温 】  22,5℃  【透明度 】  5m / 10~15m  【 潮 】  小潮

二兎追うものは一枚も撮れず!?_b0186442_19233094.jpg
クダゴンベ

二兎追うものは一枚も撮れず!?_b0186442_1923495.jpg
ハダカコケギンポとニシキカンザシヤドカリ
今日も相変わらずの透明度と水温。
ヨスジ漁礁では川の水と落ち葉が酷い!
巨大なアカウミガメがみれたからまだしもちょっと失敗。。。
ダイナミックな地形が売りの「観音」では離れ根が見えなくてヒヤヒヤ!!
それでも魚影は濃く結構楽しめたかな!?
オツセではいつも通り海底を這ってクダゴンベやらハナヒゲウツボやら
サクラコシオリエビなんかが見られた。

今日はまたしても夜明け前からジョーフィッシュを狙ってきた!
なんと、、、2個体がハッチアウト!!!!
でも写真は全く撮れなかった。まさに二兎追うものはなんちゃらってやつだ、、、、(泣)
前日の観察をしていなかった不安が敗因の一つだろう。
そして1個体は巣穴の奥から放仔をするという荒業を使ってきた。。。。



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-10 20:56 | 西部
2011年 06月 09日

アカウミガメの産卵

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦  【 天気 】  晴れ  【 風 】 西の風
【 水温 】  22,5℃  【透明度 】  10~15m  【 潮 】  小潮

アカウミガメの産卵_b0186442_20594667.jpg
早朝は一人で撮影に夜は内村さん達とじっくりウミガメ観察!
いや~眠いなぁ。。。

海の中は水温が低く透明度も悪くなんだかパッとしない。
それでもウミガメたちは産卵のためにたくさん屋久島に訪れている!

産卵の多い浜では一日に3~40頭ものウミガメを見ることができる。
産卵は深夜に多く上陸して穴を掘るのに30分~1時間。
卵を産むのに30~40分。
穴を隠して海に帰るのに30分。
結構ゆっくりとしたペースで行なわれる。

産卵を見せてもらったら次は水中で会いたいですよね!
そこでアカウミガメに会えると今までと違った感じ方ができます!
色んな意味合いで。。。明日は狙いましょう!

日中はいつも通りののんびりネチネチダイビング!
リクエストのアオウミガメはエントリー後1分で発見!!
ゼロ戦ではツバメウオが多くは無いけれどたっぷりと遊んでくれた。

今日は遅くまでありがとうございました!!
また明日もたっぷり遊びましょうね~。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2011-06-09 20:57 | ゼロ戦・漁礁