人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 08日

スカシテンジクダイの群れ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   志戸子  【 天気 】  晴れ  【 風波 】 北西2~1,5m
【 水温 】  20℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 中潮

スカシテンジクダイの群れ!_b0186442_22483956.jpg
スカシテンジクダイとウメイロモドキ
爆弾低気圧が過ぎ去り午後には随分と海が穏やかになった。
しかしいざ一湊に行ってみるとまだウネリと濁りが残っていた。。。
そこで久しぶりに志戸子(ツメンコ)へ!
沖合いへ出るとマダラトビエイが4枚!う~ん、かっこ良い!

そして探していたスカシテンジクダイの群れに出会えた!!
それなりの規模で群れていて、上層にはキンギョハナダイとウメイロモドキがいて華やか!


スカシテンジクダイの群れ!_b0186442_22484998.jpg
ハナミノカサゴ
ハナミノカサゴは1匹だけだったけど彩を添えてくれる存在だった。
これから小魚が増える時期なのでまた様子を見に来ようかな!?



《 口永良部遠征 日帰り3ボートダイブ温泉付き 》

      日程は2013年5月25日

※海況が悪いときは屋久島でのダイビングとなります。詳しくはお問い合わせください!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-08 22:42 | 志戸子
2013年 04月 06日

海の見える水晶玉その2

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / タンク下 / 志戸子 【 天気 】  曇り  【 風波 】 南西~北西4m
【 水温 】  19,7℃~20,3℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 長潮

海の見える水晶玉その2_b0186442_195767.jpg
今日は夕方か夜くらいから爆弾低気圧の影響で北部の海も大時化になりそうだったので早目からザクザクと潜ってきた!
3本潜り終わる頃には風向きが変わり始めたのでギリギリセーフ(笑)
海の中は相変わらずの透明度と水温で浮遊生物も大め。
そのほとんどはニチリンクラゲで何十、何百億というくらいの恐ろしい規模で見られた。


海の見える水晶玉その2_b0186442_1953866.jpg
アオウミガメ
タンク下ではヒレナガカンパチとキビナゴのショーが見ごたえあり!
写真の撮りやすいアオウミガメもいっぱい!
海底では良い感じのウミウシカクレエビペアもいた。


海の見える水晶玉その2_b0186442_196291.jpg
最後の最後は南西の風で一時の平穏を取り戻した志戸子でサンゴ撮影!
しかし穏やっぽくはあったけどウネリが少し入っていて癒し系ダイビングとは言えないような状況だったかも(笑)
それでも時折太陽も入ってなかなか良い光景が見れたと思う。
また全周魚眼でみるサンゴが素敵!!
岡空さん3日間ありがとうございました!!

岡空さんのブログはこちらです↓
『 Welcome to My Under Sea World 』



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-06 19:00 | 志戸子
2013年 04月 05日

海が見える水晶玉!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  横瀬 / ゼロ戦 / タンク下 【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風波 】 南東2m
【 水温 】  20℃  【透明度 】  15~20m  【 潮 】 長潮

海が見える水晶玉!?_b0186442_21471626.jpg
とんでもない低気圧が接近中~!
夏であれば台風と呼ばれているのだろう。
でも今日は風は強いもののまだ大丈夫!

1本目は久しぶりの横瀬!
ここの魚種の豊富さと濃さは屋久島でもヒカ一!!


海が見える水晶玉!?_b0186442_21474333.jpg
アカウミガメ(オス)
おおぉ~!今日はアカウミガメのオス!!!
自分も岡空さんも体がでかいのですぐにメスではないと気がつかれてしまい逃げていってしまったけど
あからさまにメスを探している風で背後から迫ってきた(笑)
今年はアカウミガメが多そうな予感!西部の船長の話ではもう交尾しているのがたくさん見られているとか。。。
む~ん今年こそは見たい!!!!!!



海が見える水晶玉!?_b0186442_21481856.jpg
ゼロ戦とアザハタ
まるで水晶玉!
ワイドメルヘンとはこんな写真のことなのかもしれない。
普通のレンズでは出せない不思議の世界が表現されている!

さぁ、明日はどれくらい潜れるかな、、、!?



岡空さんのブログはこちらです↓

『 Welcome to My Under Sea World 』

明日は何が見れるかな~!?



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-05 22:07 | ゼロ戦・漁礁
2013年 04月 04日

ブリトルネード!!!ゼロ戦にアカウミガメ。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦 / お宮前  【 天気 】  曇り  【 風波 】 南2m
【 水温 】  20℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 小潮

ブリトルネード!!!ゼロ戦にアカウミガメ。_b0186442_20271889.jpg
アカウミガメ
今年もワイドの巨匠がやってきた!
屋久島の海も喜んでいるようでもうやりたい放題!
初っ端のゼロ戦では今季初のアカウミガメ(メス)!!
お~今年は早いな~。
前日4月1日(だったかな?)にアカウミガメの初上陸が確認されたと聞いたばかりなのでちょっと驚いた。



ブリトルネード!!!ゼロ戦にアカウミガメ。_b0186442_20275192.jpg
ハナミノカサゴを威嚇するアザハタ
ハナミノカサゴが良く見られるようになった漁礁ではアザハタとの争いが見られた!!
縄張り意識の強いアザハタは侵入者を見つけると口を大きく広げて威嚇。
そこをばっちり抑えてもらった!!


ブリトルネード!!!ゼロ戦にアカウミガメ。_b0186442_20281082.jpg
ブリ
そしてなんと言っても今日一番の光景はこれ!!!
今まで見たことのない規模のブリトルネード!!!
数百ではすまない、最大サイズのブリがなんと1000匹以上!
その勢いと迫力は尋常ではなく辺りは暗くなるし怖いくらいだった。

全周魚眼でも収まりきらない!ビシッと撮ってもらえて幸せ~!!

岡空さんのブログはこちらです↓

『 Welcome to My Under Sea World 』

明日は何が見れるかな~!?



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-04 20:25 | お宮前
2013年 04月 03日

ウェットの買い替えはお早めに(笑)

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  湯泊  【 天気 】  晴れ時々曇り  【 風波 】 北西3m
【 水温 】  20℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 小潮

ウェットの買い替えはお早めに(笑)_b0186442_19524158.jpg

2013年6月5日~6月25日の期間で「屋久島環境文化村センター」にて海の写真展を開催します。
今回のテーマは 『境界に生きる』
陸上と水中を隔てる境界。そこは環境の変化が激しく海の中でもっとも過酷な場所でありながらも、もっとも美しい場所でもある。境界の景色や境界に生きる住人達の素顔を是非ご覧ください!

さて今日は一湊湾内が北西の風で大時化だったので南まで遠征!
湯泊まで来て見ると思ったよりも波があった。。。
でも潜ってしまうと想像以上にクリアな視界!!
それと久しぶりにメアジの群れ?を追うヒレナガカンパチが見られた。

2本目は尾ノ間でネチネチ小物でも狙おうと思ったけど、まっちゃんのウェットスーツがざっくり切れてしまい、寒さで断念!!(笑)

新しいウェット買ったらまた潜りましょうね~!!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-03 19:50 | 湯泊
2013年 04月 02日

ハナゴイの産卵!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  タンク下 / タンク下 / タンク下  【 天気 】  雨のち曇り  【 風波 】 南東~北西3m
【 水温 】  20~21℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 小潮

ハナゴイの産卵!_b0186442_20594613.jpg
ジョーフィッシュ
午後から時化て来るという予報もあり早めに2ダイブ!
ギンポ好きのまっちゃんはジョーフィッシュに首っ丈!!(ギンポじゃないけど・笑)
今の時期は繁殖期前のジョーがそこかしこで見られる!!
多いところでは、たたみ1畳に5匹も!!
そこには大きさの違う一年生と2年生が棲んでいる。
写真は小さくてかわいい1年生。小さい頃は色が鮮やかなので余計にかわいい。

昨日はじっくり見れなかったカメもたくさん。
伊豆ダイバーのまっちゃんは予想通りタンク下が心地良いみたいだった(笑)
明日も宜しくです!!



ハナゴイの産卵!_b0186442_2058728.jpg
ハナゴイ求愛
さて夕方に時間があったので潜ってみるとやっぱり海は時化始めていた。
明日は厳しそうだな。。。

天気が悪かったので17時で水中は薄暗い!そのせいもあってハナゴイたちは激しい求愛を時折見せてくれていた。
メスを見てみるとぽっこりしたお腹の子もいて産卵しそうだったのしばし観察。

求愛のときにオスは背びれを広げてディスプレイをするんだけどそれがカッコイイ!
激しく泳ぎ回っているとすごい迫力を感じる。
何でだろうと思ったらバショウカジキに似てる!!(見たことないけど。。。)
尖がった鼻といい、背びれの勇壮さと良いハナゴイはバショウカジキと同じ仲間だったのかもしれない(笑)


ハナゴイの産卵!_b0186442_20582869.jpg
ハナゴイ産卵0,1秒前
産卵は全部で4,5回見られた。メスはお腹の大きくない子の方が多くまだまだ繁殖期はこれからと言った感じだ。
ハナゴイはフタイロハナゴイやケラマハナダイに比べると産卵直前の動作がゆっくりで撮影がしやすい!!
上空にいるオスの元へメスがす~っと近づいて寄り添いあって産卵。寄り添ってからは一瞬だけどそれでもハナダイにしてはサービスが良い方だろう。
今度は瞬間を抑えたい!!



ハナゴイの産卵!_b0186442_210348.jpg
キンセンイシモチ(ライン型)
気がつくと岩陰からはキンセンイシモチが集団出勤していた!
あ~なるほどここの岩の奥にもキンセン住宅があるのか。
大きい岩の隙間って思っている以上に広いんだろうな。
だって驚くほど色んな魚がワラワラでてくるんだもん。
昼間は岩の奥でメスはメス同士、オスは押す同志で固まっているのかもしれない。
出始めのキンセンたちは同性同士でいることが多いように思う。

あ~はやく、産卵みたいなぁ。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-02 20:55 | 一湊タンク下
2013年 04月 01日

キンセンイシモチ(ライン型)の産卵が見たい!!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】  曇りのち晴れ  【 風波 】 北東2m
【 水温 】  19~20℃  【透明度 】  20~50m  【 潮 】 小潮

キンセンイシモチ(ライン型)の産卵が見たい!!_b0186442_22254581.jpg
キンセンイシモチ(ライン型)
日中はボートでお宮&ゼロ戦。
水中は昨日までとは一変!水温は3℃近く下がってがまさかの19℃!!
でも海は濁りが抜けて青い!!特に2本目のゼロ戦は40~50m!!
寒い!!でも、爽快だ~!!
ゼロ戦ではちょっと見ない間に小魚の量が激増していてめっちゃ賑わっていた!!
これはなかなか撮り甲斐があるぞ!!


一仕事終えた後は今日も夜のお仕事へ!
昨日は日没前から20時30分くらいまでいたので今日はそれくらいの時間から22時30分まで観察した。
水温が下がったせいかちょっと数が少なかったような気はするけれどそれ以外はまさに昨日の続きと言った状態から始まった。
砂地にはお腹がはち切れんばかりのキンセンイシモチが各所で単独で見られた。
まるで落し物のような感じでポツンといる。それがいっぱい!(15m四方で10匹くらい?)

キンセンイシモチと呼ばれていたものは今年出版された日本産魚類検索(第3版)で以下のように分かれた。
キンセンイシモチ・ドット型 → スジオテンジクダイ
キンセンイシモチ・ライン型 → キンセンイシモチ 


ネット上で見られるキンセンイシモチの産卵と言うのは僕の見たところ全てスジオテンジクダイの産卵だった。
スジオテンジクダイよりも南方系のキンセンイシモチは産卵の瞬間は観察されたと言う話を聞かない。
つまり実際の所はキンセンイシモチと言う魚の産卵は観察されていないのではないか!?
まだ誰も見ていないとすればそれほど奮い立つものはない。
よ~し絶対に見てやるぞ~!

スジオテンジクダイの場合は基本的に日中にペアをつくり夕方~夜の早いうちに産卵する。
しかしキンセンイシモチ達は基本夜型なので明るいときはほとんど姿を見ることがない。
夕暮れと共に岩陰から集団で現れて真っ暗になる頃には砂地やそこに点在する岩などを中心に広がるのだ。
この時点ではオスもメスも皆バラバラ。ペアを作っているものは確認できなかった。
悩んだ結果お腹が今にも破裂しそうなくらい大きなメスを選び追跡開始。
観察から10分ほど経った21時前にはオスの元へ!!


キンセンイシモチ(ライン型)の産卵が見たい!!_b0186442_22271444.jpg
他のメス達もウロウロとしていたので、どうやらキンセンイシモチの場合はメスがオスを探しペアを形成するようだ。
しかし待てども待てども求愛らしい求愛は始まらない。
普通テンジクダイ科の魚達は産卵直前になるとオスが口を大きく広げて卵を咥える準備をしきりにする。
今にも産卵しそう!!という期待感に満ち溢れるものなんだけどそれがまったくない。。。

しかし昨日の観察で既成概念がどれだけ自分の邪魔をしていたのかと反省したので
今日は希望的観測を多分に入れながら観察を続行した。
どんな希望かというと、、、→ 「ペアを形成してすぐに求愛行動をほとんどせずにいきなり産卵!」

そんなわけでライトに集まる膨大な量の虫と挫けそうになる心を奮い立たせて己を岩と化してひたすら観察!



キンセンイシモチ(ライン型)の産卵が見たい!!_b0186442_22272775.jpg
ペアにオスが加わりバトルでも始まるのかと思ったら、大した動きもなく再びペアになった。


キンセンイシモチ(ライン型)の産卵が見たい!!_b0186442_22273988.jpg
22時30分結局なんの面白みもなく終わった(笑)
さすがにこんな状態じゃあまだまだ産卵は見れなそうだな。
メスのお腹があまりにも大きいので産卵口が出ているような気もしていたけどやっぱり出ていない!

そこでまた山口氏より色々な情報を頂いたので考察しなおしてみた。
一番のヒントはきっとこれだ!!
「スジオテンジクダイの場合は求愛が始まってから大体6時間くらいで産卵する」
驚くべき行動をするのではないか?とか思ってしまったのが悪かった。
これを考慮して素直に考えてみると、まだ求愛らしい求愛も始まっていないので、、、

産卵は恐らく夜明け前後ではないか!?
う~ん、きっとこれだ!!

ふ~なんだかここまでたどり着いてスッキリした!
産卵は見れてないけど、もうなんだか半分くらい満足(笑)
きっとそうだ!いや絶対にそうだ!!と叫びたい!!

そうそう上手くいくとは思えないけど、ひとまず観察あるのみ。
さぁ次の観察が楽しみだ!


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

by yakuumi | 2013-04-01 22:16 | 一湊タンク下