人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 17日

モンハナシャコの捕食!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】   ゼロ戦 / タンク下  【 天気 】   雨  【 風波 】北東2~4m  
【 水温 】  20℃  【透明度 】  30m  【 潮 】 大潮 

モンハナシャコの捕食!?_b0186442_17421670.jpg
朝から夜までず~~~~~っと雨!
風も強いし、寒いし、暗い!
それでも潜りたいという島内ダイバーのほっしぃ。
島内に住んでいるんだから良い時に潜ればと思うんだけど、、、病気らしいのでしょうがない。処方箋代わりに潜ってきた(笑

でも海の中は快晴!
青い!!明るさは足りないけど、海の中のほうが陸よりも断然に快適だ。

写真はミカドウミウシを食べるモンハナシャコ。
見つけたときはモンハナシャコの目の前でもがいていたけど、すぐに捕らえられて巣穴の中へ。
巣穴を随分と覗き込んでいたけど、食べているのか何をしているのかいまいち分からなかった。
どう見ても美味くなさそうだけど、、、本当に食べるのかな?


モンハナシャコの捕食!?_b0186442_17445873.jpg
冬になると細かいものに視線が向かってしまう。
それは着生物たちの多くの旬が冬だからなのかもしれない。
岩の上ではハネウミヒドラがかわいらしく咲いていた。

by yakuumi | 2013-12-17 17:57 | 一湊タンク下
2013年 12月 16日

サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  「種ヶ島」 浦田ビーチ / 住吉   【 天気 】   曇り  【 風波 】北東1,5m  
【 水温 】  19℃  【透明度 】  20m~  【 潮 】 中潮 

サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。_b0186442_2239355.jpg
浦田ビーチ
種ヶ島2日目。
コンビニにファミレスにツタヤまである超都会?な種ヶ島に興奮してはしゃいでしまった。
毎度のことながらグロッキーな2日目の朝だけど、きっちり調査!

しかし、、、浦田ビーチは結構時化ていた。。。

写真はそれでもお国のために無償で奉仕する勇者たち。


サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。_b0186442_22363865.jpg
海に思っている以上の波!
背丈くらいの波がど~ん。
砂質がいいから透明度は最低限あったけどなかなか過酷な調査だった(笑)


サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。_b0186442_2237321.jpg



サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。_b0186442_22372077.jpg



サンゴじゃなくて海藻の森だ。。。_b0186442_22375041.jpg
2本目は昔サンゴの森だったと言う住吉。
今はサンゴはほとんどなく海藻が繁茂している。
それがまたなかなか良い感じ。
ポイントとしては限りなく地味なんだけど、いろんな種類と色の海藻が見られるので楽しい!

最後は1年ぶりの回るシースーを食べて終了~。

by yakuumi | 2013-12-16 22:36 | モニ1000
2013年 12月 15日

巨大なアオウミガメがゴロゴロいた!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  馬毛島×2  【 天気 】   曇り  【 風波 】北西1,5m  
【 水温 】  19℃  【透明度 】  20m~  【 潮 】 中潮 

巨大なアオウミガメがゴロゴロいた!_b0186442_22124870.jpg
変遷していく海藻
今年2度目の、、、種ヶ島!

ってさっき長々とログを書いたのに操作を間違えたのか消えてしまった。。。
なので簡潔に。

1本目はサンゴのガレ場地帯。
ここでは毎年来る度に海藻の種類がガラッと変わっている。
今回一番目立っていたのは写真上部のアミジグサの仲間。
地味だけど、面白い所!


巨大なアオウミガメがゴロゴロいた!_b0186442_2213386.jpg
アオウミガメの成熟したメス
2本目は生物調査!
ここでとんでもない出会いが!
屋久島では滅多に見ることの出来ないアオウミガメの成熟個体がゴロゴロいた!!!
なんで?
色々な疑問や推測が頭を駆け巡っているけどとにかくたくさんいた!
全部で7個体はいたかな。


巨大なアオウミガメがゴロゴロいた!_b0186442_22133082.jpg
アオウミガメの成熟したオス
みんな巨大!
甲羅で1m近くありそうな個体ばかり。
こちらは尻尾が大きく恐竜のようにすら見えるオスの個体。
繁殖に来ているようには見えなかったので、餌を食べにきているのかもしれない。


巨大なアオウミガメがゴロゴロいた!_b0186442_2214026.jpg
カメンタマガシラの群れ
こんな群れは屋久島で見たことがない!
脇には同じく屋久島では珍しいタキゲンロクダイも。

今回はこの巨大なアオウミガメに出会えただけでも種子島に来た甲斐があったと思う。

by yakuumi | 2013-12-15 22:36 | 一湊タンク下
2013年 12月 14日

地味に海藻が成長中!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁 / タンク下  【 天気 】   晴れ  【 風波 】北西1,5m  
【 水温 】  19~20℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】 中潮 

地味に海藻が成長中!_b0186442_2235925.jpg
ツバメウオ
今日も天気微妙~だし、微妙に時化ていたし、天気もいまいちだし、水温も低いし、、、
あ~って感じだったけど海の中に入ってしまえば青くて爽快!

前回ほっしぃと漁礁を目指したものの、クラゲの多さに眼を奪われてたどり着けなかった。
でも今日はちゃんとたどり着いた(笑)
目的のバイオレットボクサーシュリンプをゲット!
アカシマシラヒゲエビも掬えるほどいっぱいいた。

帰りがけにはツバメウオの群れが見送ってくれた!


地味に海藻が成長中!_b0186442_2242279.jpg
ヒレナガスズメダイ
何かに襲われて逃げ出したような、酷く怪我をしたヒレナガスズメがいた。
色々と見てくると、怪我をしていても生き残れそうなのと、そうでないのとなんとなく分かってくるんだけど
このヒレナガスズメは厳しそうだなぁ。
でも頑張れ~!


地味に海藻が成長中!_b0186442_224387.jpg
ウチワサボテングサ?
水温が下がって海藻や着生物達の活気が増してきたようで、壁が気になる季節。
海藻は判らないものがニョキニョキ伸びてきて困る。。。
普通種っぽいウチワサボテングサですらこのカットだと分からない。
左はウチワサボテングサだと思うんだけど、右のは明らかに雰囲気が違う。
でもなんだか分からない~。
年末に海藻の研究者が来るので、色々と聞かせてもらいたいな。

明日は前回不発に終わった、、、種子島のサンゴ調査に行ってきます!

by yakuumi | 2013-12-14 22:36 | 一湊タンク下
2013年 12月 13日

オオセにマダラエイ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦  【 天気 】   晴れ  【 風波 】北西1,5~2,5m  
【 水温 】  19~20℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】 若潮 

オオセにマダラエイ!_b0186442_2025634.jpg
オオセ
また少し北西風が強まって微妙に時化。
だけど今日もアザハタに会いにゼロ戦へ。
16時くらいだったけど天気が悪いこともあり暗い。。。
まぁ確認することは確認したのでまぁいいか。
フタイロハナゴイはまだまだ産卵期のようで激しく動き回っていた。
フィッシュアイでなんとか撮れないものかと、挑戦したけど全然ダメだった(笑)

帰りがけには砂地にオオセ!!
冬から春にかけてどこからともなく現れる。
多分繁殖のために沖合いから来ているんだと思うけどまだペアで見たことはない。
砂地にど~んと鎮座しているのは珍しくじっくり撮らせてもらちゃった。


オオセにマダラエイ!_b0186442_2031694.jpg
マダラエイ
オオセはそのうち嫌がって泳ぎだして、砂地から岩礁地帯へ。
そしてすぐさま岩の隙間に隠れてしまったんだけど、それと同時にマダラエイが飛び出してきた!
おお、なんだなんだ。
あんまり見かけない大物たちが連続で見れるなんてどうしたことだろう。
そう言えばマダラエイも水温が低いときのほうが良く見かける。
屋久島の冬は意外にワイドの季節だったりして!?


オオセにマダラエイ!_b0186442_2033511.jpg
アオウミガメ
最後はなんとな~くアオウミガメ。

無事に今日も、今日のログが書けた!
嬉い~(笑)

by yakuumi | 2013-12-13 19:58 | ゼロ戦・漁礁
2013年 12月 12日

アザハタが愛おしい。

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  ゼロ戦  【 天気 】   晴れ  【 風波 】北西3~1,5m  
【 水温 】  21℃?  【透明度 】  10~30m  【 潮 】 中潮 

アザハタが愛おしい。_b0186442_19222147.jpg
アザハタ3兄弟!
昨日は時化でお休み~。
(川でも潜ろうと思ったけど、ドライを忘れて潜れず。。。)

今日になってようやく風が治まり、夕前には随分と穏やかになったので潜ってきた!
でも浅場はちょっとしたウネリがあるし透明度も悪かったのでゼロ戦へ。
ここの所アザハタが気になってしょうがない。
アザハタの新たな一面を知ってから無性に観察意欲がわいてきた!

浅場は透明度が10mくらいだったけど沖まで出ると青い!!
ゼロ戦の魚影は薄くなってしまったけど、なんだか視界良好で色々と観察しやすい。
時期によって見所も撮り所も変わってくるものですね。

アザハタが愛おしい。_b0186442_19224890.jpg
ケラマハナダイのオスの群れ
閑散と泳いでいたケラマハナダイのオス達はある時突然集まり群れる。
ほんの10秒くらいの時間だったりするんだけど、これが滞在中に何度も見られる。
恐らく、オス同志で格付けをしているのだろうと思うんだけど、確証はない。

それにしても、久しぶりのタイムリーなログが書けた(笑)

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-12 19:19 | ゼロ戦・漁礁
2013年 12月 10日

河口に棲むスミゾメスズメダイ


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  川・汽水域  【 天気 】  晴れ  【 風波 】北西3~4m  
【 水温 】  21℃  【透明度 】  1~5m  【 潮 】 

河口に棲むスミゾメスズメダイ_b0186442_22161958.jpg
昨日の夜は暴風雨で、朝になると海は大時化だった。。。
予報通りではあるけど、残念。
海に潜りたかったんだけどなぁ。

しょうがないので今日は汽水域を探索してきた。
いないとは思うけれど、ひょっとして潜りたい、と言う人がいたらアレなので、、、
最初に断っておくと、とてもガイドを出来るような場所ではないです。
屋久島の自然の一つとして紹介している感じです(笑)

この場所は魚影が濃い!!
ゴマフエダイとオキフエダイがうじゃうじゃ!!
ヒメツバメウオやスズキもちょろちょろ。
潮の満ち引きで川の水が動くときには、良い流れとなり密度も濃くなる。
透明度も悪くなる。。。
ミナフエダイの幼魚を初めて見た!


河口に棲むスミゾメスズメダイ_b0186442_22155064.jpg
スミゾメスズメダイ若魚
普通の海では見たことのないスミゾメスズメダイ
汽水域にはたくさん!
汽水域に適応することで他のスズメダイと争うこともなく優雅に暮らしていた。
でも、、、透明度が悪すぎて全然撮れない。
これくらいの写真を撮るのにも30分かかってしまった


河口に棲むスミゾメスズメダイ_b0186442_2216524.jpg
スミゾメスズメダイ成魚
成魚はほぼ真っ黒で地味~。
でも特殊な環境に生きるスズメダイだから頑張って撮影。

天気予報。
むむむ、、、あしたも海は厳しそうだ。


『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-10 22:31 |
2013年 12月 09日

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  永田灯台 / オツセ   【 天気 】  曇り  【 風波 】南西1~2,5m  
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_2036258.jpg
ベニハナダイ(オス)
今日は島民ダイバーのほっしぃと西部で遊んできた!
1本目は去年のこの時期にみた強大なロウニンアジの群れを夢見て灯台へ!
しか~し、流れなし!
おかしいなぁ~。
巨大なマダラトビエイはいたけど遠かった。
まぁほっしぃは勝手にブダイの産卵を見て楽しんでたからいいか(笑)

で、2本目はオツセの深場へど~んと降り立った。
ベニハナダイが群れていて求愛も激しい!
周りにはフカミスズメダイやデルタスズメダイがうじゃうじゃいて、
シテンヤッコやトサヤッコの幼魚などもいて賑やか!


ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_20362320.jpg
ベニハナダイ(メス)
岩陰にはメスがたまっていた。
ベニハナダイのメスは繊細な美しさがあって好きだなぁ。

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_20363881.jpg
コウリンハナダイ(オス)
そしてベニハナダイの群れの中で一際ハデに泳ぎ回っていた。
あ~もっとじっくり観察したい!!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-09 20:34 | 西部
2013年 12月 09日

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  永田灯台 / オツセ   【 天気 】  曇り  【 風波 】南西1~2,5m  
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_2036258.jpg
ベニハナダイ(オス)
今日は島民ダイバーのほっしぃと西部で遊んできた!
1本目は去年のこの時期にみた強大なロウニンアジの群れを夢見て灯台へ!
しか~し、流れなし!
おかしいなぁ~。
巨大なマダラトビエイはいたけど遠かった。
まぁほっしぃは勝手にブダイの産卵を見て楽しんでたからいいか(笑)

で、2本目はオツセの深場へど~んと降り立った。
ベニハナダイが群れていて求愛も激しい!
周りにはフカミスズメダイやデルタスズメダイがうじゃうじゃいて、
シテンヤッコやトサヤッコの幼魚などもいて賑やか!


ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_20362320.jpg
ベニハナダイ(メス)
岩陰にはメスがたまっていた。
ベニハナダイのメスは繊細な美しさがあって好きだなぁ。

ベニハナダイ婚姻色と美しく輝くコウリンハナダイ!_b0186442_20363881.jpg
コウリンハナダイ(オス)
そしてベニハナダイの群れの中で一際ハデに泳ぎ回っていた。
あ~もっとじっくり観察したい!!!



『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-09 20:34 | 西部
2013年 12月 08日

新たなアザハタ王国!?

『屋久島ダイビングライフ』 【HP】

【ポイント】  漁礁   【 天気 】  晴れ  【 風波 】  
【 水温 】  21℃  【透明度 】  20m  【 潮 】 

新たなアザハタ王国!?_b0186442_20234226.jpg
また新たにアザハタの王国が建築されたようだ。
アザハタが主として君臨すると、その場所には次第と生きのものが増え
やがては小宇宙とも言える様な隔絶されたような空間が出来上がる。
この場所には以前からアザハタの若魚がウロウロしていたけれど
最近そこに棲む小魚の量が一気に増えたように感じる。
恐らくだけど、理由はアザハタがその場所の王としての威厳を放ち始めたからだろう。
今までこの場所でアザハタを被写体として狙うことはなかったけど、十分に意欲をそそる
素晴らしい場所になりつつある。
今後この王国がどのように発展していくのか、観察していくのが楽しみだ!


新たなアザハタ王国!?_b0186442_20235563.jpg
太陽もど~んと入れやすい。
テーブルサンゴの下にはアザハタよりも大きなドクウツボもいた。
それでもやっぱり主はアザハタ!
ここの所アザハタが気になってしょうがない!

最近アザハタのある行動の理由も分かってしまった!
もうしばし観察して理解を深めていきたいな。






『屋久島ダイビングライフ』 【HP】  

by yakuumi | 2013-12-08 20:23 | ゼロ戦・漁礁