屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 07日

晴れた!!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 東の風
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮④

b0186442_2382671.jpg
ハナゴイ
台風が去り海は徐々に回復してきています。やはり今日も一番穏やかだったのはクレーン下でした。しかし昨日まであんまりなかったウネリが今頃入っていてちょっとビックリ。遅すぎじゃないか?

とにかく穏やかなクレーン下でのんびりと体験ダイビングをしてきました!予報では悪かったのに実際の天気はすこぶる良く陽射しが暑いくらいでした。透明度は良く30mくらい!!


b0186442_2391518.jpgb0186442_2393017.jpg
スダレヤライイシモチ / タテジマヘビギンポ

夕方前にはチェックでタンク下へ。明日から屋久島ダイビングライフ初のリピーターであり、がっつりカメラ派のKさんが来ることもあって調査に気合が入ります。フォトはに嬉しい被写体を探すぞ~と意気込んで入ったのに気が付くと探す必要もないような普通種の撮影にはまってしまった。。。すいません。大したネタは見つかりませんでした。良かったのは全く絵にはならないけど超普通種のツマジロモンガラが産卵床で卵を守っているのを見れたことです。モンガラカワハギ科の魚のイメージはもっとクールなものだったので卵が孵化するまで守るなんて意外でした。この意外性が海の楽しさの一つですね!
あとはちびっ子のパンダダルマハゼを2個体発見!ただでさえかわいいのに子供は余計かわいい!!
写真のスダレヤライイシモチは口内保育中でした~。



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-07 23:30 | 一湊タンク下
2009年 08月 06日

今日もカメ!!?ワルツを踊るカメ!?

【ポイント】  一湊タンク下 / お宮前   【 天気 】  曇り時々雨   【 風 】 北東の風
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮③

b0186442_9365884.jpg
「虹と海」クレーン下より一湊湾内をみて
今日は台風の影響で潜れないことも懸念していたので早朝に一番荒れないだろうと思われたクレーン下をチェック!海についてみると意外なほど穏やかだった。台風が予定通り台湾に向かっているのでそれほど荒れないみたい。早朝の時点では一湊湾内は全ポイント潜れそうなほど穏やかだった。午後からは風が強まってゼロ戦周辺は波がザブザブ。しかも川の濁流が海を貫いて調度ゼロ戦あたりは茶色くなっていたので完全にダメだった。結局昨日と同じで今日もお宮前とタンク下でのボートダイブになった。

早朝のクレーン下では海況チェックがてらオヤビッチャの産卵を見に行ったんだけど全然行われていなかった、、、?スズメダイの仲間だからどうせ早朝に産卵だ、と決め付けていたけど違ったのかな?夕方もやってなかったし、昼間もチラッとみたけどやってない。。。うう~ん産卵床はあるから必ずやっているんだけどな~。
ネットで検索すると八重山諸島だと年中しかもいつでも産卵が見れるみたいに書いてあるから、イージーだと思っていたけど、いったいいつ産卵しているんだろう??

b0186442_9485146.jpgb0186442_9491720.jpg
アオウミガメ / ベニヒレイトヒキベラ

昨日からのゲストお二人は今日もカメをリクエスト!昨日あんだけ見たのに、、、、、、。そうそう都合よくカメは見れませんよ~、なんて思いながら潜ると今日もウミガメは絶好調!!水深20m付近でなんとアオウミガメが2匹でワルツを踊るかのようにクルクルと旋回しながら海底に向かって降りてきた!!このゲストお二人は引きが半端じゃない!こんなシーン狙って見れるものじゃないので運がいいとしか言い様がない。じっくりと2匹のウミガメを観察してボートに引き返す途中でまたしてもカメ出現!しかもゲストのお二人の目の前で優雅に泳いでるし!!うう~ん凄いな~。その他ツバメウオやヤクシマキツネウオ、ハナヒゲウツボ、ジョーフィッシュなどなどが見れた。



b0186442_1002832.jpgb0186442_100413.jpg
テリエビス / ポルカドットイボウミウシ

そして2本目のお宮前でもウミガメをリクエスト、、、、。もう勘弁してください、、、。そしてさすがに今回はウミガメには出会えなかったけど屋久島らしい海を紹介して写真をたくさん撮ってもらった。以外にもヒットはキンチャクガニでボンボンをフリフリする様子がかわいかったみたいです。

台風の中、2日間ありがとうございました!また潜りましょうね~!!


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-06 23:59 | 一湊タンク下
2009年 08月 05日

台風8号とカメ好きなゲスト!

【ポイント】  一湊タンク下 / お宮前   【 天気 】  曇り/雨   【 風 】 北東の風
【 水温 】  28~29℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮②

b0186442_2112352.jpg

台風の接近と共に海が荒れてきた!昨日も北東の風が強く一湊以外のポイントはどこも荒れていたけど今日は一段と風が強く海は大時化。矢筈岬に守られている一湊湾内もさすがに影響を受けだした。影響を受けだしたとは言っても湾の真ん中にあるゼロ戦以外は特に問題なく潜れた。透明度は良く30m!水温も少し上がってなんと28~29℃!!あったか~いい!!なんといっても今日のゲストのウェットスーツは2mm!!それでも全然寒くなかたらしい。まあ29℃あれば2mmでも余裕ですね!

そしてゲストのリクエストはカメ。しつこい位にダイビング前にカメ、カメ、カメ、カメって言ってきました。。。。結構潜っているゲスト2人なので偶然性が強い生き物だと理解はしているみたいだけどそれでもカメがみたい!!そんだけ言われるとさすがに少しプレッシャーがかかりました。
しかし見事にカメに遭遇!それも1ダイブで3個体!しかもカメが海藻を食べるところや水面に浮上して呼吸するところ、岩の陰で休憩するところなどをじっくり観察することができた!!これにはゲストのお2人も、もちろん大喜び。ダイビング終了後もカメの話題で持ちきりでした。いや~良かった~。

特にカメが肉食獣の様に海藻をちぎって食べるところが良かった。カメが前足を不器用に使うその姿に水中で爆笑。3人とも思わず水中で吹き出していた(笑)

明日は海がもう少し時化ると予想されるので潜れるかどうかは微妙なところ。でも一湊湾内なら大丈夫かな??明日もカメをじっくり観察しましょうね~(笑)

※写真は以前に撮ったものです。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-05 21:20 | 一湊タンク下
2009年 08月 04日

楽しい講習!?

【ポイント】  クレーン下   【 天気 】  晴れ   【 風 】 北東の風
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  大潮①

b0186442_21135416.jpg


台風8号が迫ってきていますが今日の一湊湾内は穏やかでまだ影響はありませんでした。天気は終日良く、太陽が憎らしいほど暑かったです。海もそのお陰で明るくキラキラしていて気持ちが良い!

そんな中、屋久島ダイビングライフ初となるOW講習!!こんな綺麗な海での講習をするのは初めてだったのであまりの快適さにビックリ。透明度2mで5人の講習とかやっていた伊豆が懐かしい、、、。(一番悪いときの話です)良くやってたな~。そんな記憶があるので今日の講習は楽々!そして楽しい!海が明るすぎる!!マスク脱着のお手本でマスクを外しても周りがキラキラしているから全然ストレスを感じない。むしろ気持ち良いくらいだ。
そんなこともあってか講習生の2人も課題を次々とクリアーしていった。学科をほぼ何も勉強して来ない2人に最初は焦ったけど(勉強してって散々言ったのに!)海の方はかなり優秀でした!
そしてこれもあまり経験のないリアクションでしたが「うわ~今日ホント楽しかった~」って。ええ~講習ってそんなに楽しめるんだ!講習は頑張ってやるものだとばかり思っていたけど屋久島では普通に講習するだけで楽しめるみたいです。2,3日目も楽しみましょうね~。

仕事が終わってから夕方に最近気になってしょうがないオヤビッチャを撮りにいって来ました!オヤビッチャは随分と前からだけど産卵期に入っていて体色の青が物凄く濃くなっている。よ~しと思ってカメラを向けた時にストロボの電池が入ってないことに気が付いちゃった。。。やけにカメラが軽かったのはそのせいか、、、。

そんな訳で今日は夕日と海を撮ってみた。そしてここが今日の講習場所でした~。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-04 21:49 | クレーン下
2009年 08月 03日

ゼロ戦が熱い!!

【ポイント】  クレーン下 / ゼロ戦   【 天気 】  晴れ
【 水温 】  28℃  【透明度 】  30m  【 潮 】  中潮②

b0186442_18524818.jpg
アザハタと小魚の群れ

ゼロ戦の魚影が凄い!今日も流れが少しあったせいもあってか密度も数もとにかく凄い!ゼロ戦をクロホシイシモチの幼魚が覆い隠し、上層部ではクロホシイシモチの大人やケラマハナダイが舞っている。小魚を良く見てみるとキンメモドキやフタイロハナゴイやアオスジテンジクダイ、アオハナテンジクダイなどが見られる。ゼロ戦の周りではエソがミサイルの様に砂地に並んでいる。隙を伺って小魚を食うつもりなのだろう。群れの全体を眺めていると突然小魚が四方に散り、間から大きなアザハタが出てくる。

水深は20mとちょっと深めなので長居はできないけどダイコンの許す限り見惚れてしまった。ここに来るとあまりの群れにちょっとした興奮状態になってしまって写真が落ち着いて撮れない。。。それが困ったところだ。ケラマハナダイが激しく求愛をしていたのでそっちもじっくりと観察したかったけど気が散漫でダメだった。



b0186442_18531364.jpgb0186442_18532285.jpg
ゼロ戦を取り囲む小魚 / ウツボ

帰りがけに屋久島では珍しいtheウツボを発見!!伊豆では超普通種でどこへ行っても砂地にボテッとふてぶてしく鎮座しているウツボ。だけど屋久島ではそんな不遜な輩は少なくどの種類のウツボも奥ゆかしく岩陰でひっそりと暮らしている。屋久島のウツボは品がいいな~と思っていたけど今日は久しぶりにふてぶてしいウツボがいた。屋久島に来てからこんな光景を見るのは初めてだったので喜んで近づいていくとやはりそれはtheウツボだった。theウツボはどこへ行ってもふてぶてしい性格なのだろう。


それはともかく久しぶりのウツボの対面が嬉しかった。そしてあまりの喜びで我を忘れてエア切れ寸前だった。。。

海は毎日違った出会いがあるから楽しいですね。

屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-03 19:15 | ゼロ戦・漁礁
2009年 08月 02日

ドラゴンボート!!

【ポイント】  宮之浦川   【 天気 】  晴れ
【 水温 】  28℃  【透明度 】  5~10m  【 潮 】  中潮①

b0186442_2305842.jpg

今日はお店はお休みです!お店を休んで女の子の踊り(お尻?)を見てました~(笑)

b0186442_2313140.jpgb0186442_2315130.jpg

今日は屋久島の東京、宮之浦でお祭りがありました。昼には屋久島全島でのドラゴンボート大会!!地区対抗戦で出場してきて見事3位に入賞!!!慣れないボート漕ぎで腕がパンパン、腰も痛い。。。ボートってこんなに大変なんですね。腕しか使っていないのにボートから降りると足までガクガクしてました。体を鍛えなきゃ!

夜はお祭りに参加して焼酎を飲んだり、太鼓の演奏を聴いたり、フラダンスを見たり、花火をみたりしました。久しぶりのお祭りでしたがやっぱり楽しいですね~。特に金魚すくいは見るだけで気分が盛り上がってしまいました。

それではまた明日!!

ってこれじゃタダの日記じゃん!!



b0186442_2321192.jpgb0186442_2324176.jpg
タテジマヨコバサミ / スジミゾイサキ

朝にはドラゴンボートの下見を兼ねて宮之浦川の汽水で潜ってきました。透明度は5m~10mとかなり悪い!この感覚は久しぶりですね。でも嫌いじゃないです。しかし表層付近には多少魚がいるものの水底(川底)には小さなハゼが少しいた程度で何にもいない。。。
20分くらい水底でウロウロしていたけど大した成果もなく浅場に戻りました。そこではじめて見る汽水域のヤドカリ、タテジマヨコバサミに出会い激写!良く見ると近くには、うじゃうじゃいた。その他には屋久島ではヨスジ漁礁以外では見たことのないスジミゾイサキが30~40匹の群れをつくって泳いでいたのに驚いた。あとはオオウミウマがいたり、サラサハゼがいたりハナミノカサゴがいたりだった。今回の調査では、この場所はちょっと薄い。という印象だったがまた潜って調査してみようとも思う。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-02 23:30 |
2009年 08月 01日

ヤツシハゼ属の1種

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  曇り
【 水温 】  28℃  【透明度 】  25~30m  【 潮 】  若潮


b0186442_2128026.jpg
ヤツシハゼ属の1種(6)

シマオリハゼも綺麗だけどこのヤツシハゼ属の1種も凄い綺麗!!良く見ると実に繊細な模様と色合いをしています。ニセオニテッポウエビと共生していました。

今日も海は穏やかでした。天気は曇りがちでしたが陽射しが弱い分過ごしやすく快適なダイビングができました。透明度は昨日よりやや悪く20m程度、でも水温は28℃と変わりなく温かかったです。


b0186442_21282267.jpgb0186442_21283856.jpg
アラレフグ / コロダイ幼魚かな?

アラレフグはテーブルサンゴの下でジッとしていたのでゆっくり近づいて長いこと観察させてもらいました。ホンソメワケベラにクリーニングされているときの気持ち良さそうな顔が微笑ましかった。
残タンで潜った元浦では初めて見るツチホゼリがヒット!唇に縫ったような模様がある面白い魚です。あとはシロオビハゼや写真の極小サイズのコロダイ(3~4mm)なんかが見れました。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-08-01 21:47 | 一湊タンク下
2009年 07月 31日

小魚爆発!

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦   【 天気 】  晴れ
【 水温 】  28℃  【透明度 】  25~30m  【 潮 】  長潮

b0186442_2115113.jpg
ウロコマツカサ

1週間くらい前からゼロ戦の周りに群がる小魚の量がハンパじゃな!!群れすぎていてゼロ戦が外からは確認できないほどだ。見ている分には楽しかったけど写真を撮るのには大変そうだった。ホワイトソックスやアカシマシラヒゲエビを撮るにはまず小魚を脅かして散らしてからじゃないとダメ。とにかく凄い密度だ!!その代わりに漁礁に群れていた小魚たちは寂しいばかりに減少している。これって移動したのだろうか?漁礁の小魚たちは5月の中ごろに爆発的に増殖して一時は漁礁を覆い尽くしていたが今ではそれが懐かしい。漁礁での魚の密度が減るに従い身の危険を感じた小魚たちがゼロ戦まで移動した??ん~どうでしょう。まあいずれにしても今ゼロ戦で群れている小魚たち(大半がクロホシイシモチ)もどんどん少なくなっていくことだろう。

なぜならゼロ戦の周りには何十匹のエソ達がロケット発射台を彷彿させる姿で砂地にうずくまっていた。


今日は時より晴れ間が射し込んだものの基本的には曇り。でも海の中は青い!!透明度は30mくらいかな。水温も安定して28℃あったので実に快適な海だった。

屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-31 21:38 | ゼロ戦・漁礁
2009年 07月 30日

うんこレア!?

【ポイント】  元浦 / 一湊タンク下    【 天気 】  晴れ
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮③

b0186442_1946486.jpg
ナンヨウツバメウオ

昨日も更新をサボってしまった。理由はもちろん飲みのお誘い、、、。すいません(泣)
でももう昨日のことは忘れましょう!いい海でした。

さて今日は久しぶりの晴れ!!皆既日蝕以来ウダウダした天気が続いていたけど今日は終日晴れで海がキラキラしていました。そんななか全員男の野郎組みで体験&ファンダイブ!!女の子とキャピキャピ潜るのも楽しいけど(笑)野郎だけでワイワイ潜るもの楽しいですね!

体験ダイビングは一人がなんと水恐怖症!!なんじゃそりゃ!?なんでダイビングするんだろう。そして僕がそれを知ったのは海に入ってから!お願いだからもっと早く教えてください!!それでも何とか海に潜っていろんなお魚達を見て上がって来ると、開口一番に「生きて帰ってきた~!!」ええ~そんな命がけで潜ってたんですか!?(もちろん安全第一で潜りました)そしていや~興奮した~エキサイティングだわ~とアドレナリンが出まっくっているご様子(笑)最終的には今までの海遊びの中で一番楽しかったよ~、とのお言葉をもらったので一安心ですが、ちょっとビックリしました。


写真はタンク下で3日ほど前から継続して見られているナンヨウツバメウオの幼魚。水面近くを漂う枯葉のようでした。



b0186442_1946544.jpgb0186442_1947771.jpg
コガラシエビ / ビシャモンエビ
コガラシエビは人生2度目の出会い!初めて会ったのは7~8年前の大瀬崎外海。先輩の東さんが案内してくれて見せてもらったけどその時はふ~んとしか思わなかった。でもなんで覚えているかといえば東さんがクエストに「うんこレア!!」と書いたから。う、うんこレア!!?
そりゃ~凄いに違いない!!と必死で見たことを今さっき思い出しました。。。確かに大瀬では激レアに違いない、それでも、うんこレアっていまだかつてない斬新な表現ですね。取り入れようかな(笑)

ちなみに屋久島では見る機会は少ないけどそこそこの数はいるようです。ビシャモンエビも屋久島では初めて見たけどこいつは伊豆にいるビシャモンとは違う種類じゃないか、と思うほど厳つかった。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-30 20:22 | 一湊タンク下
2009年 07月 28日

屋久島の貴重な砂泥

【ポイント】  一湊タンク下    【 天気 】  曇り
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  小潮①

b0186442_16153640.jpg
シマオリハゼ
メインポイントの一湊タンク下は一昔前まではサラッサラの砂地だったらしいのだが近年泥化が進んでいるんじゃないかと言われている。そういわれて海を良く見渡してみるとタンク下の防波堤付近だけ砂質が他と違う。防波堤ができたのが40年くらい前?戦後と聞いている。泥化の原因があるならばほぼ間違いなくこの防波堤だろう。それから徐々に泥が堆積していると想像することができる。
泥化なんて聞くとえ~、、、。と思ってしまうのが普通だろうけどちょっと怪しいダイバー達にとっては泥こそダイビングの醍醐味の一つだ、くらいに思っているはずだ。そしてもちろん僕もその一人で人為的な影響で海が変わるのは嫌だけどタンク下の泥化を密かに喜んでいる節もある。。。少し前になるけどジュウイチトゲコブシガニの抜け殻まであったほどだ!甲殻類好きにはたまらない発見である。その他インドアカタチなんかも見られたし、ヤツシハゼ属の1種は良く見られる。写真のシマオリハゼもその一つだ。
屋久島は島がまん丸いから泥地はほぼないに等しい。あるとしたら漁港くらいだ。しかし漁港に潜るのはなかなか難しい。だからタンク下の微妙な砂泥は泥地に棲む生物達にとってのちょっとしたオアシスなのかもしれない。


あっ今日は元浦での体験ダイビングでした~。



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-28 16:35 | 一湊タンク下
2009年 07月 27日

ジョーフィッシュのハッチアウト!!

【ポイント】   一湊タンク下 / ゼロ戦    【 天気 】  曇り
【 水温 】  26~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮④

b0186442_20401242.jpg
カエルアマダイ(ジョーフィッシュ)

遂にハッチアウト!!やっと見れた~!!!
今日はまさかの4時起き!!4時起きなんて縄文杉を見に行く酔狂な人々のやることだ、とばかり思っていたけど起きてしまった。
辺りは真っ暗。天気が良いのか星空がきれいに見えている。遠くから鶏の鳴き声が聞こえてくるので夜明けが近いことは分かる。でも辺りはまだ真っ暗。これを果して早朝ダイブと呼んでいいものか。

夜明け頃ハッチアウトするらしいジョー君のために今日は頑張った。だってどうしても見たい!!そして撮りたい!!ジョーのハッチアウトを撮るじょ~っ!!と朝から心の中で寒いギャグで盛り上がる。。。ちなみに夜明けは今日の夜明けは5時30分頃。

ジョーの下にたどり着いたのは4時50分。巣穴は小石で蓋がされていたものの下からは辺りの様子を伺うジョーが確認できた。程なくして顔を覗かせた。

見守ること15分。辺りはほんのり明るくなり始めていた。観察を続けるも普段と変わりはなくちょっと不安になる。そして嫌なことに浮遊している餌?を食べはじめた!ああ、、こりゃダメだ。。。
そう思った頃に巣穴の奥に隠されている卵を咥えた!!

b0186442_20561827.jpgb0186442_2056312.jpg


それからは早かった。卵を口の外に出したり戻したりを数回繰り返すといよいよハッチアウト!時間は5時10分。巣穴から体をにゅ~っと乗り出して「ぶわ~」「ぶわ~」って子等を大海へ解き放つ。

b0186442_2153987.jpgb0186442_21104775.jpg


なんとも感動的なシーンだ。いったいこの瞬間を見るためにどれくらいジョーを観察してきたことか。下調べも結構行ったのでほとんどは予定通りだったけど一つ誤算があった。それは体をにゅ~っと巣穴から乗り出すこと。これは、、、酷い!!いつも顔だけしか出してないくせに~!!お陰で上手く写真に切りとれなかった。悔しい~。
でもこれだけ見事なハッチアウトが見れたので大満足だ!!ハッチアウトは時間にして1分程度一瞬のドラマだったけど、これだけで2,3日はルンルンで暮らせそうなくらい感動的だった!いや~良かった。ハッチアウトを終えた頃には卵を包んでいた皮だけが残った。また近くにはメスと思われる個体もいた。まだ産卵行われるかな~?またみた~い!!結局ハッチアウトをみてもジョーからは眼が離せない。

気が付くとあたりは随分と明るくなっていて、そのまま水中で夜明けを迎えた。ただでさえ気持ちのいい朝日が今日は格段に気持ちよかった。海って良いな~。


で、長~い早朝ダイブを終えてからいつもと同じ一日が始まった。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-27 21:20 | 一湊タンク下
2009年 07月 26日

ハッチアウトだ!ジョー。。。

【ポイント】   一湊タンク下     【 天気 】  雨
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮③

b0186442_1775745.jpg
カエルアマダイ

定期的にチェックしているジョーの卵がいい感じに熟成してきている。写真には1枚しか撮れなくて精細さに欠けるので判断に迷うがハッチアウトは近いだろう!!栄養を貯めこんでいる黄色の袋がほとんど見えないことが理由だ。しかし前回ハッチアウトしたであろう日から10日も経っていないのに、産卵を終えてハッチアウトまでするのだろうか?ちょっと早い気もするけど明日は早朝頑張っちゃおうかな~。
あっでも今日飲み会だ。。。。明日は昼からガイドもあるし。。。
しかもジョーの出があまり良くないので気合が入りきらない。でも、見たい!!

日蝕以来天気は良くない。今日は雨が降っていることが多かった。海の中は光が足りないのでちょっと暗い感じだ。

b0186442_17291244.jpgb0186442_1729231.jpg
ツキノワイトヒキベラ / オイランヨウジ
チェックダイブではタンク下の沖でクジャクベラやベニヒレイトヒキベラ、ツキノワイトヒキベラなどの求愛を観察するつもりだったけど、活性が低くくてほとんど期待しているようなシーンは見れなかった。時間がちょっと早すぎたか。。。
なが~い安全停止中にはヌノサラシの幼魚(3cmくらい)、オイランヨウジ幼魚(3~4cm)などが見られた。ヌノサラシの幼魚は2cmくらいだと金色の水玉模様が入っていてめちゃくちゃきれいなんだけど見たことがない。今日見れたのは大人とほぼ同じ模様だった。でもオイランヨウジの幼魚は初見!!ほっそいけどかわいかった~。岩の隙間に隠れたり出てきたり。もう少し撮りやすいと嬉しいんだけどそれでも十分楽しませてもらった。
6月辺りから幼魚ラッシュが始まっていてどんどん各種魚たちの幼魚が顔を見せはじめている。でも幼魚たちはなかなかシャイな性格なので見つけるのは以外と大変。個体数は多いはずなのに。でも大抵の幼魚が浅い水深で見られるのでじっくり探せばまだまだ出てくるかな!??



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-26 17:41 | 一湊タンク下
2009年 07月 25日

地形派に嬉しい西部!?

【ポイント】  永田灯台 / 永田灯台    【 天気 】  曇り
【 水温 】  28℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  中潮②

b0186442_22163232.jpg
ハナヒゲウツボ

今日はちょっと波があったけど西部の海に潜ってきました!空は終日曇り模様で水中はやや暗い感じもしたけど、陸では過ごしやすくて調度いい感じだった。透明度は北部に比べるといいもののそれでも20~25m程度でやや白濁っていた。

今日のゲストは経験本数が少なめだったので浅場でのんびりダイブ。しかも地形派な方が多かったので細かい生物はあんまり見せずにザックリと泳ぎ回った感じ。個人的には大した生物も見せていないし泳いで地形とちょっとした群れを楽しんだ程度だったので頑張った感は少なかったけど、ゲストはそんな感じが良かったのか喜んでくれていた。どうも傾向として関西から西側に住む人はザックリダイビングが好きで、関西から東側に住む人たちはネチネチダイビングが好きな人が多い気がする。

ちなみにうちの見せはネチネチ系!?だけどリクエストはザックリ系が多い。屋久島の客層は潜りこんでいるダイバーは少なく年に数回しか潜らないダイバーが多い、それも要因の一つだろう。


今日の群れものはツムブリの大群にニザダイとテングハギモドキ?の混成群隊!!イソマグロは子供が一匹通過した程度だった。北部に比べるとウミガメ遭遇率は低い気がするけど今日は間近で観察することができた。
気になったのはマダラタルミだかホホスジタルミの成魚!パンダ柄が好きな僕にとっては好きな魚の一つだけど屋久島ではあまり見かけない。じっくりと見ることができなかったのは残念だったけど存在することがわかって嬉しかった!幼魚に会いたいな~。

後はハナヒゲウツボやヤセアマダイ、クダゴンベ、クダヤギクモエビ、ハナゴンベ幼魚、ホシゾラワラエビ、ウミウシカクレエビ、ツバメウオ、ヒナギンポなどなどに会うことができた。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-25 22:30 | 西部
2009年 07月 24日

不明種だらけ。。。

【ポイント】  一湊タンク下 / 横瀬   【 天気 】  曇り
【 水温 】  28℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  中潮①

b0186442_13205881.jpg
オウギガニ属の1種
皆既日蝕も終わり平穏を取り戻しつつある屋久島。昨日までの西風も治まり北部の海は穏やかでした。今日は同業者の誘いもあり初めていく横瀬というポイントで潜ってきました。北部の海では一番ダイナミック!潮通しも良く群れものが多い。屋久島では、はじめて見るナンヨウハギがいてちょっと感動!沖縄で随分と前に見たよな~。そう言えばその時も潮通しのいい今日みたいな地形のところだった。ナンヨウハギってそんな魚なのかな?屋久島ではあまりない小さな洞窟なんかもあって地形派にはいいところだ!でも潮通しが良くダイナミックなだけに潜り込まないと安心できない。

ちなみに今日は地形調査だったので写真は全て昨日のタンク下で撮ったものです。

b0186442_13213865.jpgb0186442_13245452.jpg
オオメハゼ / アワセイソハゼ属の1種?

ここからは昨日のログ、、、。

ぼちぼちハゼの勉強をするかと、はじめたはいいけど全然分からん。参考にするのはやはり「日本のハゼ」
このガイドブックを見ればハゼの奥深さがすぐに分かると同時にやる気を削がれる。なんで日本にこんなにハゼがいるんだろう、、、。恨めしくなってしまう。でも図鑑を眺めれば眺めるだけこいつに会いたい!!ってハゼがでてくる。やっぱ気合しかないですね。

で今回のハゼはネットと図鑑を駆使して調べたけどいまいち分からなかった。
写真左はオオメハゼだと思うけどちょっと色合いが気になる。画像でよ~く確認すると背びれの付け根に黄色い斑点があった。斑紋も全体的に黄色が強い。


b0186442_13254626.jpgb0186442_13261047.jpg


屋久島ではオトヒメエビは超普通種。伊豆でも結構いたけど屋久島では必ずといっていいほどペアでみられるし亀裂の奥、ではなくて、岩の表で見ることができる!これは被写体としては使える!あまりにも普通にいるから誰も見向きもしないけど超普通種こそ撮るべき生物だ。あとは謎のツノガニもいた。ハゼも未記載種が多いけど甲殻類はもっと多い。きっと調査すれば新種なんて結構いるだろう。石めくりで見つかる甲殻類はことごとく名前が分からない、、、。でもそのつど学者さんに聞くってのも骨が折れるし、それほどまでに斬新的な甲殻類はなかなかでてこないのだ。

いや~海の世界は分からないことだらけだ。ってかもっと勉強しなきゃ。。。


屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-24 14:06 | 一湊タンク下
2009年 07月 22日

皆既日蝕!?

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  曇り時々雨 
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  大潮②

b0186442_2361850.jpg
オオメハゼ

今日は皆既日蝕。梅雨の時期から全然雨の降っていない屋久島、7月に入ってからはほぼ全て真夏日。暑すぎてどうにかなってしまいそうな日がず~~っと続いていたのに、よりによって今日は厚~い雲に覆われていた。これが屋久島だけでなく完全な皆既日蝕の見れる他の悪石島や奄美などでもそうだったらしい。皆既日蝕を見るために仕事を辞めた人や海外から駆けつけた人もいるのに。。。ちょっと残念。
肉眼で太陽が隠れていくところは見えなかったものの辺りが暗くなっていくところは見れたからまあ良しとしましょう。

海のほうは前線の影響で少し時化ていたし西の風で一湊湾内にもウネリが入っていた。透明度もやや悪く20m程度でした。

そして今日の狙いはハゼ!!それも今まで一番不得意としていたベニハゼ!不得意というよりも避けていた。イソハゼもベニハゼも同じ様な体色だし小さいし特に興味を引くことは今までなかったけど、屋久島に来るゲストはそういったものが好きな人が多い。伊豆ではハゼといえばミジンベニハゼかネジリンボーくらいなので全然勉強していなかったけどこれはさすがにまずい。。。
そんな訳で今日は一日ハゼガイドブックと睨めっこしていた。


b0186442_2365845.jpgb0186442_2371546.jpg
ヒメニラミベニハゼ / イソハゼ属の1種-4


写真左はちょっと前までシャープアイ・ドワーフ・ゴビーなんて呼ばれていたし結構人気がある。しかしなんでこの魚が人気があるのか、いまいち理解できない。これはハゼビギナーの証拠だろうか、、、。シマイソハゼの方が間違いなく魅力的だ!

今日は浅場を中心に見てまわってシマオリハゼ、ヒメダテハゼ、オオメハゼ、シマイソハゼ、ヒメニラミベニハゼ、ベンケイハゼなどなどが見られた。

ダイビング中ずっと小さいハゼを眺めていたら、ヤドカリ好きな人の方がよっぽどまともなダイバーなのではないか!?と思ってしまった。ハゼは奥が深そうです。


当面はハゼ勉強になりそうだ。



屋久島ダイビングライフ 【Home】
[PR]

# by yakuumi | 2009-07-22 23:52 | 一湊タンク下