屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 28日

屋久島の貴重な砂泥

【ポイント】  一湊タンク下    【 天気 】  曇り
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  小潮①

b0186442_16153640.jpg
シマオリハゼ
メインポイントの一湊タンク下は一昔前まではサラッサラの砂地だったらしいのだが近年泥化が進んでいるんじゃないかと言われている。そういわれて海を良く見渡してみるとタンク下の防波堤付近だけ砂質が他と違う。防波堤ができたのが40年くらい前?戦後と聞いている。泥化の原因があるならばほぼ間違いなくこの防波堤だろう。それから徐々に泥が堆積していると想像することができる。
泥化なんて聞くとえ~、、、。と思ってしまうのが普通だろうけどちょっと怪しいダイバー達にとっては泥こそダイビングの醍醐味の一つだ、くらいに思っているはずだ。そしてもちろん僕もその一人で人為的な影響で海が変わるのは嫌だけどタンク下の泥化を密かに喜んでいる節もある。。。少し前になるけどジュウイチトゲコブシガニの抜け殻まであったほどだ!甲殻類好きにはたまらない発見である。その他インドアカタチなんかも見られたし、ヤツシハゼ属の1種は良く見られる。写真のシマオリハゼもその一つだ。
屋久島は島がまん丸いから泥地はほぼないに等しい。あるとしたら漁港くらいだ。しかし漁港に潜るのはなかなか難しい。だからタンク下の微妙な砂泥は泥地に棲む生物達にとってのちょっとしたオアシスなのかもしれない。


あっ今日は元浦での体験ダイビングでした~。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-28 16:35 | 一湊タンク下
2009年 07月 27日

ジョーフィッシュのハッチアウト!!

【ポイント】   一湊タンク下 / ゼロ戦    【 天気 】  曇り
【 水温 】  26~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮④

b0186442_20401242.jpg
カエルアマダイ(ジョーフィッシュ)

遂にハッチアウト!!やっと見れた~!!!
今日はまさかの4時起き!!4時起きなんて縄文杉を見に行く酔狂な人々のやることだ、とばかり思っていたけど起きてしまった。
辺りは真っ暗。天気が良いのか星空がきれいに見えている。遠くから鶏の鳴き声が聞こえてくるので夜明けが近いことは分かる。でも辺りはまだ真っ暗。これを果して早朝ダイブと呼んでいいものか。

夜明け頃ハッチアウトするらしいジョー君のために今日は頑張った。だってどうしても見たい!!そして撮りたい!!ジョーのハッチアウトを撮るじょ~っ!!と朝から心の中で寒いギャグで盛り上がる。。。ちなみに夜明けは今日の夜明けは5時30分頃。

ジョーの下にたどり着いたのは4時50分。巣穴は小石で蓋がされていたものの下からは辺りの様子を伺うジョーが確認できた。程なくして顔を覗かせた。

見守ること15分。辺りはほんのり明るくなり始めていた。観察を続けるも普段と変わりはなくちょっと不安になる。そして嫌なことに浮遊している餌?を食べはじめた!ああ、、こりゃダメだ。。。
そう思った頃に巣穴の奥に隠されている卵を咥えた!!

b0186442_20561827.jpgb0186442_2056312.jpg


それからは早かった。卵を口の外に出したり戻したりを数回繰り返すといよいよハッチアウト!時間は5時10分。巣穴から体をにゅ~っと乗り出して「ぶわ~」「ぶわ~」って子等を大海へ解き放つ。

b0186442_2153987.jpgb0186442_21104775.jpg


なんとも感動的なシーンだ。いったいこの瞬間を見るためにどれくらいジョーを観察してきたことか。下調べも結構行ったのでほとんどは予定通りだったけど一つ誤算があった。それは体をにゅ~っと巣穴から乗り出すこと。これは、、、酷い!!いつも顔だけしか出してないくせに~!!お陰で上手く写真に切りとれなかった。悔しい~。
でもこれだけ見事なハッチアウトが見れたので大満足だ!!ハッチアウトは時間にして1分程度一瞬のドラマだったけど、これだけで2,3日はルンルンで暮らせそうなくらい感動的だった!いや~良かった。ハッチアウトを終えた頃には卵を包んでいた皮だけが残った。また近くにはメスと思われる個体もいた。まだ産卵行われるかな~?またみた~い!!結局ハッチアウトをみてもジョーからは眼が離せない。

気が付くとあたりは随分と明るくなっていて、そのまま水中で夜明けを迎えた。ただでさえ気持ちのいい朝日が今日は格段に気持ちよかった。海って良いな~。


で、長~い早朝ダイブを終えてからいつもと同じ一日が始まった。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-27 21:20 | 一湊タンク下
2009年 07月 26日

ハッチアウトだ!ジョー。。。

【ポイント】   一湊タンク下     【 天気 】  雨
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  中潮③

b0186442_1775745.jpg
カエルアマダイ

定期的にチェックしているジョーの卵がいい感じに熟成してきている。写真には1枚しか撮れなくて精細さに欠けるので判断に迷うがハッチアウトは近いだろう!!栄養を貯めこんでいる黄色の袋がほとんど見えないことが理由だ。しかし前回ハッチアウトしたであろう日から10日も経っていないのに、産卵を終えてハッチアウトまでするのだろうか?ちょっと早い気もするけど明日は早朝頑張っちゃおうかな~。
あっでも今日飲み会だ。。。。明日は昼からガイドもあるし。。。
しかもジョーの出があまり良くないので気合が入りきらない。でも、見たい!!

日蝕以来天気は良くない。今日は雨が降っていることが多かった。海の中は光が足りないのでちょっと暗い感じだ。

b0186442_17291244.jpgb0186442_1729231.jpg
ツキノワイトヒキベラ / オイランヨウジ
チェックダイブではタンク下の沖でクジャクベラやベニヒレイトヒキベラ、ツキノワイトヒキベラなどの求愛を観察するつもりだったけど、活性が低くくてほとんど期待しているようなシーンは見れなかった。時間がちょっと早すぎたか。。。
なが~い安全停止中にはヌノサラシの幼魚(3cmくらい)、オイランヨウジ幼魚(3~4cm)などが見られた。ヌノサラシの幼魚は2cmくらいだと金色の水玉模様が入っていてめちゃくちゃきれいなんだけど見たことがない。今日見れたのは大人とほぼ同じ模様だった。でもオイランヨウジの幼魚は初見!!ほっそいけどかわいかった~。岩の隙間に隠れたり出てきたり。もう少し撮りやすいと嬉しいんだけどそれでも十分楽しませてもらった。
6月辺りから幼魚ラッシュが始まっていてどんどん各種魚たちの幼魚が顔を見せはじめている。でも幼魚たちはなかなかシャイな性格なので見つけるのは以外と大変。個体数は多いはずなのに。でも大抵の幼魚が浅い水深で見られるのでじっくり探せばまだまだ出てくるかな!??



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-26 17:41 | 一湊タンク下
2009年 07月 25日

地形派に嬉しい西部!?

【ポイント】  永田灯台 / 永田灯台    【 天気 】  曇り
【 水温 】  28℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  中潮②

b0186442_22163232.jpg
ハナヒゲウツボ

今日はちょっと波があったけど西部の海に潜ってきました!空は終日曇り模様で水中はやや暗い感じもしたけど、陸では過ごしやすくて調度いい感じだった。透明度は北部に比べるといいもののそれでも20~25m程度でやや白濁っていた。

今日のゲストは経験本数が少なめだったので浅場でのんびりダイブ。しかも地形派な方が多かったので細かい生物はあんまり見せずにザックリと泳ぎ回った感じ。個人的には大した生物も見せていないし泳いで地形とちょっとした群れを楽しんだ程度だったので頑張った感は少なかったけど、ゲストはそんな感じが良かったのか喜んでくれていた。どうも傾向として関西から西側に住む人はザックリダイビングが好きで、関西から東側に住む人たちはネチネチダイビングが好きな人が多い気がする。

ちなみにうちの見せはネチネチ系!?だけどリクエストはザックリ系が多い。屋久島の客層は潜りこんでいるダイバーは少なく年に数回しか潜らないダイバーが多い、それも要因の一つだろう。


今日の群れものはツムブリの大群にニザダイとテングハギモドキ?の混成群隊!!イソマグロは子供が一匹通過した程度だった。北部に比べるとウミガメ遭遇率は低い気がするけど今日は間近で観察することができた。
気になったのはマダラタルミだかホホスジタルミの成魚!パンダ柄が好きな僕にとっては好きな魚の一つだけど屋久島ではあまり見かけない。じっくりと見ることができなかったのは残念だったけど存在することがわかって嬉しかった!幼魚に会いたいな~。

後はハナヒゲウツボやヤセアマダイ、クダゴンベ、クダヤギクモエビ、ハナゴンベ幼魚、ホシゾラワラエビ、ウミウシカクレエビ、ツバメウオ、ヒナギンポなどなどに会うことができた。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-25 22:30 | 西部
2009年 07月 24日

不明種だらけ。。。

【ポイント】  一湊タンク下 / 横瀬   【 天気 】  曇り
【 水温 】  28℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  中潮①

b0186442_13205881.jpg
オウギガニ属の1種
皆既日蝕も終わり平穏を取り戻しつつある屋久島。昨日までの西風も治まり北部の海は穏やかでした。今日は同業者の誘いもあり初めていく横瀬というポイントで潜ってきました。北部の海では一番ダイナミック!潮通しも良く群れものが多い。屋久島では、はじめて見るナンヨウハギがいてちょっと感動!沖縄で随分と前に見たよな~。そう言えばその時も潮通しのいい今日みたいな地形のところだった。ナンヨウハギってそんな魚なのかな?屋久島ではあまりない小さな洞窟なんかもあって地形派にはいいところだ!でも潮通しが良くダイナミックなだけに潜り込まないと安心できない。

ちなみに今日は地形調査だったので写真は全て昨日のタンク下で撮ったものです。

b0186442_13213865.jpgb0186442_13245452.jpg
オオメハゼ / アワセイソハゼ属の1種?

ここからは昨日のログ、、、。

ぼちぼちハゼの勉強をするかと、はじめたはいいけど全然分からん。参考にするのはやはり「日本のハゼ」
このガイドブックを見ればハゼの奥深さがすぐに分かると同時にやる気を削がれる。なんで日本にこんなにハゼがいるんだろう、、、。恨めしくなってしまう。でも図鑑を眺めれば眺めるだけこいつに会いたい!!ってハゼがでてくる。やっぱ気合しかないですね。

で今回のハゼはネットと図鑑を駆使して調べたけどいまいち分からなかった。
写真左はオオメハゼだと思うけどちょっと色合いが気になる。画像でよ~く確認すると背びれの付け根に黄色い斑点があった。斑紋も全体的に黄色が強い。


b0186442_13254626.jpgb0186442_13261047.jpg


屋久島ではオトヒメエビは超普通種。伊豆でも結構いたけど屋久島では必ずといっていいほどペアでみられるし亀裂の奥、ではなくて、岩の表で見ることができる!これは被写体としては使える!あまりにも普通にいるから誰も見向きもしないけど超普通種こそ撮るべき生物だ。あとは謎のツノガニもいた。ハゼも未記載種が多いけど甲殻類はもっと多い。きっと調査すれば新種なんて結構いるだろう。石めくりで見つかる甲殻類はことごとく名前が分からない、、、。でもそのつど学者さんに聞くってのも骨が折れるし、それほどまでに斬新的な甲殻類はなかなかでてこないのだ。

いや~海の世界は分からないことだらけだ。ってかもっと勉強しなきゃ。。。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-24 14:06 | 一湊タンク下
2009年 07月 22日

皆既日蝕!?

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  曇り時々雨 
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20m  【 潮 】  大潮②

b0186442_2361850.jpg
オオメハゼ

今日は皆既日蝕。梅雨の時期から全然雨の降っていない屋久島、7月に入ってからはほぼ全て真夏日。暑すぎてどうにかなってしまいそうな日がず~~っと続いていたのに、よりによって今日は厚~い雲に覆われていた。これが屋久島だけでなく完全な皆既日蝕の見れる他の悪石島や奄美などでもそうだったらしい。皆既日蝕を見るために仕事を辞めた人や海外から駆けつけた人もいるのに。。。ちょっと残念。
肉眼で太陽が隠れていくところは見えなかったものの辺りが暗くなっていくところは見れたからまあ良しとしましょう。

海のほうは前線の影響で少し時化ていたし西の風で一湊湾内にもウネリが入っていた。透明度もやや悪く20m程度でした。

そして今日の狙いはハゼ!!それも今まで一番不得意としていたベニハゼ!不得意というよりも避けていた。イソハゼもベニハゼも同じ様な体色だし小さいし特に興味を引くことは今までなかったけど、屋久島に来るゲストはそういったものが好きな人が多い。伊豆ではハゼといえばミジンベニハゼかネジリンボーくらいなので全然勉強していなかったけどこれはさすがにまずい。。。
そんな訳で今日は一日ハゼガイドブックと睨めっこしていた。


b0186442_2365845.jpgb0186442_2371546.jpg
ヒメニラミベニハゼ / イソハゼ属の1種-4


写真左はちょっと前までシャープアイ・ドワーフ・ゴビーなんて呼ばれていたし結構人気がある。しかしなんでこの魚が人気があるのか、いまいち理解できない。これはハゼビギナーの証拠だろうか、、、。シマイソハゼの方が間違いなく魅力的だ!

今日は浅場を中心に見てまわってシマオリハゼ、ヒメダテハゼ、オオメハゼ、シマイソハゼ、ヒメニラミベニハゼ、ベンケイハゼなどなどが見られた。

ダイビング中ずっと小さいハゼを眺めていたら、ヤドカリ好きな人の方がよっぽどまともなダイバーなのではないか!?と思ってしまった。ハゼは奥が深そうです。


当面はハゼ勉強になりそうだ。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-22 23:52 | 一湊タンク下
2009年 07月 20日

皆既日蝕まであと2日!

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ時々曇り 
【 水温 】  27~28℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  中潮②

b0186442_214522.jpg
シマイソハゼ

今日は北部でボート三昧!連日の刺すような陽射しは和らぎ過ごしやすい天気でした。水中では太陽が出ている方が絶対にいいけど休憩中はそれだとちょっと暑すぎる。でも明後日には皆既日蝕なのに天気は下り坂、、、。日蝕みれるの??

海は相変わらず暖かく水温は28℃近い!1時間ダイビングしていても誰一人として寒がることない。快適ですね~。しかしまだ黒潮が接岸していないみたいで透明度はやや白っぽくて20~30m。早く黒潮来ないかな~。そしたら季節来遊魚なんかももっと流れて来るかも。屋久島は南国ではあるけどちゃんと季節限定のさかな達が流れてきて海を盛り上げてくれる。これは沖縄とは違うところですね。

今日のゲストのリクエストは写真のシマイソハゼ!ベニハゼやイソハゼなどの小さい魚や岩の隙間や裏にいるハゼは今ひとつ調べるのに精が出ないけどシマイソハゼはちょっと別。あの柄とキュートな瞳は見たら撮らずにはいられません。そんな話で今日は盛り上がっていた。シマイソハゼはいるところには多くいるけど水深が2~3mの浅い岩場にいることが多いからボートダイブではちょっと厳しかったけどなんとか見せることができてよかった!でも写真にうまく納まらなかったみたいだから明日も探さなきゃ!?

他にはハッチアウトを3,4日前に終えたと思われるジョーあまたしても卵を咥えていた。思ったより産卵サイクルが早い!今度こそハッチアウトをみたいな~。でもこの個体はちょっとシャイだし咥えている卵がちょっと少なめだからテンションが上がりきらない。。。ひとまず観察を続けてみよう。


屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-20 21:26 | 一湊タンク下
2009年 07月 19日

すいません。。。

【ポイント】  永田灯台 / ヨスジ漁礁   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  中潮①

島の流れに身を任せていると呑みが多くて、、、海洋日記の更新ができない。。。
今日もサボりたくてたまらないけどせめて写真だけでも。。。

b0186442_23281861.jpg


昨日までは大瀬からのゲストKさんと2日間、今日は4日間海三昧のWさんとガッツリ潜ってきました!!
昨日は北部、今日は西部。共に3本ゴリゴリっと潜っちゃいました!!海況も良いし、天気も良いし、夏は最高です!

ちなみに今日のヒットはモンツキカエルウオ!人生初の対面だったので感動でした。こんど写真撮りにいこ~。

今日の写真は以前ゼロ戦近くで撮ったものです!

では。。。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-19 23:36 | 西部
2009年 07月 17日

皆既日蝕まであと5日!

【ポイント】  永田灯台 / 観音   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】  20~30m  【 潮 】  長潮

b0186442_22373572.jpg
ヒナギンポ

今日は西部でガッツリ3本潜ってきました!天気は相変わらず良く、降り注ぐ太陽が憎らしいほどです。まだ7月の半ばなのに肌はどんどん黒くなるばかり夏が終わる頃には闇に紛れられるかも!?とにかく暑~い。永田の港には休憩所がないからこの暑さを凌ぐのが大変なんだけど近くに小川があるのでそこで涼むのがいいかも!潮も落とせるし涼しいし、良いところだ。

海のほうは大物がやや不発。。。いつも調査で潜るときは大物が結構通るのに今日は何故か少ない。小ぶりなイソマグロとツムブリの群れがちょっと通過した程度だった。他のチームは結構当たったみたいなのが、また悔しい。

マクロではハナヒゲウツボがやたらと多くて6個体もいた!そのうち1匹は真っ黒バージョン!!あとはマクロネタにちょっと弱い観音でウミウシカクレエビonイシガキリュウグウウミウシ!!これは熱い!!屋久島では超普種のウミウシカクレエビだけどホストは全てナマコ。ウミウシに付いていたなんて話しすら聞いたことがなかったのでこれはいい発見だ!あ~写真に撮りた~い。。。。


皆既日食近いので屋久島には続々と観光客が押し寄せてきている!お陰でちょっとは忙しいのだ。でもさすがに22日の日蝕の日には潜る人がいない。

さて明日もゴリッと潜りますか~!!

屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-17 22:57 | 西部
2009年 07月 17日

サビウツボのペア

【ポイント】  ゼロ戦・漁礁 / 一湊タンク下   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮②

b0186442_0252247.jpg
サビウツボ

今日も海も陸も熱々な一日でした!
午前中はチェックダイブで午後からはゲストとタンク下へのんびりダイブ。
ゼロ戦漁礁では前に見たイロカエルアンコウが健在で水面下ではツバメウオが100匹弱で群れていました!ゼロ戦はただでさえ楽しいのにツバメの群れが見れたら最高です!!

午後にはフォト派ダイバーのKさんに、のんびりと浅場での撮影を楽しんでいただきました。ジョーフィッシュがたくさんにイロブダイ幼魚やアジアコショウダイ幼魚、カンザシヤドカリ、シマオリハゼ、ヤクシマカクレエビ、ヒレナガスズメダイ幼魚、キンチャクガニなどなどなどが見れました。

明日は西部でガッツリ潜りましょうね~。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-17 00:35 | ゼロ戦・漁礁
2009年 07月 15日

朝4時起き!!

【ポイント】  一湊タンク下   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  26~27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮②

b0186442_14433733.jpg

縄文杉に行くわけでもないのにこんなに早く起きてしまった。つくづく山のガイドさんは凄いな~と思います。お客さんとも良く話すけど僕には山は登れません。頑張って布引の滝かな。(徒歩1分)
水中では毎日同じところに潜っていても、違った出会いがたくさんあるから全く飽きることはない!やっぱ海はいいな~。

昨日の夕方潜ったときに久しぶりに卵をくわえたジョーフィッシュ(カエルアマダイ)を発見!卵をくわえてるシーンは一瞬しか見れなかったのであんまり自信はなかったけどそろそろハッチアウトしそうな雰囲気だった。

1ヶ月ほど前にかなりいい個体がいてハッチアウトを狙おうと思っていたのに気が付くと終わっていた。それ以来なかなかチャンスがなくて今年はもう無理かな~と諦めかけていただけに嬉しかった!

で、で、今日ハッチアウトかどうかなんて全然自信なかったけど一応狙ってみた。ジョーのハッチアウトは明け方らしい。なので日の出前に潜らないとダメなのだ!!つ、つらい。。。

b0186442_1449239.jpgb0186442_145035.jpg

浅場のジョー(黄色バージョン・たぶんメス) / 深場のジョー
結局早起きはしたけどジョーフィッシュのハッチアウトは見れなかった。そんな気配すらなかったし良く見ると卵にまだ黄色っぽい色を残していたのでもうすこし先だろう、、、。
変わりに久しぶりの深場のジョーがみれた!しかも浅場で!!前見た個体が復活してくれた~!!深場のジョーは浅場のジョーに比べて2倍は大きいので迫力満点!それに活きがいい!


b0186442_1513772.jpgb0186442_1515455.jpg
スミレヒメホンヤドカリ / ガンガゼエビ
お目当てのものは見れなかったけどやっぱ朝潜りは気持ち良いですね~。水中で迎える夜明けもなかなか乙な感じです。面白いものとしてはハナビラウツボの喧嘩が見れました!!ウツボの喧嘩はシーンはなかなか見ることができないシーンなのですがもしかして早朝がその時間なんだろうか??迫力がありましたが写真に納めることはできませんでした。

あとは日蝕週間にくるゲストのためにヤドカリチェック(えっ必要なし??)
それに巨大なガンガゼエビのペアなどをみました。ガンガゼカクレエビは伊豆で良く見ていたけどガンガゼエビは初めて認識しました。こんなでかいんだ。写真で見ると額角にトゲが一切なかったのでそれが見分けのポイントです。それにでかいことかな。

屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-15 15:29 | 一湊タンク下
2009年 07月 14日

101匹のツバメウオ!とツバメ飼い!

【ポイント】  お宮前 / ゼロ戦・漁礁   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  25~27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  小潮①

b0186442_21405795.jpg

数えてみたら101匹!!なんかいい数字。
って、そんな暇なことはしてないんですけどザッと数えて100匹オーバーです!

これはゼロ戦の安全停止中に見られました。多いときだと200匹なんて聞いていたのに全然群れを見たことがなく、いつもバラバラで20匹くらいしか見れてなかった。それが今日はこの数!!安全停止を終えてボートに上がろうとしたときに現れたから皆で大興奮!

これからの時季はゼロ戦の安全停止中にこんな群れが見れるかも!でも結構、運が必要なので日ごろの行いが大切です(笑)

一度近くまで来ていたツバメウオの群れが去ってしまって皆で見送っていると他店の某Hさんがスレートに「ツバメウオ連れてくるから待ってって!」と書置きして消えていった。
そんで1分も待っていると視界から消えたはずのツバメウオが塊でこちらに向かってくる、、、、。
ほんとに連れてきた!羊飼いならぬツバメ飼いだ。。。
途中から僕もツバメ飼い見習いとしてゲストの方までツバメを追い込んだ。
じっくり5分は観察できたんじゃないだろうか?いや~迫力あったな~。

今日はマンツーマンでボートダイビングだったので一日中のんびり。かなりハッピーなゲストでダイビングする前に海に飛び込んで、その時点から「今日ダイビングしてよかった~」って。
いやいやまだ潜ってないですって。。。まあとにかく楽しいダイビングでした。ありがとうございます!!

他のヒットとしてはイロカエルアンコウ!!いるらしいとは聞いていたけどホントにいた!!しかもでかい!!
カエル好きにはたまらないですね。しかも色合いも柄も極上だったので今度真剣勝負してこよっと!

b0186442_2274716.jpgb0186442_2281357.jpg
タコクラゲ / カエルアマダイ

漁港をふわふわ泳いでいたのを捕まえて撮らせてもらったタコクラゲ。癒し系のクラゲの中でも更に癒し系なクラゲでした!




屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-14 22:18 | ゼロ戦・漁礁
2009年 07月 13日

一日体験ダイビング!

【ポイント】  元浦   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  中潮④

b0186442_201575.jpg


今日も真夏日!暑い、暑すぎる。。。この陽射しの中ロクハンで陸上にいると3分であの世へいけそう。

そんな中で今日は若い女子達と一日体験ダイビングをしてきました!
昨日、11時間縄文杉まで行ってきたのに皆、元気全快!こちらも気合を入れて潜ってきました。

初めて潜る海の世界はどうだったでしょうか。
トロピカルフィッシュに囲まれて皆さん楽しんでいたように見えましたが!?
アカカマスの群れや巨大なアジ科の魚、ハリセンボン、大きなブダイ、ツユベラ幼魚やヤドカリ、ちょっと気持ち悪いけど迫力のあるオオイカリナマコなどなど、いろんな生物に出会えました。そんな中でも一番はやはりクマノミだったようです。
それにしても皆、上手かったな~特に2本目は体験ダイビングにもかかわらずほとんどサポート無しで泳いでたし!今日は一日ありがとうございました。
是非ライセンスを取得して、また遊びに来てくださいね!


あっ今日ネタチェックしてない、、、。
仕事の日はなかなかネタチェックで潜りにいけてないのが現状。
これを打破するにはやはり朝潜りか!?それとも夜潜りか!?
、、、どっちにしても、もっと潜らなきゃ。

屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-13 20:34 | 元浦
2009年 07月 12日

ヌシ

【ポイント】  ゼロ戦   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  中潮③

b0186442_18401346.jpg

今日も真夏日!!海は穏やかでダイビングにはもってこいの一日でした。

海に飛び込むと同時に表層付近にはツノクラゲがウヨウヨ!これは黒潮が近づいている前兆だろうか!?黒潮のヘリにはクラゲやサルパ類が溜まる傾向があるのでもうすぐ黒潮接岸か!?
なんていつもそう思って期待をするのに透明度が上がらないことが多い。ほどほどに期待しておきましょう。

今日は久しぶりのゼロ戦へ!ゼロ戦自体はパッチリーフのような環境なので生物層はあまり変化することはなく、それほどチェックが必要のないところ。だから今日はほぼ遊びだ(笑)

相変わらずゼロ戦にはクロホシイシモチやキンメモドキ、アオスジテンジクダイ、アオハナテンジクダイ、フタイロハナゴイ、ケラマハナダイなどが群がっていて、そこを主であるアザハタとドクウツボがデンと居座っている。

アザハタは3匹のうち1匹がお腹ポンポン。きっと産卵期なんだろうけどここに夕方潜りに行くのは結構大変。だからまだ産卵を見た人はいない。狙いたいな~。。。

b0186442_18534220.jpgb0186442_18535433.jpg


浅場ではヒレナガスズメダイの幼魚が目立つようになってきた。少し前までは小さすぎて写真にとれなかったけど今は撮りごろだ!


屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-12 19:04 | ゼロ戦・漁礁
2009年 07月 11日

マルハナガタサンゴの産卵

【ポイント】  一湊タンク下 / 永田灯台下   【 天気 】  晴れ 
【 水温 】  27℃  【透明度 】  20~25m  【 潮 】  中潮②

b0186442_1014446.jpg

昨日の19時40分に始まり20時10分には終わった。サンゴの産卵を見るのは初めてだったので一体どんなことが起こるのかワクワク。
産卵しそうなサンゴを見つけるのは聞いていた通り楽だった。辺りを見渡してチョウチョウウオが群がっているところを見つければその辺。チョウチョウウオはサンゴの卵を食べるためにどこからか集まってきて気が付くと大集団になっている。その数100以上。こんなにチョウチョウウオっていたんだ!

写真はサンゴの産卵に群がるチョウチョウウオ。ワイドだったので産卵自体は撮れてない、、、。

しかも産卵と書いているが昨日はほとんどが白い煙のような精子と思われるものばかり、卵はほんの少しだけ確認できた程度だった。どうも聞いた話では一昨日の夜に大産卵が行われていたらしい。。。今日の夕方にも見に行ったが一部でささやかに産卵が行われていたが一瞬で終わってしまった。サンゴは動きの少ない動物なだけに産卵を見るのが魚よりも大変だ。兆候が少ないし根気がでない。。。

想像していたサンゴの産卵とはだいぶ違ったのでちょっと肩透かしを食らった気分だったけど、こういったシーンを見ることでまた一つ屋久島の海に馴染めた気がする。

良く映像で目にするエダサンゴの産卵は恐らく6月の大潮前後なので来年はそれをみたい!!屋久島ではまだ確認されていないらしいのでデータがない。がんばろ~。



b0186442_1018985.jpgb0186442_10181889.jpg
アゴハタ / ハナゴンベ幼魚
今日は他店のボートに便乗させてもらっての西部調査!
永田灯台下ではあいかわらずツムブリの群れやイソマグロが見られた。マクロ調査だったのであまり上を見渡していないので実はもっといたかも?
マクロではハナゴンベの幼魚やハナゴイの幼魚がかわいかった。



屋久島ダイビングライフ 【Home】

# by yakuumi | 2009-07-11 23:59 | 一湊タンク下