人気ブログランキング |

屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 17日

成長期。〜今季初のイロブダイyg〜

2019年5月15日(水)
タンク下
東の風・波3-4m
水温24.6℃ 透明度25m

b0186442_21591491.jpg
毎日少しずつ変わっていく。
海の中は一進一退。
今日は雨、昨日も雨か。明日も雨っぽい。
まだ梅雨じゃないと思いたい。

クマノミはもうすぐハッチアウトかな〜と思っていたら
卵がなくなっていた。結構頻繁にあるけど、犯人はいまだに分からない。
少し前に大きな巻貝がウロウロしていたから、そいつかもしれない。

ジョーフィッシュの卵は日々成長中。
ステージの違う卵も少しずつ分かってきた。


b0186442_22243415.jpg
お腹の大きなオキザヨリが水面にいた。
去年のワイルドライフ(BS)を思い出す。
今年も産卵見たいなぁ。

b0186442_21591420.jpg
ニシキフウライウオの卵も成長中!

b0186442_21591417.jpg
今季初のイロブダイの幼魚を確認!!
遠くからでもすぐに分かったけど、一度目を話すと、なぜだか見つからない。。。
よーく見ても全然分からない。ほんと凄い。
魚の擬態能力と人間の識別能力の戦いかな。



# by yakuumi | 2019-05-17 22:15 | 一湊タンク下
2019年 05月 15日

26個体のジョー。〜屋久島ついに光回線!?

2019年5月15日(水
元浦 タンク下
北東の風・波3m
水温24.7℃ 透明度25m

I「いつになったら、光になるんですか?」
C「今年中に入るよ〜」

ええ〜〜〜!!?
今年!?
令和になった今でもADSLという化石化しつつあるネット事情の 
屋久島だけど、ついに光が入るらしい!
噂はずっとあったから、希望的観測も込めて3年以内と思っていたけど、
なんと今年中に!???
ちょっと嬉しすぎるんですけど。。。
朝の旗振り当番も捨てたもんじゃあないですね。
(信頼できる筋の方のお話です!)

b0186442_21572804.jpg
抱卵だジョー(オス)

黒潮離岸〜かな?
時化てるからよくわからないけど下降気味。
そして今日もしつこくジョー。
6月にジョーフィッシュのハッチアウトのリクエストを
いくつかいただいているので最近はもっぱらジョー観察。
なんせ今年は少ない!!これだけ探して26個体しか
見つからない。感覚としては例年の半分以下。
記憶力は衰える一方なのに、完全に把握できているあたりに
少なさを感じる。いつもは覚えきれなくて混乱してくるから(笑)
それでもこれくらいいれば大丈夫かな。
今年はジョーフィッシュマップに、各個体の抱卵日記もつけてるし。
これで精度は多少上がるでしょう。
でも懸念としては、ジョーの抱卵日がことごとく被っていること。
みんな日程を分けて抱卵してくれれば、ありがたいんだけどなぁ。。。
繁殖期も後期になれば、もう少し変わってくるはず。
ひとまずリクエストをもらっているからには、いつだって全力でやりますよ。
来てもらえさえすれば、いろんな可能性が生まれるものです!

b0186442_21572999.jpg
シャイだジョー(オス)
b0186442_21572989.jpg
メスだジョー

b0186442_21573027.jpg
メスだジョー2

b0186442_21573080.jpg
オスだジョー3

b0186442_22375241.jpg
出てきたジョー(オス)


、、、。
ではでは。



# by yakuumi | 2019-05-15 22:32 | 一湊タンク下
2019年 05月 14日

ニシキフウライウオの魅力と、いなくなったジョー。

2019年5月14日(火)
タンク下
北東の風・波2m
水温25.5℃ 透明度25m

b0186442_23011561.jpg
一昨日のガイド中、今年初のハッチアウトを目前に控えた
ジョーフィッシュを見に行くと、巣穴は空っぽだった。
すぐ脇の岩の陰で今にも孵化しそうな卵を咥えて隠れていた。
一体どれほどの危機が迫るとこんな状態になるのだろう。
とにかく、巣穴に戻ってもらわないと困るので、
遠目から観察して立ち去ったが、昨日確認に行くといなくなっていた。
巣穴には隣に住んでいたメスが入っていた。
これまた不思議。
全く自然ってのは思い通りにいかないものですね。

b0186442_23011417.jpg
初めてのスヌート撮影。
1時間ほど使って適当に自作して試してみた。
う〜ん結構難しい!
これにハマる人の気持ちと、撮影の難しさが分かった。

b0186442_23011407.jpg
今日のヒットはニシキフウライウオ。
前からいるペアだけど、良くヒレを開いてくれて絵になった。
人気の魚だけど、意外と撮りづらく絵にもなり辛い。
でもコツがわかった!
今日の収穫はこれかな。

b0186442_23011516.jpg
ニシキフウライウオの卵
1日目?

幼魚も日増しに増えてきている。
アジアコショウダイのyg、キツネベラyg、タキベラygなど
の風物詩も見られた。
b0186442_23011480.jpg
タキベラyg

b0186442_23011370.jpg
オドリカクレエビとブトウテッポウエビ
水温が26度くらいになと見かけるようになる。
例年よりも随分と早い。

前にも書いたかもしれないけど、
この共生エビはブトウテッポウエビ。
僕はてっきりブドウ(葡萄)テッポウエビだとばかり思っていた。
だって綺麗なブドウの実が身体にたくさんあるし!
はいはい。

ではでは。




# by yakuumi | 2019-05-14 23:21 | 一湊タンク下
2019年 05月 14日

ロウニンアジとイトヒキアジ!

2019年5月13日(月)
横瀬 ゼロ戦 タンク下
北東の風・波1,5m
水温26.1℃ 透明度40m
b0186442_09475236.jpg
青い!
初夏に黒潮が当たると必ずといっていいほどやってくる
ツムブリやホシカイワリの群れがグルグル!
そこにロウニンアジも混じってさらにグルグル!
う〜ん気持ちがいい。
いつまで続くだろうのか。

b0186442_09475113.jpg
ロウニンアジとツムブリとナンヨウカイワリ

b0186442_09475291.jpg
コガネスズメダイと回遊魚
b0186442_09475144.jpg
マダラエイ
大きなマダラトビエイも2匹。
b0186442_09475138.jpg
地味に好きなアカモンガラ。
見た目は青いけど、キバが赤い!

b0186442_09524928.jpg
イトヒキアジ
こちらはタンク下の夕方に見られた。
ホンソメワケベラにクリーニングされたり
ペアでのんびりと泳いでいた。




# by yakuumi | 2019-05-14 10:03 | 横瀬
2019年 05月 12日

絶好調の屋久島の海!

2019年5月12日(日)
タンク下×2
北東の風・波1,5m
水温26℃ 透明度40m

昨日やや不安定だった黒潮がまた復活!
青くて暖かい!
水温は沖縄本島よりも2度も高いらしい!
このまま夏になればいいのに。

コブシメもまだ盛り上がっていて、
10数匹でケンカ、交接、産卵と見放題。
贅沢すぎる。
b0186442_23313932.jpg
60mmのレンズで自然光のみで撮ったものをモノクロ仕上げ。
マクロレンズでもワンフレームに10匹入った!

b0186442_23395474.jpg
コブシメの求愛×威嚇
上のオスが下のメスに求愛。
反対側から迫り来るライバルに向かって、
体の左半分は威嚇色を出している。
コブシメの一番の必殺技!
b0186442_23395528.jpg
日中からキリンミノのペアが盛り上がっていた。
夜には産卵するはず。

b0186442_23395545.jpg
ハリセンボンのペア。
今日一番のシーン。
海底で寄り添い動かない2ひきのハリセンボン。
その後2ひきでじゃれ合いながらゆっくり泳ぐ。
最終的に分かれてしまったけど、求愛行動だと思う。
毎年一度くらいは見るけど、これ以上のシーンを見たことがないので
とにかく気になる。
この続きを知っている人がいたら、教えて欲しいな。


明日はワイドでガツンといってきます。




# by yakuumi | 2019-05-12 23:50 | 一湊タンク下
2019年 05月 11日

この10年で最高最速の5月。

2019年5月10日(金)
タンク下×2 春田浜
北東の風・波1,5m
水温26℃ 透明度40m

すごい。
GW後半で一旦離れた黒潮がまた戻って、
一昨日から水温26度!!透明度も40mオーバー。
この状態なら今の時期の沖縄よりもいいと思う。
でもしばらくしたら落ちるから、あんまり期待をしてはダメ。。。

ここ最近の高水温の影響で生態にも変化が。
過去最速(多分)のジョーフィッシュの口内保育を確認!
キンセンイシモチも各所で卵モゴモゴ!
オイランヨウジはメス2匹、オス1匹のトリプル!
天気は悪いけど、その分海が青く感じられて、気持ち良い。
小雨交じりのタイドプールもコンディションは良好で
幸せだった。
曇天シャッタースピードが稼げないから難しいけど、
光が柔らかいので、優しい絵になる。

b0186442_08391970.jpg
ジョーフィッシュ モゴモゴ
b0186442_08194917.jpg
キンセンイシモチ モゴモゴ
b0186442_08194906.jpg
オイランヨウジ トリプル
b0186442_08362763.jpg
クマノミ卵&ミツボシクロスズメ
b0186442_08194997.jpg
ロウソクギンポ

ではでは!!




# by yakuumi | 2019-05-11 08:51 | 一湊タンク下
2019年 05月 08日

まだまだ黒潮!プランクトンも。

2019年5月8日(水)
タンク下
北東の風・波1,5m
水温24,5℃ 透明度30m

今日もまだ海は暖かく、透明度も良好。
表層には小さめのクリイロハダカカメガイがたくさん。
そのほかプランクトンが目立った。
特にめぼしいものはいないな〜と思っていたら
どうやらリュウグウノツカイが出てたらしい。。。
同じ時間に同じ場所で潜っていたのに。
そういえば以前に見たのもGW明けくらいだったはず。
明日もいるといいなぁ。

コブシメは数が減っていた。
イシモチたちは卵祭りに突入!
b0186442_21085422.jpg
アオスジテンジクダイ
屋久島で見られる口内保育の定番!
というのか撮りやすいし、絵になるからついつい紹介してしまう。
頭の青いVラインが自慢?

b0186442_20574435.jpg
スダレヤライイシモチ
咥えたての卵
この種類は珍しく産みたての卵が白い!
初めて見たときは、栄養不足か何か異常があったのかと思ったけど
いつも白い卵!目立たないけど美しいと思う。

b0186442_20574584.jpg
スダレヤライイシモチ
孵化直前の卵
こちらも定番の口内保育。
鋭い牙が売りですね。

b0186442_20574569.jpg
セソコテグリの産卵!(数日前のもの)
超絶ビビリな個体で産卵までかなり時間がかかった。
これじゃあちょっと紹介するには厳しいなぁ。

そうだ今年はジョーが少ないけど、
ボチボチ見つかってきた。
例年なら30−40個体くらい確保してるのに、
まだ10個体程度。
リクエストもあるし、頑張って探そう。
ハッチアウトは6月が旬ですよ!

ではでは。


# by yakuumi | 2019-05-08 21:22 | 一湊タンク下
2019年 05月 06日

癒しのタイドプール

2019年5月6日(月)
タイドプール
北西の風・波1,5m
水温24,9℃ 透明度30m
b0186442_10131038.jpg
先日カメラを海へ流してしまった喪失感が半端ではない。
今ぼくは現在、癒しを求めてます!!
美しいものに出会うということは
心を安らかにしてくれるものですね。
一年で一番の彩りに包まれているタイドプールで
癒されてきました。

b0186442_10151050.jpg
海藻と気泡
b0186442_10151027.jpg
海藻からプクプクと立ち上る酸素の泡が
かなり癒し!(笑)
しばらく癒しを求めて海に潜ることになりそう。




# by yakuumi | 2019-05-06 10:34 | 春田浜
2019年 05月 04日

最高潮のGW!

令和元年年5月3日(金)
タンク下×2 ゼロ戦
北西の風・波2m
水温24,9℃ 透明度30m

こんなに水中のコンディションが良いGWは初めて。
この時期は黒潮が当たったり、離れたりの繰り返しだけど、
見事にGWでハマった!
水温と透明度が高いだけではなくコブシメの盛り上がり具合も
過去最高潮!
朝から晩までずっと見れてます。
そんでタイドプールも最高潮!
ロウソクギンポの繁殖技までは、あと少しだけど、
海藻の美しさがピーク!
ここ最近の高水温でセソコテグリの産卵も始まったし、
クマノミはハッチウトしてるし、イシモチの口内保育も一気に
進んだし、見どころ満載!

b0186442_16052447.jpg
アザハタ王!

b0186442_16052587.jpg
コブシメいっぱい!

b0186442_16040203.jpg
コブシメの喧嘩!
b0186442_16052493.jpg
クマノミの卵保護


ではでは〜。



# by yakuumi | 2019-05-04 23:01 | 一湊タンク下
2019年 05月 01日

誕生日は令和とともに!

令和元年年5月1日(水)

ゼロ戦 タンク下 ゼロ戦
北西の風・波1m
水温25℃ 透明度40m
b0186442_23061665.jpg
新元号に変わりました。
というよりも、、、

わたくし誕生日です!
なんておめでたい!
う〜ん。今までメーデーだったからなぁ。

はい。誕生日を祝ってもらいたくて無理やりブログ更新!
潜水データも天気も昨日のもの(笑)

GWの海は初めは濁っていたけど、
29日から透明度が上がって、昨日30日には黒潮完全接岸!
水温25度で透明度40m!
GWにここまで上がるのは久しぶりなきがする。
そして今年のGWの一押しは何と言ってもコブシメ!
タンク下では16匹のコブシメが大乱舞!
おみやでもボロボロのサンゴで6匹が喧嘩、求愛、交接などを
見せてくれた。去年のワイルドライフの苦労はなんだったんだ〜
と思うほど盛り上がっている。
ちなみに写真は撮っていないので去年のもの。

10連休とは思えない暇な連休だけど
なかなか楽しんでいます。

ではでは令和も張り切っていきましょう!!



# by yakuumi | 2019-05-01 00:18 | 一湊タンク下
2019年 04月 22日

卵祭りの始まり!!

2019年4月21日(日)
お宮前 ゼロ戦 お宮前
北西の風・波1m
水温22℃ 透明度20m
b0186442_09572300.jpg
急激に盛り上がり始める海に困惑しています。
何をしていいのやら、、、そんな楽しい季節が始まりました。
まだ水温は低めだけど、多くの生き物たちは
これからより活発になってきます。

今日のガイドではアカウミガメのオスに遭遇。
アカウミガメの産卵は5月からスタート。

そしてお宮ではコブシメの産卵!!
ボロボロのウスサザナミサンゴだけど、
新たに育つ若い個体も芽吹いていて嬉しい〜!
3個体で産卵、ケンカを見せてくれた。


b0186442_09572341.jpg
シモフリタナバタウオの卵守り
お腹の大きな子がいたので他の場所でも丹念に探していると、
いたいた!!
こんな風に撮影できる位置に卵を産んでくれるのは超がつくほど珍しい。
今のイチオシかな。これから卵が黒くなってくるのが見ものです!

b0186442_09572392.jpg
そしてクマノミの産卵もついに始まった!
というか数日前に始まってたみたい。
昨日は各所で産卵床の手入れをしているクマノミをみかけた。

b0186442_09572313.jpg
ニシキフウライウオの育卵
立派なメスが1個体だけ。

そのほかにも気になるところが多すぎる!








# by yakuumi | 2019-04-22 10:13 | お宮前
2019年 04月 19日

生物の驚異的な形

2019年4月19日(金)
タンク下
北西の風・波1m
水温22℃ 透明度20m

浮遊生活を終えて着底しましたよ。
魚の話ではなく僕自身が(笑)
アオウミガメを見て、巨大なコブシメにちょっと興奮して、
そして、気がつくと、また怪しい世界へと入っていってしまった。。。
これじゃあ着底した意味がない。
まぁいいか。
潜りに行く前にこの前ポチした、ヘッケルの
「生物の驚異的な形」という図譜を見たのが原因。
ほんと生き物の造形美は計り知れないと思う。
これをこの生き物を神様がポンと作り出すなんて、
いくらなんでも無理がある。
あまりにも精緻にできすぎている。
(ヘッケルの時代には進化論がまだ受け入れられてなかった)
b0186442_22182866.jpg
コケムシの仲間(苔虫動物門)
3種類のコケムシの共演。
コケムシ好きにはたまらない絵だと思う。
コケムシ好きなダイバーなんて聞いたことないけど。

b0186442_22182992.jpg
タイヨウノスナ(クロミスタ界:有孔虫門)

b0186442_22182888.jpg
ホシズナ(クロミスタ界:有孔虫門)
b0186442_22015897.jpg
トコブシっぽい貝の目玉
これはトコブシでいいのだろうか。
トコブシってこんなに目ヂカラあったっけ。。。

明日こそはもう少し爽やかな写真を撮ろう!



# by yakuumi | 2019-04-19 22:53 | 一湊タンク下
2019年 04月 18日

タルガタハダカカメガイとホウキムシ類の幼生

2019年4月17日(水)
タンク下
北東の風・波2m
水温21℃ 透明度20m
b0186442_10025826.jpg
タルガタハダカカメガイ(4mm)

b0186442_10040933.jpg
ホウキムシ類のアクチノトロカ幼生(3mm)

今日もヨレヨレの流れ藻がいっぱい。
魚はあんまりついていなかった。
でもそれにつられて今日も中層を漂ってしまった。

極小プランクトンの美しさには日々驚かされているけど
しかしこれは案内できないレベルの大きさだよなぁ。
いくら浮遊生物が流行っているとはいえ、
これを指さす自信はない。
う〜んそろそろ着底しないと。


# by yakuumi | 2019-04-18 10:15 | 一湊タンク下
2019年 04月 16日

浮遊するウニ!

2019年4月16日(火)
タンク下
北東の風・波2m
水温21℃ 透明度20m
b0186442_22235639.jpg
ウニ類のエキノプルテウス幼生(2mm)
ウニの幼生!
生まれた時はウニも浮遊生活を送る。
小さいながらもウニらしい棘があるのがかわいい。
b0186442_22212618.jpg
ハナイソギンチャク類の幼生
見つけた時は写真の下の部分(砂にささるところ?)がもっと長かった。
b0186442_22294211.jpg
巻貝のマグジリヴィリア幼生

流れ藻が去った今日の海ではこんなプランクトンたちが多数見られた。
普通に潜っていたら全く目につかない生き物たちだけど
これも海の大切な生き物たち。

この時期はこんな数mmの極小プランクトンが多い。

この手のプランクトンでまだ見れていないのは
ナマコの幼生。
ナマコも幼い頃は浮遊している。
ビックリマンシールを集めている感覚だけど、
そろそろナマコも手に入れたい!

また小さいんだろうなぁ。。。

ではでは。






# by yakuumi | 2019-04-16 23:09 | 一湊タンク下
2019年 04月 15日

流れ藻の下で泳ぐツクシトビウオ幼魚

2019年4月15日(月)
タンク下
北西の風・波2m
水温22℃ 透明度20m
b0186442_21514077.jpg
一湊湾内はやや時化。
向かい風で流れ藻が入ってきて
今季初の流れ藻ダイブ!
モジャコ(カンパチ幼魚)とゴマサバの幼魚にプリプリの
キビナゴが流れ藻の周囲を回っていた。
流れ藻の中には1匹のツクシトビウオ!!!
幼魚の形態でありながら大きくカッコイイ!
流れ藻に紛れるツクシトビウオをずっと撮りたかったんだ。
う〜ん感無量。
でも自分の吐くエアで早々に見失うという失態。
大きい分逃げる時の飛翔も大きい。
そのあと1時間以上探していたけど見つからなかった。

昨日より水温は1,5度上がっていた。



# by yakuumi | 2019-04-15 23:08 | 一湊タンク下