屋久島ダイビング日記

yakuumi.exblog.jp
ブログトップ
2018年 04月 27日

シマアジとツムブリの群れ

2018年4月27日
晴れ  波:北西1,5m
水温21,5℃  透明度15-20m
b0186442_22510849.jpg
この時期は普通のカンパチやヒラマサなど普段あまり見かけない回遊魚をみかけます。
昨日はシマアジの大きな群れ!+ツムブリ。

例年この時期はコブシメの繁殖で盛り上がるんだけど
最近あまり見かけない。
数日前にちょっと盛り上がったんだけどそれから
パッタリと止まってしまった。。。

今日は微妙に時化てる中、夕方〜夜まで潜ってきました。
魚はハナゴンベ1cm×2、ジョーフィッシュ10、モンハナシャコ抱卵、
シモフリタナバタウオ卵保護、クマノミ卵保護などなどでした。

水温24度以下では潜れないと言っていたKさんは
ハナゴンベのチビで寒さを忘れられたようでした(笑)

[PR]

# by yakuumi | 2018-04-27 22:59 | お宮前
2018年 04月 26日

シモフリタナバタウオ産卵!川ではヨシノボリの喧嘩。

2018年4月25日
曇 波:北西2,5−1,5m
水温22℃  透明度15m
b0186442_08185383.jpg
夜のうちに前線は通り過ぎ、海は微妙な時化です。
でも、なんとか潜れた。
海に川にライザップ系で、今日もよく潜った!

川は水温17度エアーが減らないから誰も上がらない、、、。
クロヨシノボリの喧嘩が見応えあり。

海では本命に振られてしまったけど、シモフリタナバタウオが産卵!!
産卵床は岩陰でギリギリみえなかったけど、
ゼリー状の卵塊を天井に産みつけてる姿が確認できた!
昨日から怪しいなぁと思ってたけど、まさか産卵が見れるなんて、、、。
メスは体を水平に倒して散乱し、
オスはメスを隠すようにヒレを広げてこちらの視界を塞いでいた。
放精の様子は分からなかったけど、狭い空間なので
この包み込むような状態の時に行われているような気がする。

岩の奥の暗がりで密かに行われたドラマに感動したのでした。

今日は前半戦の取材は終了〜。



[PR]

# by yakuumi | 2018-04-26 08:37 | お宮前
2018年 04月 24日

アオリイカと光

2018年4月24日
晴れ 波:南西2,5m
水温22,8~22℃  透明度15m
海も狙いの生き物も一進一退。
黒潮は寄せて来て屋久島に当たらずにさっていったように思う。
多分だけど。
今までなかったのが不思議といえば不思議。
ひとまず明日で番組取材の前半戦は終了。
有終の美といきたいところだけど、時化なんだよなぁ。

今日はシモフリタナバタウオの求愛が良かった。

写真は暮れゆく陽に照らされたアオリイカ。


[PR]

# by yakuumi | 2018-04-24 23:29 | 一湊タンク下
2018年 04月 23日

アミの群れが最高潮に!

2018年4月22日
晴れ 波:南東1,5m
水温21℃  透明度10−12m
b0186442_08071756.jpg
潮が動いた気配あり。
チョウクラゲの大群が押し寄せた。
午後は黒潮に期待するも来ず。
代わりにアミの群れがおそらくピークに達した。
海底付近は先が見えないほど。
束の間の栄養スープに虚気乱舞する魚があちこちで見られた。
シャイなメギスも繁殖期を控えて盛んにアミを食べていた。

春だなぁ。
う〜んもうあと少しだと思うんだけど、、、。






[PR]

# by yakuumi | 2018-04-23 08:17 | 一湊タンク下
2018年 04月 22日

海から川へ

2018年4月21日
晴れ 波風 南東1,5m
水温19℃  透明度8-10m
b0186442_08240351.jpg
海はパッとせず午後は川へ。
冷たい中、相変わらずずっと撮影する奥村さん。
ほぼドラエモン、、、状態(笑)

寒かったけど、清流は
気持ちいい!



[PR]

# by yakuumi | 2018-04-22 08:29 | その他
2018年 04月 20日

温帯種の漂着が多い年

2018年4月20日
晴れ 波風なし 大潮
水温18-21℃  透明度8-15m

b0186442_17374571.jpg
繁殖期に入っていたモンハナシャコ。(昨日)
卵はふわふわと綿のような集合体。
巣穴の奥でモニョモニョしてる姿が見られた。

透明度は相変わらず悪い。
沖はなんと18℃台、、、。
もうこれ以上は下がらない。

三日くらい前に至的、黒潮接近速報が流れたけど結局来てない。
プランクトンの組成でこれまで
ほとんど確実に当てていたんだけど、当たらない。。。
ずっと黒潮が近い状態だとは思うんだけど、、、。
う〜ん、自信喪失気味。
黒潮といっても本流である流軸の距離はあまり当てにならない。
枝分かれした支流が軽く当たることも多いように思う。
明日にも来てもいい状態なのに、来る気がしない、、、笑。

あっそうだ、今年は温帯種の漂着が多い。
今日はなんとカサゴ2個体!!!!!!!!
信じられない。
取材陣にもスルーされてしまったけど、、、
いいんですよ。
僕は密かに感動してたから!

夜はイッチと星空観察会。
たまには行きますか(笑)





[PR]

# by yakuumi | 2018-04-20 17:54 | 一湊タンク下
2018年 04月 19日

取材な日々。 パンダツノウミウシ

2018年4月19日
晴れ 波風 大潮
水温21℃  透明度15m
b0186442_23283900.jpg
すっかり日にちが空いてしまった。
でも1ヶ月とかじゃなくて、数日なのが偉い。
うん、偉い。

ここのところは水中映像さんにお越し頂き
ガツンと潜らせてもらっています。
いつあっても、この人たちの海への姿勢には頭が下がります。
2本目はほぼ動かずに一つの被写体と対峙すること170分。
こんな日々の積み重ねで、あの番組が生まれるわけですね。

しばらくはヘロヘロな日々も続きそうです。
ちょっと負けたな〜感があったので、
夕方一人でもう1ダイブ。
モンハナシャコで新しい発見があって大興奮。

クマノミは今年初の卵を確認。
モンハナシャコも同じく。
そしてパンダツノウミウシも初めて!
会いたかったよ〜。
三日前にはオキザヨリの卵も確認。
まさかこの時期に産むなんて。。。

天気は最高だけど、海は冷たく濁ってる。
早く黒潮濃〜い!!!








[PR]

# by yakuumi | 2018-04-19 23:42 | 一湊タンク下
2018年 04月 14日

ミルの芽生え

2018年4月14日
曇りのち雨 波風:南西 中潮
吉田 お宮前 矢筈岬先端 イタギ
水温22℃  透明度7~8m
b0186442_20061491.jpg
昨日の調査の後に電話がありました。

「ミルはどうなってますか?」

なんでぼくがたった今までミルを撮っていたことを
知っているんですか?
あなたはエスパーですか?S末さん。。。


今年はミルが多い気がする。
まだほんの少しだけど、成長が楽しみ。

雨が強まってきています。
今から前線が通過して、明日は時化る予報。

あっそうだ、
昨日はウナギの大先生にお会いできて感動したんだった。
備忘録で。

ではでは〜。


[PR]

# by yakuumi | 2018-04-14 20:16 | 吉田
2018年 04月 12日

戦うオジサン

2018年4月12日
晴れ 波風:なし 中潮
水温21,6℃  透明度7~8m
b0186442_23033614.jpg
透明度が悪い。
水温も下がって21℃台。
例年はこれくらいの気もするから文句は言えないけど。
ってことは最近は暖かすぎたんだな。

少し沖合では、オジサンが戦っていた。
血色を変えて、熱く燃え上がる2匹のオジサン。
若いな〜。
オジサンだけど。

やがて小さな子と産卵をした。
オジサンだけど。

イトヒキベラもハナゴイも盛り上がっていた。

はい、今日の写真はケンカするオスのオジサンでした。


[PR]

# by yakuumi | 2018-04-12 23:15 | 一湊タンク下
2018年 04月 12日

南方系の海藻と春濁り

2018年4月11日
晴れ 波風:なし 潮
水温23℃  透明度8m

クジラはどうなったかな。
昨日は水中で後の対応を色々考えてしまった。
でも環境省の人たちがやってくれそうだったので、ホッとした。

今日は家の目の前の海へ。
コブシメを探すけどいないなぁ。
昔産卵が盛り上がっていたサンゴは海藻との争いに負けてしまった。
まだ辛うじて生きているけど、厳しいだろうな。

特に何も大した出会いはなく、
春っぽい海底を撮影。
地味だけど、こんな季節の移り変わりを日々体感できることが嬉しい。

b0186442_01252945.jpg
コナハダの仲間、ベニモズク、ヒビロウド、カギケノリ、
ミル、アナアオサとか、そんな感じ。

それにしても透明度悪かったな。。。
あっそうだ、アマミスズメのチビがいた。
もうそんな時季かぁ。






[PR]

# by yakuumi | 2018-04-12 01:32 | 志戸子
2018年 04月 10日

ナガスクジラの仲間、漂着。

2018年4月10日
晴れ 波風:なし 潮
水温22℃?  透明度15m

b0186442_19004625.jpg
いつもながらタンク下。
エントリー前に防波堤の上で怪しいな、、、と思っていたけど、
やっぱり生き物だった。
(まさかダイオウイカか?と思って入ったのは秘密・笑)
ヒゲがあるのでナガスクジラの仲間。
全長は5mちょい。
防波堤にぶつかるところを見ていたダイバーと釣り人がいたらしい。
そうか少し前までは生きてたのか。。。

しかし一体何があったのだろう。
漂着してからついたであろう傷以外は特に目立った跡はなく綺麗なものだった。
ひと通り確認した後、沖へ出たけど全く
なんの気力も湧かず、そのまま引き返した。

しかしこのクジラどうしようかな、、、、と悩んでいたら
エキジット後に釣り人の通報を受けた環境省の人たちが来ていたので、
後はなんとかしてくれるだろう。

タンク下のエントリー口はほんと何が起こるかわからないところだ。

う〜ん南無南無。












[PR]

# by yakuumi | 2018-04-10 19:13 | 一湊タンク下
2018年 04月 06日

スマは時速マッハ2で泳ぐ!?

2018年4月6日
雨 波風 中潮
水温24℃  透明度30m
b0186442_21063154.jpg
雨ですよ。
久しぶりの。

今日は昨日のこともあったので、浮かれながら朝イチで潜る。
だけど大した浮遊生物はいなかった。
代わりに黒潮がもう一押し!
ど〜んと青い。
5mmくらいのプランクトンを撮影していると視界の奥で
何かがものすごくチラつく。
昨日に続きツムブリやらなにやらがいっぱい。
集中できない、、、。

今年はスマが多いような気がする。

写真はキビナゴを追いかけるスマ。
マグロは時速160キロ(だったかな?)で泳ぐって本が昔あった。
後年マグロは普段数十キロで泳いでいるから、あれは誤りだって何かに書いてあった。
日常的にそりゃあ160キロでは泳げないだろう。
急速充電した電池みたいになってシーチキンになってしまうだろう。

しかし、、、スマの捕食時のスピードといったらそりゃあとんでもない。
目で追えないレベル。
ほぼ瞬間移動。
時速にすると多分マッハ2くらい。
のんびり泳いでいる姿も普段はまず撮れないけど、
今日は運よくまともに撮ることができた。
ずっと撮りたかったんだ。
う〜ん嬉しい!







[PR]

# by yakuumi | 2018-04-06 21:17 | 一湊タンク下
2018年 04月 06日

深海からの贈り物 ユキフリソデウオ!?

2018年4月5日
晴れ 波風 小潮
水温23℃?  透明度25m
b0186442_00460953.jpg
Nikon D610 NexusD610 tamron90mm
Inon-s2000×2 Z-330×1 Fisheye FIXneo3000

でましたね〜。
レアもの。
一年に一度くらいかな。
まぁメバルの方がレアだけど!!(笑)

なにやら池袋の方が騒がしい。
マリンダイビングフェアかな。

全然東京なんか行きたくない。
熱いガイドたちが語り合っているのなんて全く興味なし。
みんなと朝までラーメンなんて絶対に食べたくない。

うそ、ちょっとだけ行きたい。。。
密かに今日は一日、青い魚のTシャツ着てたりする(笑)


[PR]

# by yakuumi | 2018-04-06 00:54 | 一湊タンク下
2018年 04月 04日

10才だよ。

2018年4月3日
晴れ 波風:南より 中潮
水温22,6℃ 透明度25m


b0186442_18551606.jpg
今日はイチロ少年の誕生日。

そうだ、大瀬祭りの前夜に嫁が唸り出して大変だったんだ。
夜潜りから帰ってさぁ寝ようって時に、、、。
大きくなったなぁ。

今日もべた凪の海を見ながら

そわそわ。
そわそわ。
そわそわ。

、、、、、。

プシュ。

乾杯!





[PR]

# by yakuumi | 2018-04-04 18:56 | 一湊タンク下
2018年 04月 03日

プリプリのキビナゴ

2018年4月3日
晴れ 波風:南より 中潮
水温22,6℃ 透明度25m
b0186442_23045560.jpg
午前は朝からお世話になっている久栄丸のペンキ塗り。
南風でベタ凪に戻った海を横目にぬりぬり。

そわそわ。
そわそわ。
そわそわ。
、、、。

ドボン。

黒潮がちょこっと戻ってきてる!
青い。プランクトンいっぱい!
3mmくらいのウニの幼生みつけた。

今日の写真はキビナゴ。
ここのところ丸々太ったキビナゴがたくさん。
視界をかすめると同時にうっかり天ぷらを連想してしまう。
繁殖期なのだろう。卵も詰まってそう。
いいなぁ。30匹くらいポケットに入らないかな。

そんなわけで今日のテーマは美味しそうなキビナゴの写真をとる。
でした。







[PR]

# by yakuumi | 2018-04-03 23:30 | 一湊タンク下